このキーワード
友達に教える
URLをコピー

バットマンとは?

【バットマン】

【出版の情報】

【出版者】
DCコミックス
【初登場】
Detective Comics #27 (1939年5月)
【クリエイター】
ボブ・ケイン(デベロッパー)
ビル・フィンガー(コンセプト)
【作中の情報】

【本名】
ブルース・ウェイン
【所属チーム】
バットマン・ファミリー
ジャスティス・リーグ
ウェイン・エンタープライズ
アウトサイダーズ
バットマン・オブ・オール・ネイション
バットマン・インコーポレイテッド
【パートナー】
ロビン
バットガール
ジェームズ・ゴードン
キャットウーマン
スーパーマン
ワンダーウーマン
【著名な別名】
Matches Malone
Lefty Knox
Minuteman
【能力】

バットマン(: Batman)は、DCコミックスの出版するアメリカン・コミックスに登場する架空のスーパーヒーロー。及びコミック、映画、ドラマ、アニメ作品のタイトル。

目次

  • 1 概要
  • 2 登場人物
    • 2.1 ファミリー
    • 2.2 協力者
    • 2.3 敵対者
  • 3 漫画
    • 3.1 コミック
    • 3.2 クロスオーバー
    • 3.3 スピンオフ
    • 3.4 翻訳
  • 4 小説
  • 5 映画
    • 5.1 実写映画
    • 5.2 アニメ映画
  • 6 ドラマ
    • 6.1 主演ドラマ
    • 6.2 関連ドラマ
  • 7 アニメ
    • 7.1 主演アニメ
    • 7.2 ゲスト出演アニメ
    • 7.3 長編アニメ
  • 8 ゲーム
    • 8.1 アーカムシリーズ
    • 8.2 対戦型格闘ゲーム
  • 9 脚注
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

概要

アーティストのボブ・ケインと作家のビル・フィンガーによって創造され、1939年にナショナル・アライド(後のDCコミックス)が出版した1939年5月の"Detective Comics #27"で初登場した。

契約の問題でケインのみ原作者として報酬が支払われていたが、2015年9月にDCエンターテイメントはフィンガーがバットマンを創造した報酬を受け取ることを明らかにした。フィンガーの遺族とDCは交渉し、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』と『GOTHAM/ゴッサム』の第二シーズンの報酬を初めてバットマンの作成者として受け取った。コミックブックには「ビルフィンガーとボブ・ケインによって作成されたバットマン」と表記された。詳細はバットマン (架空の人物)を参照。

2014年には75周年を記念する動画が制作されている。"Batman: Strange Days" - YouTube

ここでは主にバットマンの関連作品について記述する。キャラクターの詳細はバットマン (架空の人物)を参照。

登場人物

キャラクターの設定は幾度か変更されている。特記がない限り、現在の設定を示している。

ファミリー

バットマン (Batman)
詳細は「バットマン (架空の人物)」を参照
主人公。
キャットウーマン (Catwoman)
詳細は「キャットウーマン」を参照
バットマンの相棒であり婚約者。
ロビン (Robin)
詳細は「ロビン (バットマン)」を参照
バットマンの相棒でディック・グレイソンジェイソン・トッドティム・ドレイクステファニー・ブラウンダミアン・ウェインが役割を受け継いでいる。
バットガール (Batgirl)
詳細は「バットガール」を参照
バーバラ・ゴードンカサンドラ・カインステファニー・ブラウンが役割を受け継いできた。現在はバーバラがバットガールに復帰している。
アルフレッド・ペニーワース (Alfred Pennyworth)
詳細は「アルフレッド・ペニーワース」を参照
ボブ・ケイン、ビル・フィンガー、ジェリー・ロビンソンによって創造され、“Batman“#16(1943年)で初登場した。
ブルース・ウェインの執事であり、両親の死後に彼を育てた。常に忠実な参謀として、バットマンの正体を知る一人であり、ブルースも彼を慕っている。
アラン・ネピア、マイケル・ガフマイケル・ケイン、シーン・パートウィー、ジェレミー・アイアンズが実写作品で演じた。

協力者

ジェームズ・ゴードン (James Gordon)
ボブ・ケイン、ビル・フィンガーによって創造され、“Batman“#27(1939年5月)で初登場した。
ゴッサム・シティの警察本部長。ゴッサムの犯罪と戦うためにバットマンと深く関係している。バットマンの活躍にはやや懐疑的だが、ゴッサムには彼が必要だと考えている。娘はバーバラ・ゴードン
パット・ヒングルゲイリー・オールドマンベンジャミン・マッケンジーJ・K・シモンズが実写作品で演じた。
ルーシャス・フォックス (Lucius Fox)
レン・ウェイン、ジョン・カルナンによって創造され、“Batman“#307(1979年)で初登場した。
ブルース・ウェインのビジネスマネージャーとしてウェイン・エンタープライズで働く。技術の専門家で、彼の雇用主の秘密を知っている。バットマンの兵器の資金調達だけでなく、必要な事業利益も回収する。息子はルーク・フォックス
モーガン・フリーマンクリス・チョークが実写作品で演じた。
エース・ザ・バットハウンド (Ace the Bat-Hound)
ビル・フィンガー、シェルドン・モードッフによって創造され、“Batman“#92(1955年6月)で初登場した。
バットマンが飼っている犬。犬種はジャーマンシェパード
バットカウ (Bat-Cow)
グラント・モリソン、クリス・バーナムによって創造され、“Batman Incorporated Vol.2“#1(2012年7月)で初登場した。
ある事件をきっかけにバットケイブで飼われ始めた牛。

敵対者

ジョーカー (The Joker)
詳細は「ジョーカー (バットマン)」を参照
ハーレイ・クイン (Harley Quinn)
詳細は「ハーレイ・クイン」を参照
ペンギン (The Penguin)
詳細は「ペンギン (バットマン)」を参照
リドラー (The Riddler)
詳細は「リドラー」を参照
トゥーフェイス (Two-Face)
詳細は「トゥーフェイス」を参照
ミスター・フリーズ (Mr.Freeze)
詳細は「ミスター・フリーズ」を参照
ポイズン・アイビー (Poison Ivy)
詳細は「ポイズン・アイビー」を参照
ベイン (Bane)
詳細は「ベイン」を参照
ラーズ・アル・グール (Ra's Al Ghul)
詳細は「ラーズ・アル・グール」を参照
スケアクロウ (Scarecrow)
詳細は「スケアクロウ (バットマン)」を参照
クレイフェイス (Clayface)
詳細は「クレイフェイス」を参照
デスストローク (Deathstroke)
詳細は「デスストローク」を参照
デッドショット (Deadshot)
詳細は「デッドショット」を参照
ファイアフライ(Firefly)
詳細は「ファイアフライ (バットマン)」を参照
キラークロック (Killer Croc)
詳細は「キラークロック」を参照
ゲリー・コンウェイとジーン・コーランによって創造され、“Detective Comics“#523(1983年2月) と“Batman“#357 (1983年3月) にカメオ出演 し、“Batman“#358 (1983年4月)で完全に登場した。
フロリダ州のスラム街で鰐の遺伝子を持って生まれる。そして、ウェイロン・ジョーンズは危険で動物的な犯罪者に成長する。彼と鰐の類似点の範囲は、単に皮膚の硬化した大柄な男性から鰐の擬人化まで大きく変化する。しばしば人食いの傾向が描写される。
ブラックマスク (Black Mask)
本名:ローマン・シオニス
ドッグ・モンクとトム・マンドリックに創造され、“Batman“#386(1985年8月)で初登場した。
父親は実業家で裕福な家庭に育つ。父親のチャールズ・シオニスはトーマス・ウェインとコネクションを結ぶ為に、ローマンにブルース・ウェインと友人になることを強制した。ローマンの両親は内心ではトーマスと妻のマーサを嫌っていたが、社会的地位を高める為に交流を続けていた。両親の偽善は彼に深い影響を与えた。
高校卒業後に父の所有する“Janus Cosmetics“(ヤヌス・コスメティックス)で重役の地位を与えられる。そこで、彼はキルケ(労働者階級秘書)と恋に落ちた。彼の両親はその関係を快く思わず、交際を止めるよう言った。激怒したローマンは彼の家族の邸宅を焼き払い、両親を殺した。彼は両親の財産とビジネスを受け継いだ。しかし、キルケは全てのスタッフの前でローマンと別れた。事業に失敗して会社を傾け、ブルース・ウェイン(ウェイン・エンタープライズの取締役)は、彼が業界を支配する事を諦めて、取締役会に任命する事を条件に会社の救済を申し出た。ローマンは合意したが、彼は自身の受けた屈辱に激怒した。
人生における失敗を責める者はおらず、彼は両親が葬られた墓地に侵入した。地下室に入り、父親の黒い檀を石で壊して粉砕された部分から、ローマンは新しいアイデンティティを象徴したマスクを刻んだ。彼は犯罪の支配者「ブラックマスク」になり、独自のマスクを被って自身の犯罪帝国を作り始める。
レッドフード (Red Hood)
詳細は「レッドフード」を参照
正体:不明
複数の犯罪組織が正体を隠すために作り上げた架空の人物。現在はジェイソン・トッドがレッドフードのアイデンティティを用いている。
“Detective Comics“#168(1951年2月)で初登場した。化学工場を強盗して1,000,000$を盗むつもりの工場の労働者で、彼の衣装は大きなドーム型の赤いヘルメットと赤いマントで構成されていた。レッドフードはバットマンに追い詰められて化学薬品のタンクに飛び込んだ。彼は化学薬品の中をヘルメットに内蔵されている特殊な呼吸装置で自由に泳いだ。化学薬品の影響で、永久的に白い肌、赤い唇、髪の緑に変化した。彼はジョーカーに変貌してバットマンの最大の敵になった。
“Batman:A Death in the Family“でロビンであったジェイソン・トッドが死亡した。しかし、“Batman:Under the Hood“でタリア・アル・グールによってラザラス・ピットを用いて蘇生され、新しいレッドフードになる。レッドフードは様々なギャングの制御を前提として、ブラックマスクの犯罪帝国に対して1人で戦争を開始する。彼は積極的に街の腐敗を浄化しようと違法な麻薬取引やギャングなどを暴力的でヒーローの資質に欠ける方法で鎮圧した。最終的にナイトウィングティム・ドレイク、オニキス、そしてグリーンアローなどバットマンを含む他のヒーローにも攻撃を初める。
ハッシュ (Hush)
正体:トーマス・エリオット
ジェフ・ローブとジム・リーによって創造され、トーマスとして“Batman“#609(2003年1月)、ハッシュとして“Batman“#619(2003年9月)に初登場した。
ブルース・ウェインの幼馴染で、裕福な家庭に生まれた。2人はしばしばストラテゴ(Stratego)で遊び、ブルースはトーマスに一度も勝てなかった。トーマスはブルースに「勝つためには、敵のように考えて、それらに対して自分の能力を使用する」と教えた。この考え方はブルースがしばしば利用するようになった。
幼い頃に自身を虐待する両親の殺害を企み、車のブレーキに細工を施して事故を起こしたが、医者だったトーマス・ウェインに母親を救われたことでブルースを恨む。ハーバード大学で成功を収め外科医になった後も、トーマスはブルースに非合理的な恨みを抱き続けていた。
癌と診断されたリドラーは、治療する為にラーズ・アル・グールのラザラス・ピットを用いた。この神秘的な治療から、彼は予想外のひらめきを経験し、ブルース・ウェインがバットマンだったことに気づいた。その後、リドラーは現金と引き換えに発見した秘密を販売しようとした。トーマスはリドラーの犯罪歴を見て、現金を支払う代わりにブルースを殺す事を申し出た。彼らはウェインに共通の憎悪を共有し、トーマスとリドラーはバットマンを倒す為に人員を集めた。この目的を達成するために、エリオットは「ハッシュ」のペルソナを作成した。彼の名前は「ハッシュ・リトル・ベイビー」から名付けられた。
バットマンを破壊する試みから、ジョーカー、ハーレークイン、トゥーフェイス、ポイズンアイビー、スケアクロウ、キラークロックとクレイフェイスを含むヴィランを自身の駒として操作する。バットマンに協力するスーパーマン、エンハントレス、キャットウーマンをポイズンアイビーのフェロモンで洗脳してバットマンと戦わせる。クレイフェイスの変身能力を使い、トーマスの死体を作りジョーカーがトーマスを殺害したように見せかけ、死んだジェイソン・トッドのデコイを作り、バットマンのトラウマを刺激する。
アズラエル (Azrael)
本名:ジャン・ポール・ヴァレー・ジュニア
デニー・オニールとジョー・ケサーダによって創造され、アズラエルとして“Batman: Sword of Azrael“#1(1992年10月)、バットマンとして“Batman “#489(1993年2月)に初登場した。
不吉で宗教的な秘密結社“The Sacred Order of Saint Dumas“(聖デュマ教団)の暗殺者。父親のジャン・ポール・ヴァレー・シニアの死により、アズラエルの役割を引き継いだ。彼は深いレベルで洗脳されている。普段はゴッサムシティのコンピューターサイエンスの大学院生。父親の死の真相を調査していた際に、バットマンと出会う。
"Knightfall"、"Knightquest"、"KnightsEnd"でバットマンの役割を引き継いだ。"Knightfall"でバットマンはベインに背骨を折られて、アズラエルを後継者に指名した。"Knightquest"でアズラエルはベインを倒すが、残忍になり、犯罪者を殺す事を厭わなくなる。"KnightsEnd"でアズラエルは背骨を治療したブルース・ウェインに倒され、ブルースはバットマンの活動を再開する。彼は1993年から1994年までバットマンを務めた。名前の由来はイスラム教における死を司る天使アズラーイール
キラーモス (Killer Moth)
本名:バン・クリア
ビル・フィンガー、ディック・スプラング、ルー・シュワルツによって創造され、“Batman“#63(1951年2月)に初登場した。
キラーモスはオレンジ色のケープや蛾のようなマスクで、紫と緑のストライプの派手なコスチュームを身に着けていた。
キラーモスは刑務所で番号234026として識別される囚人だった。刑務所でバットマンに関する新聞記事を読んで“anti-Batman“として自分自身を売り込む事に決める。そして、彼らが警察による逮捕を避ける為に、ゴッサムシティの犯人に自分自身を雇わせる。彼の解放と同時に、彼は犯罪の収入をモスケイブを造るために使う。それは、彼が読んだ新聞記事で見たケイブの写真に習って作っている。
キラーモスは慈善家のキャメロン・バン・クリアのアイデンティティを確立する。このアイデンティティで、彼はブルース・ウェインの友人になる。
“Detective Comics“#173(1951年7月)でブルース・ウェインの正体を知るが、他の犯罪者によって撃たれる。そして、頭蓋骨の怪我により記憶喪失が起きて正体を忘れた。キラーモスは“Detective Comics“#359まで、定期的に登場するバットマンのヴィランだった。
マッドハッター (Mad Hatter)
正体:ジャービス・テッチ
ビル・フィンガー、ルーセイヤー・シュワルツによって創造され、“Batman“#49(1948年10月)に初登場した。
ジャービス・テッチは全ての帽子、ルイス・キャロルの小説である不思議の国のアリス鏡の国のアリスに魅了され、特に「マッドティーパーティー」の章を好む。
マッドハッターは技術を発明する科学者として描かれており、人の心を操るデバイスで犠牲者の心を操作する。そのデバイスを収容するために、彼は通常より少し大きい緑色の帽子を被っている。
他のバットマンのヴィランのように、マッドハッターは元々かなり気まぐれな方法で描かれており、長年の連載で暗いキャラクターに変化した。
マンバット (Man-Bat)
正体:カーク・ラングストーム
フランク・ロビンスとニール・アダムスによって創造され、“Detective Comics“#400(1970年6月)に初登場した。マンバットは1975年から1976年に自身の名を冠したシリーズの主役だった。
動物学者の研究に特化し、人間に蝙蝠の反響定位の感覚を与える薬品を作り、聴覚障害者である自分自身でテストする。血清の効果には副作用があり、人間を蝙蝠に変化させた。血清は知性を奪う為、凶暴化して暴れまわっていた。
彼の妻、フランシーヌ・ラングストームも薬品を飲んで蝙蝠になる。いくつかの場面では、ラングストームは薬品を飲んでも十分な知性を保持している。
カークとフランシーヌには、娘のベッキーと息子のアーロンがいる。血清はアーロンのDNAに影響を与えたため、彼は致命的な病気を持って生まれた。フランシーヌは彼の命を救うためにマンバットに変化させる。
ソロモン・グランディ (Solomon Grundy)
正体:サイラス・ゴールド
アルフレッド・ベスターとポール・レインマンによって創造され、“All-American Comics“#61(1944年10月)で初登場した。
19世紀後半にサイラス・ゴールドという名前の裕福な商人が殺害されて、死体はゴッサムシティの沼に処分される。五十年後、死体は数十年に渡って体の周りに蓄積された湿地の物質で構成される巨大な姿で蘇った。過去のほとんどの記憶を失い、彼が思い出す事のできる一つは「月曜日に生まれた」という言葉だった。ホーボーキャンプで彼の名前を尋ねた男性の一人はマザーグースの童謡に言及して、ソロモングランディ(月曜日に生まれた)だと指摘した。そして、ゴールドはその名前を採用した。
グランディはグリーンランタンのヴィランとして導入されたが、彼はスーパーマンとバットマンの著名なヴィランになった。彼の名前は19世紀の童話から名付けられた。
ベントリロクエスト (Ventriloquist)
正体:アーノルド・ウェスカー
アラン・グラント、ジョン・ワグナー、ノーム・ブレイフォーグルによって創造され、“Detective Comics“#583(1988年2月)に初登場した。
アーノルド・ウェスカーは多重人格の腹話術師。大人しい穏やかな男性。ピンストライプのスーツ、葉巻とトミーガンを完備した1920年代のギャングのペルソナとスカーフェイスという人形の人格を通して犯罪を実行する。人形の名前はアル・カポネのニックネームから名付けられた。
強力なマフィアのファミリーに生まれる。ウェスカーは彼の両親が敵対するファミリーによって暗殺されるのを見て、解離性同一性障害を発症する。両親の死を目撃したショックは、ウェスカーの全ての感情を抑制することを余儀なくした。彼は長年にわたって怒りや敵意をため続けた。
抑制された怒りをバーで激しく発散した間に人を殺し、ウェスカーはブラックゲート刑務所に投獄される。同房者のドネガンは前の絞首台から刻んで人形を作る。そして、その人形からスカーフェイスの人格が誕生し、ドネガンは逃げ出し、スカーフェイスはウェスカーにドネガンを殺すことを提案する。ウェスカーは「ベントリロクエスト」になり、人形を通して人を殺す殺人鬼になる。
ミスター・ザーズ (Mr. Zsasz)
正体:ヴィクター・ザーズ
アラン・グラントとノーム・ブレイフォーグルによって創造され、“Batman: Shadow of the Bat“#1(1992年4月)に初登場した。
シリアルキラーであり、殺した被害者の数だけ自分の身体にナイフでタリーマークを刻む。
ビクター・ザーズは国際的な企業の重役であり、25歳の時に両親がボートの事故で死亡した事で、家族の富に加えて膨大な財産を蓄積していた。彼はギャンブラーになり、世界中の大会で金を失った。ある夜、彼はペンギンのアイスバーグ・ラウンジとして知られているカジノで、自身が所有している全てを賭け、それらを全て失ってしまった。その後、ゴッサムの橋から飛び降り自殺をしようとした時に、ホームレスの男性に金を要求される。彼は金を与えることを拒否した所、ホームレスの男性はナイフで彼を脅した。本能的にナイフをつかんだザーズは、全ての人生は無意味であり、誰もが重要ではない事を悟った。その後、彼の人生を守るための"贈り物"として、人を殺して前に進んだ。その時から、彼は自分を無意味な存在から解放するために、他人に自分自身を捧げている。彼は殺人事件に対して何も良心の呵責を感じていない。彼は犠牲者の喉を切り裂き、自分自身に必ずタリーマークを刻み付ける。彼は精神異常者と診断されて、バットマンのルールによりアーカム・アサイラムに定期的に投獄される。そして、殺害を続けられる機会に脱走する。

漫画

ディテクティブ・コミックス(Detective Comics)
1937年に創刊された月刊誌。1939年にバットマンは初登場した。2011年に881号で終了。2011年からvol. 2がスタート。
バットマン (コミック)(Batman (comic book))
(vol. 1) 1940年~2011年 全715号
(vol. 2) 2011年~2016年 全57号
(vol. 3) 2016年~

コミック

Batman: Year One(バットマン: イヤーワン)
1987年の“Batman“#404-407に掲載された。
Batman: The Dark Knight Returns(バットマン: ダークナイト・リターンズ)
1986年に出版されたフランク・ミラーによるミニシリーズ。
Batman: War on Crime(バットマン: ウォー・オン・クライム)
1999年に出版されたワンショット。脚本ポール・ディニ、作画アレックス・ロスによる「犯罪の連鎖」を題材にした作品。
Batman: The Dark Knight Strikes Again(バットマン: ダークナイト・ストライクス・アゲイン)
2001年に出版されたミニシリーズ。『バットマン: ダークナイト・リターンズ』の続編。
Batman: The Dark Knight Master Race(バットマン: ダークナイト・マスター・レース)
2015年に出版されたミニシリーズ。『バットマン: ダークナイト・ストライクス・アゲイン』の続編。
Superfriends Part.1, Part.2
2018年2月の"Batman vol.3 #36-#37"に掲載された、バットマンとキャットウーマン、スーパーマンとロイス・レインのダブルデートを描いたエピソード。

クロスオーバー

Crisis on Infinite Earths(クライシス・オン・インフィニット・アース)
1985年に出版されたアンチモニターとの戦いを描いたクロスオーバー。
Infinite Crisis(インフィニット・クライシス)
2005年に出版されたアレクサンダー・ルーサーとの戦いを描いたクロスオーバー。
Final Crisis(ファイナル・クライシス)
2008年に出版されたダークサイドとの戦いを描いたクロスオーバー。

スピンオフ

Batman '66
1966年のドラマ『バットマン』でバットマンを演じたアダム・ウェストとコミックの設定を組み合わせたシリーズ。
バットマン (1966)
桑田次郎による作品。『週刊少年キング』と『少年画報』(共に少年画報社刊)にて連載。海外ではBat-Manga!として出版された。
BATMAN CHILD OF DREAMS
麻宮騎亜による作品。『月刊マガジンZ』(講談社刊)にて連載。単行本は全2巻(講談社刊)。DCコミックスと正式に契約したもので英語版も出版された。
BATMAN DEATH MASK
夏目義徳による作品。ソフトバンククリエイティブ刊。
バットマンアンドジャスティスリーグ
手代木史織による作品。『チャンピオンRED』(秋田書店刊)にて連載。
ニンジャバットマン
久正人による作品。『月刊ヒーローズ』(小学館クリエイティブ刊)にて連載。

翻訳

近代映画社刊。80年代まで代表的なエピソードを収録。
ジャパンミックス刊。『Legends of the Dark Knight』を下にした英会話教材。
ビクターエンタテインメント刊。『プレデター』とのクロスオーバー。
小学館プロダクション刊。マーベル・コミックパニッシャーと競演した。
小学館プロダクション刊。誕生秘話のリメイクを収録。スーパーマンの誕生秘話『マン・オブ・スティール』は全て収録。1、2には『イヤーワン』、3には『イヤーツー』前半部のみ収録。
メディアワークス刊。スポーンとの競演した。キャラクター紹介の「シークレットファイル」収録。
小学館プロダクション刊。
小学館プロダクション刊。多数のアーティストが参加して、モノクロで製作された。日本からは大友克洋が参加した。
小学館プロダクション刊。ヘルボーイとの競演、マイク・ミニョーラの手がけたバットマンを二編収録した。
小学館プロダクション刊。アーカムを舞台にした。
小学館プロダクション刊。『キングダム・カム
小学館プロダクション刊。アニメ版のコミックブック。ハーレイ・クインが主役の表題作とクリスマスエピソード集。
小学館プロダクション刊。同タイトルの続編。
ジャイブ刊。
ジャイブ刊。
ジャイブ刊。バットマン (アニメ)のコミックブック。ラーズ・アル・グールのエピソードを収録。
ジャイブ刊。『ダークナイト・リターンズ』の続編。
ジャイブ刊。
ジャイブ刊。
小学館プロダクション刊。バットマンの解説本。キャラクターの歴史などが載っている。
ヴィレッジブックス刊。『イヤーワン』の続編として製作された。マフィアの連続殺人事件を扱っている。トゥー・フェイスの誕生秘話のリメイクでもある。
小学館集英社プロダクション刊。エルスワールド物『ダークナイト・リターンズ』と『ダークナイト・ストライクス・アゲイン』の合本。
ヴィレッジブックス刊。『イヤーワン』と『イヤーツー』を収録。
小学館集英社プロダクション刊。『キリングジョーク』の全ページを再びカラーリングして収録した。
小学館集英社プロダクション刊。『スーパーマン:ザ・ラスト・エピソード』(ISBN 978-4-7968-7070-2)と同時発売。
ヴィレッジブックス刊。『ロング・ハロウィーン』の続編。
小学館集英社プロダクション刊。『マッドラブ』と『ハーレイ&アイビー』を収録。
小学館集英社プロダクション刊。ジョーカーの誕生秘話。
小学館集英社プロダクション刊。『ラバーズ&マッドメン』と同時発売。
小学館集英社プロダクション刊。ディケンズクリスマス・キャロルを題材としている。
小学館集英社プロダクション刊。『バットマン:ウォー・オン・クライム』を再録。
小学館集英社プロダクション刊。バットマンの息子であるダミアンが登場する。初登場した『バットマン:テイルズ・オブ・デーモン』も収録した。
小学館集英社プロダクション刊。『アンド・サン』の続編。死亡していたラーズ・アル・グールが復活する。
小学館集英社プロダクション刊。『ラーズ・アル・グールの復活』の続編。『黒の事件簿』の前半も収録。
小学館集英社プロダクション刊。『アンド・サン』から続く“バットマン・サーガ”の第一部の完結編。『黒の事件簿』の後半を収録。
小学館集英社プロダクション刊。『ダーク・ビクトリー』で失踪していたキャットウーマンの動向を描く。
ヴィレッジブックス刊。『ダークナイト・リターンズ』の前日談。フランク・ミラーとジム・リーのコンビが、バットマンとロビンがダイナミック・デュオになったかを描く。
小学館集英社プロダクション刊。『ライジング』公開に合わせ発売された。ベインの誕生秘話。
小学館集英社プロダクション刊。バットマンとジョーカーが初めて出会う。初代グリーンランタンとの競演作も収録。
ヴィレッジブックス刊。『フラッシュポイント』におけるバットマンとジョーカーの死闘を描く。その他『フラッシュポイント』のクロスオーバータイトルを2作収録。
小学館集英社プロダクション刊。ロビンが死ぬ衝撃作。新しいロビンが登場する『ロンリー・プレイス・オブ・ダイイング』も収録。
小学館集英社プロダクション刊。
小学館集英社プロダクション刊。秘密結社「梟の法廷」との最終決戦を描く。
小学館集英社プロダクション刊。『梟の街』の裏側で起きた戦いを収録したクロスオーバー作品。
小学館集英社プロダクション刊。
小学館集英社プロダクション刊。『HUSH』全話収録に加え、巻末に設定資料・スケッチ集を付記。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/14 10:31

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「バットマン」の意味を投稿しよう
「バットマン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

バットマンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「バットマン」のスレッドを作成する
バットマンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail