このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ニック・プライスとは?

殿堂表彰者
【選出年】
2003年
【選出部門】
PGAツアー

ニック・プライス(Nick Price, 1957年1月28日 - )は、ジンバブエプロゴルファーである。1990年代を代表するゴルファーの1人として、メジャー大会に通算「3勝」を挙げた名選手である。1993年1994年の2年連続でアメリカPGAツアー賞金王(賞金ランキング1位)になり、1994年世界ランキングでも年間最終ランキング1位に輝いた。PGAツアーでメジャー3勝を含む通算18勝、国際試合で24勝を挙げる。

目次

  • 1 プロフィール
  • 2 プロ優勝歴(50勝)
    • 2.1 PGAツアー (18)
    • 2.2 欧州ツアー (5)
    • 2.3 日本ツアー優勝 (1)
    • 2.4 サンシャインツアー優勝 (10)
    • 2.5 その他優勝 (15)
    • 2.6 チャンピオンズツアー (4)
  • 3 チーム代表歴
  • 4 外部リンク

プロフィール

ニック・プライスの出身地は南アフリカダーバンであるが、8歳の時にジンバブエ(当時の国名はローデシア)に引っ越した。彼がゴルフを始めたのはその後だったという。17歳の時にアメリカカリフォルニア州サンディエゴにある「トーリー・パインズ・ゴルフクラブ」(Torrey Pines)で行われる「世界ジュニアゴルフ選手権」で優勝し、1977年に20歳でプロ入り。1978年からヨーロッパツアーに参戦を開始し、1980年の「キヤノン・ヨーロピアン・マスターズ」で優勝した。1983年に「NECワールドシリーズ・オブ・ゴルフ」(現在のブリヂストン招待選手権)でアメリカPGAツアー初優勝。しかし、その後に数年間の低迷期が訪れ、プライスのゴルフ経歴が開花したのは1990年代に入ってからであった。

1991年にPGAツアーの「バイロン・ネルソン・クラシック」と「カナディアン・オープン」に優勝してから、プライスは全盛期を迎える。1992年の第74回全米プロゴルフ選手権では4日間アンダーパーで廻り、メジャー大会初優勝を達成。1993年はPGAツアーで年間4勝を挙げたが、その中にはメジャー大会に次ぐ規模を誇る「プレーヤーズ選手権」(3月最終週)の優勝も含まれている。1994年、ニック・プライスは全英オープン全米プロゴルフ選手権でメジャー大会2連勝を成し遂げ、メジャー通算「3勝」を飾った。全英オープンはターンベリー開催で、最終日に16番ホールでバーディ、17番ホールで約20mのイーグルパットを決めて、12アンダーパーで2位に1打差での優勝であった。全米プロゴルフ選手権は2年ぶり2度目の優勝となる。これでプライスは1993年1994年の2年連続でPGAツアーの賞金王となり、「年間最優秀選手」にも選出された。1994年はメジャー大会2連勝もあり、世界ランキングでも年間最終ランキング1位になっている。なお、3勝を挙げたメジャー大会では、1997年6月に白血病で亡くなった"スクイーキー(Squeeky)"ジェフ・メドレンがキャディを務めた。

プロゴルファーの国際化にともなって、1994年からヨーロッパ出身者以外の国際選手たちがアメリカ選抜チームと戦う新しい団体戦「プレジデンツカップ」が創設された。ライダーカップはアメリカ選抜チームとヨーロッパ出身者のみに限定されているため、同じ方式の団体戦としてプレジデンツカップを新設し、ライダーカップと交互に開催することになったのである。ニック・プライスはジンバブエのゴルファーとして、第1回大会の1994年大会からずっと「国際選抜チーム」に参加し、2003年大会まで5回連続で出場した。

その後の成績は、1999年日本の「サントリーオープン」で優勝がある。最近は2002年5月にPGAツアーの「マスターカード・コロニアル」で優勝した。2002年に、プライスは「ペイン・スチュワート賞」(1999年に飛行機事故死したペイン・スチュワートの功績を讃えて設けられた)を受賞し、2003年世界ゴルフ殿堂入りを果たした。プライスはまた、南アフリカや南米などを中心にゴルフコースの設計にも携わっている。2007年からは、50歳以上の選手を対象とする「チャンピオンズツアー」に転戦を開始した。

プロ優勝歴(50勝)

PGAツアー (18)

Legend
メジャー大会 (3)
Regular PGA Tour (15)
【No.】
【Date】
【Tournament】
【優勝スコア】
【2位との差】
【2位(タイ)】

1 | 28 Aug 1983 | ワールドシリーズ・オブ・ゴルフ | -10 (66-68-69-67=270) | 4打差 |  ジャック・ニクラス
2 | 5 May 1991 | GTEバイロン・ネルソン・クラシック | -18 (68-64-70-68=270) | 1打差 |  クレイグ・スタドラー
3 | 8 Sep 1991 | カナディアン・オープン | -15 (69-68-65-69=273) | 2打差 |  グレグ・ノーマン
4 | 16 Aug 1992 | 全米プロゴルフ選手権 | -6 (70-70-68-70=278) | 3打差 |  ジョン・クック, ニック・ファルド,
ジム・ギャラガー・Jr, ジーン・サウアーズ
5 | 25 Oct 1992 | H.E.B.テキサス・オープン | -25 (67-62-66-68=263) | Playoff |  スティーブ・エルキントン
6 | 28 Mar 1993 | ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ | -18 (64-68-71-67=270) | 5打差 |  ベルンハルト・ランガー
7 | 27 Jun 1993 | キヤノン・グレーター・ハートフォード・オープン | -17 (65-70-69-65=271) | 1打差 |  ロジャー・マルトビー, ダン・フォルスマン
8 | 4 Jul 1993 | スプリント・ウェスタン・オープン | -19 (66-71-67-67=269) | 5打差 |  グレグ・ノーマン
9 | 1 Aug 1993 | フェデックス・セントジュード・クラシック | -22 (69-65-66-66=266) | 3打差 |  ジェフ・マガート, リック・フェール
10 | 13 Mar 1994 | ホンダ・クラシック | -12 (70-67-73-66=276) | 1打差 |  クレイグ・パリー
11 | 29 May 1994 | サウスウェスタン・ベル・コロニアル | -14 (65-70-67-64=266) | Playoff |  スコット・シンプソン
12 | 1 Jul 1994 | モトローラ・ウェスタン・オープン | -11 (67-67-72-71=277) | 1打差 |  グレグ・クラフト
13 | 17 Jul 1994 | 全英オープン | -12 (69-66-67-66=268) | 1打差 |  イェスパー・パーネビック
14 | 14 Aug 1994 | 全米プロゴルフ選手権 | -11 (67-65-70-67=269) | 6打差 |  コリー・ペイビン
15 | 11 Sep 1994 | ベル・カナディアン・オープン | -13 (67-72-68-68=275) | 1打差 |  マーク・カルカベッキア
16 | 20 Apr 1997 | MCIクラシック | -15 (65-69-69-66=269) | 6打差 |  ブラッド・ファクソン, イェスパー・パーネビック
17 | 2 Aug 1998 | フェデックス・セントジュード・クラシック | -20 (65-67-70-66=268) | Playoff |  ジェフ・スルーマン
18 | 19 May 2002 | マスターカード・コロニアル | -13 (69-65-66-67=267) | 5打差 |  ケニー・ペリー, デビッド・トムズ

欧州ツアー (5)

日本ツアー優勝 (1)

サンシャインツアー優勝 (10)

その他優勝 (15)

チャンピオンズツアー (4)

【No.】
【Date】
【Tournament】
【優勝スコア】
【2位との差】
【2位(タイ)】

1 | 19 Apr 2009 | アウトバック・ステーキハウス・プロアマ | -9 (66-67-71=204) | 2打差 |  ラリー・ネルソン
2 | 25 Apr 2010 | Liberty Mutual Legends of Golf
(with マーク・オメーラ) | -28 (62-64-62=188) | Playoff |  ジョン・クック & ジョーイ・シンデラー
3 | 6 Jun 2010 | Principal Charity Classic | -14 (67-65-67=199) | 4打差 |  トミー・アーマー3世
4 | 13 Mar 2011 | 東芝クラシック | -17 (60-68-68=196) | 1打差 |  マーク・ウィービー

チーム代表歴

外部リンク

男子ゴルフ世界ゴルフランキング1位(1986年以後)
太字は現在のランク1位


アメリカ男子ゴルフ歴代賞金王
1930年代 | 

1940年代 | 

1950年代 | 
  • 50 サム・スニード
  • 51 ロイド・マングラム
  • 52 ジュリアス・ボロス
  • 53 ルー・ウォーシャム
  • 54 ボブ・トスキー
  • 55 ジュリアス・ボロス
  • 56 テッド・クロール
  • 57 ディック・メイヤー
  • 58 アーノルド・パーマー
  • 59 アート・ウォール・ジュニア

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 


プレジデンツカップ世界選抜
プレジデンツカップ世界選抜 - 1994

キャプテン:ピーター・トムソン

スティーブ・エルキントン / ビジェイ・シン / フルトン・アレム / デビッド・フロスト / ニック・プライス / ブラッドリー・ヒューズ / クレイグ・パリー / ロバート・アレンビー / フランク・ノビロ / ピーター シニア / 渡辺司 / マーク・マクナルティ


プレジデンツカップ世界選抜 - 1996

キャプテン:ピーター・トムソン

ロバート・アレンビー / スティーブ・エルキントン / アーニー・エルス / デビッド・フロスト / マーク・マクナルティ / フランク・ノビロ / グレグ・ノーマン / 尾崎将司 / クレイグ・パリー / ニック・プライス / ピーター シニア / ビジェイ・シン


プレジデンツカップ世界選抜 - 1998

キャプテン:ピーター・トムソン

スチュアート・アップルビー / スティーブ・エルキントン / アーニー・エルス / カルロス・フランコ / 丸山茂樹 / フランク・ノビロ / グレグ・ノーマン / 尾崎直道 / クレイグ・パリー / ニック・プライス / ビジェイ・シン / グレッグ・ターナー


プレジデンツカップ世界選抜 - 2000

キャプテン:ピーター・トムソン

ロバート・アレンビー / スチュアート・アップルビー / マイケル・キャンベル / スティーブ・エルキントン / アーニー・エルス / カルロス・フランコ / レティーフ・グーセン / 丸山茂樹 / グレグ・ノーマン / ニック・プライス / ビジェイ・シン / マイク・ウェア


プレジデンツカップ世界選抜 - 2003

キャプテン:ゲーリー・プレーヤー

ロバート・アレンビー / スチュアート・アップルビー / 崔京周 / ティム・クラーク / アーニー・エルス / レティーフ・グーセン / ステファン・リーニー / ピーター・ロナード / アダム・スコット / ニック・プライス / ビジェイ・シン / マイク・ウェア



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/06/21 13:15

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ニック・プライス」の意味を投稿しよう
「ニック・プライス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ニック・プライススレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ニック・プライス」のスレッドを作成する
ニック・プライスの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail