このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ネットチェンジとは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2018年8月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2018年8月)
  • 雑多な内容を羅列した節があります。(2018年8月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2018年8月)

ネットチェンジとは、放送局がそれまでの系列(ネットワーク)と異なる系列に変わることを指す。

ここでは主に日本での事情・事例について記す。

目次

  • 1 概説
  • 2 テレビ局
    • 2.1 ネットチェンジの事例
    • 2.2 クロスネット解消の事例
    • 2.3 福岡県と山口県(関門2県)のケース
      • 2.3.1 1964年9月30日までのネット状況
      • 2.3.2 1964年10月1日からのネット状況
      • 2.3.3 1969年以降
    • 2.4 東海3県における名古屋放送(メ〜テレ)と中京テレビ放送の「複合ネット」
      • 2.4.1 名古屋放送から見た歴史
      • 2.4.2 中京テレビ放送からみた歴史
    • 2.5 大阪準キー局「腸捻転」の解消
      • 2.5.1 朝日放送から見た歴史
        • 2.5.1.1 朝日放送と大阪テレビ放送との合併について
        • 2.5.1.2 朝日放送がネットチェンジを拒絶した理由
        • 2.5.1.3 朝日放送が「腸捻転」解消に消極的だった理由
        • 2.5.1.4 朝日新聞社が腸捻転を問題視した理由
      • 2.5.2 毎日放送からみた歴史
      • 2.5.3 ネットチェンジ後の編成
    • 2.6 山形県の事例
      • 2.6.1 山形放送(YBC)テレビと山形テレビ(YTS)の開局
      • 2.6.2 山形放送のテレビ朝日(ANN)系列クロスネット局移行と変則的クロスネット編成による混乱
      • 2.6.3 山形テレビ(YTS)のANNネットチェンジからさくらんぼテレビ(SAY)開局に至るまで
    • 2.7 福島県の事例
      • 2.7.1 福島県初の民放テレビ局開局に至るまで
      • 2.7.2 福島テレビ(FTV)・福島中央テレビ(FCT)間のネット交換
      • 2.7.3 福島テレビ(FTV)のフジテレビ系列移行とテレビユー福島(TUF)開局
    • 2.8 長野県の事例
    • 2.9 新潟県の事例
    • 2.10 広島県の事例
    • 2.11 長崎県の事例
    • 2.12 鹿児島県の事例
  • 3 ラジオ局
  • 4 脚注
  • 5 関連項目

概説

日本では1960年代になってテレビの全国ネットが確立されてくると、全国紙を発行する新聞社と東京キー局相互の連携も強化されるようになった。また地方局も東京キー局とその関連の新聞社の系列に入るようになる。しかし大阪では、朝日新聞社と関わりの深いANN毎日放送 (MBS) が、毎日新聞と関わりの深いJNN朝日放送 (ABC) が参加するというねじれ現象、いわゆる「腸捻転」と呼ばれる状態が長く続いた。これを解消するため1975年3月31日、朝日放送はANN系列に、毎日放送はJNN系列に鞍替えすることで、ねじれ現象は解消されることとなった。

朝日放送グループホールディングス#沿革」も参照

1989年から1990年代にかけて、それまで1 - 3局しかなかった地方放送の4局化構想に基づき、主としてANNの新局中心に地方新局(いわゆる平成新局)が相次いで誕生した。これに伴い、NNNNNS、JNNの各系列では、系列内のクロスネットを解消してフルネット(マストバイ)へ移行することでネットチェンジを行う放送局が増えた。

以下では、系列局(ネットワーク)の変更事例の他に、クロスネットの解消例も挙げる。

テレビ局

ネットチェンジの事例

クロスネット解消の事例

年 放送局 解消前 解消後 備考
1958年 大阪テレビ放送▲※
(現:朝日放送テレビ) | ラジオ東京系列○
(現在のTBS系列)
日本テレビ系列 | ラジオ東京系列 | 読売テレビ開局に伴うもの。
1960年 北海道放送
中部日本放送
(現:CBCテレビ)
RKB毎日放送 |  | 日本テレビ系列番組の放送を中止 | 全て※
JNN基幹5社(ラジオ東京系列)の「五社連盟」発足による。スポンサードネット・番組販売ネットといわゆる「系列」によるネットワークを整理統合した例。
札幌テレビ放送
東海テレビ放送
関西テレビ放送
毎日放送
テレビ西日本 |  | ラジオ東京系列番組の放送を中止
1962年 東海テレビ放送▲※ | フジテレビ系列○
日本テレビ系列
NETテレビ系列 | フジテレビ系列 | 名古屋放送(現:名古屋テレビ)の開局に伴うもの。
札幌テレビ放送※ | 日本テレビ系列○
NETテレビ系列 | 日本テレビ系列○
フジテレビ系列 | NETテレビ系列番組の大半は午前中の学校放送。フジテレビとは翌1963年に正式にネット協定を締結。
1964年 九州朝日放送 | フジテレビ系列○
NETテレビ系列 | NETテレビ系列 | テレビ西日本ネットチェンジに伴うもの。ニュースネットはNETテレビ系列中心だった。なお、学校放送→民教協番組は現在に至るまでRKB毎日放送のまま。
1970年 仙台放送▲ | フジテレビ系列○
日本テレビ系列
 | フジテレビ系列 | ミヤギテレビ開局に伴うもの。なお、『健康増進時代』など一部日本テレビ系列の番組は、しばらく仙台放送でネットされていた。
1972年 札幌テレビ放送▲ | 日本テレビ系列○
フジテレビ系列 | 日本テレビ系列 | 北海道文化放送開局に伴うもの。
1973年 名古屋放送
(現:名古屋テレビ放送) | 日本テレビ系列○
NETテレビ系列 | NETテレビ系列 | 
中京テレビ放送 | NETテレビ系列○
日本テレビ系列
東京12チャンネル系列※
(現:テレビ東京系列) | 日本テレビ系列 | 東京12チャンネルの番組は、一部番組販売扱いでテレビ愛知開局まで継続。
1975年 毎日放送 | NETテレビ系列○
東京12チャンネル系列 | TBS系列 | 東京12チャンネルの番組は、一部番組販売扱いでテレビ大阪開局まで継続。
青森テレビ | TBS系列
NETテレビ系列○
(ニュースのみ※) | TBS系列 | ニュースネットワークは厳密にはANN単独加盟だったが、開局当初からJNNニュースのネット受け(名目上は番組販売扱い)と報道取材にも参加しており、実際の番組編成はTBS系番組に傾斜していた。JNNはANN離脱と同時に正式加盟している。
広島テレビ放送▲ | フジテレビ系列○
日本テレビ系列 | 日本テレビ系列 | テレビ新広島開局に伴うもの。広島ホームテレビ開局前から開局後もごく一部NETテレビ系列の番組も放送。
宮城テレビ放送▲ | 日本テレビ系列○
NETテレビ系列 | 日本テレビ系列 | 東日本放送開局に伴うもの。
1979年 静岡県民放送▲
(現:静岡朝日テレビ) | テレビ朝日系列○
日本テレビ系列 | テレビ朝日系列 | 静岡第一テレビ開局に伴うもの。
岡山放送 | フジテレビ系列○
テレビ朝日系列 | フジテレビ系列 | 岡山県香川県の電波相互乗り入れに伴うもの。テレビ朝日系列は瀬戸内海放送に統一。
1980年 テレビ岩手 | 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列 | 日本テレビ系列 | 
山形テレビ | フジテレビ系列○
テレビ朝日系列 | フジテレビ系列 | ただし、1993年にテレビ朝日系列に戻る。
1981年 福島中央テレビ▲ | 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列 | 日本テレビ系列 | 福島放送開局に伴うもの。
1983年 新潟総合テレビ▲ | テレビ朝日系列○
フジテレビ系列 | フジテレビ系列 | 新潟テレビ21開局に伴うもの。テレビ新潟開局前は日本テレビ系列とのトリプルネットだった。
福島テレビ▲ | TBS系列○
フジテレビ系列 | フジテレビ系列 | テレビユー福島開局に伴うもの。JNNはテレビユー福島開局(12月)と同時ではなく、同年4月に離脱している。
1987年 秋田テレビ | フジテレビ系列○
テレビ朝日系列 | フジテレビ系列 | 
テレビ山口 | TBS系列○
フジテレビ系列
(ニュースのみ※) | TBS系列 | なお、開局から1978年まではテレビ朝日系列とのトリプルネットだった。
1989年 テレビ熊本▲ | フジテレビ系列○
テレビ朝日系列 | フジテレビ系列 | 熊本朝日放送開局に伴うもの。熊本県民テレビ開局前は日本テレビ系列とのトリプルネットだった。
日本海テレビジョン放送 | 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列※ | 日本テレビ系列 | 鳥取県島根県の電波相互乗り入れ前まではフジテレビ系列とのトリプルネットだった。
ANNには正式に加盟していなかったが、日本テレビ系列マストバイ化までは実質的なクロスネット編成が組まれていた。
1991年 テレビ長崎▲ | 日本テレビ系列○
フジテレビ系列
(一般番組のみ※) | フジテレビ系列 | 長崎国際テレビ開局に伴うもの、NNNは長崎国際テレビ開局の半年前に離脱している。これはNIB開局が予定より半年遅れたため。
NNS非加盟であったもののNNN離脱直前は日本テレビ系列優勢の編成であった。
テレビ信州▲ | テレビ朝日系列○
日本テレビ系列 | 日本テレビ系列 | 長野朝日放送開局に伴うもの。
青森放送▲ | 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列 | 日本テレビ系列 | 青森朝日放送開局に伴うもの。
1993年 山形放送 | 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列 | 日本テレビ系列 | 山形テレビネットチェンジに伴うもの。
山口放送▲ | 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列 | 日本テレビ系列 | 山口朝日放送開局に伴うもの。
テレビ大分▲ | 日本テレビ系列○
フジテレビ系列
テレビ朝日系列 | 日本テレビ系列○
フジテレビ系列 | クロスネットの完全解消ではないが、大分朝日放送開局に伴うもの。
1994年 鹿児島テレビ放送▲ | 日本テレビ系列○
フジテレビ系列 | フジテレビ系列 | 鹿児島読売テレビ開局に伴うもの。鹿児島放送開局前はテレビ朝日系列とのトリプルネットだった。

福岡県と山口県(関門2県)のケース

1960年代、関門海峡を挟んだ福岡県山口県をサービスエリアとする放送局のネットは入り組んでおり、両県で数回のネットチェンジが行われている。

(下表で○は福岡県、●は山口県、※は正式な系列ではない)
【時期】
【NNS】
【JNN】
【FNS】
【ANN】
TXN
1964年9月まで | ○テレビ西日本
山口放送(徳山) | ○RKB毎日放送 | ○九州朝日放送
●※山口放送(関門) | ○九州朝日放送
●※山口放送(関門) | 
1964年10月から | ●山口放送 | ○テレビ西日本 | ○九州朝日放送
1969年4月から | ○福岡放送
●山口放送
1970年4月から | ○RKB毎日放送
テレビ山口 | ○テレビ西日本
●テレビ山口 | ○九州朝日放送
●テレビ山口
1978年10月から | ○九州朝日放送
●山口放送
1987年10月から | ○テレビ西日本
1991年4月から | ○TXN九州
TVQ九州放送
1993年10月から | ○九州朝日放送
山口朝日放送

1964年9月30日までのネット状況

元々福岡県内においては、福岡市をはじめとする福岡地区と、八幡市(現:北九州市)をはじめとする関門地区とで異なるチャンネルプランが設定され、それぞれ別々のテレビ局が放送免許を受けていた。

福岡地区ではラジオ九州(RKB。毎日新聞社系列・テレビネットはTBS系列主体)と九州朝日放送(KBC、朝日新聞社系列・テレビネットはフジテレビ系列主体)が、関門地区では西部毎日テレビジョン放送(西部毎日。毎日新聞社系列)とテレビ西日本(TNC、朝日新聞社と西日本新聞社系列・日本テレビ系列主体)がそれぞれ免許を受けた。ただ将来的に、両地区の同一資本・同一系列同士で合併することが前提となっていた。

関門地区は、関門海峡の対岸である山口県下関市もサービスエリアに含まれていた。そこで山口県の県域局である山口放送(KRY、テレビネットは日本テレビ系列主体)も関門地区でのテレビ免許獲得に動いたが、結局、のちにラジオ九州と合併した西部毎日に出資することとなり、徳山地区のみで放送を続けた。しかしテレビ西日本は、日本テレビが設立に加わってネットワーク関係も結んだこともあって、独自色が強くなり、九州朝日放送との合併を拒否。九州朝日放送も、自社単独で福岡全県のエリア確保を望んでいた。やがてテレビ西日本と九州朝日放送は結託し、相互に放送エリアを拡大。朝日新聞社がテレビ西日本から出資を引き揚げたことで、RKB毎日放送=TBS系列、九州朝日放送=フジテレビ・NETテレビクロスネット、テレビ西日本=日本テレビ系列として、福岡全県で視聴可能となった。

そこへ山口放送が、下関市においてKRY関門テレビ(KRY関門テレビジョン放送支局)を開局したが、免許取得時の条件となった電波・番組規制の関係で、同じ山口放送の支局でありながら、徳山本局(山口放送テレビ/現:周南本局)と異なる編成で放送されていた。KRY関門テレビは、日本テレビ系列中心の徳山本局とは異なり、主にフジテレビ系列・NETテレビ系列のマイクロネット番組、フィルム番組、自社制作番組を放送していた。これは、「日本テレビ系列のテレビ西日本の本局が、当時八幡にあったこととの兼ね合い」によるものと、「九州朝日放送が当時フジテレビ・NETテレビのクロスネットであり、フジテレビ系列が多く放送されていたため、NETテレビの番組をフルネットする局が関門地区になかったことから、それを補完する意味で、相当数のNETテレビ系列番組が放送されていたこと」によるものであった。RKB毎日放送と山口放送の中継局が、現在も北九州局・下関局ではなく「関門局」を名乗る理由は、上記のような経緯があることに起因している。

NETテレビが制作・放送していた学校放送に関し、当初福岡県内向けは九州朝日放送で放送していたが、九州朝日放送は放送内容を巡るNETテレビとの対立により自社でのネットを打ち切った。のちに学校放送はRKB毎日放送に移行したが、逆に九州朝日放送は学校放送以外がNETテレビ系列フルネットとなった。この歴史的経緯もあって、RKB毎日放送は現在民教協に加盟し、テレビ朝日から民教協関連番組のネット受けを行っている。

1964年10月1日からのネット状況

その後、テレビ西日本が日本テレビ系列を離脱したことで、福岡地区は福岡放送(FBS)が開局するまでの間、日本テレビ系列の空白地域となった。逆に、山口放送にとっては福岡地区・関門地区での日本テレビ系列の番組放映に支障がなくなった。そのため山口放送は、関門テレビの編成を、徳山本局と同じ日本テレビ系列に統一した。これについては以下のような原因があるとされている。

従来、フジテレビ系列を主体としていた九州朝日放送であるが、ニュースは朝日新聞社との関係でNETテレビ系列を主体としていた。フジテレビは九州朝日放送にニュースもネットするよう再三働きかけ、ようやく一本ネットが通るようになったが、朝日新聞社との関係を考えるとこれが限界であった。このため、ニュースも含めたフルネット局を福岡地区に持つべく、たまたま日本テレビとの関係が悪くなったテレビ西日本に働きかけた(後述)。TNCもこれに応じ、一部スポンサーの反対を押し切る形でネットチェンジを実施した。

また、朝日新聞社は1963年1月の役員会でNETテレビをキー局にした朝日新聞社系列テレビネットワークを構築することを決めていた(後述)。そのため、朝日新聞の広岡知男社長がNETフルネット化に難色を示すKBCの社長を粘り強く説得、1964年10月からネットチェンジ実施となった。

一方、九州電力を中心とした旧西部毎日関係者は、自らは条件通りラジオ九州と合併して福岡全県でのエリアを確保したのに対し、テレビ西日本と九州朝日放送が条件通り合併せずにエリアを相互乗り入れしたことに憤慨した。このため新局設置を目論むようになり、この動きに日本テレビが一枚かんでいたとされたため、テレビ西日本がこれを察知して先手を打った。また、先のKRY関門テレビの開局も日本テレビが応援していたとされ、テレビ西日本と日本テレビの関係は良いとは言えなかった。

詳細は「RKB毎日放送」を参照

さらに、読売新聞社が北九州市で新聞の発行を開始したため、読売と提携関係にあった西日本新聞社が危機感を持ち、その対抗策として系列のテレビ西日本が読売色の強い日本テレビ系列を離脱することで、その勢力を食い止めようとした。『読売新聞』の近畿地区での発行部数が読売テレビ(ytv)の開局後に増加したこともあり、日本テレビとネットを組むことは、おのずと『読売新聞』の宣伝媒体に使用されるといった認識が地方紙にはあった。加えて、西日本新聞社はフジテレビ系列の産経新聞社とも提携関係にあった。

このネットチェンジの背景には、こうしたフジテレビ・日本テレビ・テレビ西日本といったテレビ各局、ならびにその背後にある読売・朝日・西日本の新聞各社のそれぞれの思惑が錯綜している。

この間、現在のNNNの九州地区の取材は、純粋なフルネット局がなかったため、日本テレビが福岡に九州分室を設置して取材を担当していた。

1969年以降

1969年4月、九州電力や読売新聞西部本社、日本テレビなどが主体となって福岡放送が開局し、日本テレビ系列の基幹地域での空白区は解消された。

なお、山口放送は1978年から1993年までテレビ朝日とのクロスネットとなるが、朝日新聞社グループ主導で、トクヤマ旧みなと新聞グループ(現在のみなと山口合同新聞社)ら地元財界各社の出資により山口朝日放送 (yab) が設立され、山口朝日放送開局に伴い、再び日本テレビ系列のフルネット局となったため、事実上のマストバイ局となる(現在日本テレビは山口放送の大株主になっている)。また、山口県域局ではこの他に1970年にテレビ山口 (tys) が開局しているが、テレビ山口・山口朝日放送もともに下関中継局を設置しているため、関門地区では日本テレビ系列・TBS系列・テレビ朝日系列が複数の局で視聴可能な状態になっている。

また、1991年にはテレビ東京系列のティー・エックス・エヌ九州(TVQ、現:TVQ九州放送)が開局するが、それまでテレビ東京の番組は在福各局に番組販売の形で放送されていた。

東海3県における名古屋放送(メ〜テレ)と中京テレビ放送の「複合ネット」

在名テレビジョン放送局」も参照

名古屋地区においては、既にラジオ局として開局していた中部日本放送(CBC、現:CBCテレビ)が1956年にテレビ放送を開始した。テレビ放送開始からしばらくの間は、日本テレビ放送網(NTV/日本テレビ)の番組とラジオ東京(KRT、現:TBSテレビ)の番組をクロスネットしていた。

1958年、近畿東海放送およびラジオ東海(現:東海ラジオ放送)が中心となって立ち上げた東海テレビ放送(THK/東海テレビ)が開局。ニュースは共同テレビニュースを放送していたが、スポンサーなどの都合もあり、東海テレビも日本テレビ主体としつつ、ラジオ東京や関西テレビ放送(KTV/関西テレビ)の番組も放送する、事実上のクロスネット体制であった。

1960年5月、ラジオ東京を軸とした「四社連盟」が発足し、名古屋地区でのネットワークは、中部日本放送=ラジオ東京系列、東海テレビ=フジテレビ系列主体に整理された。ただ中部日本放送には、日本教育テレビ(NETテレビ、現:テレビ朝日) - 毎日放送 (MBS) とのネットワーク関係が学校放送を中心に残り、東海テレビにも、日本テレビやNETテレビ - 毎日放送とのネットワーク関係が残っていた。

1962年4月に名古屋放送(NBN、現:名古屋テレビ放送/メ〜テレ)が開局し、中部日本放送と東海テレビ両社の日本テレビ系列とNETテレビ系列の番組は名古屋放送に移行、名古屋地区でのネットワーク整理がおおむね完了した。ただし、日本テレビのプロ野球ナイター中継は同年秋まで東海テレビで継続、1975年3月31日の「腸捻転ネットワーク」解消までは、毎日放送の一部の番組も残されていた。

1969年4月、名古屋地区第4局の中京ユー・エッチ・エフテレビ放送(CUT/現:中京テレビ放送=CTV)が開局した際、名古屋放送は従来のクロスネットのまま高視聴率の取れる編成としたため、CTVは名古屋放送と同じNETテレビ系列と日本テレビ系列とのクロスネットを余儀なくされた。窮地に陥った中京テレビに東京12チャンネル(現在のテレビ東京)が手を差し伸べたため、ネットワーク関係は一層複雑となった。

この背景には、出力の強い既存のVHF局で、スポンサーや視聴者にも馴染みのあった名古屋放送を巡って、日本テレビ・読売新聞社とNETテレビ・朝日新聞社が争奪戦を展開していたが、結局日本テレビ陣営が降りることで決着。1973年4月の改編以降、ネットワークは名古屋放送 - NETテレビ系列、中京テレビ - 日本テレビ系列に落ち着いた。

また、1968年に日本国内初の独立UHF局として開局した岐阜放送も、開局当初はNETテレビの番組を多くネット受けしていたが、ネット局整理後の1973年4月以後は、東京12チャンネルからのネット受け主体と自社制作に転換。オイルショックの影響で、放送時間も、それまでの準全日体制から夕方 - 夜間にかけての数時間に短縮された。

名古屋地区では、日本テレビ系と日本教育テレビ系のクロスネットをしていた名古屋放送が1972年に一部の日本テレビ枠を日本教育テレビ枠に付け替えると発表したことからトラブルが始まり、同年12月に日本テレビ=中京テレビ放送、日本教育テレビ=名古屋放送と系列化することが4社の合意により決まった。これは日本の「基幹地区」(東京、名古屋、大阪、福岡)のネット再編成の端緒であったとされる。

名古屋放送から見た歴史

名古屋放送は、トヨタ自動車販売神谷正太郎を中心に、朝日・毎日・読売の三大新聞社と、日本テレビ、NETテレビの出資で設立され、日本テレビとNETテレビのクロスネットとして開局したが、NETテレビが当時教育局であったため、社内でのNETテレビ系列の番組への評判は低かった。こうした事情から、開局時点での名古屋放送の番組は、巨人戦やプロレス中継といった有力番組を持つ日本テレビ系列をメインに編成するようになった。

ただ、社長に就任した神谷は朝日新聞社シンパであり、朝日新聞社の特信部長であった川手泰二を腹心として呼び寄せるなど、人事面では朝日色が強かった。

1964年から1966年にかけて、名古屋放送のネット比率は日本テレビ系列が70パーセント、NETテレビ系列が30パーセントであった。当時NETテレビは朝日新聞社との関係を強化していたことから、ネット比率を日本テレビと同等にすべく、毎年強く働きかけていた。こうした中、1969年4月、中京テレビが事実上NETテレビ系列主体で開局。中京テレビはUHFでの放送であり、視聴には別途コンバーターの購入が必要となることから、「中京テレビとの完全ネットはネットワーク政策上不利だ」と言われていたため、NETテレビ・日本テレビの両社は、名古屋放送との関係強化にばかり腐心していた。名古屋放送は中京テレビ開局後も、NETテレビと日本テレビとのクロスネットを継続、半年ごとの番組改編に頭を悩ませ続けることとなった。

名古屋放送は日本テレビ系列を中心にしつつも、NETテレビ系列の高視聴率番組を組み合わせた編成で放送していた。また、ニュース系列でのちにNNNに加盟するなど、開局当時から日本テレビ系列の準基幹局として位置付けられていたが、正午前と夕方のニュースは、朝日新聞社との関係でANNニュース(昼はNNNも放送)を受けていた。また、ゴールデンタイムは曜日によりキー局が異なるため、スポットニュースは基本的に自社制作していた。このため東海地区では、夕方とゴールデンタイム=スポット枠のNNNニュースが放送されず、日本テレビの不満は募っていた。

1970年、日本テレビは、このような中途半端なネットワークを改善すべく、名古屋放送との間で「ゴールデンタイム枠を日本テレビ系列番組に固定する」3年契約を結んだ。20・21時台は、全曜日で日本テレビ系列の時間となったが、1972年秋、NETテレビ・朝日新聞社の猛烈な巻き返しで、土曜日の19時30分から2時間枠をNETテレビ系列にする編成案を発表。これで日本テレビの態度が硬化し、係争関係に発展。一旦和解はしたものの、日本テレビは結局名古屋放送との関係修復をあきらめ、中京テレビとの完全ネットを決断した。

一方名古屋放送はNETテレビと完全ネットを結び、1973年4月1日付けでNNNを脱退。しかし、これまで編成上60パーセントを占めていた日本テレビ系列の番組が姿を消したことで、長年苦戦を強いられることとなった。

中京テレビ放送からみた歴史

中京テレビは、東海銀行(現三菱UFJ銀行)を中心とした中京財界をバックボーンとして、1969年4月に開局した。先発局である中部日本放送(CBC、現在のCBCテレビ)と東海テレビ放送も設立に深く関わっていたが、新聞資本に関しては、これら先発局と関係の深い中日新聞社が、集中排除の原則から出資を見送り、結局、当時、名古屋放送がネットワークを結んでいた日本教育テレビ(NETテレビ)にも出資し、かつ中日新聞社と競合関係ではなかった日本経済新聞社の出資を受けることとなった。

名古屋放送は日本テレビ系列中心の編成であり、NETテレビ系列の番組はどちらかといえば劣勢であった。こうした経緯もあり、中京テレビは、当初NETテレビ系列を中心とした番組編成を基本方針としていたが、名古屋放送がNETテレビ系列の主力番組を離さず、また、NETテレビの実質的な親会社になっていた朝日新聞社も、先発局でありNETテレビ自身も出資をしている名古屋放送とのネットにあくまでこだわった。また、中京テレビはいわゆる日本の3大都市圏をカバーする広域放送圏では初めて、親局がUHFチャンネルとなるため、UHF非対応のテレビ受像機で視聴するためには別途UHFコンバータの購入が必要となることから、広告媒体としては非常に不利であるとみられていた。このため、日本テレビ・NETテレビの両社は名古屋放送との関係強化ばかりに腐心していた。

こうした事情から、中京テレビは日本テレビ系列とNETテレビ系列の番組のうち、名古屋放送の編成から外れた番組を放送することになったが、日本経済新聞社が同年12月に東京12チャンネルの経営に参加したことで、同月からは東京12チャンネルの番組も加わった。それでも初期の中京テレビは、こうした東京の弱い番組ばかりをあてがわれ、視聴率や営業で相当苦戦していた。

開局当時の中京テレビは、ニュース番組については基本的にANNから受けていたが、正午前と夕方のニュースは名古屋放送が放送していた上、タイトルも名古屋放送に配慮して『中京テレビニュース』と差し替えていた。この差し替えは、東京12チャンネルが制作した『東京12チャンネルニュース』(現:TXNニュース)のネット受けの際も行なわれていた。また、NNNに加盟していなかった上、名古屋放送との関係もあって、1973年3月まではNNNニュースをまったく放送できず、中京地区では、夕方とゴールデンタイム=スポット枠のNNNニュースが視聴できない事態となった。

1972年秋、名古屋放送と日本テレビとの間に起きた土曜日の番組編成を巡る関係悪化によって、中京テレビにとっては不利であったネットワーク環境は急転換した。日本テレビが、将来的な中京テレビとの完全ネットを決断。日本シリーズ中継を手始めに、中京テレビと日本テレビは関係が深まっていった。

1973年4月1日、中京テレビは日本テレビとの完全ネットを実現し、NNNにも加盟する。それでも、当時名古屋地区に系列局が存在しなかった東京12チャンネル(現在のテレビ東京)との間には若干のネットワーク関係が残っており、『大江戸捜査網』、『プレイガールQ』、『日米対抗ローラーゲーム』、『世界ビックリアワー』などの番組がプライムタイム枠で放送されていた。また、中京テレビ制作の『お笑いマンガ道場』は、関東地区では当初東京12チャンネルでネットされていた。

中京テレビは、1983年8月まではテレビ東京(旧・東京12チャンネル時代を含む)の番組の一部をネットしていたが、1983年9月、名古屋地区にテレビ愛知が開局したことで、日本テレビ系列の純粋な基幹局という位置づけに落ち着く。テレビ愛知開局後、日経が持つ中京テレビ株式が、日本テレビ並びにその関連会社に譲渡され、資本関係も整理された。

以降、1979年3月にスタートした日本テレビ系列の朝の情報番組『ズームイン!!朝!』での中継や、『お笑いマンガ道場』を始め、『ワザあり!にっぽん』、『早見優のアメリカンキッズ』、『サルヂエ』といったさまざまな全国ネットの番組を制作、在名局でも1・2を争う制作力を持っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2019/07/08 09:24

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ネットチェンジ」の意味を投稿しよう
「ネットチェンジ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ネットチェンジスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ネットチェンジ」のスレッドを作成する
ネットチェンジの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail