このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ニッポン放送ショウアップナイターとは?

ラジオ番組・中継内での各種情報(終了した番組・中継を含みます)は、CDなどでの販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態のネット配信、または信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい検証可能性に基づき除去される場合があります。
【ニッポン放送ショウアップナイター】

【ジャンル】
プロ野球中継
【放送方式】
生放送
【放送期間】
1966年-
【放送時間】
火 - 日曜18:00〜21:00
(延長の場合、試合終了まで放送)
【放送局】
ニッポン放送
【ネットワーク】
火 - 金曜:NRN全国中継担当
土・日曜:ローカル(HBCラジオCBCラジオMBSラジオRKBラジオ東北放送中国放送と提携。一部試合はQRに代わりNRN系列局向け中継(主に地方開催時や消化試合のRCC向け)を、TBSに代わりJRN系列局向け中継を担当の場合あり)
【公式サイト】
公式サイト
特記事項:
2012年以降、月曜日は原則放送しない。日曜日も編成の都合上放送しない場合あり。デーゲームは年数試合程度放送(主にスペシャルウィークに編成することが多く、ナイターがある場合は二刀流中継をすることがある)。

ニッポン放送ショウアップナイター』(ニッポンほうそうショウアップナイター、Nippon Broadcasting System Show Up Nighter)は、ニッポン放送が放送しているプロ野球ナイトゲーム中継番組である。月〜金曜はNRN全国中継担当となっていることもあり、日本の民放ラジオ局で唯一プロ野球全12球団のホームゲームを放送できる体制を取っている。

目次

  • 1 概要
  • 2 特徴
  • 3 キャッチコピー
  • 4 テーマ曲
  • 5 エンディングテーマ曲
  • 6 放送時間
    • 6.1 メジャーリーグ中継
    • 6.2 関連ミニコーナー
  • 7 ジングル
  • 8 デジタルショウアップナイター
  • 9 リスナープレゼント企画
  • 10 出演者
    • 10.1 解説者
    • 10.2 主なゲスト解説者
    • 10.3 メジャーリーグ・国際大会中継解説者
    • 10.4 過去の解説者
    • 10.5 実況アナウンサー
      • 10.5.1 過去の実況アナウンサー
    • 10.6 ベンチリポーター
    • 10.7 スタジオ担当(2019年4月 - )
      • 10.7.1 過去のスタジオ担当
  • 11 ネット局(試合中継を担当する局)
    • 11.1 裏送り、技術協力へのスタッフ派遣
    • 11.2 巨人戦以外への対応
    • 11.3 クライマックスシリーズの対応
    • 11.4 日本シリーズの対応
    • 11.5 週末(土・日)におけるネット対応
      • 11.5.1 MBSとの2局ネット時の対応
      • 11.5.2 JRN中継への対応
    • 11.6 NRN独占カードの対応
  • 12 歴史
  • 13 特別番組
  • 14 番組外作品とのかかわり
    • 14.1 ゲームソフト
    • 14.2 映画
    • 14.3 書籍
  • 15 関連項目
  • 16 脚注
  • 17 外部リンク

概要

かつてニッポン放送では『ニッポン放送 〇曜日ナイター』の名称で放送しており、1964年度は土・日曜日、1965年度は火・水・木曜日に放送していた。NRN(全国ラジオネットワーク)完成の翌年、1966年から試合がない日を除いた全曜日で『ニッポン放送 ショウアップナイター』の名称で全国放送を開始。開幕戦などの改編期以前の試合、または日本シリーズなどの改編期以後の試合、その他デーゲームやワールドベースボールクラシックなど、昼間に行われる試合の中継、中継予定がなくなり急きょ穴埋めの番組が設定されたときや後述のドラフト会議などプロ野球に関連する特別編成番組は「ショウアップナイタースペシャル(Show Up Nighter Special)」の名称で放送される。

放送内容は平日はNRNナイターをそのまま放送する場合と、自社向けに別途制作した内容を放送する場合とがある。聴取率週間などは後者のケースが多く、2000年代あたりはそれ以外でも後者のケースが多い。NRNナイターの制作を担当しない土曜・日曜は遠隔地で開催する試合も自社制作だが、関西地区の試合は毎日放送の制作による「MBSベースボールパーク」のネットを受けることがある。また関東地区での開催を除いた阪神戦ビジターゲームの一部は、MBSの自社制作分をネット受けする場合がある。

ニッポン放送は関東のローカル局でもあるため、中継のほとんどは関東の球団である読売ジャイアンツ(巨人)戦で、1993年以降主催ゲーム(東京ドーム他)の放送も再開された。また巨人戦と被らない時間帯を中心に、ニッポン放送が独占放送権を持つ神宮球場などで開かれる東京ヤクルトスワローズ戦の主催ゲームも放送する場合がある。ヤクルト戦の主催ゲームが行われる場合には、巨人戦を差し替えてヤクルト戦を優先することもあるが、基本はホーム・ビジターに関わらず巨人戦が優先。

アナウンサーと解説者の中にはほとんどメインカードを担当しない人物がいる。それらの人物はニッポン放送が他局向けに制作する放送(いわゆる裏送り)を担当し、ショウアップナイターで実況が流れるのはメインカードが中止になった場合のみということもある。

事前番組「ショウアップナイタープレイボール」では大リーグ情報にも力を入れている。

2016年まで、中継予定カードの担当解説者・実況アナウンサーについては、公式サイト上では公式戦開催日は日中の時間帯(大体正午〜中継カード開始10分前程度)のみ、予備日の場合は常時、直近1週間の予定を公開していた。試合開始直前のスターティングメンバー掲載以降は試合情報が優先となり、これらは消されてしまうため確認不可。また、ニッポン放送携帯サイトの「ニッポン放送スポーツ」に有料会員登録した場合は、「プロ野球試合速報」の「スケジュール」ページにて1ヶ月分の担当解説者・実況アナウンサーを公式サイトとは異なり縛りがなく、常時確認することが出来る。更に、MBSベースボールパークの放送予定のページでは、阪神戦が屋外球場での開催において、本番カードの他に裏送りや予備カードの担当解説者・実況アナウンサーもある程度確認することが出来る。また、同じく関西地区で金曜日のネット受けとなるABCラジオのホームページでも、週間番組表にて予備カードの解説・実況アナウンサーを掲載している。そのほか、NRNの公式サイトにもNRNナイターのページがあり、こちらでも直近2週間の全国向けカードの担当解説者・実況アナウンサーを確認することができる(ただし、土・日は文化放送制作分)ほか、2013年からは、水曜から金曜にネット受けしている福井放送が、ホームページの週間番組表にて予備順位を掲載している。

2016年までニッポン放送内にあった公式サイトのヘッダー部分に表示されていた野球場は、ニッポン放送、フジテレビと縁のある東京ヤクルトスワローズの本拠地明治神宮野球場ではなく、横浜DeNAベイスターズの本拠地の横浜スタジアムである。これはニッポン放送が以前保有していた球団株がヤクルト球団では無く横浜ベイスターズだったためである(ニッポン放送が保有していた横浜DeNAの球団株は、一時期フジ・メディア・ホールディングスに移動していたものの2016年までに全株式を親会社であるディー・エヌ・エーに売却している)。

2017年から株式会社フロムワンが運営する『BASEBALL KING』と提携し、解説陣の発言が記事になったり、公式サイトもそちらに移行された。中継予定カードの担当解説者・実況アナウンサーについても、概ね2週間後まで常時記載されるようになった。

特徴

キャッチコピー

テーマ曲

注目カード(スペシャルウィークやポストシーズンなど)を放送する日の「ニッポン放送交通情報」は、番宣も兼ねて「ショウアップナイター」のテーマ曲をBGMとすることがある。

エンディングテーマ曲

およそ1980年代から1990年前後の時期まで、野球場現場から実況を切り上げる際、切り上げ時間の約40秒前からアナウンサー実況中にバックミュージックで流れていた。
ニッポン放送ショウアップナイターが他局(SF、MBSまたはABC、RCCなど)からのネット受け時の放送でも採用。
ニッポン放送制作時のネット局(STV、TBS、SF、MBSまたはABC、RCC、KBCなど)は当然流れないが、かつてIBS茨城放送が土日のみに「IBSショウアップナイター」という番組時に、ニッポン放送のネット受けをしていた際には、(5回裏終了CM後の「サンケイ新聞がお送りするニッポン放送ニュース」以外)CMと同様、IBS茨城放送にもこのバックミュージックが流れていた。

放送時間

月曜日は2011年まで、セントラル・リーグ公式戦がある場合、セ・パ交流戦期間中は初めから試合予定が組まれている場合 のみ、NRNの関東地区担当として放送していたが、2012年からはスペシャルウィークス開催期間中などの例外を除き、月曜日は定時番組の放送を優先するため、試合有無に関係なく中継しないことになった。ニッポン放送が月曜日の試合を中継しない場合も、関東開催試合に関係するチームの地元ラジオ局に対する裏送りが必要な場合や、ABCが月曜開催の阪神戦中継で予備補充を行う場合は対応する。また、2010年以後の日曜は原則としてナイター開催のある場合のみの放送となっており、こちらはMBSラジオとの2局ネットを継続。
2005年度は一部パシフィック・リーグの月曜日開催(マンデー・パ・リーグ)の試合を「ショウアップナイタースペシャル」として放送した。2004年シーズンオフにショウアップナイターストライクで出演した田尾安志東北楽天ゴールデンイーグルスの監督となったため、楽天戦を放送することが多かった。
新聞番組表などは、この前座番組もナイター中継と一緒にまとめられる場合がある。
予備番組(レインコート)
特記事項

メジャーリーグ中継

関連ミニコーナー

ジングル

当番組では、以下のようなバージョンのジングルがある。

デジタルショウアップナイター

リスナープレゼント企画

2010Happy Mail