このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ニューエイジ・ミュージックとは?

この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注によって参照されておらず、情報源が不明瞭です。脚注を導入して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年3月)

ニューエイジ・ミュージック (New Age music) とは、1970年代に確立され、1980年代に流行したポピュラー音楽のジャンルである。日本では「癒し系音楽」として認知されている。

目次

  • 1 歴史
  • 2 定義
  • 3 特徴
  • 4 宗教
  • 5 代表的な作曲家(50音順)
  • 6 参考文献
  • 7 関連項目

歴史

聴く人をリラックスさせ、ポジティヴな感情を与えたり、残響に沿ったメロディが特徴の音楽のことである。1960年代後半から、ヨーロッパおよびアメリカで、ヒッピー・ムーブメントの影響を受け自然回帰願望を持った人々を対象として、実験的な癒しの音楽として始まった。1970年代から、ブライアン・イーノが提唱したアンビエント・ミュージック環境音楽に刺激を受け、より多くの楽曲が活発に作られるようになっていく。そして、ウィリアム・アッカーマンが主宰するウィンダム・ヒル・レコードが1976年に活動を開始し、数多くのニューエイジ系アーティストを輩出したことで、1980年代のニューエイジ・ミュージックの大衆化に大きく貢献した。日本では、喜多郎などが先駆けとして活動するようになる。1981年に、マウンテンビュータワー・レコードが初めて「ニューエイジ」を音楽市場のジャンルに加え、1985年から本格的にジャンルとしてニューエイジが広まった。1986年度からグラミー賞にニューエイジ部門が設けられ、記念すべき最初の受賞者となったのは、スイス出身のアンドレアス・フォーレンヴァイダーである。その他にも、エンヤジョージ・ウィンストンクラナドウィリアム・アッカーマンなど、有名なアーティストが受賞しているが日本人の受賞者には喜多郎がいる。

自然音に近い音を時系列上に配置して制作を行うジャンルであるために、自然回帰を謳いながら電子楽器中心の機材群を用いる。1970年代から既にシンセサイザーとテープ録音の加工を中心とした制作手法が取られ、1980年代に入ってからは、クリアな音の質感の追求と緻密な音声の加工のために機材のデジタル化も急速に進んで行った。ジャンル流行期の1980年代末には、出始めたばかりのPCM音源(Roland D-50, CASIO FZ-1, KORG M1)、サンプラー、デジタルレコーディング、ハードディスクレコーディング等を駆使して楽曲が制作される程に先進的であった。

定義

クラシックポップスジャズなど多様な要素をミックスしたような特徴を持ち、環境音楽エレクトロニカミニマル・ミュージックワールドミュージックイージー・リスニングなどの音楽と多くの共通点を持つ。これらの音楽とはジャンルの分類が非常にシビアであるため、混同されることも多い。実際にCDショップやレコード業者の都合でニューエイジのジャンルでに並べられていることもある。リラクゼーションや、瞑想を助けたり、音楽療法などの代替医療ヨガチャクラなどに使用するための意図がこめられている場合もある。主にピアノシンセサイザーなどのインストゥルメンタルで演奏される。楽曲によっては人声を使用するものもある。癒し系音楽ジャンルの1つとして認知されている。また、ヒーリング・ミュージックと呼ばれることもある。

特徴

ポップスと比較すると、自然風景環境宇宙生命などをテーマにしたものが多い。メロディは幾度も繰り返される様式が多く、それにより催眠感が形成されるとする楽曲もある。ハーモニーには教会旋法協和音ドローンバスが用いられる楽曲もある。いくつかの曲は自然の収録音が用いられることがある。一部のニューエイジ・ミュージックはニューエイジ・ムーブメントと関連付けられるが、すべてのニューエイジ・ミュージックにニューエイジ・ムーブメントとの関連があるわけではない。

宗教

スピリチュアルな雰囲気を持つため、新興宗教の教祖にこの類の音楽を好む者が多い。1990年代は太陽寺院、オウム真理教、セブン・シールズなどの教団が起こした事件のため、ニューエイジ・ミュージック自体が非難の対象になりかけたことがある。サイエントロジーの信者で知られるミュージシャンは、ほぼ決まって無限反復を持ち込んでいる。

代表的な作曲家(50音順)

参考文献

関連項目

音楽
音楽史 | 

作曲 | 
  • 作曲家
  • 編曲家
  • 楽式
  • 記譜法
  • 楽譜
  • 歌詞
  • 作詞
  • 音楽理論 | 


    演奏 | 
  • 音楽家
  • 演奏者
  • 歌手
  • 指揮者
  • オーケストラ
  • バンド
  • 調律
  • ソルフェージュ
  • 絶対音感
  • 固定ド
  • 相対音感
  • 移動ド
  • 即興演奏
  • 演奏会
  • 音響機器
  • 舞台芸術

  • 楽器 | 
  • 発声
  • 古楽器
  • 弦楽器
  • 擦弦楽器
  • 撥弦楽器
  • 管楽器
  • 金管楽器
  • 木管楽器
  • 打楽器
  • 鍵盤楽器
  • 電気楽器
  • 電子楽器
  • 楽器分類学
  • 楽器分類別一覧
  • MIDI
  • 教育楽器

  • 主なジャンル | 
  • クラシック音楽
  • 賛美歌
  • ポピュラー音楽
  • ニューエイジ・ミュージック
  • ルーツ・ミュージック
  • ブラックミュージック
  • ダンス・ミュージック
  • ラウンジ・ミュージック
  • ゴスペル
  • ブルース
  • ジャズ
  • サイケデリック
  • ロックンロール
  • フォーク
  • ニューミュージック
  • シティ・ポップ
  • カントリー
  • タンゴ
  • リズム・アンド・ブルース
  • ロック
  • ソウル
  • ヒップホップ
  • レゲエ
  • スカ
  • フュージョン
  • クロスオーバー
  • イージーリスニング
  • ボサノヴァ
  • ファンク
  • ディスコ
  • テクノ
  • ユーロビート
  • ハウス
  • 実験音楽
  • 電子音楽
  • 環境音楽
  • ヘヴィメタル
  • パンク
  • ハードコア
  • オルタナティヴ
  • ノイズ
  • インダストリアル
  • テクノ
  • トランス
  • ジャングル
  • ドラムンベース
  • トリップ・ホップ
  • EDM
  • ヴェイパーウェイヴ
  • ゲーム音楽
  • アニメソング
  • BGM
  • 映画音楽
  • 演歌
  • 軍歌
  • 寮歌
  • 歌謡曲
  • 童謡
  • J-POP

  • 民族音楽 | 
  • アイヌ音楽
  • アイルランド音楽
  • アメリカ合衆国の音楽
  • アラブ音楽
  • アンゴラの音楽
  • イギリスの音楽
  • イヌイットの音楽
  • インドネシアの音楽
  • インドの伝統音楽
  • ウルグアイの音楽
  • 沖縄音楽
  • カーボベルデの音楽
  • 北アフリカの音楽
  • グリーンランドの音楽
  • ケルト音楽
  • コンゴ共和国の音楽
  • スコットランド音楽
  • 西洋音楽
  • 赤道ギニアの音楽
  • セルビアの音楽
  • チェコの音楽
  • 朝鮮の伝統音楽
  • トルコ音楽
  • 西サハラの音楽
  • パラグアイの音楽
  • バルカン半島の音楽
  • ハワイの音楽
  • 東ティモールの音楽
  • ブラジル音楽
  • ブルガリアの音楽
  • 邦楽
  • 民謡
  • モザンビークの音楽
  • ラテン音楽
  • ルーマニアの音楽
  • ロマ音楽
  • ワールドミュージック

  • 録音 | 
  • レコード会社
  • レコードレーベル
  • プロデューサー
  • レコーディング・エンジニア
  • マスタリング・エンジニア
  • サウンドデザイナー
  • シングル
  • EP盤
  • A面/B面
  • アルバム
  • カバー
  • リミックス
  • サンプリング
  • 音楽出版

  • メディア | 
  • 鑑賞
  • 蓄音機
  • レコード
  • CD
  • DVD-Audio
  • SACD
  • コンポーネントステレオ
  • MP3
  • 音声ファイルフォーマット
  • 音楽配信
  • デジタルオーディオプレーヤー
  • ミュージカル映画
  • ミュージック・ビデオ
  • 音楽番組
  • 音楽ゲーム
  • 音楽雑誌
  • 音楽漫画
  • 音楽評論家

  • 一覧 | 
  • 音楽家
  • レコード会社
  • 欧文西洋音楽用語
  • 邦楽
  • クリスマス

  • 音楽学 | 
  • 音楽教育
  • 音楽心理学
  • 音楽社会学
  • 音楽療法
  • 音楽美学
  • 音楽民族学
  • 音響学
  • 電気音響工学
  • 音響心理学
  • 音声学
  • 音楽学者
  • RILM

  •  | 
  • 聴覚
  • 内耳神経
  • 一次聴覚野
  • 難聴
  • イヤーワーム
  • 音波
  • 音高
  • 周波数
  • 基本周波数
  • 倍音
  • 差音
  • 超音波
  • 低周波音
  • 騒音
  • 楽音
  • 音色
  • 純音
  • 正弦波
  • 音圧
  • デシベル
  • 音速
  • 振動
  • 波動
  • 現象
  • 無音

  • 関連項目 | 
  • 音楽の定義
  • 音楽の哲学
  • ムーサ
  • 時間
  • 空間
  • 芸能
  • 芸術

  • カテゴリ(一覧)
  • ポータル
  • プロジェクト


  • 【典拠管理】

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/09/06 13:18

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ニューエイジ・ミュージック」の意味を投稿しよう
    「ニューエイジ・ミュージック」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ニューエイジ・ミュージックスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ニューエイジ・ミュージック」のスレッドを作成する
    ニューエイジ・ミュージックの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail