このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ハレ晴レユカイとは?

ハレ晴レユカイ」(ハレはレユカイ)は、2006年5月10日Lantisから発売されたシングル

目次

  • 1 概要
  • 2 収録曲
  • 3 クレジット
  • 4 受賞
  • 5 アナログ盤
  • 6 ソロバージョン
  • 7 踊りについて
  • 8 音楽ゲームへの収録
  • 9 カバー
  • 10 その他
  • 11 脚注
    • 11.1 注釈
    • 11.2 出典
  • 12 外部リンク

概要

表題曲「ハレ晴レユカイ」とカップリングの「うぇるかむUNKNOWN」は、それぞれテレビアニメ涼宮ハルヒの憂鬱』とラジオ涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部』のエンディングテーマとして使用された。ボーカルはいずれも涼宮ハルヒ役の平野綾、長門有希役の茅原実里、朝比奈みくる役の後藤邑子の3人が担当している。ジャケットには、涼宮ハルヒ、長門有希、朝比奈みくるがプリントされている。

収録曲

  1. ハレ晴レユカイ [3:38]
    作詞:畑亜貴、作曲:田代智一、編曲:安藤高弘
  2. うぇるかむUNKNOWN [3:24]
    作詞:畑亜貴、作曲:鈴木盛広、編曲:近藤昭雄
  3. ハレ晴レユカイ(オフボーカル)
  4. うぇるかむUNKNOWN(オフボーカル)

クレジット

受賞

アナログ盤

本楽曲のアナログ盤 が製作され、2007年3月18日に開催された『涼宮ハルヒの激奏』会場およびアニメショップにて販売された (LZM-2001)。収録曲はCDと同じ。A面に「ハレ晴レユカイ」、B面に「うぇるかむUNKNOWN」。オフボーカル版は収録されていない。

ソロバージョン

2006年7月から2007年2月21日にかけて発売された『涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング』全9種類に、各キャラクターが単独で歌うソロバージョンが収録されている。作詞は、どのバージョンも畑亜貴である。

涼宮ハルヒ・長門有希・朝比奈みくる
いずれも原曲の単純なソロバージョンとなっている。
鶴屋さん
歌詞にアレンジが加えられた最初のバージョンで、初出は『涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部』。歌詞の語尾を鶴屋さんの口癖のものに変える、あるいは鶴屋さんの行動パターンに沿った変更を加えるなどのアレンジが加えられた。しかし、朝倉涼子バージョン以降と異なり、曲全体で見た場合の歌詞全体のイメージを変えるほどのものではない。また、オフ・ボーカル・バージョンは収録されていない。
朝倉涼子
初出は『涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部』。歌詞全体にわたって変更が加えられている。その意味は原曲のそれとは正対称のものとなっており、原曲歌詞のアンチテーゼとなっている。また、オフ・ボーカル・バージョンは収録されていない。
キョンの妹
これ以降の曲は歌詞に加えて曲にも大幅なアレンジ(リミックス)が加えられ、イントロの部分から大幅に異なっている(編曲はyo)。歌詞は『小学生』と『キョンの妹である』ことを前面に出したものになっている。
喜緑江美里
原曲と異なり、スローテンポになっている(編曲は近藤昭雄)。一方で歌詞にはかなり極端な表現もあり、朝倉涼子バージョン同様原曲および『涼宮ハルヒの憂鬱』本編に対するアンチテーゼとなっている。
古泉一樹
原曲よりもテンポをかなり落としている(編曲は菊谷知樹)。歌詞は超能力者である彼の立場(涼宮ハルヒシリーズの登場人物#SOS団)を反映したものとなっている。
キョン
原曲よりもテンポをかなり落としている上、キョンの歌として自然なよう、単純なキー調整ではない変調曲となっている(編曲は菊谷知樹)。歌詞はハルヒに振り回されるキョンのぼやき節である。
いわゆるアコースティックバージョン。

踊りについて

曲の始まりから終わりまで、中でもサビの部分に軽快な振り付けがなされており、アニメ内ではハルヒ達SOS団の5人が曲に合わせて踊り上げる(通称: ハルヒダンス)。振付は『ORICON STYLE』において作画監督の池田晶子が多数のアイドルのPVを資料として使用したことを語っており、それらの振付と類似する動きも織り込まれている。 具体的にはアイドルグループBerryz工房の楽曲の振り付けを参考にしたものと考えられており、検証動画がインターネット上の動画共有サイトで流布している。

また、2006年9月16日より京都アニメーションの「涼宮ハルヒの憂鬱・京アニサイト」で、実際に放送されなかった部分も含めた、振り付け全ての絵コンテが公開されている。

2006年のAnimelo Summer Liveでは、平野らボーカルの3人が『ハレ晴レユカイ』で出演し、全編にわたり振り付けを披露した。2007年3月18日に開催された『涼宮ハルヒの激奏』においては、平野綾・茅原実里・後藤邑子の3人によるフルバージョンの踊りと、この3人に杉田智和(キョン役)と小野大輔(古泉一樹役)を加えた「SOS団」声優全員集合によるテレビエンディングバージョンの踊りも披露されている。

2007年1月に発売された『涼宮ハルヒの憂鬱』DVD第7巻にはダンスのTVサイズ完全版が収録されている。前述の絵コンテに準拠しているが、一部異なる部分がある。

2007年4月8日には、本シングルをオリコンチャート1位にしようという運動の一環として、秋葉原歩行者天国で大勢のコスプレイヤーがこの楽曲のダンスを踊るというフラッシュモブが行われ、その様子が動画サイトにアップロードされて反響を呼んだ。

2017年のAnimelo Summer Liveでは平野綾、茅原実里、後藤邑子の3人がSOS団として11年ぶりに出演し「ハレ晴レユカイ」を踊りと共に熱唱した。「SOS団」声優陣による「ハレ晴レユカイ」の披露は『涼宮ハルヒの激奏』以来10年ぶり。

2019年6月23日のランティス祭りでは平野綾、茅原実里、後藤邑子、小野大輔、杉田智和の5人全員がSOS団として『涼宮ハルヒの激奏』以来12年ぶりに集結し、「ハレ晴レユカイ」を踊りとともに熱唱した。

エンディングの演出を担当した山本寛は、OVAジャングルはいつもハレのちグゥ デラックス』のエンディング「ファンファン&シャウト」の演出に感銘を受け、このダンスを着想したと語っている。

音楽ゲームへの収録

カバー

その他

『涼宮ハルヒの憂鬱』と同じく平野が主人公の泉こなた役を務め、京都アニメーション制作のTVアニメ『らき☆すた』においてもしばしばこの曲が挿入歌として流れ、14・22話ではエンディングで白石稔が歌っている(『白石みのるの男のララバイ』に収録)。また16話では劇中でこなた達がコスプレ喫茶のステージで本曲のダンスを披露している。

2011年3月27日に放送された『3年B組金八先生ファイナル』にて在校生3名が学校の屋上にて本曲のダンスを練習しているシーンが流れた。

2017年12月13日に放送された『2017 FNS歌謡祭 第2夜』にて平野綾がNMB48山本彩乃木坂46松村沙友理との共演で本曲が披露された。尚、平野が本曲を生放送音楽番組で披露するのはこれが初だった。

脚注

注釈

  1. ^ 授賞式には茅原・後藤が出席。平野は当時病気療養中だったため欠席。
  2. ^ 平野、後藤はシークレットゲスト。

出典

  1. ^ 日本レコード協会 (2006年8月10日). “ゴールド等認定作品認定 2006年7月”. 2007年12月12日閲覧。
  2. ^ アニメーション神戸 (2006年10月19日). “第11回アニメーション神戸賞 受賞者・受賞作品決定”. 2007年12月12日閲覧。
  3. ^ 平野 綾 公式webサイト「綾魂-Aya Dama-」. “イベント情報”. 2007年12月12日閲覧。
  4. ^ FLOWやLiSA、アナ雪などアニメ主題歌が音楽配信でもヒット傾向、ジャスティンやブルゾンちえみコラボなど洋楽も堅調”. music.jpニュース (2017年6月20日). 2017年8月27日閲覧。
  5. ^ 平成アニソン大賞”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年3月8日閲覧。
  6. ^ 三原龍太郎 『ハルヒ in USA』 エヌ・ティ・ティ出版、2010年、126頁。ISBN 978-4757142473。
  7. ^ 鈴木謙介・電通消費者研究センター 『わたしたち消費―カーニヴァル化する社会の巨大ビジネス』 幻冬舎、2007年、88-90頁。ISBN 978-4344980617。
  8. ^ SOS団がアニサマで11年ぶり集結 “ハルヒ声優”平野綾「お久しぶりです!」”. livedoorNEWS. 2017年8月27日閲覧。
  9. ^ 「オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの公式」角川書店、2006年、84頁。ISBN 978-4048539913。
  10. ^ バンダイナムコゲームス (2007年12月12日). “太鼓の達人9 曲リスト”. 2007年12月12日閲覧。
  11. ^ NAMCO.ch.. “太鼓の達人 ドカッ!と大盛り 七代目”. 2007年12月12日閲覧。
  12. ^ タイトー (2018年4月7日). “GROOVE CAOSTERお知らせ”. 2018年4月7日閲覧。
  13. ^ セガ・インタラクティブ (2018年4月7日). “ニュース一覧”. 2018年4月7日閲覧。
  14. ^ bang_dream_gbpの2018年3月9日のツイート2018年3月14日閲覧。
  15. ^ 収録楽曲” (2019年9月21日). 2019年9月21日閲覧。
  16. ^ VTuberコンピレーションアルバム「IMAGINATION vol.1」3月1日(金)0時より配信開始決定!〜4月24日(水)に数量限定CDの発売も決定し順次予約受付開始!〜”. RK Music (2019年2月14日). 2019年2月21日閲覧。

外部リンク

「ハレ晴レユカイ」の調
【1A・1Bメロ】
→ 【1サビ】
→ 【2A・2Bメロ】
→ 【2サビ】

 | 変ホ長調
(E) |  | ヘ長調
(F) |  | 変ホ長調
(E) |  | ヘ長調
(F)
【3Bメロ】
→ 【3サビ】
→ 【後奏】

 | 変ホ長調
(E) |  | ヘ長調
(F) |  | 変ホ長調
(E)

涼宮ハルヒシリーズ(カテゴリ)
登場人物 | 

一覧 - ねこマン


メディア
展開 | 
漫画 | 

涼宮ハルヒの憂鬱(みずのまこと版 - ツガノガク版) - 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 - 長門有希ちゃんの消失 - 古泉一樹くんの陰謀 - にょろーん ちゅるやさん


アニメ | 

テレビアニメ - 劇場版アニメ - 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 - にょろーん☆ちゅるやさん - 長門有希ちゃんの消失


ラジオ | 

SOS団ラジオ支部(ラジオCD)- 長門有希ちゃんの消失 北高文芸部ラジオ支部


ゲーム | 

涼宮ハルヒの約束 - 涼宮ハルヒの戸惑 - 涼宮ハルヒの激動 - 涼宮ハルヒの並列 - 涼宮ハルヒの直列 - 涼宮ハルヒの追想 - 涼宮ハルヒちゃんの麻雀


ドラマCD | 

サウンドアラウンド


イベント | 

涼宮ハルヒの激奏 - 涼宮ハルヒの弦奏 - 涼宮ハルヒの獄音



楽曲 | 
シングル | 

冒険でしょでしょ? - ハレ晴レユカイ - 涼宮ハルヒの詰合 - キャラクターソング - 新キャラクターソング - 最強パレパレード - 世界が夢見るユメノナカ/最終未来を見せて! - いままでのあらすじ - にょろーん ちゅるやさん イメージソング - Super Driver - 止マレ! - 優しい忘却 - らくらく全手動空間/遊びの学びの静けさの - フレ降レミライ - 長門有希ちゃんの消失 キャラクターソング - ありがとう、だいすき - SIXTH SENSE ADVENTURE


アルバム | 

涼宮ハルヒの弦奏 - -Super Remix- Full-Mix - 涼宮ハルヒの記憶 - 涼宮ハルヒの記録 - 激動 ボーカルミニアルバム - 直列・並列 ボーカルミニアルバム - 消失 オリジナルサウンドトラック - Imaginary ENOZ featuring HARUHI - 涼宮ハルヒの完奏〜コンプリートサウンドトラック〜


映像作品 | 

涼宮ハルヒの激奏 - 涼宮ハルヒの弦奏



関連項目 | 
人物 | 

谷川流 - いとうのいぢ - ツガノガク - ぷよ - えれっと


その他 | 

角川スニーカー文庫 - ザ・スニーカー - 少年エース - ヤングエース - アルティマエース - 京都アニメーション - サテライト - プロジェクト レヴォリューション - ヴァイスシュヴァルツ - ヴァイスシュヴァルツ ポータブル




平野綾(カテゴリ)
シングル | 
オリジナル | 

1.Breakthrough - 2.冒険でしょでしょ? - 3.明日のプリズム - 4.LOVE★GUN - 5.NEOPHILIA - 6.MonStAR - 7.Unnamed world - 8.Set me free/Sing a Song! - 9.Super Driver - 10.Hysteric Barbie - 11.TOxxxIC- 12.Promise


コラボ | 

涙 NAMIDA ナミダ



アルバム | 
オリジナル | 

1.RIOT GIRL - 2.スピード☆スター - 3.vivid


コレクティブ | 

1.FRAGMENTS


ベスト | 

1.AYA MUSEUM



映像作品 | 
ミュージッククリップ | 

Music Clip Collection vol.1


ライブ映像 | 

1.1st LIVE 2008 - 2.2nd LIVE 2009 - 3.Special LIVE 2010 - 4.LIVE TOUR 2012


作品のライブ映像 | 

涼宮ハルヒの激奏 | 涼宮ハルヒの弦奏 | らき☆すた in 武道館 あなたのためだから



ユニット | 

Springs | ルーンエンジェル隊


キャラソン等 | 
天使のしっぽ関連 | 

天使のピクニック | 天使のしっぽ | 天使のしっぽ ラジオ体操〜ココロ体操[第一] | 天使のうたごえ vol.2 | 天使といつまでも。


涼宮ハルヒシリーズ関連 | 

ハレ晴レユカイ | 詰合 | キャラクターソング Vol.1 涼宮ハルヒ - 新キャラクターソング Vol.1 涼宮ハルヒ| 最強パレパレード | サウンドアラウンド | 世界が夢見るユメノナカ/最終未来を見せて! | いままでのあらすじ | 弦奏 | 記憶 | 記録 | 止マレ! | -Super Remix- Full-Mix | Imaginary ENOZ featuring HARUHI | らくらく全手動空間/遊びの学びの静けさの | フレ降レミライ | 長門有希ちゃんの消失Character Song Series”In Love”case5 涼宮ハルヒ | 完奏 | SIXTH SENSE ADVENTURE


らき☆すた関連 | 

もってけ!セーラーふく | ある日のカラオケボックス | コスって!オーマイハニー | キャラクターソング | ハマってサボっておーまいがっ! | BPM200 ROCK'N'ROLL SHOW | な・り・あ・が・り☆ | KACHIGUMI


絶対可憐チルドレン関連 | 

絶対love×love宣言!! | キャラクターCD | DATTE 大本命 | 早春賦 | level 7 | ☆Seventh★Heaven☆ | ULTIMATE SONGS | ALL THE BEST | STARRING COLLECTION


WHITE ALBUM関連 | 

WHITE ALBUM | 恋色空 | サウンドステージ | キャラクターソングBEST&サウンドトラック


聖痕のクェイサー関連 | 

Passionate squall | 恋のクェイサーマジック | Wishes Hypocrites


ぬらりひょんの孫関連 | 

Sparky☆Start | Symphonic☆Dream | Orange Smile | Departure | Brilliant☆Message


GALAXY ANGEL II関連 | 

GALAXY ANGEL II キャラクターファイル | GALAXY ANGEL II & I デュエットCD


Animelo Summer Live | 

Yells 〜It's a beautiful life〜 | RE:BRIDGE〜Return to oneself〜


キャラクターソング その他 | 

Identified | がくえんゆーとぴあ まなびストレート! キャラクターソング | あかね色に染まる坂 エ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/01/19 22:27

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ハレ晴レユカイ」の意味を投稿しよう
「ハレ晴レユカイ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ハレ晴レユカイスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ハレ晴レユカイ」のスレッドを作成する
ハレ晴レユカイの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail