このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ドミニク・フルバティとは?

【基本情報】

【愛称】
Dominator (支配者)
【国籍】
スロバキア
【出身地】
同・ブラチスラヴァ
【生年月日】
(1978-01-04) 1978年1月4日(40歳)
【身長】
182cm
【体重】
79kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1996年
【引退年】
2014年
【ツアー通算】
8勝
【シングルス】
6勝
【ダブルス】
2勝
【生涯通算成績】
509勝529敗
【シングルス】
359勝318敗
【ダブルス】
150勝211敗
【生涯獲得賞金】
$7,070,095
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
ベスト8(2001・05)
全仏
ベスト4(1999)
全英
3回戦(2004)
全米
ベスト8(2004)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
2回戦(2000・06)
全仏
3回戦(2000・02・06)
全英
ベスト8(2005)
全米
3回戦(2000)
【国別対抗戦最高成績】

デビス杯
準優勝(2005)
ホップマン杯
優勝(2005・09)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
12位(2004年10月18日)
【ダブルス】
14位(2000年11月13日)
テンプレート プロジェクト テニス

ドミニク・フルバティ(Dominik Hrbatý, 1978年1月4日 - )は、スロバキアブラチスラヴァ出身の男子プロテニス選手。4歳年上の同僚カロル・クチェラと並んで、長年にわたりスロバキアのテニス界をリードしてきた選手である。名前の「ドミニク」(Dominik)からついた“Dominator”(支配者)というニックネームを持っている。ATPツアーでシングルス6勝、ダブルス2勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス12位、ダブルス14位。身長182cm、体重79kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

目次

  • 1 選手経歴
  • 2 ATPツアー決勝進出結果
    • 2.1 シングルス: 13回 (6勝7敗)
    • 2.2 ダブルス: 8回 (2勝6敗)
  • 3 4大大会シングルス成績
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

選手経歴

フルバティはスキーでも才能のある選手だったが、11歳の時から本格的にテニスに専念するようになった。1996年にプロ入りし、ATP最優秀新人賞を受賞する。1997年全豪オープン4大大会にデビューし、いきなりピート・サンプラスとの4回戦まで勝ち上がった。19歳になったばかりのフルバティは、当時無敵の王者だったサンプラスに7-6, 3-6, 4-6, 6-3, 4-6とフルセットの激戦の末敗れ、若手の新鋭選手として期待を集め始めた。1998年8月にサンマリノ・CEPUオープンマリアノ・プエルタを決勝で破り、ツアー初優勝を果たす。

フルバティの4大大会自己最高成績は、1999年全仏オープンベスト4進出である。この時フルバティは、2回戦で第1シードのエフゲニー・カフェルニコフを破った試合から快進撃を始め、4回戦でマラト・サフィンを、準々決勝ではマルセロ・リオスと強豪選手を連破して勝ち上がった。初めての準決勝ではアンドレ・アガシと対戦し、アガシがセット・カウント2-1とリードした第4セットの途中で、降雨のため試合が翌日に持ち越される。再開された第4セットでフルバティはアガシの前に力尽き、アガシはこの大会の優勝で宿願のキャリア・グランドスラムを達成した。

その後の成績は、2001年全豪オープン2005年全豪オープン2004年全米オープンベスト8進出がある。全米オープンで8強入りした2004年は、男子テニスツアーでも年間3勝を挙げ、年頭の1月にネクストジェネレーション・アデレード国際ハイネケン・オープンでの2週連続優勝があり、2月後半にオープン13でも優勝を飾った。フルバティはオリンピックのスロバキア代表選手としても、2000年シドニー五輪2004年アテネ五輪2008年北京五輪の3大会連続で出場した。

デビスカップ2005デビスカップスロバキア代表は決勝に初進出を果たす。12月2日-4日にスロバキアの首都ブラチスラヴァクロアチアとの決勝戦が行われたが、フルバティとカロル・クチェラが主力となったスロバキア代表は、マリオ・アンチッチイワン・リュビチッチのコンビが活躍したクロアチア代表に「2勝3敗」で敗れ、デビスカップ初優勝を逃した。この敗戦を最後に、クチェラが現役を引退する。デビスカップ2006では、スロバキアはワールドグループ1回戦でデビスカップチリ代表に敗退した後、残留をかけたワールドグループ・プレーオフでもベルギーに敗れ、ヨーロッパ・アフリカ・ゾーンに転落した。

2007年全米オープンの後、フルバティは右肘の手術に踏み切り、半年間の戦線離脱を余儀なくされる。これにより、現役最多だった4大大会男子シングルス連続出場記録が「44」で途切れた。(4大大会男子シングルスの連続出場最多記録は、ロジャー・フェデラーの「65大会」である。)2008年ウィンブルドン選手権で、フルバティはセンター・コート開幕戦に出場し、前年優勝のロジャー・フェデラーに3-6, 2-6, 2-6で敗れた。ウィンブルドンのセンター・コート開幕戦には1998年にもピート・サンプラスとの対戦がある。

ダブルスではツアーで8度の決勝進出、2度の優勝がある。そのうちの1勝は2000年ローマ・マスターズであげたものである。同じく2000年スイス・インドアの大会ではフェデラーと組んで準優勝。

フルバティは2010年に現役引退を発表したが、2011年にツアー復帰。ATPチャレンジャーツアーを中心に転戦したが、2014年が最後になっている。

ATPツアー決勝進出結果

シングルス: 13回 (6勝7敗)

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-2)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ (6-5)
 | 
サーフェス別タイトル
ハード (4-3)
クレー (2-3)
芝 (0-0)
カーペット (0-1)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 | 1. | 1997年9月29日 |  パレルモ | クレー |  アルベルト・ベラサテギ | 4–6, 2–6
優勝 | 1. | 1998年8月10日 |  サンマリノ | クレー |  マリアノ・プエルタ | 6–2, 7–5
優勝 | 2. | 1999年4月26日 |  プラハ | クレー |  スラバ・ドセデル | 6–2, 6–2
準優勝 | 2. | 2000年4月17日 |  モンテカルロ | クレー |  セドリック・ピオリーン | 4–6, 6–7(3), 6–7(6)
準優勝 | 3. | 2000年11月6日 |  サンクトペテルブルク | ハード (室内) |  マラト・サフィン | 6–2, 4–6, 4–6
準優勝 | 4. | 2000年11月20日 |  ブライトン | ハード (室内) |  ティム・ヘンマン | 2–6, 2–6
優勝 | 3. | 2001年1月8日 |  オークランド | ハード |  フランシスコ・クラベット | 6–4, 2–6, 6–3
準優勝 | 5. | 2003年1月6日 |  オークランド | ハード |  グスタボ・クエルテン | 3–6, 5–7
優勝 | 4. | 2004年1月5日 |  アデレード | ハード |  ミカエル・ロドラ | 6–4, 6–0
優勝 | 5. | 2004年1月12日 |  オークランド | ハード |  ラファエル・ナダル | 4–6, 6–2, 7–5
優勝 | 6. | 2004年2月23日 |  マルセイユ | ハード (室内) |  ロビン・セーデリング | 4–6, 6–4, 6–4
準優勝 | 6. | 2004年5月17日 |  カサブランカ | クレー |  サンティアゴ・ベントゥーラ | 3–6, 6–1, 4–6
準優勝 | 7. | 2006年11月5日 |  パリ | カーペット (室内) |  ニコライ・ダビデンコ | 1–6, 2–6, 2–6

ダブルス: 8回 (2勝6敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 | 1. | 1997年7月16日 |  ウマグ | クレー |  カロル・クチェラ |  ディヌ・ペスカリウ
ダビデ・サンギネッティ | 6–7, 4–6
準優勝 | 2. | 1998年8月9日 |  アムステルダム | クレー |  カロル・クチェラ |  ヤッコ・エルティン
ポール・ハーフース | 3–6, 2–6
準優勝 | 3. | 2000年3月26日 |  マイアミ | ハード |  マルティン・ダム |  マーク・ウッドフォード
トッド・ウッドブリッジ | 3–6, 4–6
優勝 | 1. | 2000年5月24日 |  ローマ | クレー |  マルティン・ダム |  エフゲニー・カフェルニコフ
ウェイン・フェレイラ | 6–4, 4–6, 6–3
準優勝 | 4. | 2000年10月8日 |  香港 | ハード |  ダーヴィト・プリノジル |  ウェイン・ブラック
ケビン・ウリエット | 1–6, 2–6
準優勝 | 5. | 2000年10月29日 |  バーゼル | カーペット (室内) |  ロジャー・フェデラー |  ドナルド・ジョンソン
ピート・ノーバル | 6–7(11), 6–4, 6–7(4)
優勝 | 2. | 2001年9月16日 |  タシュケント | ハード |  ジュリアン・ブテー |  エフゲニー・カフェルニコフ
ウェイン・フェレイラ | 6–4, 3–6, [13–11]
準優勝 | 6. | 2004年10月31日 |  サンクトペテルブルク | カーペット (室内) |  ヤロスラフ・レビンスキー |  アルノー・クレマン
ミカエル・ロドラ | 3–6, 2–6

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【1997】
【1998】
【1999】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
【2007】
【2008】
2009
【2010】
通算成績
全豪オープン | 4R | 1R | 1R | 1R | QF | 4R | 1R | 3R | QF | 4R | 3R | A | 2R | A | 22–12
全仏オープン | 1R | 3R | SF | 2R | 2R | 1R | 2R | 2R | 1R | 3R | 1R | 1R | LQ | LQ | 13–12
ウィンブルドン | 1R | 1R | 1R | 2R | 1R | 1R | 1R | 3R | 2R | 1R | 1R | 1R | LQ | LQ | 4–12
全米オープン | 1R | 2R | 1R | 4R | 2R | 3R | 2R | QF | 4R | 1R | 1R | 1R | LQ | A | 15–12

脚注

  1. ^ Dominik Hrbaty retires from international tennis

外部リンク

受賞
先代:
マーク・フィリプーシス | ATP年間最優秀新人賞
1996 | 次代:
フリアン・アロンソ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/16 22:54

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ドミニク・フルバティ」の意味を投稿しよう
「ドミニク・フルバティ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ドミニク・フルバティスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ドミニク・フルバティ」のスレッドを作成する
ドミニク・フルバティの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail