このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ドロテア・ア・ダンマーク_(1504-1547)とは?

【】

【出生】
1504年

【死去】
1547年4月11日

【配偶者】
プロイセンアルブレヒト
【子女】
一覧参照
【父親】
デンマークフレゼリク1世
【母親】
アンナ・フォン・ブランデンブルク
プロイセン公爵夫人ドロテアのデスマスクを元にした胸像、コルネリス・フローリス制作、プーシキン美術館

ドロテア・ア・ダンマーク(Dorothea af Danmark, 1504年 - 1547年4月11日)は、プロイセンアルブレヒトの最初の妻。

生涯

デンマークフレゼリク1世とその最初の妻でブランデンブルク選帝侯ヨハン・ツィーツェロの娘であるアンナの間の第2子、長女として生まれた。1523年に父が王位に就いて間もなく、フランス王フランソワ1世が庇護していたイングランドヨーク派王位請求者リチャード・ド・ラ・ポールとの縁談が持ち上がったが、実現しなかった。

その後、父王とその腹心の大法官ヴォルフガング・フォン・ウーテンホーフ(Wolfgang von Utenhof)が、プロイセン公アルブレヒトとの縁談を持ち込んできた。2人の結婚式は1526年7月1日にケーニヒスベルクで行われた。公爵夫妻は仲が良く、ドロテアは母国デンマークとプロイセンとの積極的な交流を推し進めた。ドロテア夫婦と同母兄クリスチャン3世の関係も良好で、両者の間では頻繁に文通が交わされ、アルブレヒトは1537年にコペンハーゲンで行われたクリスチャン3世の戴冠式にも出席した。また、アンナは1536年から1542年までの間、異母弟のハンスをケーニヒスベルク宮廷に引き取って養育した。

ドロテアはまた熱心な慈善活動でも知られた。公爵夫人は1544年に夫君がアルベルトゥス大学ケーニヒスベルクを創立した際、学棟の北部に、自身の化粧料から費用を出して10人の無料給費生のための学生寮を設置・運営している。さらにプロテスタント信仰の勢力拡大も支援し、プロイセン領内にルター派神学者を多く呼び寄せ、パウル・スペラトゥスヨハン・グラマンと信頼関係を築いた。

子女

公爵夫妻の間には6人の子供が生まれたが、育ったのは長女だけだった。

参考文献

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/29 18:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ドロテア・ア・ダンマーク_(1…」の意味を投稿しよう
「ドロテア・ア・ダンマーク_(1504-1547)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ドロテア・ア・ダンマーク_(1504-1547)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ドロテア・ア・ダンマーク_(1504-1547)」のスレッドを作成する
ドロテア・ア・ダンマーク_(1504-1547)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail