このキーワード
友達に教える
URLをコピー

パウロ・オルランドとは?

【基本情報】

【国籍】
ブラジル
【出身地】
サンパウロ州サンパウロ
【生年月日】
(1985-11-01) 1985年11月1日(34歳)
【身長
体重】
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
外野手
【プロ入り】
2005年 アマチュアFA
【初出場】
2015年4月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
ブラジル
WBC
2013年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


パウロ・ロベルト・オルランド(Paulo Roberto Orlando, 1985年11月1日 - )は、ブラジル連邦サンパウロ州サンパウロ出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。

経歴

プロ入り前

高校時代まで短距離のブラジル代表として活躍していた。

プロ入りとホワイトソックス傘下時代

2005年1月21日にシカゴ・ホワイトソックスと契約してプロ入り。

2006年に傘下のA級カナポリス・インティミディターズでプロデビュー。116試合に出場して打率.262、6本塁打、31打点、29盗塁を記録した。

2007年はA+級ウィンストン・セイラム・ワースホッグスでプレーし、102試合に出場して打率.253、8本塁打、34打点、20盗塁を記録した。

2008年もA+級ウィンストン・セイラムでプレーし、112試合に出場して打率.261、12本塁打、51打点、29盗塁を記録した。

ロイヤルズ時代

2008年8月9日にホラシオ・ラミレスとのトレードで、カンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した。移籍後は傘下のA+級ウィルミントン・ブルーロックスでプレーし、18試合に出場して打率.254、3本塁打、9打点、1盗塁を記録した。

2009年もA+級ウィルミントンでプレーし、101試合に出場して打率.261、2本塁打、34打点、20盗塁を記録した。

2010年はAA級ノースウエストアーカンソー・ナチュラルズでプレーし、121試合に出場して打率.305、13本塁打、64打点、25盗塁を記録した。

2011年はまずAAA級オマハ・ストームチェイサーズで58試合に出場したが、打率.235、1本塁打、27打点、6盗塁と結果を残せず、7月にAA級ノースウエストアーカンソーへ降格した。同球団では45試合に出場して打率.305、4本塁打、24打点、8盗塁を記録した。

2012年はAA級ノースウエストアーカンソーでプレーし、116試合に出場して打率.279、6本塁打、40打点、21盗塁を記録した。

オフに第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)予選のブラジル代表に選出された。

2013年開幕前の3月に開催された第3回WBC本戦のブラジル代表に選出された。

シーズンではAAA級オマハでプレーし、92試合に出場して打率.276、5本塁打、46打点、8盗塁を記録した。

2014年もAAA級オマハでプレーし、136試合に出場して打率.301、6本塁打、63打点、34盗塁を記録した。オフの11月3日にロイヤルズとメジャー契約を結び、40人枠入りした。

2015年は初めて開幕25人のロースター入りを果たすと4月10日のホワイトソックス戦に「8番・左翼手」で先発出場し、ブラジル人史上3人目のメジャーデビュー(野手ではヤン・ゴームズに次いで2人目)を果たした。第二打席にジョン・ダンクスから三塁打を放ちメジャー初安打を記録した。この年は控え外野手としてコンスタントに出番を得て、86試合で打率.249、7本塁打、27打点、3盗塁という成績を残した。なお、四球が極端に少なく5つだけであり、出塁率は打率より.020高いだけだった。守備面では45試合で右翼手、37試合で左翼、5試合で中堅手を守り、計4つの失策を犯したものの、全ポジションでプラスのDRSを記録、トータルでは+8を記録した。

2016年は右翼のレギュラーに抜擢され、128試合に出場。打撃面では打率.302、5本塁打、43打点、14盗塁という好成績を残した。ただ、13四球に対して105三振を喫し、選球眼の課題も残った。右翼の守備は、89試合で3失策・守備率.982・DRS +5、中堅37試合で1失策・守備率.988・DRS +5と、いずれのポジションでも好守を発揮した。

2017年は39試合に出場して打率.198、2本塁打、6打点、1盗塁を記録した。

2018年は25試合に出場して打率.167、5打点を記録した。オフの11月2日にFAとなった。

ドジャース傘下時代

2019年1月4日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。

ホワイトソックス傘下復帰

2019年5月10日に金銭トレードで、ホワイトソックスへ移籍したが、8月19日に解雇された。

人物・プレースタイル

サンパウロ生まれで、12歳のころに日系の子どもたちに交じって野球に親しんだ。 俊足が特徴で国際陸上競技連盟の公式ホームページの選手名鑑によれば、2004年4月(18歳時)の大会で200メートル21秒10、400メートルで46秒58を記録している。 マイナー9年間通算で200盗塁、63本の三塁打を記録した俊足であり、メジャー昇格後は最初の3安打がすべて三塁打であった。これは史上初の記録である。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

2015 | KC | 86 | 251 | 241 | 31 | 60 | 14 | 6 | 7 | 107 | 27 | 3 | 3 | 2 | 1 | 5 | 0 | 2 | 53 | 0 | .249 | .269 | .444 | .713
2016 | 128 | 484 | 457 | 52 | 138 | 24 | 4 | 5 | 185 | 43 | 14 | 3 | 3 | 3 | 13 | 1 | 7 | 105 | 12 | .302 | .329 | .405 | .734
2017 | 39 | 90 | 86 | 9 | 17 | 3 | 0 | 2 | 26 | 6 | 1 | 1 | 0 | 0 | 1 | 0 | 2 | 20 | 3 | .198 | .225 | .302 | .527
2018 | 25 | 93 | 90 | 6 | 15 | 3 | 0 | 0 | 18 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 25 | 3 | .167 | .194 | .200 | .394
MLB:4年 278 | 918 | 874 | 98 | 230 | 44 | 10 | 14 | 336 | 81 | 18 | 7 | 5 | 4 | 22 | 1 | 11 | 203 | 18 | .263 | .289 | .384 | .673

背番号

代表歴

脚注

  1. ^ Royals acquire outfielder Orlando from White Sox for Horacio Ramirez” (英語). MLB.com Royals Press Release (2008年8月9日). 2014年12月28日閲覧。
  2. ^ BRAZIL ROSTER
  3. ^ Royals select contract of outfielder Paulo Orlando” (英語). MLB.com Royals Press Release (2014年11月4日). 2014年12月28日閲覧。
  4. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年2月11日閲覧。
  5. ^ Mark Polishuk (2019年1月4日). “Dodgers Sign Paulo Orlando To Minors Contract” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年2月11日閲覧。
  6. ^ Jeff Todd (2019年5月10日). “White Sox Acquire Paulo Orlando” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年5月11日閲覧。
  7. ^ 元陸上選手、三塁打を量産 ブラジル出身のオルランド
  8. ^ 巨人ロペスがブラジル俊足男情報/WBC

関連項目

外部リンク

カンザスシティ・ロイヤルズ 2015年のワールドシリーズ ロースター
 | 

選手
01 ジャロッド・ダイソン
02 アルシデス・エスコバー
04 アレックス・ゴードン
06 ロレンゾ・ケイン
08 マイク・ムスターカス
09 ドリュー・ブテラ
13 サルバドール・ペレス(シリーズMVP)
15 アレックス・リオス
16 パウロ・オルランド
17 ウェイド・デービス
18 ベン・ゾブリスト
24 クリスチャン・コローン

 | 

25 ケンドリス・モラレス
27 ラウル・モンデシー
30 ヨーダノ・ベンチュラ
32 クリス・ヤング
35 エリック・ホズマー
36 エディンソン・ボルケス
39 クリス・メドレン
40 ケルビン・ヘレーラ
41 ダニー・ダフィー
44 ルーク・ホッチェバー
45 フランクリン・モラレス
46 ライアン・マドソン
47 ジョニー・クエト

 | 

監督
03 ネッド・ヨスト

コーチ
21 デール・スウェイム(打撃)
22 ドン・ワカマツ(ベンチ)
23 マイク・ジャースリー(三塁)
28 ペドロ・グリフォル(捕手)
57 ダグ・ヘンリー(ブルペン)
58 デーブ・アイランド(投手)
81 ラスティ・クーンツ(一塁)




野球ブラジル代表 - 2013 ワールド・ベースボール・クラシック
【監督】

11 バリー・ラーキン


【コーチ】
  • 23 カルデーラ・チアゴ
  • 10 マルコス・ギマラエス
  • 3 黒木豪
  • 8 リカルド・マツマル
  • 2 佐藤允禧
  • 54 サチロー・ワタナベ

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】

【指名打者】

36 佐藤二朗


予選ロースター
【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】

【指名打者】

36 佐藤二朗




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/07 15:16

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「パウロ・オルランド」の意味を投稿しよう
「パウロ・オルランド」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

パウロ・オルランドスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「パウロ・オルランド」のスレッドを作成する
パウロ・オルランドの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail