このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ニッポン放送とは?

移動先: 案内検索
 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2015年12月)
  • 出典は脚注などを用いて記述と関連付けてください。(2015年12月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2015年12月)

株式会社ニッポン放送
Nippon Broadcasting System, Inc.
本社(2007年撮影)

種類
株式会社
【略称】
LF
【本社所在地】
日本
100-8439
東京都千代田区有楽町一丁目9番3号 糖業会館・ニッポン放送本社ビル
【設立】
2006年(平成18年)4月1日
(新設分割のため)
業種
情報・通信業
法人番号
3010001098550
【事業内容】
放送法に基づく中波放送事業ほか
【代表者】
代表取締役会長:重村一
代表取締役社長:岩崎正幸
【資本金】
1億0000万円
【売上高】
145億6,6百万円
(2017年3月期)
【従業員数】
144名
(2017年6月23日現在)
【主要株主】
株式会社フジ・メディア・ホールディングス:100%
(同社の連結子会社)
【関係する人物】
植村甲午郎
鹿内信隆
亀渕昭信
堀江貴文
【外部リンク】
http://www.jolf.co.jp/
特記事項:
  • 設立日に株式会社ニッポン放送ホールディングス(旧ニッポン放送、現在はフジ・メディア・ホールディングスに吸収合併)より放送免許を継承
  • 会社分割(フジテレビの完全子会社となる手続)により、現在の法人を設立した。旧法人設立は1954年4月13日。
  • 編成局長:檜原麻希

ニッポン放送
Nippon Broadcasting System, Inc.
【種別】
AMラジオ放送
放送対象地域
関東広域圏
【系列】
NRN
【略称】
LF
【愛称】
ニッポン放送
コールサイン
JOLF
【開局日】
1954年7月15日
【本社】
〒100-8439
東京都千代田区有楽町一丁目9番3号 糖業会館・ニッポン放送ビル
北緯35度40分30.69秒
東経139度45分38.33秒
座標: 北緯35度40分30.69秒 東経139度45分38.33秒
演奏所
本社と同じ
親局 / 出力 東京(千葉県木更津送信所) 1242kHz / 100kW
【主な中継局】
墨田FM補完中継局(東京スカイツリー)93.0MHz / 7kW
【公式サイト】
http://www.jolf.co.jp/
特記事項:* AMステレオ放送を実施

株式会社ニッポン放送(ニッポンほうそう、Nippon Broadcasting System, Inc.)は、関東広域圏放送対象地域とする中波放送(AM放送)の特定地上基幹放送事業者である。

フジテレビジョンなどとともにフジサンケイグループに属する。また、ニッポン放送グループ(全5社)の中核企業でもある。

略称・呼称はコールサインJOLF」からLF、旧法人設立から1967年(昭和42年)9月30日までの略称はNBS

なお、本記事では1954年(昭和29年)4月13日から2006年(平成18年)3月31日までの旧会社(フジテレビジョン(現:フジ・メディア・ホールディングス)に吸収合併)および2006年(平成18年)4月1日に分割新設された現行会社について述べる。

2017年4月からのキャッチフレーズは「スマイル~君に耳キュン!ニッポン放送」。

目次

  • 1 概要
  • 2 時報
  • 3 放送局概要
    • 3.1 演奏所
    • 3.2 送信所
      • 3.2.1 木更津送信所
      • 3.2.2 足立予備送信所
      • 3.2.3 墨田FM補完中継局(放送呼称:「ワイドFM」)
      • 3.2.4 J:COMケーブルネットワーク
      • 3.2.5 radiko
  • 4 新聞番組表
  • 5 資本構成
    • 5.1 2008年10月1日以降
    • 5.2 過去の資本構成
  • 6 沿革
    • 6.1 1950年代 - 1990年代
    • 6.2 2000年代
    • 6.3 2010年代
  • 7 設備
  • 8 サテライトスタジオ
  • 9 中継車
    • 9.1 ラジオカー
    • 9.2 FMカー
    • 9.3 その他
  • 10 ID
  • 11 番組
  • 12 アナウンサー
    • 12.1 情報・バラエティ担当アナウンサー
    • 12.2 スポーツ中継担当アナウンサー
    • 12.3 報道部記者
    • 12.4 契約アナウンサー
    • 12.5 支局アナウンサー
  • 13 ディレクター・プロデューサーなど
  • 14 晴れ晴れキャスターズ
  • 15 過去の在籍者
    • 15.1 フジテレビに転籍したアナウンサー
    • 15.2 その他
  • 16 LF+R
  • 17 オーディエンス・セグメンテーション
  • 18 特徴
  • 19 その他のメディア
  • 20 歴代キャッチコピー
  • 21 大型イベント
  • 22 関連企業
    • 22.1 ニッポン放送の子会社だった企業
    • 22.2 関連放送事業者
    • 22.3 出資先放送事業者
      • 22.3.1 AM局
      • 22.3.2 FM局
  • 23 脚注
  • 24 参考文献
  • 25 関連項目
  • 26 外部リンク

概要

東京地区で1950年代初頭に開局した民放のラジオ東京(現・TBSラジオ)・文化放送に続き、1954年に財界を中心とした約200社の出資で開局。当時の役員は財界人で構成され、会長には稲垣平太郎(日本貿易会会長)、社長には植村甲午郎(経済団体連合会副会長)、専務には鹿内信隆(日本経営者団体連盟専務理事)、取締役に櫻田武(日本経営者団体連盟会長、日清紡績社長)が就任した。このような後押しがあったため、当時としては珍しく開局2年目で経常収支が黒字となった。

産経新聞夕刊フジサンケイスポーツなどを発行する産業経済新聞社(産経新聞社)やフジテレビとともにフジサンケイグループを構成する中核企業である。文化放送と長く提携関係にあり、文化放送とともにラジオネットワークNRN」のキー局を務めている。

社章社旗は、フジサンケイグループ各社で使用している統一シンボルマークである「目玉マーク」を使用(開局から目玉マーク制定前は、ニッポンの"N"とコールサインの“LF”を電波型にデフォルメしたマークを使用していた)。

元々フジテレビの親会社的な存在であったが、2005年(平成17年)1月17日よりフジテレビによる子会社化を目的に株式公開買い付け(TOB)が実施される。同時期にインターネット関連会社ライブドアが、経営権奪取を目的として大量のニッポン放送株式を取得したが、同社との間で4月18日和解が成立し、9月1日にフジテレビの完全子会社になった。この件は様々な問題提起を残した。詳しくはニッポン放送の経営権問題を参照のこと。

オールナイトニッポン」等のキーステーションとして全国的には知られているが、ラジオ関東が1981年10月にアール・エフ・ラジオ日本(通称「ラジオ日本」)と改称以来、混同されて「ラジオ日本放送」と誤記されたり、郵便物の誤送・間違い電話などのトラブルが起き、「アール・エフ・ラジオ日本」の商号の使用停止を求めて提訴した。判決は請求棄却・ニッポン放送の敗訴で確定している。このため全国ネットの番組でハガキの宛先を言う際は「カタカナでニッポン、漢字で放送」と呼びかけることがある。一方、ラジオ日本の方は頭に「1422」(いちよんにーにー)と冠する。

1997年(平成9年)3月24日 - 2004年(平成16年)9月5日の期間は、本社として使用していたビルの建て替えに伴い、東京都港区台場FCGビル(通称フジテレビ本社ビル)にあった。

レコード・CDの所有枚数は約23万枚(2012年現在)。これはNHK浜松支局(所有枚数34万枚)に次いで多く、民放では最多の枚数を誇る。

社員の給与はラジオ単営局の中では高い方であった。

設立に財界が関与したこともあり、長らく労働組合が存在しないラジオ局であったが、ライブドアによる買収問題が契機となり、2005年3月に労使の話し合いの場になっていた「いちご会」と呼ばれる30代以下の若手社員の有志組織が母体となって労組結成の準備を始め、同年9月12日までに労働組合が結成された。

時報

時報音は、「ピポ、ピポ、ピポ、ポーン」という鳩時計を模した特徴的な音を使用している。radikoを利用して聴取する場合は別の効果音に差し替えられている。

放送局概要

演奏所

  • 本社演奏所 〒100-8439 東京都千代田区有楽町一丁目9番3号 糖業会館・ニッポン放送本社ビル

送信所

木更津送信所

ニッポン放送 木更津送信所(2008年8月撮影)
  • 所在地 千葉県木更津市椿318番地
  • 送信アンテナ 支線式基部絶縁型指向性アンテナ(主アンテナ 122m支線式トラス鉄柱、副アンテナ 63m支線式トラス鉄柱、ラジアルアース 120本、施工 電気興業)
  • 送信機(1994年春まで) BN-7252V(NEC) MB-136C(NEC)いずれも終段真空管蒸発冷却式
  • 現送信機(1994年3月本格運用)MBT-9050A 50kWデジタル振幅変調方式(全固体化)(NEC)×2台で100kW、設置工事NEC、鹿島建設 MBT9100A(NEC)
  • 送信局舎 鉄筋コンクリート
  • 非常時用自家発電機(350kVA)設置
備考

周波数変更・出力増力(1240kc、100kW)に伴い、1971年6月より使用。当地はかつて小櫃川の一部で、河川改修により河川敷となった場所に設置。また敷地内には「ニッポン放送木更津太陽光発電所」が設置され、2013年3月着工、10月1日より稼働。設計・運営はNTTファシリティーズ、施工は電気興業、ソーラーパネルは三菱電機の太陽電池モジュール(250W×7634枚)、パワーコンディショナーは東芝三菱電機産業システム(500kW×3台)で構成。発電能力は約1.908MW、年間発電量は2300~2500MWh(2016年までの実績)、推定年間CO2 | この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年1月)

1971年6月に木更津送信所に移転するまで、当地を送信所として使用していた。

墨田FM補完中継局(放送呼称:「ワイドFM」)

【周波数】
【空中線電力】
最大実効
輻射電力 【所在地】

93.0MHz | 7kW | 57kW | 東京都墨田区押上一丁目1番13号
(東京スカイツリー)

木更津送信所が災害発生時に放送ができなくなった時の対策や、都心部での難聴取や雑音などの解消を目的とする、FM放送で補完放送を行う中継局として、2014年9月3日に予備免許が付与され、東京スカイツリーにニッポン放送、TBSラジオ、文化放送の3社が共同でアンテナを設置、2015年10月5日に試験放送を開始し、同年12月7日 13:00に本放送を開始した。あくまでもAMの補完目的で放送されるため、AMとFMのサイマル放送が行われる。

2015年3月30日より、在京3局FM補完放送の通称を、もっと親しみを込める意味で「ワイドFM」とした。これは3局共通で、他のエリアの放送局やラジオ受信機メーカー、家電量販店でも、PRや販促にこの愛称を使用している。また、ニッポン放送の補完中継局の愛称は、当初は「+FM93」(プラスエフエムきゅうじゅうさん)という局名を付けていたが、「ワイドFM」の愛称導入と同時に「Happy FM 93」(ハッピーエフエムきゅうじゅうさん)に改めた。これはニッポン放送2015年春のキャンペーンコピーにかけたものである。

また、日本記念日協会に申請したところ、9月30日を「HAPPY FM93の日」にすることが承認された。認定式の模様は公開生放送で行われた『大谷ノブ彦 キキマス!』のなかで生中継された。

J:COMケーブルネットワーク

2014年5月27日から、関東地区のJ:COM各局ではTBSラジオ・文化放送とともにJ:COMテレビのデータ放送を通じてのAMラジオ音声の再送信が行われている。これは従来のAM・FMラジオではなく、テレビで音声を聴取する形をとっている。

radiko

radiko』とはパソコン・スマートフォン向けに地上波放送と同じ番組やCMをサイマル配信するサービス。2010年3月15日の試験配信開始より参加しており、当初は南関東1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)が配信エリアだったが、同年12月1日の本サービス以降は北関東3県(群馬・栃木・茨城)でも配信されている。音声は地上波同様にステレオで実施。

radikoプレミアム(エリアフリー聴取)

2014年4月1日開始。radiko公式サイトのプレミアム会員登録(有料)を行う事で、前述の通常配信対象地域である関東1都6県外の日本国内でもradikoを利用した聴取を可能にするもの。但し、エリアフリー配信許諾の都合上、2016年10月現在、以下のレギュラー番組放送中は1都6県外での聴取を遮断、休止している。

radikoタイムフリー聴取

2016年10月11日開始。ニッポン放送で放送された番組を放送日から1週間に限り後から聴くことができたり、SNSを通じて共有できるサービス。ニッポン放送の番組表もこれに合わせてリニューアルされた。基本的にほとんどの番組を聴取できるが、以下の番組は対応していない。

新聞番組表

 | この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年12月)

フジサンケイグループの一員ということで、産経新聞東京本社版(関東向け=朝刊のみ)のラジオ番組表では、番組タイトル部分をゴシック体で表記している。グループ会社であるフジテレビの番組欄は、黄色く網かけされている(休刊日前に2日分掲載するときなど、ときどき網かけしないこともある。また、テレビ欄にフジテレビの番宣広告が掲載された場合は当該番組のみ網かけされる)。なお、同じフジサンケイグループでも文化放送については、ラジオ番組表で特別な扱いを受けることはなく、休刊日のおしらせの時にグループ企業として紹介されるにとどまっている。

また、多くの地方新聞では夜間から早朝に電波が全国で届きやすいことも配慮し朝刊のラジオ番組欄に文化放送、TBSラジオとともに深夜から翌朝の番組のみ掲載することが多いが、鳥取県の地方新聞である日本海新聞では関東のラジオ局で唯一当局を取り上げ、それを早朝からの全日分掲載しているが現地では通常昼間は電波が届かない。

資本構成

企業・団体は当時の名称。出典:

2008年10月1日以降

【株主】
【比率】

フジ・メディア・ホールディングス | 100%

過去の資本構成

1978年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】

5億円 | 10億円 | 500円 | 1,000,000株
【株主】
【株式数】
【比率】

新日本製鐵 | 34,166株 | 3.41%
第一勧業銀行 | 27,466株 | 2.74%
第一生命保険 | 22,999株 | 2.29%
日本電気 | 18,332株 | 1.83%
朝日生命保険 | 16,666株 | 1.66%
明治生命保険 | 16,666株 | 1.66%
日本生命保険 | 16,633株 | 1.66%
三井銀行 | 13,333株 | 1.33%
日本興業銀行 | 13,333株 | 1.33%
富士銀行 | 13,333株 | 1.33%
三菱銀行 | 13,333株 | 1.33%
三和銀行 | 13,333株 | 1.33%
住友銀行 | 13,333株 | 1.33%
協和銀行 | 13,333株 | 1.33%
1992年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】
【株主数】

5億円 | 10億円 | 500円 | 1,000,000株 | 279
【株主】
【株式数】
【比率】

産業経済新聞社 | 90,584株 | 9.05%
新日本製鐵 | 34,166株 | 3.41%
第一勧業銀行 | 27,466株 | 2.74%
さくら銀行 | 23,333株 | 2.33%
第一生命保険 | 22,999株 | 2.29%
日本電気 | 18,332株 | 1.83%
朝日生命保険 | 16,666株 | 1.66%
明治生命保険 | 16,666株 | 1.66%
日本生命保険 | 16,633株 | 1.66%
日本興業銀行 | 13,333株 | 1.33%
富士銀行 | 13,333株 | 1.33%
三菱銀行 | 13,333株 | 1.33%
三和銀行 | 13,333株 | 1.33%
住友銀行 | 13,333株 | 1.33%
協和埼玉銀行 | 13,333株 | 1.33%
2003年3月31日
【資本金】
【発行済株式総数】
【株主数】

41億5000万円 | 32,800,000株 | 900
【株主】
【株式数】
【比率】

鹿内宏明 | 3,226,000株 | 9.83%
Boston Safe Deposit & Trust Company Treaty Clients Omnibus | 1,831,600株 | 5.58%
日本マスタートラスト信託銀行 | 1,460,200株 | 4.45%
みずほコーポレート銀行 | 1,459,980株 | 4.45%
エム・エー・シー | 1,249,300株 | 3.80%
東京三菱銀行 | 1,231,980株 | 3.75%
日本トラスティ・サービス信託銀行 | 1,184,400株 | 3.61%
三井住友銀行 | 1,106,960株 | 3.37%
ステート・ストリート信託銀行 | 1,032,500株 | 3.14%
サンケイビル | 0,768,000株 | 2.34%
みずほ信託銀行 | 0,593,000株 | 1.80%
三井アセット信託銀行 | 0,554,500株 | 1.69%
チェース・マンハッタン銀行(在ロンドン) | 0,552,000株 | 1.68%
第一生命保険 | 0,551,500株 | 1.68%
日本電気 | 0,440,360株 | 1.34%
2005年9月01日 - 2008年9月30日
【株主】
【比率】

フジテレビジョン | 100%

沿革

1950年代 - 1990年代

本社(1961年ごろ)。当時はフジテレビの本社所在地でもあった
2010Happy Mail