このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ピラメキーノのコーナー一覧とは?

ピラメキーノのコーナー一覧(ピラメキーノのコーナーいちらん)では、テレビ東京系列で放送されていたバラエティ番組ピラメキーノ640』(2013年4月1日放送開始)、『ピラメキーノ』(2013年3月29日終了)、金曜拡大版の『ピラメキーノG』(2011年3月4日終了)のコーナーを記述する。

コーナーは複数曜日に跨いで放送されることが多いため曜日の明記は行わない。2010年10月以降の「G」では占いを除き、金曜拡大版のみのコーナーで構成されるようになったが、不定期に通常版のコーナーが放送されることもある。

なお金曜日は拡大版の場合18時台・19時台を区別せず一律に『ピラメキーノG』とする。

目次

  • 1 640で放送
  • 2 夕方時代の通常版で放送
  • 3 Gで放送
  • 4 終了したコーナー
  • 5 脚注
  • 6 関連項目

640で放送[ソースを編集]

2013年3月までの夕方時代に放送されたコーナーで640で再スタートしたコーナーはここでも記述する。

学校の怖いウワサ
夕方時代からのコーナー。夕方時代では7回放送された。一回の放送につき一人の子役が怖い話を披露する。鈴木奈々や瑞季・松野莉奈(私立恵比寿中学)などゲストが披露することもある。2013年7月24日放送分から9月23日放送分まではテレビ東京の開局50周年を翌年に迎えることを記念して白黒放送を行った。
おはよう!だるだるEnglish
夕方時代に、ボストンへ帰ったダルさんが日本に戻ってきたことにつき復活。朝放送分は時間枠の関係でショートバージョンになっており、スキットは大半の回で2つになっている。2013年5月15日放送分から生駒里奈がコーナーに加入した。銀魂の映画宣伝で坂田銀時がスキットを担当した回もあった。
今日の占い天国&地獄
2013年4月1日放送分からの番組最後の星座占いコーナー。これまでの「ピラメキーノ占い」と同様にその日の順位を発表する。1位は超天国、12位は超地獄という設定になっている。ナレーションはサキ姉とタカシ少年だが、初期はタカシ少年単独の場合もあった。7月よりサキ姉が「天国&地獄占い」とコールするように。
鑑定料10万円週末占い
2013年6月28日放送分から毎週金曜日に放送されている星座占いコーナー。上田きょうやに10万円の鑑定料を支払って占ってもらっている。通常バージョンより尺が長く、すべての星座に触れる。1位は超天国、12位は超地獄という設定は同じ。
まあやお姉さんの今日もがんばれ
2013年4月22日放送分から開始、近所のお姉さんの内田真礼が応援をしてくれるコーナー。放送後に番組HPで2つのバージョンが配信されている。
アキラボーイとタヌキチ君のアニメ漫才
アキラボーイとタヌキチくんによるアニメ漫才のコーナー。ピラメキーノ独自の内容としてピラメキパンダやピヨッ太が登場した回もあった。
Runner 〜ピラメキーノバージョン〜
爆風スランプの名曲Runnerを恐怖の替え歌にしたもの、サンプラザ中野くんとはんにゃ・フルポンが歌う。中盤の歌詞を視聴者から募集していて後日の回で披露された。
ハゲまる子のお小遣い欲しい人あつまれー!
ハゲまる子ちゃんが月曜から金曜まで毎日1文字ずつキーワードを紹介し、そのキーワードを番組HPから応募すると抽選で5名に1000円の図書カードがプレゼントされる。5、6月期は5つのキーワードだったが、7月期より3つに削減された。
どっちがカレーでショー
便器のような皿に入ったものが2つあり、どちらがカレーかをはんにゃ・フルポンが見た目、においで判断するコーナー。カレーではないほうが、何かは明かされていない。村上編、川島編はピラメキーノDVD Vol.7にも収録されている。
村上健志の今でしょ!
村上が街中にいるマナーの悪いものに、「いつやるか?」「今でしょ!」と促す企画。
偉人さんいらっしゃい
2010年頃夕方時代に放送していた企画が3年越しにまさかの復活。イタコの三上美子さんに偉人を降ろしてもらい、歴史の謎を解き明かすコーナー。朝になってからは、スタジオでMCの4人が見る形になった。2013年9月17日放送開始。
ミステリー生物調査隊
夕方時代に大好評だった企画が約1年ぶりに復活。調査隊のメンバーは、佐田、諸見里、太田Dに加え、はんにゃが新加入した。2週間(月〜木、金曜は占いのためなし)に渡って放送した。
99.9%ピラメキーノに出られちゃう動画
視聴者から募集した動画を放送するコーナー、送られてきた動画はよっぽどのことがない限り放送するとしている。2013年9月26日に最初の放送が行われたが、投稿された動画はこの回の1本だけだった。
おもしろパラパラ写真
視聴者から募集したおもしろパラパラ写真を紹介するコーナー、2013年10月31日に1回だけ放送された。なお最優秀賞にはiPod touchプレゼントの特典があるが、この視聴者に贈られたのかは不明。
恐怖の朝子さん
エレベーターにいる霊、朝子さんを監視カメラで観察するショートコーナー。
男女子役恋物語シリーズ
夕方時代の看板コーナーが復活。男女の子役を集め、いくつかのゲーム等を行った後、意中の異性に告白する。640では放送枠が1日約3分ほどしかないため、放送できなかった分を番組HPで公開の動画で補う形で行われる、ピラメキキューピットは2013年秋版・2014年夏版・2015年夏版ははんにゃが、2013年クリスマス版はフルーツポンチと水沢アリーが担当した。また、2015年夏版には生駒里奈も出演している。
坂道家族
2012年度に放送されていたはんにゃ・フルポンが45°に傾いた家に住んでいる一家という設定でさまざまなお題に挑戦するコーナーが復活。
宇宙生活
宇宙船SAKASAを舞台に逆さづりにされた隊員がいろいろな事に挑戦するコーナー。640版はピラメキメンバーとA.B.C-Zのメンバーとの組み合わせも行われ、他の隊員が地上で実験を見る。
ピラメキパンダvsバナナ炎の三番勝負
2013年9月に就任したテレビ東京の新キャラクターのバナナに、旧キャラクターのピラメキパンダが局キャラを座をかけて勝負をするコーナー。キッザニア東京で開催されたものを同年11月に放送。「PK勝負」、「頭脳勝負」、「相撲勝負」が行われた。
また翌年2014年12月にもキッザニア東京でイベントが開かれ、再び三番勝負が繰り広げられた。2014年度は「バナナ取り対決」「英語対決」「相撲対決」が行われた。放送は翌年2月。
大人の喜ばせ方講座
夕方時代に放送されていた、子供にとって不都合な展開になった時に、大人を喜ばせ、かつうまく事を運べるような言葉を紹介するミニコーナー。640ではキイちゃんの妹という設定のまきたん(信太真妃)が担当。叔父さん役として亘が出演している。また、2014年4月のSPではメイちゃん(畑芽育)が出演。演出は夕方時代とほぼ同じで商品の宣伝を兼ねたストーリーを放送している。
BARピラメキーノ
村上がバーのマスターに扮し、悩める子役の愚痴を聞くコーナー、子役にはピラメキーノこどもびいるが提供される。640の放送100回を記念してゴールドラベルが販売されていたこともあった。「ピラメキーノXmasスペシャル」(関東ローカル)では「くもりときどきミートボール2」のイチゴちゃんが登場した。
BARピラメキーノ2号店
金田とナナナがバーのマスターに扮し、悩める子役の愚痴を聞くコーナー、子役にはナナナサイダーが提供される。
ナナナのナナナたいそう
テレビ東京マスコットのナナナのたいそうをピラメキメンバーが踊る。
ようかい体操第一withピラメキーノメンバー&ニッチェ
テレビ東京のアニメ『妖怪ウォッチ』にピラメキーノが便乗し、はんにゃ・フルポン・ニッチェが妖怪に扮してようかい体操第一を踊る。配役はノガッパ(金田哲)、メラメライオン(川島章良)、じんめん犬(村上健志)、グレるりん(亘健太郎)、むりかべ(江上敬子)、バクロ婆(近藤くみこ)。
ようかい体操第一〜だるだるEnglishバージョン〜
アニメ『妖怪ウォッチ』のようかい体操第一を、ダルさん・生駒里奈・村上先生がだるだるEnglishの教室で踊る。配役はひも爺(ダルさん)、コマさん(生駒里奈)。
ゲラゲラポーのうた〜ピラメキーノ640バージョン〜
アニメ『妖怪ウォッチ』のゲラゲラポーのうたを、はんにゃ・フルポン・ダルさん・生駒里奈が妖怪に扮して踊る。配役はブリー隊長(金田哲)、認MEN(川島章良)、イケメン犬(村上健志)、ワカメくん(亘健太郎)、ひも爺(ダルさん)、コマさん(生駒里奈)。
ダン・ダン ドゥビ・ズバー!〜ピラメキーノ640バージョン〜
アニメ『妖怪ウォッチ』のダン・ダン ドゥビ・ズバー!を、はんにゃ・フルポン・ダルさん・生駒里奈が妖怪に扮して踊る。配役はブリー隊長(金田哲)、認MEN(川島章良)、イケメン犬(村上健志)、ワカメくん(亘健太郎)、ひも爺(ダルさん)、コマさん(生駒里奈)。
仁義なきおもちゃの戦い
夕方時代に放送されたコーナーが復活。ヤクザに扮したはんにゃとマフィアに扮したフルーツポンチがそれぞれの自慢を語った後、どちらが強いのかをおもちゃを使って勝負する。それぞれ「はんにゃ組」「フルーツポンチ組」と称しており、はんにゃ組は金田が組長で川島が若頭、フルーツポンチ組は村上が首領(ドン)で亘が幹部である。なお、金田のカツラは夕方時代とは異なっている。復活版はダル駒組(ダルさん・生駒里奈)やA.B.C-Zなどゲスト組も登場し三つ巴の戦いとなる。
ゴジラ専門学校
ハリウッドでも大活躍、今年(2014年現在)で生誕60周年を迎えるゴジラシリーズの登場キャラクターを解説するコーナー。本編から抜き出された映像ではなく、株式会社CASTの「特撮大百科」やバンダイの「S.H.MonsterArts」といったフィギュアを用いての紹介となっている。講師役は、本コーナーの台本も執筆している特撮ライターのガイガン山崎(通称:ガイ山)。生駒里奈とダルさんが、その生徒役を演じている。
トランスフォーマー専門学校
誕生30周年のトランスフォーマーシリーズの登場キャラクターを解説するコーナー。フィギュアを用いての紹介となる、講師役はロボットライターのコンボイ山崎(通称:ボイ山)が説明(前述のガイ山と同一の人物で当初は別人と称していた)。生徒役は生駒里奈とダルさんが演じる。
妖怪ウォッチカルトQ
子役タレント3人が『妖怪ウォッチ』の知識を競うコーナー。進行は狩野恵里アナが勤める。高学年の部と低学年の部で開催されたが、低学年の部はコーナーの最後まで放送されずに終了した。後期に行われた入門編では、ピラメキレギュラー、レイザーラモンRGが回答に挑戦し繁田美貴アナが進行を担当、ジバニャン、コマさん、ケータくんも登場した。
デカ盛りツアー
はんにゃとフルポンがデカ盛り料理に挑む対決形式のロケコーナー、毎回ゲストが参戦する。主に特番(関東ローカル)の主要企画として放送されている。
朝イチ怪談
西東京市にある某トンネルで芸人が怪談話をするコーナー。
カプリコ一発ギャグ選手権
2015年最初の企画。カプリコとのコラボ企画、秋山竜次が社長、山本博と馬場裕之が副社長、白間美瑠が秘書という設定の「こどもカプ式会社」、ピラメキメンバーがスカウトマンとして登場する。12歳以下の子供がジャイアントカプリコ、カプリコミニを使って一発ギャグを披露する。それをもう一度“見たい”秋山社長が判定する。不定期に番外編として芸人がネタを披露する事があった。
GARIMARU BROTHORS(ガリマルブラザーズ)
はんにゃがイタズラ兄弟になり、たまには失敗もあるコント。
カナウィーの部屋
金田演じる“カナウィー・ハーマン”が多彩なゲストを招いて送るイタズラトークコーナー。コーナーロゴは徹子の部屋のパロディでBGMも流用している。
朝-1グランプリ
4組の芸人が日替わりで2週間で計2つのネタを披露し視聴者の投票で優勝を争うコーナー、第1回はジャングルポケット西村ヒロチョかたつむりシソンヌが参加した。なお、コーナーのOP映像にはパンサーなど他の芸人も出たが第2回以降は開催されなかった。
バカコワ!怪談グランプリ
内容はコドモ-1GPと同じで、芸人が怪談話を披露。審査員は怪談好きな子供10人。怖かったと思ったらバカコワ札を挙げ、ポイントで競う。

夕方時代の通常版で放送[ソースを編集]

2010年9月まで「G」でも放送されたことのあるコーナーについては☆印を、2010年10月以降に「G」でも放送されたことのあるコーナーについては◇印、2013年4月以降に「640」でも放送されたことのあるコーナーについては△印を付記する。

ピラメキたいそう(☆◇)
番組オリジナルの体操を、開始当初は体操のお兄さんに扮した金田と男女2人の子役が踊り、その後はMC4人とピラメキパンダが踊る「ピラメキオールスターズバージョン」が放送。体操の途中でメンバーの1人が視聴者から募集した悩み相談に対して解決方法を提示する。その役割は日替わりで週によっては他の司会陣やゲストが参加する場合もある。同時ネットの地域では、2009年7月20日から8月31日までの夏休み限定でたいそうまたはおんどに参加すればスタンプが押され、15個以上溜めると抽選でプレゼントがもらえるデータ放送企画をワンセグを除く地上デジタル放送で実施した。2009年10月頃の放送分からは地上デジタル放送のみ、画面の右隅に「ピラメキたいそう着うた」のQRコードが表示されており、そこからダウンロードができるようになっている。2010年10月頃からはコーナーの回数が減少されている。
  • 2009年11月20日放送分で金田が10月26日に収録したものと公表したことがあり、同コーナーが約1ヶ月前にまとめ撮りしていることが分かる。
  • 2009年11月30日 - 12月25日 「ジングルベル」と「クリスマス・イブ」が曲中に入っており、後者を村上が歌うクリスマスバージョンが使用された。金田、亘、村上はサンタクロース、川島はトナカイで体操をし、DJ HICOが視聴者からの悩みを読みあげていた。
  • 太鼓の達人13』ではこの曲のアレンジバージョンが収録されており2010年1月4日放送の「仁義なきおもちゃの戦い」ではその宣伝もかねて同ゲームで勝負を行った。結果ははんにゃ組の勝利。
  • テレビ東京系で木曜の直前の番組であるアニメ『銀魂』の2009年10月1日放送分のエンディングでは「銀魂体操」としてこのコーナーのパロディを放送した。また、この回の映像はGの初回放送においてテレビ東京のアニメキャラからのメッセージの銀魂編で台詞を変えて使用されている。2010年5月13、14日に映画宣伝でエリザベスが出演した際にも流用された。
  • 2010年2月1日 - 2月12日 「ピラメキたいそう バレンタインバージョン」 - メンバーの衣装が一部変更。後半ではゲストとして国生さゆりが登場して「バレンタインデー・キッス」を披露。終盤ではメンバーに混じって体操を踊っていた。
  • 3月2日 - 3月26日 「卒業・クラス替えバージョン」 - イントロに「蛍の光」、曲中に海援隊の「贈る言葉」と尾崎豊の「卒業」が入っている。金田、亘、村上は学生服、川島はセーラー服で体操を踊っている。曲の途中でミニドラマが組み込まれている。
  • 3月15日 - 4月2日 「『ピラメQノ』とコラボした海賊バージョン」 - はんにゃが赤、フルポンが青の海賊コスチュームに身を包んでいる他、曲中にひょっこりひょうたん島の主題歌が入っている。また、最初にはミニドラマが放送された。
  • 同じく3月15日に「アコースティックバージョン」も初公開。この曲のみメインは亘が勤めている。
  • 4月5日 - 4月15日 「ゴールデン進出バージョン」 - 「ピラメキーノゴールデン進出まであと○日!」とカウントダウンを行い、衣装の帽子やズボンが金色だった。終盤には紙吹雪も舞っている。
  • 5月13 - 14日 「ピラメキたいそうwithエリザベス」 - 『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』告知としてエリザベスと共に踊った。なお質問は後述の金田以外のメンバーが読み回答は立て看板で行った。なお、金田は「ピラメキッド」撮影のため欠席している。
  • 6月7日 「ピラメキたいそう with テレビ東京」 - 放送300回を記念して、局内の受付係、番組スタッフ、メイク、アナウンサーなどがたいそうを踊った。
  • 7月1日 - 14日 「ピラメキたいそう ピラメキパンダ宣伝大使就任に地デジカが来てくれたよVer.」 - ピラメキパンダの7チャンネル宣伝大使就任を記念して地デジカとピラメキたいそうを踊った。
  • 7月19日 - 20日 「ピラメキたいそう with 川崎フロンターレ」 - 川崎フロンターレのホームスタジアムである等々力陸上競技場で行われたファン感謝デーで行われた物。レギュラー4人はスタジオ(中継)で踊りピラメキパンダはスタジアムで踊る。なお、パンダ側のバックダンサーとしてフロンターレの選手がレギュラー4人と同じ格好で踊っており質問も選手が回答する。
  • 7月23日 - 30日、8月5日、11日、13日 「こわ〜いピラメキたいそう」 - いつもより怖い背景のスタジオでピラメキたいそうを踊る。質問は島田秀平が怖い話を交えて回答する。
  • 8月2日、4日、6日 - 10日、12日、17日 - 26日「ピラメキたいそう 海賊バージョン」 - 『ピラメQノ』とのコラボ。はんにゃが赤、フルポンが青の海賊コスチュームに身を包んでいる他、曲中に「ひょっこりひょうたん島」の主題歌が入っている。この際、歌詞テロップの「ひょっこり」の部分が「ひょこり」と表示されていた(翌日のテレビ大阪の再放送では歌詞テロップに手を加えて修正されていたが、後に修正されなくなった)。
  • 8月3日 お笑いフェスティバル「LIVE STAND2010」内で踊ったピラメキたいそうの模様を放送。
  • 9月10日、17日、21日、24日、27日、10月1日、5日、15日、25日、11月10日 「ざっくり戦士ピラメキッド ピラメキたいそう」 - ピラメキッドと地獄白黒団総統ヘルオセロ&白黒戦闘員と一緒にピラメキたいそうを踊る。質問はピラメキッドが答える。解答後にはピラメキッドと地獄白黒団とのバトルの演出がある。
  • 9月27日 「ピラメキたいそう in 富士急ハイランド - 2010年8月27日に実施されたピラメキサマーライブでのピラメキたいそうの模様を放送。
  • 10月11日-14日、18日-21日、26日、27日 「ピラメキたいそう ハロウィンバージョン」 - ハロウィンにちなみ金田がドラキュラ、川島がフランケンシュタイン、村上が魔女、亘がミイラ男のコスプレをしているほか、曲中にマイケル・ジャクソンの「スリラー」が挿入されている。
  • 11月1日、4日、8日、9日、11日、15日、16日、12月2日、27日、2011年1月13日、18日、20日、21日、31日「ピラメキたいそう パラパラバージョン」 - さとプー率いるオンナラブリーやエキストラのギャルダンサーに加え、他の3人もギャルメイクの女装(川島はガングロ)をしている。一部振り付けがパラパラの特徴を出したものに変わっている。
  • 11月17日-30日「ピラメキたいそう DSバージョン」 - 通常のピラメキたいそう映像にDS用ソフト「みんなとキミのピラメキーノ!」のゲーム映像を右下に同時に流している。
  • 12月6日-23日「ピラメキたいそう クリスマスパーティー」 - 「恋人たちのクリスマス」と「ジングルベル」と「SHAKE」が曲中に入っており、後者を村上が歌うクリスマスバージョンが使用された。メインMCの4人はサンタクロースに扮し、コーナーレギュラーからはダルさん、キイちゃん(稲垣鈴夏)、ひゅうかちゃん(今泉日向花)、シュータ、GO!皆川、お仕置きバスターが体操に参加した。
  • 2011年1月5日-7日「ピラメキたいそう 2011正月Ver」 - メインMCが晴れ着を着て体操を踊る。
  • 1月10日、11日、13日、14日、17日、19日、24日-27日 「ピラメキたいそう feat.吉田兄弟」 - 吉田兄弟の三味線の演奏で体操を踊る。
  • 2月1日-14日 「ピラメキたいそう バレンタインバージョン」 - パラパラバージョンのバレンタインバージョンで曲中に「バレンタインデー・キッス」と「チョコレイト・ディスコ」が入っている。体操にはMC4人とオンナラブリーの他にキイちゃんが参加した。
  • 2月15日-3月16日 「マーチング ピラメキたいそう」 - マーチングバンドによる演奏で体操を踊り、このバージョンから金田も他の三人同様、半パンスタイルになった。
  • 3月28日-4月12日 「ピラメキたいそう feat.東京スカパラダイスオーケストラ」 - 番組500回を記念して東京スカパラダイスオーケストラとの共演。
  • 6月22日、23日、29日、30日、7月4日、12日、13日、18日、21日、26日、28日、29日 「ピラメキたいそう 夏の思い出バージョン」 - 夏の定番曲を交えながら懐かしい雰囲気でたいそうを踊る。流れは『夏祭り』→たいそう→ハガキの質問→『少年時代』→たいそう→ハガキを読んだ担当の答え→ゆず夏色」→たいそう→『夏祭り』となっている。
  • 7月7日「ピラメキたいそう ピラメキッザニア」 - キッザニア東京からGO!皆川と子供たちが生放送でたいそうを踊った。
  • 8月1日-8月5日 「ピラメキたいそう feat.こち亀」 - 映画『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜』とのコラボレーションで主人公である両津勘吉(香取慎吾)と共にたいそうを踊った。スタジオには派出所のセットが組まれており質問も両津が答えたほか、たいそう中に同映画の主題歌である「三百六十五歩のマーチ」が使われている。なお、これまでテレビ東京系列のキャラがたいそうに参加したことはあったが、他局のキャラがたいそうを踊ったのは今回が初である。
  • 12月12日-23日 「ピラメキたいそう クリスマスバージョン」 - このバージョンは春名風花がたいそうに初参加した。
  • 2012年4月16日-7月2日 「ピラメキたいそう ダンスバージョン」 - 2012年度は月曜限定で放送。いつものピラメキファミリーに加えてTAKAHIROとキョンシーも参加。途中でダンスコーナーが挿入される。
  • 7月5日-8月3日 「ピラメキたいそう 夏祭りバージョン」 - 夏の定番曲を交えながらたいそうを踊る。TAKAHIROが参加している。
  • 12月10日-24日 「ピラメキたいそう クリスマスバージョン」 - このたいそうではキイちゃんの他に春名風花と信太真妃もたいそうに参加した。映像は2バージョンあり、1バージョンは東京タワーのイルミネーションで撮影したものが使われた。この体操では以前と違い、「こまったなこまったな」→「困ったな困ったな」・「かいけつほうほうピラメキたい」→「解決方法ピラメキたい」に表記が変更された。この後のクリスマスパーティでは表記はひらがなに戻された。
  • 2014年11月28日 「ピラメキたいそう with 振付稼業air:man」 - 640移行後はピラメキたいそうは長らく放送されてなかったが、おはよう!だるだるEnglshのコーナーでこの日限定で復活、ピラメキメンバーとピラメキたいそうを振付けた振付稼業air:manが一緒に踊った、内容は「振付稼業air:manの踊る教科書」の宣伝という形であった。
まいっちんぐ体操(△)
1981年えびはら武司原作の漫画『まいっちんぐマチコ先生』を下地にした体操のコーナーで「ピラメキたいそう」に続く体操のコーナーである。歌詞には過去の様々な流行語が登場する。はんにゃ・金田はマチコ先生を演じ、はんにゃ・川島とフルーツポンチはギャルに扮している。他にキイちゃん、おじいちゃん、おばあちゃん、学校の先生、お巡りさん、ピラメキパンダも登場して体操をする。携帯の待ち受け画面も配信された。
恋する女子&モテたい男子 必見!明日(週末)のピラメキーノ占い(☆◇)
2009年10月5日放送分からの番組最後の星座占いコーナー。「G」では2010年10月以降は主に番組冒頭に放送されていた。それ以前に放送されていた「明日(週末)のピラメキーノ占い」と同様に順位を発表するが、同じ星座の中で女子の占いと男子の占いが分かれて表示される点が異なる。女子の占いはサキ姉、男子の占いはタカシ少年が読み上げている。また、最も不運な星座に発表されるラッキーアイテムも男女別に分かれている。占いの後、タカシ少年が恋、さそり座の運勢、最下位のラッキーアイテムについての話をするたびにサキ姉に非難され、がっかりするのが定番。2010年2月15日から「ピラメキーノ」携帯サイトでその日に放送された「ピラメキーノ占い」がアップされるようになり、占いの順位と内容だけでなく、携帯サイト限定で最下位以外のラッキーアイテムも紹介されている。地上デジタル放送では右隅にQRコードが表示されており、そこからサイトにジャンプすることも可能。なお、遅れネット局やテレビ大阪で実施していた再放送ではこのコーナーはカットされる。東日本大震災の影響で2011年3月10日を最後にコーナーは休止していたが、2011年4月11日から再開、占いの後に翌日の記念日(もしくは有名人の誕生日)を紹介する方式に変わり、最後にサキ姉につっこまれたりコケにされるのがオチとなっている。2011年9月12日からはデザインがリニューアルされ、ピラメキーノのサブキャラクターが背景に多数登場。2012年9月3日からは3代目にリニューアル。サブキャラクターに加えはんにゃ・フルポン、キイちゃんも登場。
2012年12月21日放送分では翌日12月22日が冬至であると紹介したが、この年の冬至は12月21日であったため番組HPでお詫びをした。
コクリマクリスティ
2011年6月7日放送分から披露されたオンナラブリーの新曲で、男子の告白を後押しする応援ソングとなっている。ここでオンナラブリーは「ガミガガーン」を歌うブラックラブリイ(後述)と一騎討ちとなり、2011年7月31日に開催されたピラメキサマーライブの人気投票で決着を付けた。
ガミガガーン
2011年6月21日放送分から登場してきた女ヤンキー3人組のユニット「ブラックラブリイ(黒羅武理威)」のデビュー曲。親の説教や小言をテーマとした曲である。メンバーはブラック(村上)、ブサイク(川島)、ブキッチョ(亘)で、オンナラブリーの人気への嫉妬からピラメキサマーライブでの決闘を申し立てた。
7月18日放送分にはブアイソ(ローラ・チャン)とブランク(岡本夏生)が追加メンバーとして登場、5人バージョンで曲を熱唱した。
オンナラブリーVSブラックラブリイ
2011年7月19日開始。毎回、オンナラブリーとブラックラブリィ(ブラック、ブランク、ブアイソ)が様々なゲームで対決する。なお、進行は補欠に降格したブラックラブリィのブサイクとブキヨウが担当。
ドッジボールワンターゲット、ワンターゲットG(☆◇)
9メートル四方の内野の中に居るターゲット1人に、3人一組で応募してきた視聴者チームが1分以内にボールを当てる。ターゲットがボールを捕るとそれを放り投げ、参加者が受け取るまでの間、時計が止められる。また、そのままでのプレイ続行に支障がある場合に時計が止められることもある。ターゲットには先鋒・中堅・大将がおり、基本的に先鋒がゲスト、中堅が村上、大将は金田が務める。ゲストと村上は入れ替わることもある。大将を倒すと覆面をつけた「ドッジマン」が登場、これも倒すと視聴者チームの勝利で、ターゲットのメンバーの直筆サインが入ったトロフィーが授与される。ドッジマンは代替わりしており、現在は「ドッジマン4号」が出演している。2010年3月22日放送分からは「ワンターゲットNo1決定戦」と称し過去に4人全員を倒した視聴者チームより選ばれた5組による最強チームの決定戦が行なわれる。この回は変則ルールとなっており先鋒(村上)が制限時間30秒、中堅(ダンテ)が40秒、大将(金田)が50秒、ドッジマンが通常通り60秒間でプレイを行い4人がアウトになるまでの合計タイムが最も早かったチームが勝者となる。2010年4月16日より金曜の「G」のみの放送に移行し、セットには応援席が設けられた。同時に、先鋒→次鋒→中堅→大将→ドッジマンと5人と対決する形に変わり、ヒットされるたびターゲットはペナルティとして冷却ガスを浴びていたが廃止された。2010年7月からは再度通常版でも放送されるようになった。2010年12月17日放送分からは先鋒→中堅→大将→ドッジマンと4人と対決する形に変更された。2011年3月に2度目のチャンピオンシップを開催、宮崎大輔が大将として登場した。2011年度は4人全員を速く倒したチームが年間王者になる。
金田達の順番紹介時に流れるBGMは「Take off!! スーパーGUTS」のインストゥルメンタル版、ドッジマンの登場時のBGMは「ローラーヒーロー・ムテキング」を極端に短くしたものである。
なお、「ドッジ仙人が教える! ドッジボール上達のコツ十一ヶ条」と題して、村上にドッジボールを指導した「ドッジ仙人」がドッジボールを上達させるためのテクニックやポイントなどを実演で紹介するコーナーが放送されることもあった。
ドロP(ポリス)
2010年4月23日開始、ドロケイをアレンジした新感覚鬼ごっこゲーム。
シーズン1のルールは学校(主に廃校)を舞台にポリス(小学生または芸能人)は4人1組(2回目の放送までは5人1組)のチームとなり制限時間30分の間にカナパン三世(金田)、村元大介(村上)、川島川左ェ門(川島)、○○フジコ(峰不二子ポジション、ゲストは毎回変わる)の4人(カナパン一味)を逮捕したら勝ちでごほうびとしてレギュラーのサイン入り感謝状とメダルがもらえる。一方、カナパン一味は全員逮捕されなかった場合(20-逮捕者×4)枚のPコインを入手し200枚ためると海外ロケのごほうびがある。
2010年8月6日放送回よりカナパン一味は逮捕されるとお仕置きバスターという名前のお仕置き人にピラメキドリル(電気あんま)の罰ゲームを受けることになったが、フジコ役のゲストにはピラメキペンペン(バスターにあられもない格好で持ち上げられお尻をハリセンで叩かれる)の女性専用罰ゲームが行われた。なお、この罰ゲームは2010年10月8日放送回よりお仕置きバスターが替わり、男性陣は巨大ハリセンで1発食らう超ピラメキペンペン、フジコは体を持ち上げられ小さいハリセンで3発ほど食らう新ピラメキペンペンに変更、2010年11月5日放送回からはフジコも男性陣と同じ超ピラメキペンペンに統一されている。
なお、子供(小学生)と銭亘警部(亘)間およびカナパン一味間にそれぞれトランシーバーが支給されており、それを使って連絡を取り合うことができる。通常のケイドロと若干異なり捕まっていないメンバーが逮捕された仲間にタッチした際、捕まっていたメンバーは全員復活する(2回目の放送まではタッチされたメンバーのみが復活)。また、牢屋に確保者が入れられるまでと開放後、カナパン一味が再度隠れるまでの間はタイマーがストップする。はんにゃ・フルポンは各々のキャラクターのコスプレをしている。「○○フジコ」となるゲストは基本的には普段どおりの格好だが、例外として箕輪はるか(ハリセンボン)は黒のレザースーツを着て参加している。
初期の挑戦者基本的に一般の小学生だが、たまに子役タレントが参加している時もあった。また、2010年11月5日放送分からはおネエタレント4人がポリスとして登場、2010年12月以降はタレントとの対戦となり、小学生の募集も行わなくなった。
2011年2月25日で獲得しているPコインは204枚を突破。海外ロケを獲得したが、翌週の放送で連れてこられたのは空港ではなく『大理石村ロックハート城』でそこで銭亘がムシコンプ隊のタイロケで積み立てていた貯金を崩していたという事実が明らかになった。そこで海外ロケの代わりに海外旅行をかけてのスペシャルゲームでご褒美争奪戦をすることになった。スペシャルゲームはいつもと異なり制限時間は60分でカナパン一味レギュラー+フジコゲスト2人VS歴代特殊ポリス部隊リーダー5人で争いカナパン一味は逃げ切るのではなく塔の最上階におかれた宝箱の中の海外旅行チケットを確保すれば勝ちになる。
5月10日よりシーズン2として通常枠で放送が開始。Pコインがリセットされた状態で再スタートとなった。並びに、フジコ枠が廃止され、カナパン一味VSゲストポリス3人の対決に変更された。新たなルールとしてペナルティポイントという制度が採用され(確保された回数)-(救出成功回数)の数値が30回に達成した泥棒は次の回で1回お休みになる上、GO!皆川に交代させられる。また、お仕置きもポリスが行う形に変更された。村元がペナルティポイント30に達したため、その次の回は本当にGO!皆川に交替させられた。
水鉄砲バトル
カナパン一味3人VSスペシャルポリス3人に加え銭亘もプレイヤーとして参戦。ルールは30分以内にカナパン一味が本部にある金の的を水鉄砲で射抜けば勝利。それぞれのプレイヤーの頭にも同様の的がセットされており、他のプレイヤーに射抜かれた時点でアウトとなる。これまでとは違いアウトになった場合復活することはできない。相手チームを全滅させても勝利となる。また、銭亘は本部にて金の的を巨大うちわで防御する役割を担当(銭亘がアウトになった場合は他のポリスが担当)し、他のポリスが見回りを行う。なお、降雨など自然現象で的が破れた場合もアウトとなる(本部は雨が及ばない場所へ移動される)。リニューアルに伴いお仕置き、Pコイン、ペナルティポイントは廃止された。
缶ケリバトル
カナパン一味3人VSスペシャルポリス&銭亘4人による缶けり対決。ルールは30分以内にエリア内3ヶ所に設置された缶を蹴ることができればカナパン一味の勝利。タイムアップが3人捕まえた場合はポリスチームの勝利。通常の缶けりと違い、缶けりに成功しても復活はない。
水風船バトル
カナパン一味3人VSスペシャルポリス銭亘4人による水風船対決。ルールは30分以内にカナパン一味が宝箱を獲得すれば勝利。水風船を体のビブスに当てられるとアウトになる。アウトになった場合は復活することはできない。相手チームを全滅させても勝利となる。
カナパン一味
カナパン三世(金田/リーダー)
ルパン三世の衣装。
カナパン一味を引っ張るまとめ役。足の速さを生かし、仲間を救出することが多い。
村元大介(村上/抜けてる頭脳派)
次元大介の衣装。3人の中では逮捕数が多く足を引っ張ることが多い。
秘密道具を使用することがあり、これまでに登場した道具は村元バズーカ、超超スッゲーダンボール、クモの巣玉2(セカンド)などがあるが、あまり役に立っていない。
川島川座ェ門(川島/残り5分奇跡の男)
石川五右ェ門の衣装。シーズン1ではカナパン、村元、フジコを時間ギリギリで救出することが多かったことから「残り5分奇跡の男」のキャッチフレーズが付く。
ポリスたちが気付きにくい場所(理科室の収納場所、体育館の椅子の収納場所など)によく隠れるため、捕まりにくい。
男女子役恋物語シリーズ(☆△)
男女の子役を集め、いくつかのゲーム等を行った後、意中の異性に告白する。人数は男女同数の全10人・8人・6人のほか、男女いずれかが1人少ない7人または3人の場合や、男女一方が1人のみで異性が3人以上のケースもある。基本的に1シリーズが2週間連続し7回の放送で完結する(シリーズによって変動があり最近は減少傾向にある)、「G」で放送されたのは2010年5月21日のみ。スタジオゲストが1組出演する。告白するときには、男女で人数の多い方、男女同数の場合は基本的に男子が自作のポエムを読み、相手がポエムを受け取るとカップル成立となる。なお例外的に、シーズン11(2009年12月14日-21日)とシーズン19(2010年8月12日-25日)では、男女同数で女子がポエムを読んだ。また、シーズン13(2010年2月4日-12日)では、女子がバレンタインのチョコレートを男子に差し出した。シーズン15からはハイビジョン製作になった。シーズン18(2010年7月13日-22日)からは、公式サイトでストーリーも合わせて閲覧できるようになった。
しんれい君をさがせ、落武者君を探せ(☆△)
普通の写真にはめ込み合成されたボーダー服姿の「しんれい君」を制限時間内に見つけ出すミニコーナー。当然「本物の心霊写真」ではないため、コーナー終了時にその旨を伝えるテロップを毎回表示している。当初はそれなりに本物の心霊写真らしく製作されていたが、現在は面白写真を公開している。2010年4月22日からは不定期に女性版の「しんれいちゃんをさがせ」もある。なお、「しんれい君をさがせ 総集編」と題して、今までの「しんれい君をさがせ」で紹介された合成写真を、『出没!アド街ック天国』の「○○コレクション」のパロディで次々と紹介したこともあった。ただしここでは、本家と同様にBGMに合わせて60枚紹介したのではなく、特に面白いものをピックアップして紹介し、また写真が映っている時間も写真ごとに異なっていた。2010年7月19日-23日放送分は『トイ・ストーリー3』とのコラボレーションバージョンを放送していた。2011年&2012年8月は番組内のどこかにしんれい君が登場し、それを期限内にHPや携帯サイトなどで答えると抽選でクオカードがもらえる企画を行った。2011年9月5日放送からはさらに難易度がアップした「落武者君を探せ」が始まった。
おなか様のおやつ(☆◇)
2010年3月8日開始。一見合わないような2つの食べ物(飲み物)を食べ合わせ、どのような味になるのかを検証するコーナー。司会進行は殿の「おなか様」(川島の腹に顔が描かれている)、食べ合わせは家来の「かわしま」が担当(「おなか様」と「かわしま」は川島の一人二役)。4月30日放送分からは視聴者からの投稿が紹介され、同時に川島が評価(腹0から3つ)するようになった。川島曰く、一度に10本のまとめ取りを行うという。
大募集のコーナー(☆)
テーマに沿った視聴者からの写真やイラスト、映像などの投稿を紹介するコーナー。進行はポリ・ゴンザレスが担当。小学生だけでなく中高生や大人からの投稿も多い。取り上げるテーマは「はんにゃとフルポンのイラスト」、「はんにゃとフルポンに仕掛けるドッキリ」、「オリジナルの替え歌」、「漫才のうまい小学生」、「我が家のバカ犬・バカ猫」、「仲直りの手紙」、「渡せなかったラブレター」、「0点のテスト用紙」、「パーツそっくりさん」、「身近で見かけた似てるモノ」、「クラスでかわいい女子の変顔写真」、「すごく上手く描けたマンガ」など。「はんにゃとフルポンに仕掛けるドッキリ」は、「ドッキリプロジェクト」として実施した様子を映したVTRを放送している。
ブラックポリゴンのいたずらコーナー
上記の大募集企画の1つ「ドッキリプロジェクト」から派生した企画。視聴者が考案したドッキリを行うのはこれまでと同じだが、レギュラーのはんにゃとフルポン以外にゲストがドッキリのターゲットにされることがある。
学校の怖いウワサ(△)
小学生子役がはんにゃ・フルポンに怖い話を紹介するコーナー。
キャラ-1 GP(☆)
ピラメキパンダから「挑戦状」を受け取ったご当地キャラクターとピラメキパンダが4.5m四方のリングで戦う。時間は無制限で、リング内では手をついたり転んだりしても良いが、3カウントフォールか、リングの外に出ると負けとなる。また、ギブアップも可能。勝利キャラにはチャンピオンベルトが与えられる。
どの試合も真剣勝負ではなく、番組の演出によるものであり、大抵のパターンは相手キャラクターが序盤にピラメキパンダを圧倒的に攻めるが、試合の途中で間抜けな欠点をさらし、その欠点をピラメキパンダが突いて反撃し相手をKOするというものである。
チャンピオンであるピラメキパンダはほぼ先勝しているが、2009年12月22日放送分で茨城県の『イバライガーR』と対戦し、3カウントフォールで初黒星。茨城県出身の村上演じるイバライガーの父親・イバライガーシニアに「次回からのキャラ-1 GPで3連勝したら息子と再戦してもよい」という条件を突きつけられた。ピラメキパンダはイバライガーシニアが用意した敵「じーも」「よもぎちゃん」「おふろキャップ」に全勝し、2010年1月28日放送分でイバライガーRと再戦。ピラメキパンダが「ピラピラ波」によるリングへの突き落としで勝利し、イバライガーシニアのチャンピオンベルトを奪回した。この時ピラメキパンダはイバライガーRを突き飛ばしたあとイバライガーシニアにも「ピラピラ波」を浴びせた。なお、後の放送でこの一撃を受けイバライガーは死亡したとされている。
2010年2月17日放送分で試合中のピラメキパンダの前に突如死亡したとされているはずのイバライガーに似たキャラクター(イバライガーブラック)が登場。翌2月24日放送分で、突然試合に乱入したためこの回は初の無効試合となってしまう。その直後、金田扮するアフロ姿の「カナダGM」が登場。無効試合の一件を詫びた後、彼の提案で、「キャラ-1 GP」のトーナメント戦を開催することが決定された。トーナメント戦の模様は不定期に放送され、リポーター役に川島と亘が登場していた。
2011年6月2日放送分からは悪役キャラとしてガイコツパンダが登場し、ピ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/07/09 23:44

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ピラメキーノのコーナー一覧」の意味を投稿しよう
「ピラメキーノのコーナー一覧」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ピラメキーノのコーナー一覧スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ピラメキーノのコーナー一覧」のスレッドを作成する
ピラメキーノのコーナー一覧の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail