このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ヒリガイノン語とは?

表記体系
ラテン文字 (フィリピノ アルファベット);
過去の使用文字 アリバタ
【公的地位】

【公用語】
フィリピンの地方言語
【統制機関】
フィリピン言語委員会
【言語コード】

ISO 639-1
なし
ISO 639-2
hil
ISO 639-3
hil
Areas where Hiligaynon is spoken

ヒリガイノン語(ヒリガイノンご、Hiligaynon)は、フィリピン西ビサヤ地方で話されているオーストロネシア語族に属する言語である。イロイロ州西ネグロス州に集中している。ヒリガイノン語の母語話者はフィリピンの国内外におよそ700万人いる。加えて、意思疎通がある程度可能な話者がおよそ400万人いる。

ヒリガイノン語はイロイロ州や西ネグロス州(ネグロス・オクシデンタル州)ではイロンゴ語(Ilonggo)と呼ばれている。

言語の特徴

本言語はセブアノ語と全体的には似ており、多少単語は違うものの、相互に意思の疎通は可能である。

また本言語はリンカーで-ngを使わず、全てngaで繋ぐのが特徴である(例:maayo nga tawo(良い人))。

脚注

  1. ^ Philippine Census, 2000. Table 11. Household Population by Ethnicity, Sex and Region: 2000
  2. ^ タガログ語やセブアノ語などで見られる、前後の単語を繋げて一つの単語表現とするもの。セブアノ語の例を挙げると、maayong tawo(良い人)の、maayo(良い)とtawo(人)を繋ぐ-ngがリンカーである。また、tinuod nga gugma(真実の愛)の場合、tinuod(真実の)とgugma(愛)を繋ぐngaがリンカーである。なお母音で終わる単語が前に来る場合は-ngを、子音で終わる単語が前に来る場合はngaをリンカーとする。

関連項目

外部リンク


オーストロネシア語族
祖語

台湾諸語
※側系統群
アタヤル語群

ツォウ語群

パイワン語群


マレー・
ポリネシア
語派

フィリピン語群

ボルネオ諸語

中核マレー・ポリネシア語群
大洋州諸語
ミクロネシア
諸語


中央太平洋諸語
ポリネシア
諸語







・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/28 11:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ヒリガイノン語」の意味を投稿しよう
「ヒリガイノン語」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ヒリガイノン語スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ヒリガイノン語」のスレッドを作成する
ヒリガイノン語の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail