このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ヒエロニムスとは?

【聖ヒエロニムス
(克肖者イエロニム)】

ヒエロニムス(画:ドメニコ・ギルランダイオ)

教会博士

【他言語表記】
Eusebius Sophronius Hieronymus
【生誕】
347年
ダルマティア
【死没】
420年9月30日
ベツレヘム
【崇敬する教派】
正教会
非カルケドン派
カトリック教会
聖公会
ルーテル教会
【主要聖地】
ローマサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
【記念日】
9月30日(西方教会)
6月15日(東方教会)

エウセビウス・ソポロニウス・ヒエローニュムス(Eusebius Sophronius Hieronymus, 347年頃 - 420年9月30日)は、キリスト教の聖職者・神学者。聖書のラテン語訳であるウルガータ訳の翻訳者として知られる。四大ラテン教父のひとりであり、正教会非カルケドン派カトリック教会聖公会ルーテル教会聖人とされる(カトリックでは教会博士)。日本ハリストス正教会での呼称は克肖者イエロニムである。

生涯と業績

ヒエロニムスはダルマティアで生まれた。両親はキリスト教徒だったが、彼自身はキリスト教に興味がなく、ローマに留学したのも修辞学と哲学の勉強のためであった。ギリシア語を習得し、ガリアアナトリア半島をめぐって古典の研究に没頭したが、373年ごろアンティオキアで重病にかかり、神学の研究に生涯をささげることを決意、シリアの砂漠で隠遁生活を送ってヘブライ語を学んだ。

378年に叙階されたあとはコンスタンティノポリスナジアンゾスのグレゴリオスと知り合い、さらに382年、ローマへ行ってローマ教皇ダマスス1世に重用されるようになる。ローマ滞在中にラテン語訳聖書の決定版を生み出すべく、全聖書の翻訳事業にとりかかった。彼は、旧約聖書はヘブライ語並びにアラム語原典から翻訳した。

384年にダマスス1世が世を去ると、庇護を失ったヒエロニムスはローマを去って聖地エルサレムへ向かった。ベツレヘム、エルサレムだけでなくエジプトへも赴いて、自らの神学研究の幅を広げた。ヒエロニムスはベツレヘムに落ち着くと、著述のかたわら聖書の翻訳を続け、405年ごろ完成させた。この聖書こそが中世から20世紀の第2バチカン公会議にいたるまでカトリックのスタンダードであり続けた「ウルガータ」訳聖書であった。ウルガータ(Vulgata)はラテン語で「公布されたもの」という意味である。420年にベツレヘムで没するまでに、多くの神学的著作、書簡を残した。

ギリシア語、ヘブライ語をはじめ諸言語に通じ、豊かな古典知識を備えたヒエロニムスは、神学の水準向上と聖書研究の歴史に大きな足跡をしるしている。

ゴート族の侵入によってローマが占領される同時期の人物でもあり、このことについて嘆く手紙を残している。

著作(日本語訳)

出典・参考文献

教父
ギリシア教父 | 
アンティオキアのイグナティオス(アンティオキアの聖イグナティ)- ポリュカルポス(ポリカルプ)-エイレナイオス(イリネイ)- タティアノス-ユスティノス(イウスチン)- アレクサンドリアのクレメンス(アレクサンドリアの聖クリメント)- オリゲネス(オリゲン)-パタラのメトディオス(パタラの聖メフォディ) - エウセビオス(エウセビイ) - エルサレムのキュリロス(イェルサリムの聖キリル) - アタナシオス(聖大アファナシィ) - カイサリアのバシレイオス(聖大ワシリイ) - ナジアンゾスのグレゴリオス(神学者グリゴリイ) - ニュッサのグレゴリオス - ヨハネス(ヨアンネス)・クリュソストモス(金口イオアン) - アレクサンドリアのキュリロス(アレクサンドリアの聖キリル) - 偽ディオニュシウス・アレオパギタ(偽ディオニュシイ・アレオパギト) - 告白者マクシモス(表信者・証聖者) - ヨアンネス・クリマコス(階梯者聖イオアン) - ダマスコのヨアンネス(ダマスコの聖イオアン)

ラテン教父 | 
ミヌキウス・フェリクス - テルトゥリアヌス - ヒッポリュトス - キプリアヌス - ノウァティアヌス - ラクタンティウス - ポワティエのヒラリウス - ヨハネス・カシッアヌス - ヒエロニムス - アンブロシウス - アウグスティヌス - レオ1世 - ベネディクトゥス - コルンバ - グレゴリウス1世 - ボエティウス - カッシオドルス - イシドールス(セビリアのイシドロス)

シリア教父 | 
タティアノス - アフラアテス - シリアのエフレム - マッブーグのフィロクセノス - サルーグのヤコブ - シリアのイサアク - エデッサのヤコブ

砂漠の師父 | 
大アントニオス - パコミオス - ヒラリオン - エジプトのマカリオス - ポイメン - アルセニオス - ポントスのエウァグリオス - ヨハネス・カシッアヌス - シェヌーテ - ヨアンネス・クリマコス

砂漠の教母 | 
シュンクレティカ - テオドラ - 大メラニア - 小メラニア - 砂漠のサラ

関連項目 | 
教父学


【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/15 15:28

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ヒエロニムス」の意味を投稿しよう
「ヒエロニムス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ヒエロニムススレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ヒエロニムス」のスレッドを作成する
ヒエロニムスの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail