このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ドイツとは?

ドイツ連邦共和国
Bundesrepublik Deutschland



(国旗) | (国章)
国の標語:Einigkeit und Recht und Freiheit
(ドイツ語:統一と正義と自由)
国歌:Das Lied der Deutschen(ドイツ語)
ドイツ人の歌
公用語 ドイツ語
首都 ベルリン州
最大の都市 ベルリン(都市州)
政府
大統領 フランク=ヴァルター・シュタインマイアー
首相 アンゲラ・メルケル
連邦参議院議長
ダニエル・ギュンター
連邦議会議長
ヴォルフガング・ショイブレ
連邦憲法裁判所長官
アンドレアス・フォスクレ
面積
総計 357,578(63位)
水面積率 2.2%
人口
総計(2019年) 8300万人(15位)
人口密度 232人/km
GDP(自国通貨表示)
【合計(2018年)】
4兆2116億ユーロ (€)
GDP(MER)
【合計(2016年)】
3兆3666億ドル(4位)
GDP(PPP)
合計(2018年) 4兆3739億ドル(5位)
【1人あたり】
52801ドル
建国
ドイツ王国の形成 9世紀 - 10世紀
神聖ローマ帝国の成立/「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」 962年2月2日/1512年以降
ドイツ連邦の成立 1815年6月8日
北ドイツ連邦の成立 1867年4月26日
ドイツ統一
1871年1月18日
連合国軍軍政
1945年5月8日
【現・ドイツ連邦共和国(西ドイツとして)の成立】
1949年5月23日
【旧・ドイツ民主共和国(東ドイツ)の領土を編入(ドイツ再統一)】
1990年10月3日

通貨 ユーロ (€)(EUR)
時間帯 UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1 DE / DEU
ccTLD .de
国際電話番号 49
  1. ^ デンマーク語ソルブ語は公認され、少数言語として保護されている。低ザクセン語欧州連合により保護されている。
  2. ^ ドイツ連邦共和国基礎データ”. 外務省. 2018年11月13日閲覧。
  3. ^ IMF>Data and Statistics>World Economic Outlook Databases>By Countrise>Germany
  4. ^ 1999年以前はドイツマルクを使用。
  5. ^ ドイツのユーロ硬貨も参照。

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、ドイツ語: Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(ドイツ語: Deutschland)は、中央ヨーロッパ西部に位置する連邦共和制国家首都および最大都市ベルリン州

かつて「西ドイツ」と呼ばれていた時代は「西欧」に分類されていたが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として分類されるようになっている。

概要

ドイツは限定的統治権を保有する16のからなり、総面積は35万7386平方キロメートルで、おもに温暖な季節的気候に属する。ヨーロッパ大陸における経済的および政治的な主要国であり、多くの文化、理論、技術分野における歴史上重要な指導国である。人口は8300万人で、欧州連合では最大の人口を有する。

ドイツは名目GDPで世界第4位かつ購買力平価で世界第5位である。産業および技術分野における世界的なリーダーとして、世界第3位の輸出国かつ世界第3位の輸入国である。世界最古のユニバーサルヘルスケア制度を含む、包括的な社会保障を特色とする非常に高い生活水準先進国である。豊かな文化および政治歴史で知られ、多くの影響力のある哲学者芸術家音楽家映画人起業家科学者および発明家の故国である。ドイツは、1993年に欧州連合になった1957年の欧州諸共同体原加盟国である。同国はシェンゲン圏の一部であり、1999年以来ユーロ圏の一員である。また、国際連合北大西洋条約機構G7G20OECD欧州評議会の主要なメンバーであり、ヨーロッパの大国・ビッグ4列強の一国に数えられる。アメリカ合衆国に次ぎ、ドイツは世界第2位の移住地である。

国名

ドイツ語での正式名称は、Bundesrepublik Deutschland([ˈbʊndəsʁepuˌbliːk ˈdɔʏtʃlant] ( 音声ファイル) ブンデスレプブリーク・ドイチュラント)。通称はDeutschland(ドイチュラント)、略称はBRD(ベーエァデー)。Bundは「連邦」の、Republikは「共和国」の意である。

在日大使館や日本の外務省が用いる日本語表記はドイツ連邦共和国。通称はドイツ漢字では独逸(獨逸)、独乙(獨乙)などと表記され、(獨)と略される。中国語では徳意志徳国となる。英語表記はFederal Republic of Germany。通称は Germany([ˈʤɜrməni] ジャーマニ)。略称はFRGGermanyはラテン語のGermania(ゲルマニア:「ゲルマン人の地」の意味)に由来し、地名としてのドイツを指す。フランス語やスペイン語、ポルトガル語ではそれぞれAllemagne(アルマーニュ)、Alemania(アレマニア)、Alemanha(アレマーニャ)と呼ばれるが、これらは本来は「(ゲルマン人の一派である)アレマン人の地」を意味する。また、ポーランド語チェコ語ハンガリー語ではそれぞれNiemcy(ニエムツィ)、Německo(ネメツコ)、Németország(ネーメトルサーグ)と呼ばれるが、これはスラヴ祖語の「němъ」あるいはその派生語の「němьcь」(言葉が話せない人、発話障害者)に由来する。

「ドイツ」という言葉の由来は、原語もしくはオランダ語の「Duits」が起源だといわれている。

「ドイツ(Deutsch)」の語源は、北部で話されていたゲルマン語の「theod」「thiud」「thiod」などの名詞に由来し、いずれも「民衆」や「大衆」を意味している。意味も使われた時代も同じだが、綴りは地域によって異なる。フランク王国時代に、ラテン系言語ではなくゲルマン系言語を用いるゲルマン人の一般大衆をこう呼んだことから、同地域を指す呼称として用いられ始めた。「th」はのちに「d」という発音と綴りになったため「diet」に変わった。さらに古高ドイツ語では形容詞化するための接尾辞「-isk」が付加されて「diutisk」と変わった。意味も「大衆の、民衆の」という形容詞になり、その後「diutisch」に変わり、現代ドイツ語では「deutsch」となった。

形容詞形の「deutsch」には上記の意味はなく、単に「ドイツの」という意味だけである。代わりに「völkisch」という形容詞が「大衆の、民衆の」という意味で使われたが、ナチスが自らの理念や政策を表現するのに好んで用いたため、戦後はナチズムを連想させるとして用いられなくなり、現在は「des Volkes」がおもに使われる。

歴史

詳細は「ドイツの歴史」を参照
ドイツの歴史


先史時代
ゲルマン人

民族移動時代
4C-8C

中世
フランク王国
481-887
東フランク王国
843-10C
神聖ローマ帝国
962-1806
ザクセン朝 919-1024
ザーリアー朝 1024-1125
ホーエンシュタウフェン朝 1137-1254
大空位時代 1254-1273
選挙王制 1273-1438
ハプスブルク朝 1438-1806
東方植民
12C-14C
チュートン騎士団 1198-

近世
宗教改革
16C
三十年戦争
1618-1648
プロイセン

ブランデンブルク選帝侯領 1157-1806
プロイセン公国 1525-1618/1701
ブランデンブルク=プロイセン 1618-1701
プロイセン王国 1701-1918

ドイツ統一
ライン同盟
1806-1813
ドイツ連邦
1815-1866
関税同盟 1833-
1848年革命 1848
北ドイツ連邦
1867-1871

ドイツ国
帝政ドイツ
1871-1918
ヴァイマル共和政
1918-1933
国連管理地域ザール 1920-1935
自由都市ダンツィヒ 1920-1939
ズデーテン地方
ナチス・ドイツ
1933-1945
フレンスブルク政府
1945

冷戦
連合国軍政期
1945-1949
西側諸国占領地域
フランス保護領ザール 1947-1956
ソ連占領地域
旧東部領土
ドイツ人追放
西ドイツ
1949-1989
西ベルリン
東ドイツ
1949-1989
ドイツ再統一
1989

再統一後のドイツ

【関連項目】

オーストリアの歴史

先史時代から東フランク王国まで

現在のドイツを含む西ヨーロッパ地域に人類が居住を始めたのは、石器などが発見されたa地層から約70万年前と考えられている。60万年から55万年前の地層ではハイデルベルク原人の化石が、4万年前の地層ではネアンデルタール人の化石が確認されている。新人は約3万5000年前から現れ、紀元前4000年ごろの巨石文明を経て紀元前1800年ごろまでに青銅器文明に移行している。紀元前1000年ごろには、ケルト系民族によってドナウ川流域にハルシュタット文明と呼ばれる鉄器文明が栄えた。

紀元前58年から51年までのガイウス・ユリウス・カエサルガリア遠征などを経て、ゲルマン人は傭兵や農民としてローマ帝国に溶け込んでいった。しかし紀元後9年にトイトブルク森の戦いが起こり、ゲルマン人が勝利してライン右岸を守った。この流域南部において83年にドミティアヌス帝がリメス・ゲルマニクスの建設を打ち出し、マイン川からドナウ川へとつながる長城が建設された。これによってライン中・上流域ではリメスが前進した。これは2000年にわたるドイツ史の将来を規定する伏線となった。すなわち、ローマ帝国内にあるドイツ南部と、外にあるドイツ北部である。ローマ帝国の解体が進むと、375年には西ゴート族が黒海沿岸から地中海に沿って、コロナートゥス化の進んだ西部へ移動した。

476年、西ローマ帝国が滅亡した。代わって西ヨーロッパを支配したフランク王国では各地に分王国が興り、そのひとつアウストラシアが北方でライン両岸を占めた。843年、ヴェルダン条約によってフランク王国が三分割された。そのうちのひとつである東フランク王国が、のちのドイツの原型となった。東フランク王国の国王オットー1世(ザクセン朝)は962年アウグストゥス(古代ローマ帝国皇帝の称号)を得て、いわゆる神聖ローマ帝国と呼ばれる連合体を形成した。

神聖ローマ帝国

皇帝マクシミリアン1世のとき、「ドイツ国民の神聖ローマ帝国(Heiliges Römisches Reich Deutscher Nation)」と国名を称した。宗教改革ではドイツの諸侯が新旧両教に分かれて互いに争った。

三十年戦争ではドイツのほとんど全土が徹底的に破壊され、1600万人いたドイツの人口が戦火によって600万人に減少したといわれる。

帝国自由都市の自治権が奪われ、ドイツは領邦主権体制となった。1667年ザミュエル・フォン・プーフェンドルフが著した書『ドイツ帝国憲法について(Über die Verfassung des deutschen Reiches)』において初めて、ドイツ国という呼称が確定できる。

プロイセン王国の台頭とドイツ帝国の興亡

シュヴァーベンにあるホーエンツォレルン城一帯から台頭したプロイセン領邦君主ホーエンツォレルン家は、17世紀半ばからオランダとともに勢力を拡大し、1701年にはプロイセン王国を形成した。

フランス革命の動乱は全ヨーロッパに波及し、ドイツもナポレオンの侵略を免れなかった。対仏大同盟がナポレオンを破り、ドイツは帝国代表者会議主要決議の枠内で国家統一を志向するようになった。ホーエンツォレルン家とオーストリアのハプスブルク家はドイツ統一の役割を争ったが、北ドイツ連邦を作り普墺戦争普仏戦争に勝利したプロイセン国王ヴィルヘルム1世は、ドイツ系オーストリアを除くドイツ帝国を創建し、ベルリンを首都とした。国内産業は驚異的な発展を遂げた。

ヴィルヘルム2世の治世では同盟政策を東方問題に左右された。イギリス・フランス・ロシアと対立し、第一次世界大戦協商国と激しい消耗戦を繰り広げた。1918年には戦力の限界とドイツ革命の勃発によってヴェルサイユ条約に調印し、帝政も終了した。

ヴァイマル共和政の混乱とナチス・ドイツ

ドイツは共和国として再出発した(ヴァイマル共和政)。これは連邦制が小党を乱立させて政局を不安定にした。ヴェルサイユ条約がドイツに課した巨額の戦争賠償は経済や政治に悪影響を与えた。1921年には1ドル=4.2マルクだったものが、1923年夏には1ドル=110万マルクという下落でハイパーインフレに陥り、レンテンマルク発行による通貨改革が行われた。1920年代中ごろから相対的な安定期を迎え、国際社会にも復帰しつつあった。しかし、その成長も1930年代の世界恐慌に挫かれた。

経済の破綻を背景に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)が台頭した。アドルフ・ヒトラーの指導下で、極右的民族主義、差別的な人種政策、さらに拡張的な領土政策を唱えた。1933年にヒトラーが首相に任命されると、ナチ党は国内の政敵を次々に制圧し、ナチ党一党独裁体制を築き上げた(ナチス・ドイツ)。ヒトラーはヴェルサイユ条約の軍備制限を破棄し、オーストリアチェコスロバキアの領土を獲得していった(ミュンヘン会談)。このころから次第に英仏との緊張関係が高まった。ポーランド回廊を寸断すべく、ドイツは1939年9月ポーランドへ侵攻した。これが英仏の宣戦を招き、第二次世界大戦が始まった。一時はフランスを打倒してヴィシー政権を樹立し、ヨーロッパの大半を勢力下に置いた。が、バトル・オブ・ブリテンで大敗しイギリス上陸を断念、独ソ戦で打開を図った。しかし、スターリングラード攻防戦での敗北でソ連侵攻にも失敗した。その後、連合国軍の上陸などを経た1945年4月30日にヒトラーが自殺し、ドイツ軍は無条件降伏を行った

連合国による占領と東西分断

1945年6月5日のベルリン宣言により、ドイツ中央政府の不在が宣言され、アメリカ、イギリス、フランス、ソビエト連邦の4か国による分割占領が開始された(連合軍軍政期)。ドイツの占領政策は戦争中の協議とポツダム協定によって規定されていたが、ソ連が物納での賠償を主張して西側諸国と鋭く対立し(ドル条項問題)、西側連合国とソ連の占領地域は分断を深めていった。この結果、西側連合国の占領地域は1949年、ボンを暫定的な首都とするドイツ連邦共和国(西ドイツ)に、ソ連の占領地域はベルリンの東部地区(東ベルリン)を首都とするドイツ民主共和国(東ドイツ)として独立し、ドイツは分断国家としての道を歩むことになった。

西ドイツとフランス両国の首脳が交流を深めた結果、1951年に欧州石炭鉄鋼共同体が誕生した。冷戦の時代を通じ、東西ドイツは資本主義共産主義が対立する最前線となった。労働力をめぐる対立は1961年にベルリンの壁となって現れた。1972年に東西ドイツ基本条約が成立した。

再統一後のドイツ

1989年、ソビエト連邦のペレストロイカに端を発した東ドイツの民主化運動(東欧革命)をきっかけにベルリンの壁が崩壊した。翌1990年の10月3日に再統一(正式にはドイツ連邦共和国がドイツ民主共和国を吸収・併合した形での統一)を達成し、首都もボンからベルリンへと戻された。1992年9月、ドイツマルクが高騰して欧州の通貨を混乱に陥れた。2001年5月2日に連邦がベルリンへの首都機能移転を完了させた。2002年、ドイツ連邦銀行の政策が欧州中央銀行と加盟国の中央銀行で構成される欧州中央銀行制度へ移管された。

地理

詳細は「ドイツの地理」を参照

ドイツは西欧および中欧に属し、北にデンマーク、東にポーランドチェコ、南にオーストリアスイス、南西にフランスルクセンブルク、そして北西にベルギーオランダとそれぞれ国境を接しており、国土はおおよそ北緯47 - 55度(ジルト島の北端が55度)、東経5 - 16度の範囲に位置している。総面積は35万7022平方キロメートルに及び、領土34万8672平方キロメートル、領海8350平方キロメートルからなる。この面積はヨーロッパ第5位、世界第64位である。

標高は南部のアルプス山脈最高峰ツークシュピッツェの2962メートルから、北西部の北海(Nordsee)および北東部のバルト海(Ostsee)海岸に及ぶ。中位山地、北ドイツ低地(最低地点はヴィルシュターマールシュの海抜3.54メートル)にはライン川、ドナウ川、エルベ川が流れている。

おもな天然資源は、鉄鉱石、石炭、炭酸カリウム、木材、褐炭ウラン、銅、天然ガス、塩、ニッケル、可耕地と水である。

地形図

ドイツの地形は北から南へ、大きく5つの地域に分けられる。北ドイツ低地、中部山

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/11/27 00:39

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ドイツ」の意味を投稿しよう
「ドイツ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ドイツスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ドイツ」のスレッドを作成する
ドイツの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail