このキーワード
友達に教える
URLをコピー

バドミントンとは?

【統括団体】
世界バドミントン連盟
【通称】
バド
【起源】
17世紀
【特徴】

【身体接触】

【選手数】
1人または2人
【男女混合】

【カテゴリ】
屋内競技
【ボール】
シャトル(シャトルコック)
【オリンピック】
1992年-
バドミントンのコート
  • 奥行き:13.4m
  • 幅:6.1m(ダブルス)、5.18m(シングルス)
  • ネットの高さ:ネットポストの部分で1.55m、中央部で1.524m
  • バドミントンが登場する、1854年に描かれた漫画

    バドミントン(: badminton 英語発音: [ˈbædmɪntən])は、ネットを隔て二つに分けられたコートの両側にプレーヤーが位置し、シャトル(シャトルコック)をラケットを使って打ち合い、得点を競うスポーツである。誤って「バミントン」と呼ばれることが多いが、正しくは「バドミントン (badminton)」である。また、打球は最速初速493km/hであり、最速のスポーツとしてギネスブックに認定されている。羽球と称する場合もある。

    目次

    • 1 特徴
    • 2 ルール
      • 2.1 試合の進行
      • 2.2 サービス
      • 2.3 コート
      • 2.4 サービス時の位置
      • 2.5 インターバル
      • 2.6 審判
    • 3 用具
      • 3.1 シャトル(シャトルコック)
        • 3.1.1 規格・規定
        • 3.1.2 ナイロン製シャトル
      • 3.2 ラケット
        • 3.2.1 フレーム
        • 3.2.2 ストリング(ガット)
        • 3.2.3 ハンドル(グリップ)
          • 3.2.3.1 オーバーグリップ
      • 3.3 ウェア(ユニフォーム)
      • 3.4 シューズ
    • 4 技術
    • 5 歴史
      • 5.1 バドミントンの誕生
      • 5.2 各国での普及
        • 5.2.1 日本
      • 5.3 近年のバドミントン
      • 5.4 各国の大会
        • 5.4.1 日本
    • 6 脚注
      • 6.1 出典
    • 7 バドミントンがテーマの主な作品:漫画
    • 8 派生競技
    • 9 関連項目
    • 10 外部リンク
      • 10.1 団体
      • 10.2 ルールなど
      • 10.3 その他

    特徴

    ルール

    バドミントンのコートと各線の名称

    試合の進行

    サービス

    コート

    サービス時の位置

    シングルス
    ダブルス

    インターバル

    審判

    〜主審〜 基本的にコールやinかoutの判断をする。 サービスの場合『サービスオーバー』とコールする。 〜線審〜 inかoutの判断をする。 inの場合は真っ直ぐ手をあげるが、outの場合は手を両手に広げて大きい声でoutと言う。

    用具

    バドミントンで使用される用具は以下の通りである。特に断りがない限り、競技用のものについて述べる。

    シャトル(シャトルコック)

    バドミントンのシャトル

    「羽(羽根)」または「シャトル」と呼ばれることが多い。シャトルコックという名前は以前(コック)の羽で作られていたころの名残である。現在は試合球、練習球においても鶏の羽根のシャトルはほとんど使われていない。競技規則には、シャトルコックではなく、シャトルと記載されている。

    規格・規定

    ナイロン製シャトル

    1980年代日本では、中学生の大会等で費用の問題からナイロンシャトルが公式採用されていたが、打球感などが羽毛球と異なり軽いことや、いずれ世界を目指すジュニア選手は、早くから羽毛球に慣れ親しんだ方が育成につながること、また、最近では安価の羽毛球も多く販売されていることから、現在は試合でも練習でもほとんど使われていない。しかし、寒冷地などでは検定より温度が下がるため使用されている。

    ただし、前述の鳥インフルエンザ等の影響から、数十年後には水鳥の羽根の安定した供給が望めなくなることが示唆されており、また高価なシャトルの使用が新規プレイヤー獲得の妨げとなっているという意見もあることから、将来的にナイロンなどの人工素材シャトルを公式球として使用することになる可能性がある。

    ナイロン製は羽毛球に比べ、減速度合いが低い(飛び過ぎる)傾向があり、羽毛球と比べ若干の放物線の違いがある。誕生から数十年経過しており、長年の製造技術・開発力で羽毛球に類似させることは可能と思われるが、ナイロン製への移行が進んでいないのが現状である。

    ヨネックスでは安価で耐久性の高いナイロン製をスマッシュの打ち込みなど消耗しやすい用途に使うなど、特性を活かした練習メニューを公開している。

    ラケット

    バドミントンのラケットは、テニススカッシュのそれと同じように、フレームにストリング(ガット)を張ったフェースと呼ばれる部分で球を打つ構造となっている。以前はフレーム部分が木製でたいへん重く、木材の歪みを防止するために、使用後は専用の器具で固定しておかなければならなかった。ストリングには動物の内臓など(通常ヒツジの腸、ストリングの別名のガット(英語で内臓の意)の語源でもある)が使われていた。今日では技術の進歩により、以下のようになっている。

    フレーム

    ストリング(ガット)

    ハンドル(グリップ)

    オーバーグリップ

    オーバーグリップは、大別してポリウレタン製のものとタオル地のものとに大別される。

    ポリウレタン製
    よく延びるため太さの調節もしやすく、糊などは使わずにテープ一枚で固定できることから取替えも手軽であるため、多くのプレーヤーが使用している。中にはフィット感を高めるために、ウレタンの凸凹がついている物もある。
    タオル地
    表面がタオル上の布の裏に両面テープがついており、それをハンドル部分に貼り付けて使用する。汗をよく吸うため、手のひらに汗をよくかく人が好んで使う。また使っているうちに、タオルが手の形になじんでくる点も好まれている。ただし使っているうちに硬くなるので、耐久性の面ではポリウレタン製に劣るが、グリップパウダーを使用すると改善されることが多い。

    ウェア(ユニフォーム)

    バドミントン競技は、動きが激しく、また、それにより多くの発汗を伴うため、伸縮性・吸湿性・速乾性・防臭性などが優れた高機能素材のウェアが好まれ、選ばれている。

    ウエアの色や柄に制限はない。以前は白地でなければならない等のルールがあったため、非常に地味でファッション性の乏しいウェアが多かったが、規制が緩和されたことでカラフルなウェアを使用でき、使用している選手も多くいる。ただし、日本国内の公式大会では日本バドミントン協会の検定審査合格品を着用することとされている。

    2000年代初頭まではショートパンツは前ファスナー付きのものが多かったが、現在はジャージ形式のものが主流である。

    ウエア前面には1行の文字列(チーム名またはスポンサー名のいずれか)と番号の表示(背番号と同一とすること)が認められている。

    ウエア背面には3行までの文字列の表示が認められており、プレイヤー名、チーム名、スポンサー名、都道府県名を表示できるが、これらは項目ごとに別の行に表示しなければならず同一行に異なる項目を並べてはならない。背番号(2桁以内)は文字列の中央下に表示しなければならない。

    各行の文字列はウエアの前面・背面ともに高さ6~10 cm、横30cm以内でなければならない。

    ウエアの左右襟、左右袖、前面(計5か所)のいずれか3か所にはスポンサーロゴ、チーム名、プレーヤー名を1個ずつ表示することができる(メーカーロゴはその数に含まれない)。

    シューズ

    バドミントンはストップ&ダッシュの連続でフットワークの技術も特殊であるため、ほとんどの場合で専用の屋内用シューズを使用する。特に踵の部分のショック吸収性と、左右の動きで生じるズレやつぶれ等に対する強さに重点を置いているものが多い。特徴として他のスニーカーに見られない「シャンク」という合成樹脂製のパーツがソールに埋め込まれており、一般的な靴で言われる「反り」(かえり)が良くなる様に設計されておりソールを見ただけで、それと判る。

    技術

    バドミントンにおいて必要な技術は、ラケットでシャトルを打つ技術(ラケットワーク)と、無駄の無い動きで素早く追いつくための技術(フットワーク)である。詳細はバドミントンの技術を参照。

    歴史

    バドミントンの誕生

    諸説あるものの、最も有力とされている説は次の通り。元々はイギリス植民地時代のインドプーナ1820年代に行われていた、皮の球をラケットでネット越しに打ち合う「プーナ」(Poona)という遊びを、インド帰りのイギリス人兵士(イギリス人とインド人の混血とも言われる)が1873年に本国に伝えたのが始まりとされる。その兵士は、プーナを紹介するためにシャンパン羽根を刺したものを用い、それをテニスラケットで打って見せたという。紹介されたのがイギリスのグロスタシャーバドミントン荘という邸宅であったため、バドミントンという名称がついた(ただし、1870年代にはかなり進んだバドミントンルールが存在したことなどから、この起源説に対し、疑問を持つ者も少なくない。スポーツの起源というものは往々にして脚色されがちである)。いずれにせよ、現在の国際的流行の下地を作ったのはイギリスである。

    イギリスにはバトルドア・アンド・シャトルコックという、シャトルコックに似た球を打ち合う遊びが、プーナ伝来よりも前から伝わっている。その競技の性質や、名前などから、バトルドア・アンド・シャトルコックが次第にバドミントンへと変化していったという説も信憑性が高い。初期のバドミントンはバドミントン・バトルドアと称していることも、この説を裏づける。ともあれ、1860年代-1870年代ごろに誕生したらしいバドミントンは次第にイギリス中に普及していった。

    その後ルール統一の必要性から、1893年イギリスにバドミントン協会が誕生。プレーする人数や、コートの広さ、マッチまでの得点などが様々だったが、これ以後、ルールの統一が進んでいく。当時のバドミントンは、バックバウンダリーラインから、ネットに向けて狭くなっていく、バスケットボールのフリースローレーンのような形のコートを2つ合わせたような形であった。これは、バドミントン荘がそのような形状であったから、というのが定説である。日本に古くから伝わる羽根突きとの関連は不明。

    1899年にはロンドンで第一回全英オープンが行われ、1921年カナダ1930年デンマークオランダフランスにバドミントン協会が設立され、そして1934年世界バドミントン連盟が誕生した。

    1972年ミュンヘンオリンピックにて公開競技として行われた後、その次のモントリオールオリンピックから正式競技になるとの観測があったが、中国が脱退するなどして国際バドミントン連盟が分裂する事態が起こり、立ち消えとなったことがある。

    オリンピックの方が注目されがちだが、オリンピックや世界選手権よりも上記の全英オープン、国別対抗団体戦のトマス杯ユーバー杯の方が長い歴史と伝統を誇る。

    各国での普及

    イギリスから世界に広まった競技であるため旧植民地(イギリス連邦)で普及しており、コモンウェルスゲームズにも含まれている。このほかにもデンマークオランダ、その旧植民地でも行われており、植民地が多い東南アジアでは人気が高い。特にオランダ領だったインドネシアでは国技であり、オリンピックで獲得したメダルの半分以上がバドミントンによるものである。日本、中国、韓国など1950年代から競技が本格化した国からもトップ選手が誕生しており、アジアでは人気スポーツとなっている。一方、イギリスを含む欧米ではデンマークとオランダ以外では人気が低迷し選手層が薄く、2016年リオデジャネイロオリンピック開幕時点での女子シングルス世界ランキングの上位25位以内に非アジア国籍の選手は4人(1人は香港出身)という状況であるなど、近年の国際大会ではイギリス、デンマーク、オランダ、スペイン以外はアジア勢が上位を占めている。

    日本

    日本では1921年、横浜YMCAの体育主事をしていた広田兼敏名誉主事のアメリカ人スネードから用具一式を寄贈されたことが始まりとされている。広田はその後、在日欧米人よりバドミントンについて学び、1933年に横浜YMCAの体育活動に取り入れ、1937年にはバドミントンクラブを設置したと言われる。

    その後、第二次世界大戦のために普及活動は停滞するが、1946年、終戦後早々と各地のYMCAなどのクラブチームはバドミントンを再開した。同年、11月2日、日本バドミントン協会が設立される。1948年、第1回全日本総合バドミントン選手権大会開催、日本体育協会に参加。1949年、第四回国民体育大会の競技種目となり、1950年第一回全日本学生バドミントン選手権開催、1951年第1回全国高等学校体育大会バドミントン競技大会開催、第1回実業団バドミントン選手権開催、1952年国際バドミントン連盟加盟し、急速にバドミントンは普及する。

    1954年男子チームが初の国際大会となる第3回トマス杯大会アジア地区予選に出場した。女子チームは湯木博恵などを中心に1965年-1966年1968年-1969年1971年-1972年1977年-1978年1980年-1981年に、最も権威ある国際大会の一つであるユーバー杯で優勝するという快挙を成し遂げた。また、公開競技として行われた1972年ミュンヘンオリンピックにおいて女子シングルスに出場した中山紀子が金メダル、湯木博恵が銅メダルを獲得。さらに1988年ソウルオリンピックにおいて女子シングルスに出場した北田スミ子、男子ダブルスに出場した松野修二松浦進二ペアが銅メダルを獲得している。

    1992年バルセロナオリンピックにて正式種目として採用されてからはしばらくメダルを獲得出来なかったが、2008年北京オリンピックで女子ダブルスに出場した末綱聡子前田美順ペア(スエマエ)がベスト4入りを果たすと、2012年ロンドンオリンピックで同種目に出場した藤井瑞希垣岩令佳ペア(フジカキ)が銀メダルを獲得。そして、2016年リオデジャネイロオリンピック高橋礼華松友美佐紀ペア(タカマツ)がオリンピックで日本初の金メダルを獲得した。

    社会人の大会としてはバドミントンS/Jリーグがある。

    近年のバドミントン

    1972年ミュンヘンオリンピック1988年ソウルオリンピックでは、公開競技として行われた。1992年バルセロナオリンピックより正式競技種目として採用された(混合ダブルスは1996年のアトランタ大会から)。国際バドミントン連盟(IBF)は、オリンピック種目として生き残ることを視野に、2000年から 7点5ゲーム・サイドアウト制の試行を始めた。この得点システムは2002年6月に見直され、元の15点(女子シングルスは11点)3ゲーム・サイドアウト制に戻された。2003年3月に、イングランドの呼びかけで開かれた IBF臨時総会では、9点5ゲーム制、女子種目と混合ダブルスの11点3ゲーム制(いずれもサイドアウト制)などが検討されたが、再び旧ルールに戻る結末を迎えた。2005年は、IBFの提案により、ラリーポイント制について、実験的採用が行われた年となった。2006年5月6日、トマス杯ユーバー杯開催中の日本の東京で開かれた IBF年次総会において、21点ラリーポイント制の得点システムが加盟各国理事に満場一致で支持され、IBF の世界ランキング大会は、これで行われることが正式に決定した。

    2006年9月、国際バドミントン連盟は、世界選手権開催中のスペインのマドリードで開かれた臨時総会において、名称を 世界バドミントン連盟(Badminton World Federation)に変更することを決め、発表した。

    屋内競技ではあるがシャトルは非常に軽いため、バレーボールなどでは無視できる空調の弱い風や室温にも影響を受ける。このためプロ選手は競技会場の大きさや吹き出し口からの距離、設定温度による変化を把握するため、事前に入念なチェックを行うようになった。


    各国の大会

    日本

    脚注

    出典

    1. ^ クレイグ・グレンディ 著『ギネス世界記録2015』(角川アスキー総合研究所)参照
    2. ^ [1]
    3. ^ [2]
    4. ^ 日本バドミントン協会、世界バドミントン連盟の競技規則を参照。
    5. ^ 水鳥シャトルコック・ナイロンシャトルコック併用練習マニュアル - ヨネックス
    6. ^ 公益財団法人日本バドミントン協会『観戦&プレーで役に立つ! バドミントンのルール 審判の基本』実業之日本社、2016年、23頁
    7. ^ 公益財団法人日本バドミントン協会『観戦&プレーで役に立つ! バドミントンのルール 審判の基本』実業之日本社、2016年、25頁
    8. ^ 『「先生なぜですか」ネット型球技編 0のことをなぜラブと呼ぶの?』(稲垣正浩・他=編著、大修館書店)※バドミントンの項目は奈良重幸=著
    9. ^ バド奥原希望、空調から流れる風を入念に確認 - アジア大会 - スポーツ : 日刊スポーツ

    バドミントンがテーマの主な作品:漫画

    派生競技

    関連項目

    出典:wikipedia
    2019/11/22 08:46

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「バドミントン」の意味を投稿しよう
    「バドミントン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    バドミントンスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「バドミントン」のスレッドを作成する
    バドミントンの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail