このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ニンテンドー3DSとは?

ニンテンドー3DS
ニンテンドー3DS LL



(上)ニンテンドー3DS アクアブルー
(下)ニンテンドー3DS LL ブラック

【メーカー】
任天堂
【種別】
携帯ゲーム機
世代
第7世代
【発売日】
ニンテンドー3DS
2011年2月26日
2011年3月25日
2011年3月27日
2011年3月31日
2012年4月28日
2012年9月28日
ニンテンドー3DS LL
2012年7月28日
2012年8月19日
2012年8月23日
2012年9月20日
2012年9月28日
2012年12月1日
CPU
Nintendo 1048 0H
GPU
ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)PICA200 GPU
【対応メディア】
ニンテンドー3DSカード
ニンテンドーDSカード
ニンテンドーDSi専用カード
【対応ストレージ】
ゲームカード(フラッシュメモリ)
SDメモリーカード/SDHCメモリーカード
【外部接続】
2.4GHz無線通信(Wi-Fi)
【オンラインサービス】
ニンテンドーネットワーク
【売上台数】
ニンテンドー3DS
1,692万台
1,536万台
4,591万台
ニンテンドー3DSシリーズ
2,522万台(2019年9月末)
2,662万台(2019年9月末)
7,545万台(2019年9月末)
【最高売上ソフト】
とびだせ どうぶつの森 /468万本
マリオカート7 /1,847万本
【互換ハードウェア】
ニンテンドー2DSNewニンテンドー3DSNewニンテンドー2DS LL
後方互換
ニンテンドーDSシリーズ
(ただし、ニンテンドーDSiニンテンドーDSi LLと同様GBAスロットは搭載されていない)
【前世代ハードウェア】
ニンテンドーDS
【次世代ハードウェア】
Nintendo Switch Lite (事実上)

ニンテンドー3DS(ニンテンドースリーディーエス、Nintendo 3DS、略称:3DS)は、任天堂が開発して2011年に発売した携帯型ゲーム機

コンセプトは「持ち歩く、響きあう、毎日が新しい」。CMなどでは「メガネがいらない3DのDS」というキャッチコピーも用いられている。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 ハードウェア
    • 1.2 互換機能
  • 2 ソフトウェア・サービス
    • 2.1 HOMEメニュー
      • 2.1.1 ソフトアイコンとして表示される内蔵機能
      • 2.1.2 ソフトアイコン以外の内蔵機能
      • 2.1.3 追加ソフト・機能
    • 2.2 ニンテンドーeショップ
    • 2.3 本体更新
  • 3 変遷
  • 4 仕様
  • 5 バリエーション
    • 5.1 ニンテンドー3DS
    • 5.2 ニンテンドー3DS LL
      • 5.2.1 通常の3DSからの変更点
    • 5.3 Newニンテンドー3DS
    • 5.4 Newニンテンドー3DS LL
    • 5.5 ニンテンドー2DS
    • 5.6 Newニンテンドー2DS LL
    • 5.7 日本国内未発売
  • 6 型番・周辺機器
    • 6.1 本体
    • 6.2 周辺機器
  • 7 その他
    • 7.1 アンバサダー・プログラム
  • 8 脚注
    • 8.1 注釈
    • 8.2 出典
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

概要

ハードウェア

2画面で、下画面がタッチパネル(抵抗膜方式)、マイクカメラ(ニンテンドーDSi、ニンテンドーDSi LL)という前世代機の特徴はそのまま引き継がれている。

裸眼3Dディスプレイ搭載
上画面に視差バリア方式ワイド3D液晶ディスプレイ(サイズは3DSが3.53インチ、3DS LLが4.88インチ)を採用しており、裸眼で立体的なゲーム映像を見ることができる。
過去に任天堂から発売されたファミコン3Dシステムなどでは、専用の3D眼鏡を装着する必要があったが、ニンテンドー3DSではその必要がない。
立体映像の見え方には個人差があるなどの理由から、上画面の横に「3Dボリューム」というアナログスライダーが付いており、無段階で3D表示の立体深度を変化させたり、オフにして従来の2D表示にしたりすることができる。ただし、プリレンダリングのCGや3Dカメラの映像など、一部の映像はオンとオフの2段階の場合があり、全てのソフトが常に3Dで表示されるわけではない。初代3DSでは、3D表示が可能な場合のみ、アナログスライダーの横に緑色の「3D」のランプが点灯する。
なお、タッチ操作で付く指紋などの汚れが3D表示の立体感や画面の透明度を低下させることから、下画面には3Dディスプレイを搭載せず、従来の2D表示のままとしている。
グラフィックス性能
ディジタルメディアプロフェッショナル社の3DグラフィックスIPコアPICA200」を採用し、前世代機よりグラフィック表示性能が大幅に向上している。その性能は、「レゴ:パイレーツ オブ カリビアン」開発者が3DSに移植の際、Wiiの素材をそのまま利用出来た事から、Wiiとほぼ同等であるとされ、一部機能に関してはWii以上であるのではないかと発言している。
スライドパッド搭載
「スライドパッド」と呼ばれるアナログパッドを搭載。スライドパッドの下部には従来型の十字ボタンも搭載されている。DS/DSi用のソフトではアナログ入力にはならないが、十字ボタンと同じ役割として、8方向へのデジタル入力が可能。
3Dカメラ搭載
本体外側に2つのカメラを搭載しており、ステレオカメラとして立体的な写真を撮影することができる。当初は静止画のみだったが、『Ver.3.0.0-5J』への更新により動画撮影(ムービー)も可能となった。本体内側のカメラは従来のDSiと同様に1つだけだが、レンズはDSiより小さく、ズーム機能が搭載されている(ただし、光学ズームではなくデジタルズームであるため、利用時は画質が低下する)。
モーションセンサーとジャイロセンサーの搭載
モーションセンサージャイロセンサーを内蔵しており、本体を傾けたり動かしたりしてゲームをプレイすることができる。また、歩数計機能もあり(スリープモードのみ)、「思い出きろく帳」(内蔵ソフト)などでは、この機能を活かして歩数の記録ができる。ただし本体の日付を変更すると、歩数記録に影響が出る場合がある。
すれちがい通信機能
すれちがい通信機能を本体機能として搭載。従来は予め対応ゲームをスタートさせてすれちがい通信モードにしておく必要があったが、3DSでは複数のゲームのすれちがい通信プログラムが本体に常駐し、(電源が入っている間)常時動作し続けるようになる。本体の「おしらせランプ」が緑色に光り、すれちがい通信が発生したことを通知する。すれちがい通信で得た情報などは、ソフトの中断時でも利用可能な「おしらせリスト」にて確認できる。通信の対象ソフトは最大12種類まで登録が可能で、本体設定から解除することもできる。なお、従来のDS/DSi用ソフトは、従来と同様にゲームを起動しなければならず、ソフトを起動している時は3DSソフトのすれちがい通信は行われない。
いつの間に通信
3DSのスリープモード中に、自動でニンテンドーゾーン無線LANアクセスポイントを探索し、情報、ゲームのデータ、無料体験版ソフト、映像などをインターネットより受信し、3DS内に保存する機能(WiiのWiiConnect24に近い)。本体の「おしらせランプ」が青色に光り、いつの間に通信でデータを受信したことを通知する。すれちがい通信と同じく、いつの間に通信で得た情報などは、ソフトの中断時でも利用可能な「おしらせリスト」にて確認できる。
3DSカード
記憶容量が大幅に上がり、発売時点では最大2GBとなっていたが、2011年半ばから4GBのものを採用するメーカーも出てきている。なお、ゲームカードを製造するメーカーは「製造ラインとしては8GBまで対応できる」と本体発売前に語っており、さらなる大容量ROMも将来的には登場すると思われる。形状はDSカードとほぼ同じだが、右上の角に突起がついており、従来のニンテンドーDSシリーズのDSカードスロットには挿入できない形状になっている(なんらかの方法で挿入できた場合も認識されず実行できない)。
カードケース
カードケースはDS用ソフトのものと縦横サイズはほぼ同じだが、厚さは若干薄くなっている。また、DS用ソフトにあったGBAカートリッジの収納部分が省略されているほか、穴が空いており、一部のソフト(『マリオカート7』など)ではその穴からイラストが見える。カラーリングは2010年以降のWiiと同様に、日本においてCEROレーティングがA(全年齢対象)とB(12歳以上対象)および「教育・データベース」区分のものは白、C(15歳以上対象)以上のものは黒となっているほか、『スーパーマリオ 3Dランド』、『ポケットモンスター アルファサファイア』、『ポケットモンスター ウルトラムーン』では青、『マリオカート7』、『ポケットモンスター オメガルビー』、『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』(北米版)、『ポケットモンスター ウルトラサン』では赤、『New スーパーマリオブラザーズ 2』、『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』(日本・欧州版)、『名探偵ピカチュウ』では黄色のケースが使われている。
HOMEボタン
従来のニンテンドーDSシリーズにはなかった「HOME」ボタンが追加されている。ゲームのプレイ中に中断して、HOMEメニューを呼び出せる。
ただし、DSカードおよびニンテンドーDSiウェアの場合はHOMEメニューが表示されず、ソフトを終了するかどうかの確認画面が表示される(この際、ソフトはスリープ状態となる)。
リージョンコードおよび動画配信の地域制限
「ニンテンドーDSi」から引き続きリージョンコードが設定されている。使用するDSi専用ソフト(DSi対応ソフト・DSiウェア含む)および3DS専用ソフト(ダウンロードソフト・3DS用ダウンロードプレイ含む)と本体のリージョンコードが一致しないとそのソフトを起動することができない。なお、従来のDS専用ソフトにはリージョンコードが設定されていないため、リージョンコードの影響は受けない。
スペシャルMiiQRコードにも設定されており、本体のリージョンコードと一致しないと読み込むことができない。
動画配信においても地域制限が設定されている。ニンテンドーeショップを除く、いつの間にテレビおよびニンテンドービデオでは本体のリージョンコードと同一国内の地域でなければ動画を見ることができない(いつの間にテレビは2012年6月20日に、ニンテンドービデオは2014年3月31日にサービス終了)。
音量調節および輝度調整
DSiおよびLLに採用されたボタン式から、DS Liteまでに採用されたスライド式に戻された。これによりDSiとLLにあった、セレクトボタンを押しながら音量ボタンを押す形式の輝度調整機能から、HOMEボタンを押すことによりHOMEメニューを呼び出して下画面の左上の項目から輝度調整を行う方式に変更された。DS/DSiソフトプレイ時はHOMEメニューを呼び出せないが、HOMEボタンを押した後にSTARTボタンを押しながら十字キーの上下で輝度の調整が、左右で省エネモードのオンオフが可能。

互換機能

ニンテンドーDSシリーズ用ソフト、DSi・DSi LL専用のニンテンドーDSiウェアもそのままプレイできる互換機能を有している。ただしDSi、DSi LLと同様、ゲームボーイアドバンス用ソフトやDS振動カートリッジなどの拡張機器を差し込めるGBAスロットは搭載されていない。

カメラ機能を使用したDSi対応・DSiウェアのソフトは利用可能で、3DSのカメラはDS用に切り替わって解像度などはそのまま利用できる(日本国内で発売されたDSi専用ソフトモンスターファインダーも含む)。なお、保存された写真を使用するDSi対応・DSiウェアのソフトでは、本体保存メモリに保存された写真を利用する。

DS・DSi用ソフト(DSiウェア・DSダウンロードプレイ・Wi-Fiコネクション設定を含む)を表示させると、両機種の解像度の相違のため、映像が多少ぼやけて表示される。STARTまたはSELECTボタンを押しながらこれらのソフトを起動すると、画面サイズは小さくなるが、本来の解像度で表示させることができる(いわゆる「Dot by Dot」表示)。また、3DSの上画面はDSよりワイド(3DSは5:3、DSは4:3)になっているため、DSのソフトを表示している時の上画面は左右に黒い縁が付く(メイドイン俺を除く)。

DS用ソフトの起動中は、3DSの機能が使用できない(思い出きろく帳は記録されるが、7日分に限られる)。また、HOMEボタンを押すと、ソフトをスリープ状態にしてHOMEメニューに戻るかを尋ねる画面が表示される。この画面上では、輝度調整や省エネモード切替ができ(後述)、調整後「キャンセル」を選ぶかHOMEボタンを押すとプレイ画面に復帰する。「OK」を選ぶとHOMEメニューに戻るが、その際にソフトは終了され、セーブしていないプレイデータは失われる。

ソフトウェア・サービス

2012年7月28日から任天堂タイトルについては、原則としてパッケージ版ダウンロード版が用意される。ダウンロード版はクラブニンテンドーのポイントが優遇される。

なお、主なニンテンドー3DS用ソフトは、2014年10月11日から発売されたNewニンテンドー3DSにも対応している。(一部ソフトは非対応)

ソフトウェアの一覧
同時発売ソフト
同時発売ソフトおよび初期発売のソフトは、日本国内・日本国外ともに、一部を除いて日本のソフトメーカーが中心となっている。これは、日本市場が携帯型ゲーム中心という世界的に異色の市場構造となったため日本企業の注目度が高く、逆に日本国外のメーカーは日本ほど注目しなかったためとされる。
また、「任天堂ハードで売れるのは任天堂ソフトばかり」という批判に配慮し、発売前からサードパーティー重視に取り組んだ。このため、発売初期に任天堂ソフトの割合が旧ゲーム機に比べて少なく抑えられている。
【タイトル】
メーカー
ウイニングイレブン 3DSoccer | コナミデジタルエンタテインメント
スーパーストリートファイターIV 3D EDITION | カプコン
戦国無双 Chronicle | コーエーテクモゲームス
とびだす!パズルボブル 3D | スクウェア・エニックス
nintendogs + cats(3バージョン販売) | 任天堂
リッジレーサー3D | バンダイナムコゲームス
コンバット オブ ジャイアント ダイナソー3D | ユービーアイソフト
レイトン教授と奇跡の仮面 | レベルファイブ

3DSのミリオンセラー作品の数は26本(2018年4月現在)。

(日本で500万本以上を販売したソフト)

下記のタイトルは基本的には400万本、300万本。

【タイトル】
メーカー
とびだせ どうぶつの森(3バージョン合計) | 任天堂
妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打(3バージョン合計) | レベルファイブ
日本で400万本以上を販売したソフト
【タイトル】
メーカー
とびだせ どうぶつの森 | 任天堂
ポケットモンスターX・Y(2バージョン合計) | 任天堂
日本で300万本以上を販売したソフト
【タイトル】
メーカー
ポケットモンスター サン・ムーン(2バージョン合計) | 任天堂
モンスターハンター4 | カプコン
ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア(2バージョン合計) | 任天堂
妖怪ウォッチ2 元祖/本家(2バージョン合計) | レベルファイブ
マリオカート7 | 任天堂
日本で200万本以上を販売したソフト

妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ/スキヤキは基本的には100万本。

【タイトル】
メーカー
モンスターハンター4G | カプコン
New スーパーマリオブラザーズ 2 | 任天堂
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS | 任天堂
スーパーマリオ 3Dランド | 任天堂
妖怪ウォッチ2 真打 | レベルファイブ
モンスターハンタークロス | カプコン
妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊 | レベルファイブ
ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン(2バージョン合計) | 任天堂
妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ/スキヤキ(3バージョン合計) | レベルファイブ
日本で100万本以上を販売したソフト
【タイトル】
メーカー
モンスターハンター3(トライ)G | カプコン
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち | スクウェア・エニックス
トモダチコレクション 新生活 | 任天堂
ルイージマンション2 | 任天堂
パズドラZ | ガンホー・オンライン・エンターテイメント
妖怪ウォッチ | レベルファイブ
どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー | 任天堂
妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ | レベルファイブ
スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS | 任天堂
モンスターハンターダブルクロス | カプコン
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて | スクウェア・エニックス
Mii
Miiを作成するソフト『Miiスタジオ』、ネットワーク経由でMiiの交換などを行う『すれちがいMii広場』が本体に内蔵される。『Miiスタジオ』はWiiの『似顔絵チャンネル』に比べて強化され、内蔵カメラで撮った顔写真を分析してMiiを作成する機能や顔のパーツが増えている。作成したMiiはQRコードに変換して他のニンテンドー3DSで取り込むことができるほか、画像ファイルとしても保存できる。
AR(拡張現実)
ニンテンドーDSi専用ソフトにもカメラを活用したものがあるが、3DSではさらに強化され、カメラで撮影した空間とゲームのグラフィックを合成する拡張現実の表現が可能になる。本体にはARを体験できるミニゲーム集『ARゲームズ』が内蔵される。
ニンテンドー3DS画像投稿ツール
ゲーム内のスクリーンショットTwitterFacebookへ投稿できるWebサービスである。3Dで投稿されたスクリーンショットは、他の3DSのインターネットブラウザーで閲覧すると3Dで表示される。
ニンテンドーネットワークID
ニンテンドーネットワーク(NNID)に利用される。ニンテンドーeショップでさまざまなソフトをダウンロードできたり、「Miiverse」へ投稿ができたり、お得なキャンペーン情報を受け取ったりすることができる。 また、Wii Uとニンテンドー3DSのニンテンドーeショップの残高を合算し、共有することも可能なサービスとなっている。

HOMEメニュー

ニンテンドー3DSを起動すると、HOMEメニューが表示され、3DSに内蔵されている機能や追加したソフトのアイコンが一覧表示される。ソフトアイコンの表示スペースは300個分まで用意されている。ただしニンテンドーDSiウェアは本体保存メモリが残っていても最大で40種類までしか追加できない。

1画面に表示されるソフトアイコンの数は、下画面の左上にある「表示数変更」のアイコンをタッチすることで、縦1・横3 - 縦6・横10の6段階に変更することができる。ソフトアイコンの並び替えは、タッチペンによって自由にできる。ソフトの削除は本体設定内の「データ管理」の項目からできる。

本体バージョン『Ver.4.0.0-7J』(2012年4月25日配信開始分)以降では、フォルダ機能が追加され、ソフトアイコンをフォルダ内で整理できるようになった。フォルダは最大57個まで作成可能で、1つのフォルダにはソフトアイコンを60個まで収納可能。フォルダアイコンには任意で付けたフォルダ名の最初の一文字が表示される。当初は、「本体設定」「eショップ」「カードソフト」のアイコンはフォルダーに収納できなかったが、「本体設定」「eショップ」については、後の更新で可能となった。

上画面にはソフトアイコンに対応したグラフィックが表示され、マイクに反応がある(息を吹きかけたり声をかける)と勢い良く回転したり、浮いたりする。上部には、通信状況、その日の歩数 / ゲームコインの枚数(交互に表示)、日付と時刻、バッテリー残量が表示されている。

基本的に本体のHOMEボタンを押せば、プレイ中のソフトを中断したまま、このメニューに戻ることができる。ただしDS用ソフト、DSiウェア、およびバーチャルコンソールのゲームボーイアドバンスソフトのプレイ時は例外で、一度ゲームを終了しないとHOMEメニューに戻ることはできない(前述の通り、HOMEボタンを押すとHOMEメニューに戻るかを尋ねる画面が表示される)。

ソフトアイコンとして表示される内蔵機能

購入時は以下の機能がソフトアイコンとして表示されている。これら13種類の削除は不可能。一部の機能を除いてソフトの取扱説明書が内蔵されており、HOMEメニュー内から「説明書」を選ぶことで、そのソフトの説明を見ることができる。

安全に使用するために
3DSで使用する際の注意を確認できる項目。「3D映像に関するご注意」、「健康上のご注意」、「使用上のご注意」の3項目が含まれている。
ちなみに、Newニンテンドー3DSの同名項目とは別のソフトとして扱われており(New3DSの場合、3DSとは違い電子説明書のスタイルで、注意事項がより詳しく記載されている)、3DSからNew3DSにデータ引っ越しをし、なおかつ引っ越す前の3DSと引っ越し後のNew3DSの双方に於いて「安全に使用するために」を開いた事がある場合、2つの「安全に使用するために」が『思い出きろく帳』(後述)に混在する事となる。
カードスロットアイコン
本体に差し込んだ3DSカードおよびDSカード(DS専用ソフト・DSi対応ソフト・DSi専用ソフト)を起動する項目。フォルダへの収納不可。
DSiと同様に差し込んでいるソフトをプレイしている時以外なら、電源を切らずにカードを抜き差ししても認識される。HOMEメニューを表示しているときにカードを挿入すると、自動的にこのアイコンに選択状態が移動する。
なお、3DSカードのソフトをプレイ中にカードを抜くと、フリーズは起こらず、「ゲームカードが抜かれました」という画面が表示される。
ニンテンドー3DSカメラ
3DSに搭載されているカメラで写真や動画を撮影するソフト。DSiウェアで使用できるのは、このソフトで撮影した写真(本体に保存する必要がある)のみ。
ニンテンドー3DSサウンド
SDカードに入っている音楽ファイルを再生したり、内蔵マイクで声などを録音して遊ぶためのソフト。
Miiスタジオ
Miiを作成するためのソフト。
すれちがいMii広場
すれちがい通信でMiiを集めて、交流など様々な機能を楽しむソフト。
ニンテンドーeショップ
ダウンロードソフト(ニンテンドー3DSダウンロードソフト、バーチャルコンソール、ニンテンドーDSiウェア)を購入・ダウンロードしたり、ソフトウェア各種の情報を閲覧するためのソフト。
本体のバージョン『Ver.2.0.0-2J』(2011年6月7日配信分)の更新時に追加されたが、利用するには本体購入時のバージョンが『Ver.2.0.0-2J』以降であっても本体を1度更新しなければならない。
ARゲームズ
3DSのカメラでARカードを認識させ、様々なゲームで遊ぶことができるソフト。本体に同梱されている6枚のARカードを使用する。
顔シューティング
カメラで顔を撮影して、撮影した顔でシューティングゲームが遊べるソフト。
思い出きろく帳
持ち歩いた歩数や遊んだソフトなどを確認できるソフト。歩数は本体をスリープにした状態で持ち歩くことで記録される。
ニンテンドーゾーンビューア
ニンテンドーゾーン」のサービスを利用するためのソフト。DSiではゾーンを検知するまでソフトが表示されないが、3DSでは最初から表示されている。
ダウンロードプレイ
ワイヤレス通信を使ってソフトをダウンロードして遊ぶ項目。最初に3DS用・DS用かを選択する。「DSダウンロードプレイ」の画面では、初代DSからのGUIが唯一使われている。
本体設定
本体の各種設定を行う項目。ニンテンドーネットワークID設定(本体バージョン『Ver.7.0.0-13J』以降で追加)、インターネット設定、保護者による使用制限、データ管理、その他の設定の5つに分けられている。ソフトの引っ越しはこの項目から行う。
3DS用のインターネット設定のほか、DSソフト用のインターネット設定もできる(Wi-Fi対応のDSソフトにあるWi-Fi設定と同じ)。DSiにあった上級者設定は無いが、機能的には3DS用の設定がこれにあたるため、接続先はDSi同様6つとなる。
「その他の設定」の「ユーザー情報」項目にある「DSソフト用設定」(DS/DSiソフトで使用するコメント・ユーザーカラーを設定する項目)では、画面がDSiの本体設定とほぼ同じデザインとなり、流れるBGMもDSiと同様のものである。
本体背面のバッテリーを取り外すと、日時がリセットされる。

ソフトアイコン以外の内蔵機能

以下の機能はソフトアイコンとは別に、HOMEメニューに設置されており、HOMEメニューが表示されている間であれば、いつでも利用することができる。

ゲームメモ
手書きのメモを取ることができる機能。ソフトをプレイしている途中に中断して、中断中の画面を見ながらメモを取ることもできる。
フレンドリスト
フレンド登録したプレーヤーのリスト。お互いにオンライン環境にあれば、相手がプレイしているソフトを見ることができる。相手が同じソフトをプレイしていれば、合流することもできる。また、16文字以内で「ひとことコメント」を入力することもできる。
お知らせリスト
成功した「すれちがい通信」の情報や、「いつの間に通信」で受信されたメッセージを確認できる機能。購入直後には使い方を簡単に説明するおしらせが届く。
インターネットブラウザー
インターネットを接続して、Webサイトなどを見ることができる機能。ACCESSNetFront Browser。本体のバージョンを『Ver.2.0.0-2J』以降に更新することで追加される。ニンテンドーDSiブラウザーと異なり、内蔵機能扱いであるため消去されることはない。
DSiブラウザーと比べると通信速度や描画速度が向上し、新たに3D対応画像を閲覧・保存・アップロードできるようになった。動画・音声・Adobe Flashの表示に対応していない点はそのまま。
お気に入りは64件まで登録可能で、サイト閲覧履歴は32件まで保存可能(32件を超えると一番古い履歴から順に自動的に削除される)。閲覧履歴・Cookieはインターネットブラウザーを終了しても保持される。
なお、ニンテンドーゾーンでの3DSのインターネットブラウザーサービスは2013年12月10日をもって終了している。
Miiverse (サービス終了)
本体のバージョンを『Ver.7.0.0-13J』以降に更新することで追加される。Miiを使ったミニブログ形式の新しいコミュニケーションサービス。3DS版では、オフラインの際に下書き投稿を3件まで保存できる機能がある。Miiverseは2017年11月8日15:00に終了した。
カメラモード
カメラで写真を撮影する機能。起動方法は当初、HOMEメニュー表示時にL/Rボタンのいずれかを押すことで起動するものだったが、本体のバージョン『Ver.4.0.0.7-J』以降はL/Rボタンのいずれかを長押しする仕様となり、『Ver.7.0.0-13J』以降はL/Rボタンを同時押しすることで起動するようになった。ここで使用できるカメラの撮影モードは、通常の撮影モードと「合体カメラ」のみ使用できる。本体のバージョン『Ver.2.0.0-2J』以降はQRコードを読み込む機能が追加された。
撮った写真を閲覧したり、さまざまな撮影機能を利用するときは、前述の3DSカメラを立ち上げる必要がある。
なお、中断中のソフトがカメラを使用している場合、カメラモードを起動できない。

追加ソフト・機能

本体に内蔵されているソフト以外にも新しく無料のソフトを不定期に追加。同梱のSDカードに内蔵されている。また新しい機能も不定期に追加。

いつの間に交換日記
「フレンド」同士で手軽に手書きの日記をやりとりできるソフト(2012年5月より同梱のSDカードに内蔵。2013年11月1日にいつの間に通信によるサービスを停止)。
3D体験映像
2分11秒の3Dムービーソフト。3DCGで作られた自然などの映像が収録されている。
2012年5月より同梱のSDカードに内蔵されていたが、ある時期の出荷分からは下記の3D体験映像2に変更された。
一般配信はされていないが、2012年7月11日から8月9日までニンテンドービデオで配信されていた。
3D体験映像2
3DCGで作られた紙飛行機が飛んでいく映像が収録されている。
上記の3D体験映像に替わって内蔵されるようになった。
こちらも一般配信はされていないが、2013年5月15日から6月25日までニンテンドービデオで配信されていた。
テーマ機能
2014年10月より追加された壁紙(テーマ)機能。3DSのHOMEメニューを着せ替えてカスタマイズすることが出来る。専用の効果音やBGMが鳴るものもある。

ニンテンドーeショップ

詳細は「ニンテンドーeショップ」を参照

2011年6月7日に開設した、WiiにおけるWiiショッピングチャンネルみんなのニンテンドーチャ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/01/30 00:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ニンテンドー3DS」の意味を投稿しよう
「ニンテンドー3DS」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ニンテンドー3DSスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ニンテンドー3DS」のスレッドを作成する
ニンテンドー3DSの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail