このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ニチレイとは?

種類
株式会社
【市場情報】
東証1部 2871
1949年5月16日上場

大証1部(廃止) 2871
1949年5月14日 - 2010年6月7日

名証1部 2871
1949年5月14日 - 2003年6月7日

【本社所在地】
日本
104-8402
東京都中央区築地六丁目19番20号
【設立】
1942年(昭和17年)12月24日
(帝国水産統制株式会社)
業種
食料品
法人番号
8010001034889
【事業内容】
加工食品事業
畜産水産事業
冷蔵倉庫物流事業
バイオサイエンス事業
不動産事業
【代表者】
代表取締役会長 大谷邦夫
代表取締役社長 大櫛顕也
【資本金】
303億700万円
【発行済株式総数】
2億8085万2913株
(2018年3月31日現在)
【売上高】
連結:約5,680億円
(2018年3月期)
【営業利益】
連結:約298億円
(2018年3月期)
【純利益】
連結:約190億円
(2018年3月期)
【純資産】
連結:約1,696億円
(2018年3月31日現在)
【総資産】
連結:約3,686億円
(2018年3月31日現在)
【従業員数】
連結:約15,787名
(2018年3月31日現在)
【決算期】
3月31日
【主要株主】
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 12.65%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 9.88%
日本生命保険 4.31%
三菱UFJ銀行 3.10%
みずほ銀行 2.86%
(2018年9月30日現在)
【主要子会社】
主なグループ会社の項を参照
【関係する人物】
手島忠(元社長)
浦野光人(元社長)
村井利彰(元社長)
【外部リンク】
https://www.nichirei.co.jp/

株式会社ニチレイ(: NICHIREI CORPORATION)がグループを統括する持株会社を担い、主に4つの事業会社が(1)加工食品事業、(2)水産畜産事業、(3)低温物流事業、(4)医薬品・機能性素材事業などを行っている。日本で初めて冷凍食品を作った企業であり、冷凍食品事業および低温物流事業において国内最大手である。

目次

  • 1 事業会社
  • 2 沿革
  • 3 主な拠点
  • 4 主なグループ会社
  • 5 主な商品
  • 6 提供番組
  • 7 脚注
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

事業会社

株式会社ニチレイフーズ

株式会社ニチレイフレッシュ

株式会社ニチレイロジグループ本社

株式会社ニチレイバイオサイエンス

沿革

1942年(昭和17年)12月24日、前身の「帝国水産統制株式会社」が、戦時中の水産統制令に基づいて、水産会社他18社などの出資により、水産物の加工、冷蔵の中央統制機関として設立される。経営資源の大半が現在の福岡県北九州市が発祥の日本水産の陸上部門(営業所や冷蔵倉庫等)を引き継いだもので、実質的には日本水産より分離、設立されたものであった。

1943年4月、水産物の買入・販売ならびに製氷・冷蔵・凍結事業を開始。

1945年(昭和20年)12月1日、終戦後の水産統制令の廃止を受け、商法上の株式会社への組織変更を行い、「日本冷蔵株式会社」に商号変更。公式には、この1945年12月を創立年としている。

1946年、果汁入りアイスキャンディー「レイカ(冷菓)」を販売。

1949年5月、東京、大阪、名古屋の各証券取引所に株式を上場。

1951年、冷凍みかん・冷凍いちごの生産開始。(当社最初の冷凍食品)

1952年、調理冷凍食品の生産・販売を開始、日本初の超低温・大型冷蔵倉庫を設置し、冷凍食品及びそれを流通させるための仕組み(コールドチェーン)の普及をリードした。

1964年10月、東京オリンピックの選手村に冷凍食品を供給。業務用冷凍食品の「はしり」となった。

1970年10月、大阪府で行われた日本万国博覧会に食堂「テラス日冷」と売店「日冷コーナー」を出店。日本の冷凍食品の優れた品質や調理技術の一端を披露した。

1979年1月、アメリカにおける農・水・畜産品の集荷・販売子会社を設立。(現・Nichirei Foods U.S.A.,Inc.)

1984年4月、事業目的に医薬品、医薬部外品および試薬の製造・売買、種苗の生産および売買を追加。

1985年2月1日、CI導入により、現在の商号「株式会社ニチレイ」、シンボルマークを「Nマーク」に変更。

1988年4月、アセロラドリンクを本格的に発売。

1988年9月、オランダの冷蔵会社を買収し、オランダにおける冷蔵事業に進出。(現・Eurofrigo B.V.)

1990年4月、物流事業を本格的に開始。

2003年4月、社内カンパニー制を導入。

2003年10月、食品販売子会社のユキワを譲渡。

2004年4月、国内の低温物流事業の会社分割を実施。(物流ネットワーク事業1社、地域保管事業7社に会社分割<連結子会社>)。

2005年4月1日、各事業について会社分割による完全子会社化を行い、持株会社体制に移行。不動産事業は宅地建物取引業免許の関係上分社化できないため、純粋持株会社ではない。

2006年10月5日、事業会社であるニチレイフーズがキッザニア東京に「食品開発センター」のパビリオンを出展。食品開発センターの研究員として、冷凍食品の開発の仕事を行う。身近にある冷凍食品が、どんな風に研究して開発されているのかを調べる。また、スノードライを使って、食べ物を一瞬で冷凍させる体験ができる。2009年3月27日に開業したキッザニア甲子園にも出展している。

2007年4月2日、フラワー事業を再編。子会社として株式会社ニチレイフラワー(65%出資)と株式会社ニチレイガーデン(100%出資)を設立し、花卉仕入・販売事業と洋蘭栽培事業をそれぞれ事業譲渡。

2007年7月30日、事業会社であるニチレイフーズと、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドとの間でスポンサー契約を締結したことを発表し、東京ディズニーランドの劇場「シアターオーリンズ」と、東京ディズニーシーのレストラン「ニューヨーク・デリ」のスポンサーになった(契約履行開始は8月23日から)。

2008年6月、アセロラ果汁の調達・販売を行う「ニチレイスーコ」を設立。日本国内、アジア・オセアニアへの果汁原料販売体制を拡充。

2009年7月、ニチレイアセロラドリンク事業について、サントリー食品インターナショナル株式会社に業務用製品を除き事業譲渡する事を発表。原料供給を行い、「ニチレイ」のブランド名は継続している。

2010年、欧州子会社Nichirei Holding Holland B.V.(オランダ)が、Holding GLB S.A.およびHolding TCG S.A.(フランス)両社傘下の低温物流事業会社4社を買収(完全子会社化)。

2010年10月1日、冷凍菓子マーケティング会社である「株式会社花乃菓房」を設立。

2010年10月、タイ王国に新・増設した2工場稼動が開始。主力カテゴリーであるチキン加工品事業を強化。

2011年3月、株式会社ジェーシー・コムサ、海通食品集団上海有限公司と共に、中華人民共和国上海市に「日爵海食品貿易有限公司」を設立し、中国の外食市場において事業展開。

2011年3月31日、外食・中食業者からの発注に基づき栽培された野菜の販売を行う「株式会社ニチレイアグリ」を鹿児島県鹿児島市に設立。

2011年8月16日、ベトナムにニチレイ-HPC有限責任会社を設立、アセロラ原料の品種改良・栽培ノウハウの普及を進め、同国からのアセロラ原料調達事業を強化。(株)ニチレイフーズが、業務用野菜の販売会社を設立。秋より業務開始。((株)ニチレイアグリ)

2012年6月30日、米国の食品企業であるInnovAsian Cuisine Enterprises LLCの発行済株式の51%を取得。アジアン・フーズを中心とした米国市場での事業拡大を図る。

2013年4月、タイ王国にSCG Logistics Management Co.,Ltdとの低温物流事業を営む合弁会社を設立。

2014年8月5日、香港に、水産品および畜産品の販売事業を手掛ける新会社Nichirei Fresh Hong Kong.Ltd.を設立。

主な拠点

主なグループ会社

ニチレイ

ニチレイフーズ

ニチレイフレッシュ

ニチレイロジグループ本社

ニチレイバイオサイエンス

主な商品

提供番組

脚注

  1. ^ 四半期報告書(第101期第2四半期)

関連項目

外部リンク

芙蓉グループ芙蓉懇談会
あ行 | 

アキレス - アヴァンティスタッフ - オカモト - 沖電気工業


か行 | 

片倉工業 - キヤノンマーケティングジャパン - クオラス - クボタ - クレディセゾン - クレハ - グランドニッコー東京 - 京浜急行電鉄 - KYB - 五洋建設


さ行 | 

サッポロビール(注1) - JFEホールディングス(注3) - 昭和電工 - 住江織物 - 損害保険ジャパン日本興亜(注3)(注4)(注5)


た行 | 

大気社 - 大成建設 - 大成有楽不動産 - 大成ユーレック - 大成建設ハウジング - 大成ロテック - 太平洋セメント(注1)(注3) - 大陽日酸 - 宝ホールディングス - 帝国繊維 - TPR - 鉄建建設 - 東亜建設工業 - 東京海上日動火災保険(注2) - 東京機械製作所 - 東京建物 - 東京建物不動産販売 - 東武鉄道 - 飛島建設


な行 | 

西松建設 - 日油 - ニチレイ - 日産自動車 - 日清製粉グループ本社 - 日清紡ホールディングス - ニッタン - 日本水産 - 日本精工


は行 | 

パレスホテル(注4) - 日立製作所(注3)(注4) - ヒューリック - 芙蓉総合リース


ま行 | 

前川製作所 - 前田建設工業 - 松井建設 - 松田平田設計 - 丸紅 - みずほ銀行(注3)(注5) - みずほ証券(注3)(注5) - みずほ信託銀行 - みずほフィナンシャルグループ - 明治安田生命保険(注2)


や行 | 

安田倉庫 - ヤマダホームズ (注6) - ユーシーカード - 淀川製鋼所(注6)


関連項目 | 

芙蓉 - 富士銀行 - 安田財閥 - 浅野財閥 - 根津財閥 - 日産コンツェルン - 森コンツェルン - 大倉財閥 - フジサンケイグループ(フジ・メディア・ホールディングス) - みずほグループ


(注1)は三井グループでもある。(注2)は三菱グループでもある。
(注3)は第一勧銀グループでもある。(注4)は三和グループでもある。
(注5)は古河グループでもある。(注6)は大輪会グループでもある。

春光懇話会
日立製作所(日立グループ) | 

日精 - 日立ビルシステム - 日立システムズ - 日立ドキュメントソリューションズ - 東京証券代行 - 日立建設設計 - 日立アーバンインベストメント - 日立保険サービス - 日立グローバルライフソリューションズ - 日立ライフ - 日立産機 - 新明和工業 - 日立オートパーツ&サービス - 日立ソリューションズ - 日立ソリューションズ・クリエイト - 日立アーバンサポート - 日立CM - 日立国際電気 - ALSOK昇日セキュリティサービス - 日立パワーソリューションズ - 日京クリエイト - 日立ICS - 日立SC - 日立MP - 日立オートモティブシステムズ - ニッセイコム - 日立産機ドライブ・ソリューションズ - 日立プラントサービス - 日立フーズ&ロジスティクスシステムズ - 共和真空技術 - 日立プラントコンストラクション - 菅原 - - ヤシマキザイ - ルネサスイーストン - 瑞穂 - 高文 - 日立システムズネットワークス - 神田通信機 - 関東日立


日産化学 | 

日星産業 - 日産緑化 - 日産物流


損保ジャパン日本興亜
(SOMPOホールディングス)
 | 

SOMPOビルマネジメント - SOMPOひまわり生命 - 損保ジャパン日本興亜DC証券 - SOMPOリスクマネジメント - 損保ジャパン日本興亜AM - SOMPOクレジット - SOMPOシステムズ - SOMPOケア


日産自動車 | 

東京日産自動車販売 - 日産フィナンシャルサービス - 日産ネットHD - 日産クリエイティブサービス - 日産自動車販売 - 日産プリンス東京販売 - 日産カーレンタルソリューション - ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル


JXTGホールディングス(JXTGグループ) | 

丸運 - JXエンジニアリング - NTTデータCCS - JX不動産 - JXキャリアサポート - NIPPO - ENEOSサンエナジー


JXTGエネルギー(JXTGグループ) | 

JXオーシャン - 昭和日タン


JX石油開発(JXTGグループ) | 

(JXTGグループ)


JX金属(JXTGグループ) | 

タツタ電線 - 東邦チタニウム - JX金属商事 - JX金属探開


日本水産 | 

ホウスイ - 日水製薬 - 日水物流 - ニッスイ・エンジニアリング


日油 | 

日油商事 - 油化産業


ニチレイ | 

ニチレイフーズ - ニチレイフレッシュ - ニチレイロジG - ニチレイバイオ - ニューハウジング


日立金属 | 

日立金属商事 - 日立金属ソリューションズ


日立化成 | 

日立化成エレクトロニクス - 日立化成商事 - 日本ブレーキ - 日立バッテリー販売サービス - 日立化成テクノサービス - 三国商事


日立建機 | 

日立建機日本 - 日立建機ロジテック


日立キャピタル | 

日立キャピタルサービス - 日立キャピタルオートリース - 日立トリプルウィン - 日立キャピタル損保 - 日立キャピタルNBL


日立ハイテク | 

日立ハイテクソリューションズ - 日立ハイテクフィールディング - 日立ハイテクマテリアルズ


日産車体 | 

プロスタッフ


日立造船 | 

オーナミ - 内海造船


日立物流 | 

日立トラベル - バンテック


その他 | 

UDトラックス - りんかい日産建設 - ロジスネクストユニキャリア - ビルネット - 日本マリン


太字は社長会メンバー企業。
※日産センチュリー証券はユニコムグループの傘下に入り、
同系列のアイディーオー証券と経営統合するため退会。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/26 03:03

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ニチレイ」の意味を投稿しよう
「ニチレイ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ニチレイスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ニチレイ」のスレッドを作成する
ニチレイの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail