このキーワード
友達に教える
URLをコピー

パフラヴィー朝とは?

公用語 ペルシア語
首都 テヘラン
皇帝
1925年 - 1941年 レザー・シャー
【1941年 - 1979年】
モハンマド・レザー・シャー
首相
【1925年 - 1926年】
モハンマド・アリー・フォルーギー
【1979年 - 1979年】
シャープール・バフティヤール
面積
【(現在と変わらない)】
1,628,750km²
人口
【1933年】
9,190,000人
【1950年】
17,414,000人
【1960年】
21,999,000人
【1968年】
26,990,000人
【1970年】
29,256,000人
変遷
成立 1925年12月12日
【国号をイランと改称】
1935年3月21日
連合軍イラン進駐 1941年8月25日
モサッデク首相失脚 1953年8月19日
革命により滅亡 1979年2月11日

通貨
イラン・トマン
イラン・リアル
【現在】
イラン
イランの歴史
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
イランの先史時代
原エラム
エラム
ジーロフト文化
マンナエ
メディア王国
ペルシア帝国
 | アケメネス朝
セレウコス朝
 | アルサケス朝
 | サーサーン朝
イスラームの征服
ウマイヤ朝
アッバース朝
 | ターヒル朝
 | サッファール朝
 | サーマーン朝
 | ズィヤール朝
 | ブワイフ朝 | ガズナ朝
 | セルジューク朝 | ゴール朝
 | ホラズム・シャー朝
イルハン朝
ムザッファル朝 | ティムール朝
黒羊朝 | 白羊朝
サファヴィー朝
アフシャール朝
ザンド朝 | 
ガージャール朝 | 
パフラヴィー朝 | 
イスラーム共和国 | 

パフラヴィー朝(パフラヴィーちょう、ペルシア語: دودمان پهلوی‎, ラテン文字転写: dudmân Pahlavi)は1925年から1979年までイランを統治した、イラン最後の王朝である。パフレヴィー朝パーレビ朝パーラヴィ朝とも呼ばれる。

目次

  • 1 歴史
  • 2 年表
  • 3 歴代皇帝
  • 4 関連項目

歴史

カージャール朝ペルシア帝国イギリスソビエト・ロシアによる干渉に苦しむ中、ペルシア・コサック旅団の軍人レザー・ハーンは1921年クーデターを起こした後、1925年レザー・シャーとして皇帝に即位し、カージャール朝に代わってパフラヴィー朝が成立した。

初代皇帝レザー・シャーは軍事力を背景に中央集権化を進め、近代国家形成を目指して法制などを西欧化する改革を行い、1928年には不平等条約の撤廃に成功した。

第二次世界大戦で、レザー・シャーは英ソによる支配からの脱却を目指して親ナチス・ドイツ政策に転換したが、逆にイラン進駐を招いて失脚。1941年9月16日、第2代皇帝モハンマド・レザー・シャーが即位した。

1945年12月、ムッラームスタファ・バルザーニーソ連占領下の北西部マハーバードクルド人独立を求めて蜂起し、翌年クルディスタン共和国を樹立した。1946年12月15日、イラン軍の侵攻にあい崩壊(en:Iran crisis of 1946)。バルザーニーはソ連に亡命し、1946年8月16日クルディスタン民主党結成。1949年に反植民地主義のトゥーデ党(イラン共産党)が非合法化された。

1951年モハンマド・モサッデクが首相に就任した。1951年アーバーダーン危機(1951年-1954年)では、モハンマド・モサッデク首相がアングロ・イラニアン石油会社(AIOC)を国有化し、1953年にはソ連・イラン合同委員会をつくり、親ソ政策を推進していった。このことはアメリカからの反感も買うことになり、1953年MI6とアメリカ合衆国のジョン・フォスター・ダレス国務長官アレン・ウェルシュ・ダレスCIA長官の協力のもと、アジャックス作戦(: TPAJAX Project)でモサッデクを失脚させ、親米英的なモハンマド・レザー・シャーが権力を回復した。1955年にはCENTOに加盟し、西側陣営に加わった。

モハンマド・レザー・シャーは、アメリカの支援を受けて「白色革命」と呼ばれる石油利潤を元にした工業化と近代化を進めたが、原油価格の下落と急速な近代化の失敗から経済危機を招いた。ルーホッラー・ホメイニーは、白色革命を批判しなかったが皇帝の独裁的な性格を非難して抵抗運動を呼びかけたため、反皇帝運動が激化した。1964年、ルーホッラー・ホメイニーは国外追放を受け、亡命した。

1979年ルーホッラー・ホメイニーを指導者としてイラン革命が勃発すると、モハンマド・レザー・シャーはエジプト亡命してパフラヴィー朝は崩壊し、イラン・イスラム共和国が成立した。

現在はモハンマド・レザー・シャーの長男であるクロシュ・レザー・パフラヴィー(: Cyrus Reza Pahlavi)元皇太子イランにおける人権問題等を批判し、イランの世俗化民主化を主張して政治活動を行っている。

年表

歴代皇帝

  1. レザー・シャー(在位:1925年 - 1941年)
  2. モハンマド・レザー・シャー(在位:1941年 - 1979年)- 日本マスコミでは「皇帝」でなく「パーレビ国王」と呼ばれた)

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/01/18 04:17

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「パフラヴィー朝」の意味を投稿しよう
「パフラヴィー朝」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

パフラヴィー朝スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「パフラヴィー朝」のスレッドを作成する
パフラヴィー朝の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail