このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ハル・マクレーとは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ハロルド・エイブラハム・マクレー(Harold Abraham McRae, 1945年7月10日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ハイランズ郡エイボンパーク出身の元プロ野球選手(指名打者外野手)、のちに監督。右投右打。息子のブライアン・マクレーも外野手としてメジャーリーグベースボールでプレーした。

目次

  • 1 来歴・人物
  • 2 詳細情報
    • 2.1 通算打撃成績
    • 2.2 監督成績
    • 2.3 獲得タイトル他
    • 2.4 背番号
  • 3 脚注
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

来歴・人物

1965年MLBドラフト6巡目(全体117位)でシンシナティ・レッズより指名される。

1968年にメジャーに昇格。1969年マイナーリーグに留まり、1970年に再昇格するが、レッズは同年監督に就任したスパーキー・アンダーソン監督の下、「ビッグレッドマシン」と呼ばれる大リーグの歴史に残る最強チームへの道を歩む過程にあり、レギュラー定着を果たせなかった。

1973年に交換トレードで、カンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した。移籍2年目の1974年には148試合に出場して打率.310、15本塁打、88打点の成績を残しレギュラーに定着。1975年1976年には2年連続でMLBオールスターゲームに選出される。1976年以後は指名打者としての起用が中心となるが、同年は自己最高の打率.332を記録して首位打者争いに加わり、22盗塁とアメリカンリーグ最高の出塁率.406を記録。1977年は21本塁打、92打点を記録。二塁打54はアメリカンリーグ最多であった。

1981年にはロイヤルズの一員として日米野球で来日。ジョージ・ブレットフランク・ホワイトらと共に日本のファンにもアピールした。 ベストシーズンは36歳の1982年で、打率.308、自己最多の27本塁打、133打点を記録し、アメリカンリーグ最多打点を獲得。二塁打46もリーグ最多で、指名打者としてシルバースラッガー賞に選出された。 前後するが、ワールドシリーズはレッズ時代の1970年1972年、ロイヤルズ移籍後の1980年と三度敗れたが、1985年に念願のチャンピオンリングを手に入れる。

1987年シーズン途中で現役引退し、そのままロイヤルズのコーチに就任。モントリオール・エクスポズの打撃コーチを経て1991年途中にロイヤルズの監督に就任。ストライキで打ち切りとなった1994年まで務める。 古巣レッズ、フィラデルフィア・フィリーズの打撃コーチを経て、2001年途中にタンパベイ・デビルレイズ(現在のレイズ)の2代目監督に就任。同じ1998年に創設されたアリゾナ・ダイヤモンドバックスが2001年にはワールドシリーズ優勝を果たしたのとは対照的に2年連続最下位に終わり、2002年限りで退任した。 2005年セントルイス・カージナルスの打撃コーチに就任し、2006年にチームはワールドシリーズ優勝を果たす。自身2個目のチャンピオンリングを獲得した。同職を2009年まで務める。

息子のブライアン・マクレー1985年MLBドラフト1巡目(全体17位)でロイヤルズから指名され、プロ入り。当時ハルはロイヤルズの現役選手であった。1990年のロイヤルズを皮切りに1999年まで5チームでプレー。1992年のオープン戦では監督のハルが「現役復帰」し、非公式戦ではあるが親子同時出場を果たした。

詳細情報

通算打撃成績

通算19シーズン 出場2,084試合 打席8,059 打数7,218 得点940 安打2,091 二塁打484 三塁打66 本塁打191 打点1,097 盗塁109 盗塁死78 四球648 三振779 打率.290 出塁率.351 長打率.454 塁打3,280 併殺打186 死球79 犠打28 犠飛85 敬遠四球69

監督成績

獲得タイトル他

背番号

脚注

  1. ^ 2対2の交換トレードであったが、交換要員の一人に後に広島東洋カープに在籍するリッチー・シェインブラム(登録名シェーン)がいた。
  2. ^ デビルレイズは1998年球団創設以来、デビルレイズを名乗った2007年までの10シーズンは、唯一70勝をあげて地区4位となった2004年を除いて毎年地区最下位であった。

関連項目

外部リンク

業績
アメリカンリーグ打点王
1900年代 | 

1910年代 | 
  • 10 サム・クロフォード
  • 11 フランク・ベーカー
  • 12 フランク・ベーカー
  • 13 フランク・ベーカー
  • 14 サム・クロフォード
  • 15 サム・クロフォードボビー・ヴィーチ
  • 16 デル・パレット
  • 17 ボビー・ヴィーチ
  • 18 ボビー・ヴィーチ
  • 19 ベーブ・ルース

  • 1920年代 | 
  • 20 ベーブ・ルース
  • 21 ベーブ・ルース
  • 22 ケン・ウィリアムズ
  • 23 ベーブ・ルース
  • 24 グース・ゴスリン
  • 25 ボブ・ミューゼル
  • 26 ベーブ・ルース
  • 27 ベーブ・ルース
  • 28 ベーブ・ルースルー・ゲーリッグ
  • 29 アル・シモンズ

  • 1930年代 | 
  • 30 ルー・ゲーリッグ
  • 31 ルー・ゲーリッグ
  • 32 ジミー・フォックス
  • 33 ジミー・フォックス
  • 34 ルー・ゲーリッグ
  • 35 ハンク・グリーンバーグ
  • 36 ハル・トロスキー
  • 37 ハンク・グリーンバーグ
  • 38 ジミー・フォックス
  • 39 テッド・ウィリアムズ

  • 1940年代 | 
  • 40 ハンク・グリーンバーグ
  • 41 ジョー・ディマジオ
  • 42 テッド・ウィリアムズ
  • 43 ルディ・ヨーク
  • 44 ヴァーン・スティーヴンス
  • 45 ニック・エッテン
  • 46 ハンク・グリーンバーグ
  • 47 テッド・ウィリアムズ
  • 48 テッド・ウィリアムズ
  • 49 テッド・ウィリアムズヴァーン・スティーヴンス

  • 1950年代 | 
  • 50 ウォルト・ドローポヴァーン・スティーヴンス
  • 51 ガス・ザーニアル
  • 52 アル・ローゼン
  • 53 アル・ローゼン
  • 54 ラリー・ドビー
  • 55 レイ・ブーンジャッキー・ジェンセン
  • 56 ミッキー・マントル
  • 57 ロイ・シーバース
  • 58 ジャッキー・ジェンセン
  • 59 ジャッキー・ジェンセン

  • 1960年代 | 
  • 60 ロジャー・マリス
  • 61 ロジャー・マリス
  • 62 ハーモン・キルブルー
  • 63 ディック・スチュアート
  • 64 ブルックス・ロビンソン
  • 65 ロッキー・コラビト
  • 66 フランク・ロビンソン
  • 67 カール・ヤストレムスキー
  • 68 ケン・ハレルソン
  • 69 ハーモン・キルブルー

  • 1970年代 | 
  • 70 フランク・ハワード
  • 71 ハーモン・キルブルー
  • 72 ディック・アレン
  • 73 レジー・ジャクソン
  • 74 ジェフ・バロウズ
  • 75 ジョージ・スコット
  • 76 リー・メイ
  • 77 ラリー・ハイズル
  • 78 ジム・ライス
  • 79 ドン・ベイラー

  • 1980年代 | 
  • 80 セシル・クーパー
  • 81 エディ・マレー
  • 82 ハル・マクレー
  • 83 ジム・ライスセシル・クーパー
  • 84 トニー・アーマス
  • 85 ドン・マッティングリー
  • 86 ジョー・カーター
  • 87 ジョージ・ベル
  • 88 ホセ・カンセコ
  • 89 ルーベン・シエラ

  • 1990年代 | 
  • 90 セシル・フィルダー
  • 91 セシル・フィルダー
  • 92 セシル・フィルダー
  • 93 アルバート・ベル
  • 94 カービー・パケット
  • 95 アルバート・ベルモー・ボーン
  • 96 アルバート・ベル
  • 97 ケン・グリフィー・ジュニア
  • 98 フアン・ゴンザレス
  • 99 マニー・ラミレス

  • 2000年代 | 
  • 00 エドガー・マルティネス
  • 01 ブレット・ブーン
  • 02 アレックス・ロドリゲス
  • 03 カルロス・デルガド
  • 04 ミゲル・テハダ
  • 05 デビッド・オルティーズ
  • 06 デビッド・オルティーズ
  • 07 アレックス・ロドリゲス
  • 08 ジョシュ・ハミルトン
  • 09 マーク・テシェイラ

  • 2010年代 | 
  • 10 ミゲル・カブレラ
  • 11 カーティス・グランダーソン
  • 12 ミゲル・カブレラ
  • 13 クリス・デービス
  • 14 マイク・トラウト
  • 15 ジョシュ・ドナルドソン
  • 16 エドウィン・エンカーナシオンデビッド・オルティーズ
  • 17 ネルソン・クルーズ


  • アメリカンリーグ シルバースラッガー賞(指名打者)
    1980年代 | 

    1990年代 | 
  • 90 デーブ・パーカー
  • 91 フランク・トーマス
  • 92 デーブ・ウィンフィールド
  • 93 ポール・モリター
  • 94 フリオ・フランコ
  • 95 エドガー・マルティネス
  • 96 ポール・モリター
  • 97 エドガー・マルティネス
  • 98 ホセ・カンセコ
  • 99 ラファエル・パルメイロ

  • 2000年代 | 
  • 00 フランク・トーマス
  • 01 エドガー・マルティネス
  • 02 マニー・ラミレス
  • 03 エドガー・マルティネス
  • 04 デビッド・オルティーズ
  • 05 デビッド・オルティーズ
  • 06 デビッド・オルティーズ
  • 07 デビッド・オルティーズ
  • 08 オーブリー・ハフ
  • 09 アダム・リンド

  • 2010年代 | 
  • 10 ブラディミール・ゲレーロ
  • 11 デビッド・オルティーズ
  • 12 ビリー・バトラー
  • 13 デビッド・オルティーズ
  • 14 ビクター・マルティネス
  • 15 ケンドリス・モラレス
  • 16 デビッド・オルティーズ
  • 17 ネルソン・クルーズ

  • 捕手
  • 一塁手
  • 二塁手
  • 三塁手
  • 遊撃手
  • 外野手



  • カンザスシティ・ロイヤルズ歴代監督


    タンパベイ・レイズ歴代監督


    カンザスシティ・ロイヤルズ 1985年のワールドシリーズ ロースター
    1 バディ・ビアンカラナ / 2 オニキス・コンセプシオン / 3 ホルヘ・オータ / 4 グレッグ・プライヤー / 5 ジョージ・ブレット / 6 ウィリー・ウィルソン / 8 ジム・サンドバーグ / 9 デーン・オージ / 11 ハル・マクレー / 12 ジョン・ワーザン / 15 パット・シェリダン / 20 フランク・ホワイト / 21 ロニー・スミス / 24 ダリル・モトリー / 25 ダニー・ジャクソン / 27 ジョー・ベックウィズ / 29 ダン・クイゼンベリー / 31 ブレット・セイバーヘイゲン / 35 リン・ジョーンズ / 37 チャーリー・リーブラント / 40 バド・ブラック / 45 スティーブ・バルボニ
    監督 10 ディック・ハウザー


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/07/16 06:03

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ハル・マクレー」の意味を投稿しよう
    「ハル・マクレー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ハル・マクレースレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ハル・マクレー」のスレッドを作成する
    ハル・マクレーの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail