このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ニンテンドーDSとは?

ニンテンドーDS


【メーカー】
任天堂
【種別】
携帯型ゲーム機
世代
第6世代
【発売日】
2004年11月21日
2004年12月2日
2004年12月13日
2004年12月29日
2004年12月31日
2005年2月24日
2005年3月11日
2005年7月23日
CPU
ARM946E-S 67MHz
ARM7TDMI 33MHz
【対応メディア】
ニンテンドーDSカード
ゲームボーイアドバンス(GBA)用カートリッジ
【対応ストレージ】
DSカード(フラッシュメモリ)
GBA用カセット(バッテリーバックアップフラッシュメモリ)
【外部接続】
IEEE 802.11、独自プロトコル
【オンラインサービス】
ニンテンドーWi-Fiコネクション
【売上台数】
3,299万台
1億5,402万台
(2015年12月)
【最高売上ソフト】
New スーパーマリオブラザーズ /649万本
New スーパーマリオブラザーズ /3,072万本
【互換ハードウェア】
ニンテンドーDS Lite
ニンテンドーDSi
後方互換
ゲームボーイアドバンス
(ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Liteのみ、周辺機器の利用を除く。)
【前世代ハードウェア】
ゲームボーイアドバンス
【次世代ハードウェア】
ニンテンドー3DS
閉じたときのニンテンドーDS本体。下部の凹み部分はGBAスロット。

ニンテンドーDS(ニンテンドーディーエス、Nintendo DS、略称: DS)は、2004年(平成16年)に任天堂から発売された携帯型ゲーム機

目次

  • 1 概要
    • 1.1 “DS”という名前
    • 1.2 デザイン
    • 1.3 互換性
    • 1.4 シリーズ
    • 1.5 ゲームボーイシリーズとの関連
  • 2 機能
    • 2.1 入力・出力関連
    • 2.2 通信関連
    • 2.3 その他の機能
  • 3 仕様
  • 4 売上・変遷
    • 4.1 2004年・2005年
    • 4.2 2006年
    • 4.3 2007年
    • 4.4 2008年
    • 4.5 2009年
    • 4.6 2010年
    • 4.7 2011年
    • 4.8 2012年
    • 4.9 2015年
    • 4.10 2016年
    • 4.11 2017年
  • 5 周辺機器
  • 6 バリエーション
    • 6.1 オリジナルカラー
    • 6.2 限定モデル
    • 6.3 キャンペーン限定モデル
    • 6.4 日本未発売カラー
    • 6.5 時雨殿なび
  • 7 ソフトウェア
    • 7.1 同時発売ソフト
      • 7.1.1 任天堂タイトル
      • 7.1.2 サードパーティタイトル
    • 7.2 日本で100万本以上を販売したソフト
  • 8 その他
  • 9 脚注
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

概要

画面を2つ持つことや、タッチスクリーンマイクによる音声認識などの操作方法(ユーザインタフェース)、すれちがい通信といった通信機能を持っており、それらを利用した「Touch! Generations」という一連のシリーズを発売した。

2004年(平成16年)までのテレビゲーム(コンシューマーゲーム)業界では、特に映像表現に関わるハードウェア技術の発達に伴って全体的にゲームが画一的、マンネリ化状態に陥っており、ゲーム人口も減少傾向(ゲーム離れ)にあったため、それを打開することが課題になっていた。また、マスコミなどで非行引きこもりゲーム脳などゲーマーやテレビゲームのネガティブ・キャンペーンも行われていた。

ニンテンドーDSは斬新な方法で「ゲーム人口の拡大」を進め、新たな層の獲得にも成功した。任天堂が進めた「ゲーム人口の拡大」によって、教育や教材への活用 や、Wiiの誕生にも影響を与えた。さらに、単なるゲーム機ではなく「所有者の生活を豊かにするマシン」を目指すと述べた。

2010年(平成22年)3月に日本国内の累計販売台数が3,000万台を突破し、2014年(平成26年)現在、全世界での累計販売台数は1億5,000万台以上に及ぶ。

ニンテンドーDSで発売された一部のゲームはWii Uの配信サービスであるバーチャルコンソールで配信されている。

“DS”という名前

“DS”とは“Dual Screen”の略で、折りたたみ式の本体の両側に「2つの液晶画面を持っている」という意味がある。またニンテンドーDSが最初に発表されたE3 2004では “Developers' System”(開発者のためのシステム)という意味も示された。 開発コードは「Nitro」(ニトロ)。そのことから本体ならびに関連製品の品番には「NTR」が付けられている。なお、ニトロ以前に「アイリス」というコードネームでゲームボーイアドバンスの次の世代のゲーム機が検討されていた。

当初「DS」はあくまで仮称とされていたが、後に正式名称となった。

デザイン

外見はかつての同社のゲーム機『ゲーム&ウオッチ マルチスクリーン』を彷彿とさせる。2画面になった理由は、山内溥の「2画面にしてくれ」という強いこだわりやリクエスト。下側の液晶画面はタッチスクリーンになっている他、マイクが付き、ボタンもゲームボーイアドバンスと同様の物に加えXYボタンが追加されるなど、インターフェイス面で数多くの機能を持つ。

互換性

ゲームボーイアドバンスCPUに使われているARM7TDMIをサブCPUとして搭載することで、ゲームボーイアドバンス用ソフトとの互換性を実現している。それまでの歴代ゲームボーイシリーズにあったZ80系のプロセッサは搭載しておらず、ゲームボーイ用のソフトが使用できない。そのため、ゲームボーイアドバンスカートリッジスロットの内部には突起があり、ゲームボーイカラー以前のカートリッジを物理的に挿入できない構造になっている(ゲームボーイミクロも同様)。

ゲームボーイアドバンスにあった通信コネクタが装備されておらず、ゲームボーイアドバンス用ソフトの通信機能を使うことができない。同様に、ゲームボーイアドバンス用の周辺機器も基本的に使用できない。DSのワイヤレス通信は、ゲームボーイアドバンス専用ワイヤレスアダプタとの通信規格が異なり、アドバンス用ソフトのワイヤレスプレイも不可能となる。

ライセンス商品では、充電端子に接続するゲームボーイアドバンスSP用のACアダプタヘッドホン変換プラグ、そしてゲームボーイアドバンススロットに挿入する『PLAY-YAN micro』や『プレイやん』、『カードeリーダー(旧型)』のみが使用可能。DS Liteのみ『カードeリーダー+』を使用できるが、通信機能は使えない。ニンテンドーDS本体に通常のヘッドホン端子があるので、ニンテンドーDSのACアダプタ用端子にゲームボーイアドバンスSP用変換プラグ経由で接続したヘッドホンと併用が可能。説明書にも「本体にヘッドホンのプラグが上手く刺さらない場合は、ゲームボーイアドバンスSP用変換プラグを使用するように」と記載されている。変換プラグとDS本体のヘッドフォン端子へ同時接続しても、多少音量が小さくなるが音は出せる。

後述の後継モデルだとACアダプタのプラグ形状が異なるので、その端子を用いる機器の使用が不可能となる。

任天堂携帯用ゲーム機の互換性
(○:対応 △:限定的に対応 ▲:バーチャルコンソール対応 ×:非対応)
【】
GB
GBポケット
GBライトGBC
GBA
GBASPGBM
DS
LiteDSi/LL
3DS/LL
2DS New3DS/LL
New2DS LL
GB用・GBC共通ソフト ○ | ○ | ○ | × | × | × | ▲
GBC専用ソフト ×
GBA用ソフト × | ○ | △
DS用ソフト × | ○ | △
DS用・DSi共通ソフト ○ | ○ | ○
DSi用ソフト △
DSiウェア ×
3DS用ソフト ×
3DS・New3DS共通ソフト
New3DS用ソフト ×

シリーズ

ニンテンドーDSシリーズ(左からDS、DSLite、DSi)

DSシリーズには下記の3種類の互換機を含めて、全部で4種類のバリエーションが存在する。

ニンテンドーDS Lite
日本では2006年(平成18年)3月2日に発売。
一回り小型軽量化が図られ、バックライトの輝度も4段階に調整可能となった。性能や動作するソフトは従来のDSと変わらない。ゲームボーイアドバンスに対するゲームボーイアドバンスSPと同様の位置付けである。
ニンテンドーDSi
日本では2008年(平成20年)11月1日(この日は初めて赤外線受発光部が付いたDSソフト『歩いてわかる 生活リズムDS』の発売日でもある。)、北米・欧州では2009年(平成21年)4月中国ではiQue DSiという名称で2009年(平成21年)12月19日韓国では2010年(平成22年)4月15日に発売。
新たに2つのカメラやSDメモリーカードスロット、容量が256MBのフラッシュメモリを搭載。フラッシュメモリを搭載したことで、ニンテンドーDSiウェアと呼ばれるツールソフトやゲームソフトをインターネットを利用して本体に追加できるようになった。CPUの性能が向上し、メインメモリの容量も増加した。液晶サイズの拡大、スピーカーの音質向上、無線通信機能の高速化など細かい点も強化された。GBAスロットが廃止され、液晶画面のサイズが3インチから3.25インチに変更された。大きさ・重さも変わり、バッテリー持続時間が全体的に2 - 3割減となった。
なお、カメラなど以前のDSでは搭載していなかったものが追加され、CPUの性能などの内部仕様が変わったため、以前のDSではプレイできない「ニンテンドーDSi専用ソフト」や、DSi(3DS・2DS・New 3DS)でないと使えないモード(カメラなど)が含まれている「ニンテンドーDSi対応ソフト」が登場した(従来のDSでもプレイは可能)。ゲームボーイ(ポケット・ライト含む)に対するスーパーゲームボーイゲームボーイカラーの位置付けに似ている。
一方でGBAスロットが廃止された関係で、GBAスロットを拡張スロットとして外部周辺機器を併用していた一部のDSソフトがプレイ不可能になった。仕様の変更によって旧来のソフトが使用できなくなるというのは任天堂ハードでは非常に珍しい事例である。
ニンテンドーDSi LL
日本では2009年(平成21年)11月21日、欧州では2010年(平成22年)3月5日、北米では2010年(平成22年)3月28日に発売された。
ニンテンドーDSiに比べて、液晶画面と本体のサイズが大きくなったモデルであり、ニンテンドーDSiの追加ラインナップという位置付けである。性能や機能はニンテンドーDSiと変わらないため、ニンテンドーDSiで使用できるソフトや機能は全て利用可能。

ゲームボーイシリーズとの関連

ニンテンドーDSとゲームボーイアドバンスのスロット比較。DSの方には突起がある

DSはゲームボーイアドバンス(以下GBA)の「後継機」ではなく、ニンテンドーゲームキューブ、GBAに次ぐ、当時の任天堂の第3の柱をうたい、全く一から開発され、系図でも完全に一から立ち上がった全く新しいゲーム機である。しかし後にGBAの後継機案から派生したものだということも明かされている。

だがDSが瞬く間に普及し、DSの後に発売されたGBAの互換機であるゲームボーイミクロの売り上げも伸びず、任天堂を含む多くのメーカーはDSに注力する結果となった。また、2006年(平成18年)のE3で「GBAの後継機(新型ゲームボーイ)はしばらく無い」との発表がされた。DS発売前より開発がすすめられていた『MOTHER3』『リズム天国』など、末期のGBA用ソフトの店頭POPなどでは、DSでも使用可能であることが表記されていたり、CMなどでも該当ソフトをDSでプレイしているシーンを挿入したりして、DSでもプレイ可能であることを示していた。

その後、2006年(平成18年)11月30日発売の『ファイナルファンタジーVIアドバンス』以後、日本ではGBA用ソフトの新作は発売されていない。また日本以外でもGBAからDSへユーザーをシフトさせる旨を明確にしている。結果的にGBAの市場は急速に縮小し、DSは実質上「新型ゲームボーイ」「GBAの後継機」のような形となった。その後DSの直系の後継機となるニンテンドー3DSも発売され、任天堂の携帯ゲーム機市場は完全にDSの系列に一本化されることになった。

機能

ニンテンドーDSには次のような機能がある。

入力・出力関連

ダブルスクリーン
バックライト付きの26万色表示可能な3インチ液晶画面が2つ搭載されており、今までのゲームでは画面やモードを切り替えないと見ることができなかった情報を別の画面に表示できるなど、様々なことが可能となる。ちなみにDSiでは画質の向上はなかったが、画面サイズを3.25型に変更した。
インタレース表示のため、表示内容(スクロールや点滅など)によっては縞模様が見えることがある。なお、DSiでは縞模様が見えないようになっている。
タッチスクリーン
下画面にのみ抵抗膜方式透明アナログタッチスクリーン(タッチパネル)機能がついており、附属のタッチペンやタッチストラップ、指などで画面に直接触れることで操作ができる。ただし、指でのタッチは画面に指紋や傷がつく恐れがあるため、公式には止めたほうがよいとされている。また、シャープペンシル、ボールペンなどでのタッチも避けた方がよい。『タッチ!カービィ』やゼルダの伝説シリーズの『夢幻の砂時計』『大地の汽笛』など、すべてタッチペンのみで操作するゲームも存在する。なおこのタッチスクリーン自体にはTSC2046という温度センサーを内蔵しているが、ゲーム内容に利用されることはない。
音声認識
DS本体に内蔵されたマイクによって、音声を発してゲームに反映させることも可能である。『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』では音声を使用するトレーニングが可能。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』などではボイスチャットが可能。
また、『New スーパーマリオブラザーズ』など、マイクに息を吹きかける時の音を拾って操作に取り入れているソフトもある。

通信関連

ネットワーク通信
IEEE 802.11対応の無線LANが内蔵されており、市販の無線LANアクセスポイントニンテンドーWi-Fi USBコネクタを使用して、任天堂のニンテンドーWi-Fiコネクションが利用可能である。暗号化はWEPのみ対応。ただしWi-Fi認証はされていない。
ワイヤレス通信
通信ケーブルワイヤレスアタプタなどの周辺機器を使わずに多人数の通信プレイ「DSワイヤレスプレイ」が可能。最高で通信可能な人数はソフトによって異なり、中でも『大合奏!バンドブラザーズ』は人数分の本体とソフトがあれば参加可能な人数は無制限となっている。
またソフトによっては、ゲームボーイアドバンスと同様にソフト1つだけで遊ぶ「DSダウンロードプレイ」が可能。
対戦・協力プレイの他、ピクトチャットという内蔵チャットでの通信も可能。また、すれちがい通信という通信機能も持っている。
赤外線通信
赤外線通信に対応したソフトでは、DSカードに搭載された赤外線ポートによって同梱の周辺機器とデータなどをやり取りすることができる。

その他の機能

時計機能
ソフト交換型の任天堂の携帯ゲーム機としては初めて、時計機能を内蔵している。それまでカートリッジに搭載されていたRTC機能を省くことが可能となり、長期間の使用によるRTC用バッテリー切れによる時計機能の停止という不安要素が取り除かれた。
前回プレイ時からの経過時間や時刻などで異なったメッセージ表示を行うソフトがある。また、誕生日には開始アラーム音が高めの音になる。なお、内蔵ソフトにはアラーム機能もあるが、ネオジオポケットシリーズのような指定時刻に自動的に電源ONを行う機能はない。
設定保存機能
本体内にいくつかの設定データが保存されるようになっている。ユーザー名や誕生日、タッチ位置補正、ソフトの起動方法などのほか上記の無線LANの設定も本体に保存され、一度設定すれば他のソフトを使った際も再設定の必要なく接続ができるようになる。ソフトによってはユーザー名や誕生日などの設定もゲーム内で活用される。
パワーマネジメント機能
本体の開閉に連動した省電力機能が用意されていて、電源ONの状態でも本体を閉じるとバックライトが消灯する。ABXYボタンの中央にセンサーがあり、スピーカーの磁気で開閉を検知している。
本体開閉はソフトからも感知できるので、それに合わせてSEを出したり、動作を休止することも可能。ただしバックライト消灯以外の対応はソフト側に任されており、非対応の(本体を閉じても動き続ける)ものもある。また、本体開閉の感知を省電力以外の目的に用いるソフトも存在する。
また、ソフトによってはプレイ中でもバックライトの消灯が可能。
ダブルスロット
DS専用ソフトとゲームボーイアドバンス(GBA)専用ソフトの2つのスロットがある。タイトルによってはGBA用ソフトが挿入されていることを認識して、DS用ソフト内のROMに記憶された特定のデータが使用できたり、DSソフトとGBAソフトとの間でデータのやりとりをしたりすることができる。
また、GBA用スロットに挿入するDS専用の周辺機器も存在する。データ追加やメモリ拡張のほか、『オシャレ魔女 ラブandベリー DSコレクション』のカードリーダーや『ニンテンドーDSブラウザー』の拡張カートリッジのような、プレイに不可欠な周辺機器がソフトに附属している場合もある。
DSでGBA用のソフトをプレイする際、上下どちらの画面に表示するかを選ぶことができる。GBA専用ソフトのスロットはゲームボーイアドバンスSP同様プレイヤーから見て本体手前側にあるため、『ヨッシーの万有引力』や『コロコロパズル ハッピィパネッチュ!』では特定のコマンド によりゲームボーイアドバンスSP用の設定にしておく必要がある。また、『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』と『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』ではダブルスロット機能を使ってGBA版シリーズから各作品にポケモンを送ることもできる。
なおDSi、DSiLL、3DSではGBA専用スロットが廃止されたため、ダブルスロットおよびGBA専用スロットを用いた周辺機器には対応していない。

仕様

ニンテンドーDS Liteの仕様については「ニンテンドーDS Lite#仕様・変更された点」を、ニンテンドーDSiとニンテンドーDSi LLの仕様については「ニンテンドーDSi#仕様」を参照

売上・変遷

2004年・2005年

2006年

2007年

2008年

2010Happy Mail