このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ナチス左派とは?

(ナチス左派から転送)
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年5月)
ナチズム


党組織
国家社会主義ドイツ労働者党
指導者
突撃隊
親衛隊
大管区
大管区指導者
武装親衛隊
親衛隊階級
ヒトラーユーゲント

歴史
ナチス・ドイツ
ミュンヘン一揆
バンベルク会議
全権委任法
権力掌握
長いナイフの夜
ニュルンベルク法
オーストリア併合
T4作戦
水晶の夜
第二次世界大戦
独ソ戦
ヒトラー暗殺計画
ホロコースト
非ナチ化

用語
国家社会主義
25カ条綱領
指導者原理
強制的同一化
民族共同体
支配人種(en)
劣等人種(en)
血と土
第三帝国

書籍・新聞
我が闘争
二十世紀の神話
フェルキッシャー・ベオバハター
シュテュルマー

関連項目
ファシズム
ムッソリーニ
ハーケンクロイツ
ナチス式敬礼
ジークハイル
ナチ党党大会
ナチス左派
旗を高く掲げよ
宗教的側面(en)
積極的キリスト教
強制収容所
ヴァンゼー会議
生存圏
新秩序
レーベンスボルン
プロパガンダ
日独伊三国軍事同盟
退廃芸術
ハウスホーファー
北方人種
トゥーレ協会
反ユダヤ主義
ドイツ系アメリカ人協会
ネオナチ
第四帝国


ナチス左派が用いた剣とハンマーをあしらったシンボル

シュトラッサー主義(シュトラッサーしゅぎ)とは、ナチズムの中における労働者を中心とした急進的な集団行動主義であり、古風な超国家主義社会主義経済学の影響を受け、経済的反ユダヤ主義を他の反ユダヤ主義的な形態よりも優先する。グレゴールとオットー・シュトラッサーの2人の兄弟に由来する。

アドルフ・ヒトラーの説に戦略的に反対したオットー・シュトラッサーは1930年にナチスを追われチェコスロバキアに亡命したが、グレゴール・シュトラッサーは1934年6月30日の長いナイフの夜にドイツで殺害された。シュトラッサー主義はネオナチズムの鎖の中で活動的な位置を保っている。

概要

グレゴール・シュトラッサーオットー・シュトラッサーのシュトラッサー兄弟は1923年のミュンヘン一揆アドルフ・ヒトラーが入獄した後、主に北ドイツでナチ党系の組織を率いた。「国家社会主義通信」など独自の機関誌を発行していた彼らの主張は社会主義的側面が強く、ドイツ共産党が提案したドイツ帝国構成諸国旧君主の財産接収法案にも賛成していた。このためミュンヘンを中心とするナチ党右派ヘルマン・エッサーユリウス・シュトライヒャーらと強く対立した。出獄してきたヒトラーは1926年のバンベルク会議でシュトラッサーらの主張を否定し、党内における指導者原理を確立させた。その後グレゴールやその秘書ヨーゼフ・ゲッベルスを懐柔する一方で、オットーは離党を余儀なくされた。オットーは後に黒色戦線と呼ばれる組織を立ち上げ、左派的な国家社会主義を主張し続けた。

全てを宣伝に帰するミュンヘン・ナチのアジテーション方式に飽き足らぬ左派は、ナチスの理念を求めナチスの運動にイデオロギー性をもたせようとした。曖昧なままに放置された25カ条綱領をはっきりさせ、ミュンヘン・ナチの反ユダヤ主義一辺倒に代わって、共和制の主張、職業身分制秩序、反西欧資本主義からする親ソ外交路線などと共に、社会主義を全面に押し出した。彼らが何よりもミュンヘン・ナチに抱いた疑念は、その経済政策実行の真面目さと熱意だった。社会主義者をもって自認する彼らには、これは黙視できなかった。 グレゴール・シュトラッサーによれば、「我々は社会主義者であり、経済的弱者の搾取や不当な賃金支払いや責任と業績によらずに財産と金による非道徳的な人間を評価する今日の資本主義体制の敵であり宿敵なるが故に、我々はこの体制を是が非でも絶滅する決心を固めるに至った!我々は、非の打ち所がなく、しかも現体制よりも優れた働き手を有する、より良き、より正当で、より道徳的な体制を代置させなければならない!」とのことであった。

ヒトラーの権威が党内で不動のものとなると、バンベルク会議後の左派の勢力は減退し、1932年にクルト・フォン・シュライヒャー首相がナチ党左派を取り込もうとしたが失敗し、グレゴールが離党を余儀なくされた際にも追随者はほとんど出なかった。

左派の出身者としてはグレゴールの秘書を務めていたゲッベルスとハインリヒ・ヒムラー、人民法廷の裁判官ローラント・フライスラーらが知られている。ヒムラーには離党して養鶏農家を始めようか迷い、シュトラッサーに相談していたエピソードがある。またエルンスト・レームらの突撃隊幹部も左派に近く、政権獲得後には「第二革命」を唱えていた。

1934年長いナイフの夜事件により、レーム、グレゴール・シュトラッサーら象徴的人物が粛清され、左派は党内での影響力を完全に失った。しかしナチス・ドイツで強い影響を持ったゲッベルスやヒムラーなどの思想にも左派の影響は強く残っていた。

ドイツ革命の十四のテーゼ

オットー・シュトラッサーはバンベルク会議の決定後も、革命意欲を封じ込めることはなく、ドイツ革命のための反ブルジョア的姿勢を示し、「ジロンド」のヒトラーに対して自らの「ジャコバン」性を強調した。 1929年8月1日、彼は「NS書簡」に新生ドイツのための「ドイツ革命の十四のテーゼ(Die 14 Thesen Deutschen Revolution)」を発表して自分の基本的立場を綱領的に要約した。

関連作品

粛清直前のシュトラッサーが、同じく危うい立場のレームに共闘を持ちかけるフィクション

参考文献

関連項目

国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)
思想 | 

ナチズム / 指導者原理 / 人種主義 / アーリア人至上主義 / 反共主義 / 反ユダヤ主義 / 支配人種 / 権威主義 / 民族共同体 / 血と土 / 生存圏 / 第三帝国 / 強制的同一化 / 新秩序(ナチズム)


人物 | 
総統 | 

アドルフ・ヒトラー


後継指名者 | 

ルドルフ・ヘス / ヘルマン・ゲーリング


全国指導者 | 

ヘルマン・エッサー / フランツ・クサーヴァー・シュヴァルツ / ヴァルター・ブーフ / マックス・アマン / ヨーゼフ・ゲッベルス / オットー・ディートリヒ / マルティン・ボルマン / フィリップ・ボウラー / ロベルト・ライ / ハンス・フランク / リヒャルト・ヴァルター・ダレ / ヴィルヘルム・フリック / コンスタンティン・ヒールル / ヴィルヘルム・グリム / バルドゥール・フォン・シーラッハ / アルトゥール・アクスマン / アルフレート・ローゼンベルク / カール・フィーラー / フランツ・フォン・エップ / ハインリヒ・ヒムラー / エルンスト・レーム / ヴィクトール・ルッツェ


突撃隊幹部 | 

フランツ・プフェファー・フォン・ザロモン / エルンスト・レーム / エドムント・ハイネス / ヴィクトール・ルッツェ / ヴィルヘルム・シェップマン / Category:突撃隊隊員


親衛隊幹部 | 

ハインリヒ・ヒムラー / ラインハルト・ハイドリヒ / エルンスト・カルテンブルンナー / クルト・ダリューゲ / カール・ヴォルフ / オズヴァルト・ポール / ゴットロープ・ベルガー / ハンス・ユットナー / Category:親衛隊将軍


武装親衛隊幹部 | 

ヨーゼフ・ディートリヒ / パウル・ハウサー / フェリックス・シュタイナー / テオドール・アイケ / ヘルベルト・オットー・ギレ / ヴィルヘルム・ビットリヒ / フリードリヒ・ヴィルヘルム・クリューガー / ヴァルター・クリューガー


初期の幹部 | 

アントン・ドレクスラー / ディートリヒ・エッカート / マックス・エルヴィン・フォン・ショイブナー=リヒター / ゴットフリート・フェーダー


ナチス左派 | 

グレゴール・シュトラッサー / オットー・シュトラッサー / ヨーゼフ・ゲッベルス



歴史 | 
草創期 | 

ドイツ労働者党 / 25カ条綱領 / ミュンヘン一揆 / 国家社会主義自由運動 / 大ドイツ民族共同体 / ハノーファー会議 / バンベルク会議 / シュテンネスの反乱 / 権力掌握


ナチス・ドイツ | 

ヒトラー内閣 / ドイツ国会議事堂放火事件 / 全権委任法 / 長いナイフの夜 / ベルリンオリンピック / アンシュルス / チェコスロバキア解体


第二次世界大戦 | 

T4作戦 / ホロコースト / ヒトラー暗殺計画 / ヒトラーの死 / ドイツ降伏


第二次世界大戦後 | 

ニュルンベルク裁判 / ニュルンベルク継続裁判 / 非ナチ化 / 戦う民主主義 / フランクフルト・アウシュビッツ裁判



組織 | 

総統 / 全国指導者 / 突撃隊 / 親衛隊 / 武装親衛隊 / 大管区 / 帝国大管区 / 国外大管区 / RSD / 国家社会主義航空軍団 / 国家社会主義自動車軍団 / 国家社会主義女性同盟 / ヒトラーユーゲント / ドイツ女子同盟 / アドルフ・ヒトラー・シューレ / 国家労働奉仕団 / ドイツ労働戦線 / 国家社会主義公共福祉


シンボル | 

ハーケンクロイツ / ビュルガーブロイケラー / 褐色館 / 総統官邸 / ベルリン・スポーツ宮殿 / ベルクホーフ / ニュルンベルク党大会 / 国家党大会広場 / ナチス式敬礼 / ジークハイル / 旗を高く掲げよ / 突撃隊は行進する / 意志の勝利 / オリンピア / 血染めの党旗


書籍・新聞 | 

我が闘争 / 二十世紀の神話 / フェルキッシャー・ベオバハター / デア・アングリフ / 闘争出版社 / ダス・シュヴァルツェ・コーア / シュテュルマー


付随用語 | 

ヴェルサイユ条約 / 背後の一突き / 退廃芸術 / シオン賢者の議定書 / ファシズム / 枢軸国 / カール・ハウスホーファー / ハンス・ギュンター


関連団体 | 

ドイツ義勇軍 / ゲルマン騎士団 / エアハルト海兵旅団 / トゥーレ協会 / ドイツ闘争連盟 / ドイツ民族自由党 / 黒色戦線 / オーストリア・ナチス / ズデーテン・ドイツ人党 / ドイツ国家人民党 / 鉄兜団、前線兵士同盟


関連項目:

第一次世界大戦 / ドイツ革命 / ヴァイマル共和政 / 第二次世界大戦 / 連合軍軍政期 (ドイツ) / ネオナチ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/03/30 18:03

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ナチス左派」の意味を投稿しよう
「ナチス左派」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ナチス左派スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ナチス左派」のスレッドを作成する
ナチス左派の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail