このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ドン・マッティングリーとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
インディアナ州エバンズビル
【生年月日】
(1961-04-20) 1961年4月20日(57歳)
【身長
体重】
6' 0" =約182.9 cm
175 lb =約79.4 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投左打
【ポジション】
一塁手
【プロ入り】
1979年 ドラフト19巡目でニューヨーク・ヤンキースから指名
【初出場】
1982年9月8日
【最終出場】
1995年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ドナルド・アーサー・マッティングリー(Donald Arthur Mattingly, 1961年4月20日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州エバンズビル出身のプロ野球監督、元プロ野球選手(一塁手)。左投左打。愛称はマット

1982年から1995年までニューヨーク・ヤンキース一筋でプレーし、シーズンMVP首位打者打点王シルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞などを獲得。背番号『23』は球団の永久欠番に指定されている。2011年から2015年まではロサンゼルス・ドジャースの監督を務め、2016年からはマイアミ・マーリンズの監督を務める。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 現役時代
    • 1.2 コーチ・監督時代
  • 2 人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別監督成績
    • 3.3 タイトル
    • 3.4 表彰
    • 3.5 記録
    • 3.6 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

現役時代

現役時代のマッティングリー

1979年MLBドラフトニューヨーク・ヤンキースから19巡目に指名を受け入団。

1982年にAAA級コロンバスで打率.315を記録してメジャー昇格を果たし、9月8日ボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー。

1983年6月24日のボストン・レッドソックス戦でジョン・テューダーからメジャー初本塁打を放つ。1984年は開幕からメジャーに定着し、前半戦で打率.330をマークしてオールスターゲームに初出場し、以後5年連続で選出された。後半戦で打率.357と更に数字を伸ばし、打率.343・23本塁打・110打点、共にリーグ最多の207安打・44二塁打の成績で首位打者のタイトルを獲得した。同年はチームメイトのデーブ・ウィンフィールドと激しい首位打者争いを演じ、シーズン最終戦で逆転した。MVPの投票では5位に入った。

1985年は打率.324、共にキャリアハイの35本塁打・145打点、ウェイド・ボッグスに次ぐリーグ2位の211安打、リーグ最多の48二塁打を記録して最多打点のタイトルを獲得し、初のMVP・シルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞を受賞した。

1986年はボッグスに次ぐリーグ2位の打率.352、31本塁打・113打点、共にリーグ最多で現在も球団記録の238安打・53二塁打を記録。長打率.573もリーグトップだった。MVPの投票ではロジャー・クレメンスに次ぐ2位に入った。

1987年は6月に故障者リスト入りするが、7月8日ミネソタ・ツインズ戦から、オールスターゲームを挟んで7月18日テキサス・レンジャーズ戦にかけて、史上2人目となる8試合連続本塁打を達成。7月16日には満塁本塁打を含む7打点を記録した。同年はメジャー記録となる1シーズン6本の満塁本塁打を放つなど、打率.327・30本塁打・115打点を記録した。

1989年は23本塁打・113打点を記録したが、1990年は不振に陥り、故障もあって102試合の出場で打率.256・5本塁打に終わり、同年を境に成績は下降。

1991年はチームの10代目キャプテンに就任。8月16日、髪を切らないことを理由に試合への出場停止と罰金250ドルの処分を受けた。1994年8月11日まで打率.304・出塁率.397を記録し、チームも地区首位に立っていたが、翌日から1994年から1995年のMLBストライキに突入。そのままシーズンが打ち切られ、史上初めてワールドシリーズが中止となり、ポストシーズン出場のチャンスを逃してしまった。

ストライキが収拾された1995年にチームはワイルドカードを獲得する。自身初のポストシーズンとなったシアトル・マリナーズとのディビジョンシリーズでは第2戦で本塁打を放つなど打率.417と活躍。しかしチームは最終第5戦で逆転サヨナラ負けを喫し、2勝3敗で敗退した。オフに背中の故障を理由に34歳で現役を引退。プロ入りから引退までヤンキース一筋でプレーした、近年では数少ないフランチャイズ・プレイヤーだった。

1997年に自身の背番号23』がヤンキースの永久欠番に指定された。

コーチ・監督時代

2004年にヤンキースの打撃コーチに就任して現場復帰。2007年シーズンからはヤンキースのヘッドコーチに就任し、ジョー・トーリ監督の後継者の最有力候補と目されたが、同年オフにトーリの監督辞任を受けヘッドコーチを辞任した。2008年にトーリがドジャースの監督に就任し、それに従って打撃コーチに就任する予定であったが、1月になって家庭の理由で打撃コーチを辞し、特別コーチに就任することとなった。

2010年シーズン終了後、トーリの退団に伴い監督に昇格した。

2014年1月7日にドジャースとの契約を2016年まで延長したことが報道された。

2015年9月29日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に勝利し3年連続の地区優勝を果たしたことにより、ドジャースでは初めて3年連続でポストシーズン進出を果たした監督となったが、ディビジョンシリーズではニューヨーク・メッツに2勝3敗で敗れ、3年ともリーグ優勝は果たせなかった。10月22日に監督解任が発表された。10月29日にマイアミ・マーリンズの新監督に就任することが発表された。

人物

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1982 | NYY | 7 | 13 | 12 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | .167 | .154 | .167 | .321
1983 | 91 | 305 | 279 | 34 | 79 | 15 | 4 | 4 | 114 | 32 | 0 | 0 | 2 | 2 | 21 | 5 | 1 | 31 | 8 | .283 | .333 | .409 | .742
1984 | 153 | 662 | 603 | 91 | 207 | 44 | 2 | 23 | 324 | 110 | 1 | 1 | 8 | 9 | 41 | 8 | 1 | 33 | 15 | .343 | .381 | .537 | .918
1985 | 159 | 727 | 652 | 107 | 211 | 48 | 3 | 35 | 370 | 145 | 2 | 2 | 2 | 15 | 56 | 13 | 2 | 41 | 15 | .324 | .371 | .567 | .938
1986 | 162 | 742 | 677 | 117 | 238 | 53 | 2 | 31 | 388 | 113 | 0 | 0 | 1 | 10 | 53 | 11 | 1 | 35 | 17 | .352 | .394 | .573 | .967
1987 | 141 | 629 | 569 | 93 | 186 | 38 | 2 | 30 | 318 | 115 | 1 | 4 | 0 | 8 | 51 | 13 | 1 | 38 | 16 | .327 | .378 | .559 | .937
1988 | 144 | 651 | 599 | 94 | 186 | 37 | 0 | 18 | 277 | 88 | 1 | 0 | 0 | 8 | 41 | 14 | 3 | 29 | 13 | .311 | .353 | .462 | .815
1989 | 158 | 693 | 631 | 79 | 191 | 37 | 2 | 23 | 301 | 113 | 3 | 0 | 0 | 10 | 51 | 18 | 1 | 30 | 15 | .303 | .351 | .477 | .828
1990 | 102 | 428 | 394 | 40 | 101 | 16 | 0 | 5 | 132 | 42 | 1 | 0 | 0 | 3 | 28 | 13 | 3 | 20 | 13 | .256 | .308 | .335 | .643
1991 | 152 | 646 | 587 | 64 | 169 | 35 | 0 | 9 | 231 | 68 | 2 | 0 | 0 | 9 | 46 | 11 | 4 | 42 | 21 | .288 | .339 | .394 | .733
1992 | 157 | 686 | 640 | 89 | 184 | 40 | 0 | 14 | 266 | 86 | 3 | 0 | 0 | 6 | 39 | 7 | 1 | 43 | 11 | .288 | .327 | .416 | .743
1993 | 134 | 596 | 530 | 78 | 154 | 27 | 2 | 17 | 236 | 86 | 0 | 0 | 0 | 3 | 61 | 9 | 2 | 42 | 20 | .291 | .364 | .445 | .809
1994 | 97 | 436 | 372 | 62 | 113 | 20 | 1 | 6 | 153 | 51 | 0 | 0 | 0 | 4 | 60 | 7 | 0 | 24 | 8 | .304 | .397 | .411 | .808
1995 | 128 | 507 | 458 | 59 | 132 | 32 | 2 | 7 | 189 | 49 | 0 | 2 | 0 | 8 | 40 | 7 | 1 | 35 | 17 | .288 | .341 | .413 | .754
通算:14年 1785 | 7721 | 7003 | 1007 | 2153 | 442 | 20 | 222 | 3301 | 1099 | 14 | 9 | 13 | 96 | 588 | 136 | 21 | 444 | 191 | .307 | .358 | .471 | .829

年度別監督成績

年度
球団
【地区】
年齢
試合
勝利
敗戦
勝率
【順位/チーム数】
【備考】
ポストシーズン
勝敗
2011 | LAD | NL 西 | 50歳 | 161 | 82 | 79 | .509 | 3 / 5 | 1試合の出場停止 | -
2012 | 51歳 | 162 | 86 | 76 | .531 | 2 / 5 |  | -
2013 | 52歳 | 162 | 92 | 70 | .568 | 1 / 5 | NLCS敗退 | 5勝5敗
2014 | 53歳 | 162 | 94 | 68 | .580 | 1 / 5 | NLDS敗退 | 1勝3敗
2015 | 54歳 | 162 | 92 | 70 | .568 | 1 / 5 | NLDS敗退 | 2勝3敗
2016 | MIA | NL 東 | 55歳 | 161 | 79 | 82 | .491 | 3 / 5 |  | -
通算:6年 970 | 525 | 445 | .541 |  |  | 8勝11敗

タイトル

表彰

記録

背番号

脚注

  1. ^ Breakdown of Marlins' Players Weekend names MiLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月27日閲覧
  2. ^ キャリアで満塁本塁打を記録したのは同年のみ。
  3. ^ ヤンキースでは選手とコーチの長髪と整えられた口髭以外の髭を蓄えることを禁止している。
  4. ^ Alden Gonzalez (2014年1月7日). “Mattingly, Dodgers agree on contract extension” (英語). MLB.com. http://m.dodgers.mlb.com/news/article/66345480 2016年2月5日閲覧。
  5. ^ Dylan Hernandez; Bill Shaikin (2015年10月22日). “Don Mattingly out as Dodgers manager”. Los Angeles Times. 2015年10月28日閲覧。
  6. ^ “Don Mattingly hired as manager of the Miami Marlins”. USA Today. (2015年10月29日). http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/marlins/2015/10/29/don-mattingly-miami-marlins-manager/74791064/ 2015年11月2日閲覧。
  7. ^ Joe Frisaro (2015年10月29日). “Mattingly to be next manager of Marlins”. MLB.com. 2015年11月2日閲覧。

関連項目

外部リンク

マイアミ・マーリンズ ロースター
投手 | 

捕手 | 
  • 28 ブライアン・ホラデイ
  • 11 J.T.リアルミュート
  • 17 チャド・ウォーラック

  • 内野手 | 
  • 13 スターリン・カストロ
  • 14 マーティン・プラド
  • 10 JT・リドル
  • 2 ヤディエル・リベラ
  • 19 ミゲル・ロハス

  • 外野手 | 
  • 15 ブライアン・アンダーソン
  • 9 ルイス・ブリンソン
  • 30 ギャレット・クーパー
  • 44 オースティン・ディーン
  • 32 デレク・ディートリック
  • 79 アイザック・ギャロウェイ
  • 12 ブラクストン・リー
  • 45 ピーター・オブライエン
  • 34 マグネウリス・シエラ

  • 監督・コーチ | 
  • 8 ドン・マッティングリー(監督)
  • 38 ティム・ウォーラック(ベンチコーチ)
  • 6 マイク・パグリアルーロ(打撃コーチ)
  • 4 フランク・メネキーノ(打撃コーチ補佐)
  • 47 フアン・ニエベス(投手コーチ)
  • 7 ペリー・ヒル(一塁コーチ)
  • 33 フレディ・ゴンザレス(三塁コーチ)
  • 24 ディーン・トレーナー(ブルペンコーチ)
  • 85 ロブ・フリッポ(ブルペン・コーディネイター)
  • 23 ブライアン・シュナイダー(捕手コーチ)
  • 59 エド・ルーカス(管理コーチ)

  • 公式サイト(英語)より 40人ロースター 監督・コーチ一覧 2018年10月11日更新

    ロサンゼルス・ドジャース歴代監督


    マイアミ・マーリンズ歴代監督


    業績
    アメリカンリーグMVP
    チャルマーズ賞 | 

    リーグ表彰 | 
  • 22 ジョージ・シスラー
  • 23 ベーブ・ルース
  • 24 ウォルター・ジョンソン
  • 25 ロジャー・ペキンポー
  • 26 ジョージ・バーンズ
  • 27 ルー・ゲーリッグ
  • 28 ミッキー・カクレーン

  • 以下、全米野球記者協会(BBWAA)による表彰

    1930年代 | 

    1940年代 | 
  • 40 ハンク・グリーンバーグ
  • 41 ジョー・ディマジオ
  • 42 ジョー・ゴードン
  • 43 スパッド・チャンドラー
  • 44 ハル・ニューハウザー
  • 45 ハル・ニューハウザー
  • 46 テッド・ウィリアムズ
  • 47 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/12/16 21:36

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ドン・マッティングリー」の意味を投稿しよう
    「ドン・マッティングリー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ドン・マッティングリースレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ドン・マッティングリー」のスレッドを作成する
    ドン・マッティングリーの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail