このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ファミリーコンピュータとは?

ファミリーコンピュータ

ファミリーコンピュータ(HVC-001)

【メーカー】
任天堂
【種別】
据置型ゲーム機
世代
第3世代
【発売日】
1983年7月15日
1985年10月18日
1986年2月
1986年9月1日
1986年
1986年
1987年
1989年
※日本国外では、Nintendo Entertainment Systemとして発売された。
CPU
リコーRP2A03
(Ricoh 2A03)
【対応メディア】
ロムカセット
クイックディスク
(ディスクシステム)
コンパクトカセット
(スタディボックス)
(ファミリーベーシック)
【対応ストレージ】
任天堂公式では、コンパクトカセットとディスクカードがある。カセット内部に実装された、バッテリーバックアップ
EEPROMターボファイルの様な15ピン拡張コネクタを利用したサードパーティーによるものが有る。
【コントローラ入力】
ケーブル接続、15ピン拡張コネクタによる接続
【外部接続】
15ピン拡張コネクタ
【オンラインサービス】
ファミリーコンピュータ
ネットワークシステム
【売上台数】
1,935万台
3,400万台
6,191万台
【最高売上ソフト】
スーパーマリオブラザーズ /681万本
スーパーマリオブラザーズ /4,024万本
【互換ハードウェア】
AV仕様ファミリーコンピュータ
ファミコンテレビC1
ツインファミコン
編集ファミコン
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
【前世代ハードウェア】
カラーテレビゲーム15
【次世代ハードウェア】
スーパーファミコン

ファミリーコンピュータ(Family Computer)は、任天堂より1983年(昭和58年)7月15日に発売された家庭用ゲーム機。型番はHVC-001。HVCはHome Video Computerの略である。日本国内での略称・略記はファミコンFC。任天堂の公式表記では「コンピュータ」と末尾の長音を伸ばしていない。当時の発売価格は14,800円。

日本国外では、主要部分の仕様が同一の“Nintendo Entertainment System”(ニンテンドーエンターテインメントシステム、略称:NES)として発売されている。ただし、カセットや周辺機器は接続部分の機械的な仕様の違いでお互いの互換性はない。また、ファミリーコンピュータには搭載されてない「海賊版対策回路」が組み込まれている。

また、2016年(平成28年)に30本のソフトウェアを内蔵し、オリジナルの筐体を小型化したデザインで復刻した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が発売された。日本国外では同様のコンセプトで“Nintendo Classic Mini”(欧州)/“NES Classic Edition”(北米)が販売されている。

目次

  • 1 概要
  • 2 仕様
    • 2.1 筐体
    • 2.2 コントローラ、マイク
    • 2.3 音源
    • 2.4 MMC
    • 2.5 カセット
  • 3 バリエーション
    • 3.1 AV仕様ファミリーコンピュータ
    • 3.2 ファミコンボックス
  • 4 周辺機器
    • 4.1 任天堂純正
    • 4.2 任天堂純正・AV仕様ファミリーコンピュータ関連
    • 4.3 他社発売
  • 5 グッズ
  • 6 人気要因
    • 6.1 高いコストパフォーマンス
    • 6.2 高性能
  • 7 ファミコン互換機
  • 8 復刻版
    • 8.1 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
  • 9 ファミコンが与えた影響とその後
    • 9.1 同人カセット
  • 10 ファミコンのゲーム作品一覧
  • 11 脚注
    • 11.1 注釈
    • 11.2 出典
  • 12 参考文献
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

概要

ゲーム&ウオッチの事業を成功させた任天堂が、その利益を投入して開発した家庭用ゲーム機である。当時アーケードゲームで人気を博していた『ドンキーコング』が見劣りなく家庭で遊べる程度の性能を目標に設定して開発された。

1981年(昭和56年)3月、シャープオーブンレンジの発売を受けて「ファミコン」を民生用電気機械器具(家電)の区分で商標登録し、1983年(昭和58年)10月には娯楽用具の区分でも商標登録。その後、娯楽用具の区分での「ファミコン」商標を任天堂に譲渡した。そのため、家電区分での「ファミコン」商標はシャープが今も保持している。

開発は1981年(昭和56年)11月頃より、当時業務用ゲーム事業の縮小によって手の空いていた開発第二部(上村雅之らアーケードゲームの開発陣)が行った。開発開始の直前にコレコ社がコレコビジョンの試作品を任天堂に持ち込んでおり、その性能に開発第二部の技術者たちは驚くとともに、今後開発すべき製品のイメージとしてコレコビジョンを据えた。「ファミリーコンピュータ」の名前は上村が付けた(上村が名称を妻に伝えたところ、妻は「日本人はファミコンて略すに決まってる」と言ったという)。本体にえんじ色が使われているのは当時の社長の山内溥が好きな色だったためで、社長命令により決定。8ビットCPUを搭載し、ゲーム機本体のスロットに差し込むロムカセットを交換することにより様々なゲームを楽しむことができる。当初はアーケードゲームが家庭でできることをセールスポイントにしており、製品パッケージにも「家庭用カセット式ビデオゲーム」と銘打たれていた。

本体と同時発売したローンチタイトルは『ドンキーコング』、『ドンキーコングJR.』、『ポパイ』の3本であるが、ほどなくして『五目ならべ 連珠』と『麻雀』が発売され、その名の通り「家族みんなで楽しめる」ラインアップが揃った。その直後に発売された『マリオブラザーズ』の後は2か月以上新作が途絶えていたものの、既出のアクションゲーム4本は全てアーケード版で実績のある移植作であり、雑誌評価でも好評価を得ていた。アーケードですでに知名度のあるソフトウェアを移植するこの手法は宣伝費の削減に貢献した。当時、汎用ICを搭載していることが多かった他社のゲーム機やパソコン等と比較して、グラフィック面に特化して設計されており、1980年代前半のアーケードゲームと比べてもあまり遜色のないグラフィックを高いフレームレートで描画できた(例:『スーパーマリオブラザーズ』)。

販売状況は発売当初こそPPUのバグの発覚による出荷停止があり振るわなかったものの、徐々に人気化し1年間で300万台以上を販売した。1985年(昭和60年)には『スーパーマリオブラザーズ』を発売。この作品は大ヒットとなり本体の販売にも大きく貢献し、家庭用ゲーム機の市場を大幅に拡大させていった。同年、アメリカでNESとして発売され、アタリショック以来冷え込んでいたアメリカのテレビゲーム産業を復活させた。

最終的な出荷台数は日本国外版にあたるNESも合わせて、全世界累計で約6,291万台を記録した。内訳は日本国内で約1,935万台、日本国外で約4,356万台である。

その後、ファミリーコンピュータの一部のゲームソフトはWiiWii Uニンテンドー3DSの配信サービスであるバーチャルコンソールでもプレイ可能になった(ただし、いわゆるポケモンショックの影響により画面の明度が下げられていたり、点滅表現が抑えられているなどの修正が加えられたソフトが多数ある)。

仕様

当時の家庭用ゲーム機としては群を抜く高性能を備えており、本体の記憶域についても「複雑なゲームに耐えるよう、巨大なスペースを持っている」と評された。コストと性能のバランスを考慮した上で汎用性を割り切った設計になっている。

主記憶は、アプリケーションのROMカートリッジによる供給を前提に、16KbitのSRAMで構成されている。音源は、デューティ比の変更が可能な矩形波と、ノイズ、三角波、DPCMが使用可能になっており、当時の低価格帯の汎用音源を搭載したハードウエアよりも高い表現力を有しており、カートリッジ側とミキシング可能になった拡張スロットは、さらにその拡張も可能にしていた。

また、NTSC信号を直接生成し、スプライトを含むキャラクターに対し、カラーで制御が可能になっているカスタムチップによる設計は、汎用チップで構成された低価格帯のコンピュータや、ゲーム機に対し、その発売されたソフトウエアも相まって、特にキャラクタが多く動くリアルタイムゲームの実行という目的において大きなアドヴァンテージを示した。

仕様は下記の通り。

CPU RP2A03E
PPU RP2C02E
メイン基板(後期型)

筐体

筐体のえんじと白を基調としたカラー配置は、当時最も安価な部材の色だったためとよく言われているが、ファミコンの開発者である上村によると、実際のところは山内が好きな色で、当時山内が着ていたマフラーの色だったという。またプラスチックの筐体は、コスト的には廉価だった金属製のボディがあまりに脆かったため強度的に勝るプラスチックに変更したもので、コストが理由との噂を明確に否定している。

コントローラ、マイク

改良後のコントローラ外観

十字ボタン(Directional Pad)、A / Bボタン(A Button / B Button)、STARTボタン(START Button)、SELECTボタン(SELECT Button)をそなえたコントローラを、本体に直接接続した形で2つ持つ。

横長の板状で左に十字キー、右にボタンを複数個配置した形態は、その後のゲーム機のコントローラの雛形となった。初期に製造されたコントローラA・Bボタンは四角いシリコン樹脂(シリコンゴム)製だったため連打がきかず、ボタンを酷使すると押し込まれたまま操作できなくなるトラブルが発生していたことから、のちに耐久性を増した円形のプラスチック製ボタンへと改良がなされた。また、この四角ボタンの最初期の出荷分(発売日から半年分)に関してはコントローラのケーブルが灰色になっているロットがある。

RFスイッチは黒いままである。コントローラは本体に直接接続されているが、本体の内部では基板とコネクタ接続されているため、分解すれば自分で交換することもできる。交換用コントローラは店頭でも販売しており、ボタンを含むコントローラの外装パーツのみでの販売もあった。

コントローラII(IIコン、ツーコン)にはマイクロフォン(以下、マイク)を搭載しており、音声認識機能はないがある一定以上の大きさの音声が入力されているかどうかをソフト側で判別できた。この機能を利用した主なゲームには『バンゲリングベイ』や『スターラスター』、『たけしの挑戦状』、『ゼルダの伝説』、『ドラえもん(ハドソン版)』、『スターソルジャー』、ファミリーベーシックV3のサンプルプログラム『ハート』などがある。しかし、これも故障の原因となることがあった。また、本体の製造時期によってオン / オフの判別が逆にされたため、ゲームに有効なかたちでこの機能を利用するのは困難だったといわれる。後に発売されたAV仕様ファミリーコンピュータ(通称ニューファミコン)では、この機能は削除された。マイクの機能は開発者が、新しい遊び方として将来カラオケのように音声で遊ぶ可能性を想定して、コントローラの一つに内蔵させたものである。マイクの穴は23個あるが、左上の穴1つだけが本物になっている。

2005年(平成17年)9月13日に任天堂より発売された携帯ゲーム機、『ゲームボーイミクロ』のカラーバリエーションの一つである『ファミコンバージョン』は、このコントローラーのデザインが元になっている。また、クラブニンテンドー会員専用景品としてIIコンバージョンのフェイスプレートも存在する。これをファミコンバージョンに装着すればIIコンバージョンとなる。

コントローラーのボタンの数は十字キーを4キー分として8キーである。その後に発売されたゲーム機のコントローラと比較して決して多くないが、当時はこれらの数のボタンをテレビ画面を見ながら一度にどうやって操作するのかという論争が一部のゲーム専門誌の中にあった。

音源

ファミリーコンピュータの内蔵音源はカスタムLSI (RP2A03) の機能の一つである。この音源により奏でられるBGMは、電子ゲームのようなピコピコというビープ音よりは格段に豊かな表現力を備えながらも、FM音源などと比べればまだ原始的な電子音じみている独特の音色であり、ゲームに対するイメージの1つを作り上げた。PSGと呼ばれることがあるが狭義にはAY-3-8910またはその相当品のことであり、別設計であるpAPUは該当しない。

以下、ファミコン音源の仕様と実際のゲームでの使われ方を挙げる。

生成された音声はミキサーを通した後、さらにRFに変換されて出力される。ニューファミコンではオーディオ端子に出力される。この回路や部品が本体の製造時期によって異なるため、同じファミコンであっても本体によって音量バランスや高音域などの出方が異なる。製造期間が長いゲーム機ならではの現象といえる。

なおRF変換の際に高音域がかなり減退しているためAV出力されるニューファミコンではだいぶニュアンスが違って聞こえる。一部のサウンドトラック製作では音質追求のため、RF変換される前の信号を直接取り出すよう改造された本体を使って収録したものも存在する。

MMC

I/Oを含むアドレス空間が64kバイトしかなかったため、中期以降のファミリーコンピュータの歴史は、メモリサイズを確保するためのさまざまな工夫が施される。ディスクシステムの登場もその一環といえる。

その中でも最も多く使われた方法がMMC(Multi-Memory Controller)である。MMCはプログラムROMおよびキャラクタROMをバンクに分割し、必要に応じて切り替えるためのゲートアレイであり、カートリッジ内に搭載されている。MMCには実際に実用化されたものだけでも6種類が存在し、スクロール方向の制御などのPPUを補う機能のほか、バッテリーバックアップメモリ、割り込みを発生させるタイマカウンタ(ラスタースクロールなどで活用される)を搭載したものなどもあった。この方式は同社のゲームボーイにおいてもMBC(Memory Bank Controller)として使用されることになる。

MMCと類似のICはサードパーティー各社で開発されており、コナミのVRCチップ等がある。

カセット

カセットは長方形で、下部の左右にへこみがある。本体のカセットイジェクト用レバー(取扱説明書ではイジェクト)をカセット側にスライドさせると、このへこみ部分が本体から押し上げられ、カセットが出てくる仕組みとなっている。

取扱説明書によると、電源オフ後にイジェクトを使用し、静かに抜き取ると指示があるが、イジェクトを使わず抜いても問題ない(実際、AV仕様ファミコンではイジェクトは省略された)。イジェクト機構をわざわざ入れたのは、その仕掛けで子供が喜ぶのでは、という判断によるものである。

なお任天堂が発売するカセットラベルは、全ソフト共通の模様がつけられ意匠が統一されていたが、のちに化粧箱と同じイラストをあしらうように改められ、最終的にはサードパーティー同様、ラベルの意匠は統一されなくなった。

カセットは作品によって色が違っており、色以外に独自の意匠を凝らしたものも存在した。大容量のロムを採用した作品はカセット自体が大きくなっている。カセットの色やサイズがバラバラなのはソフトメーカーが自前でカセットを作っていたためである。

カセットのパッケージは、紙製の化粧箱にカセット本体とマニュアルなどを収めた樹脂製の内部トレイを収納した形のものが一般的である。ごく初期に発売されたソフトにはトレイが存在せず、カセットとほぼ同サイズの化粧箱に直接カセットが収納されていたが、こうした初期ソフトも再販時にはトレイを使うタイプの箱に変更されている。

箱のサイズはメーカーやソフトによって異なっており、標準サイズと比較して微妙に小さい場合もあれば、大型のマニュアルやカセット以外の付属品が存在する都合上、より大きな箱を使用したソフトも存在している。大型サイズのカセットも同様で、カセットに合わせた大型の箱が使われていた。

プラスチック製のハードケースを採用するメーカーも存在していたが、メーカー間での箱のサイズはまちまちであった。

こうしたパッケージ面での規格統一は、次世代機であるスーパーファミコンで図られていく。

バリエーション

AV仕様ファミリーコンピュータ

AV仕様ファミリーコンピュータ(HVC-101)と専用コントローラ(HVC-102)
AV仕様ファミリーコンピュータの全体
AV仕様ファミリーコンピュータ用RFモジュレータ (HVC-103)

1993年(平成5年)12月1日には新型機AV仕様ファミリーコンピュータ(エーブイしようファミリーコンピュータ)が発売された。

この名称は他のゲーム機ではすでに主流となっていたコンポジットビデオ出力によるテレビ接続が可能となったことに由来する。製品の箱には AV仕様ファミコンの略称が記載された。さらにテレビCMで用いられたニューファミコンの通称もあり、一般にはこの名で呼ばれることが多い。

当初は10月をメドに発売される予定だったが、RF出力からビデオ出力への仕様変更により延期された。北米にて先行発売されたNES2では逆にAV出力が省かれ、RF出力のみとされた。

AV仕様ファミリーコンピュータはコストダウンを図った廉価機として発売されたものの、ディスクシステムなど従来の周辺機器がほぼ全て使用でき、取り扱いも容易となったことからレトロゲームの愛好者からは珍重された。中古市場ではAV仕様ファミリーコンピュータの方が台数が少なく高値な場合が多い。

ACアダプタとRFスイッチは旧型機やスーパーファミコンとの共用が可能との理由で別売とされた。コントローラやAVケーブルなど旧型機に使用できないAV仕様ファミリーコンピュータ専用周辺機器にはNEW FFマークが付けられた。任天堂以外から発売されたNEW FFマーク付き周辺機器にはNewホリコマンダー等がある。

旧型機(HVC-001)との主な変更点は以下のとおり。

本体とコントローラのデザイン
NESと同様薄い灰色を基調とし、スイッチやボタン類には赤色、濃い灰色、黒色が配色された。コントローラはスーパーファミコンのように丸みと立体感を持たせAボタンの位置を変更するなどより操作しやすいように改良された。これらのデザインはカセット差込口を除きNES2と共通する。
映像・音声出力
コンポジットビデオ出力に対応し、煩わしいRF接続が不要となった。テレビとの接続には、スーパーファミコン用のモノラルAVケーブルまたはステレオAVケーブルを使用する。ただしステレオAVケーブルで接続した際も左右のチャンネルに同じ音声が出力される。また、S端子ケーブル、RGBケーブルは使用できない。RF出力端子は搭載されておらず、RF接続するには別売部品のRFモジュレータ(HVC-103)が必要となる。
カセット挿入部
カセット挿入部のフタはカセットの抜き差し動作と連動し自動開閉するようになった。旧型機に搭載されたカセットイジェクタ機構は削除されたため、カセットは直接手で引き抜かなければならない。
コントローラ接続端子
本体前面には新型コントローラを接続するための端子部を新たに装備した。この端子形状はNESと同一である。旧型機の本体前面に存在した拡張端子は本体側面に用意され、連射コントローラ、外部記憶装置など周辺機器との互換性は保たれた。
コントローラの機能
コントローラは本体からの取り外しが可能となり、I / IIコントローラの区別がなくなった。旧型機のIIコントローラに搭載されていたマイク機能は削除された。

AV仕様ファミリーコンピュータは、スーパーファミコンの廉価機「スーパーファミコンジュニア」とともに2003年(平成15年)9月をもって製造出荷を終えた。最後に製造されたAV仕様ファミリーコンピュータは任天堂が保管し、2003年(平成15年)から2004年(平成16年)にかけて開催されたテレビゲームの展覧会『レベルX』では「ラスト・ファミリーコンピュータ」の名前で展示された。この本体の製造年月は2003年(平成15年)9月25日、製造番号はNH11033309である。

ファミコンボックス

ファミコンボックスの例。

ファミコンボックスは、任天堂が開発し、1986年(昭和61年)に交通公社トラベランド興業(のちのJTBトラベランド)より販売された業務用向けファミリーコンピュータ。

本体内に最大15個のファミコンソフトを内蔵する(交換可能)。主にホテル旅館に設置されており、本体側面に設置されているコインボックスにコインを入れると、本体に内蔵されたファミコンソフトを10分または20分間(ディップスイッチの設定による)遊ぶことができる。制限時間内であれば、リセットボタンを押すことで他のゲームに切り替えることができる。

制限時間1分前には時間切れを知らせるブザーが鳴らされ、さらにコイン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/12/09 03:17

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ファミリーコンピュータ」の意味を投稿しよう
「ファミリーコンピュータ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ファミリーコンピュータスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ファミリーコンピュータ」のスレッドを作成する
ファミリーコンピュータの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail