このキーワード
友達に教える
URLをコピー

フェルナンド・ゴンサレスとは?

【基本情報】

【フルネーム】
Fernando González Ciuffardi
【国籍】
チリ
【出身地】
同・サンティアゴ・デ・チレ
【生年月日】
(1980-07-29) 1980年7月29日(38歳)
【身長】
183cm
【体重】
82kg
【利き手】

【バックハンド】
片手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1999年
【引退年】
2012年
【ツアー通算】
14勝
【シングルス】
11勝
【ダブルス】
3勝
【生涯通算成績】
479勝300敗
【シングルス】
370勝202敗
【ダブルス】
109勝98敗
【生涯獲得賞金】
$8,862,276
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
準優勝(2007)
全仏
ベスト4(2009)
全英
ベスト8(2005)
全米
ベスト8(2002・09)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
ベスト8(2010)
全仏
ベスト4(2005)
全英
2回戦(2005)
全米
ベスト8(2004)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
5位(2007年1月29日)
【ダブルス】
25位(2005年7月4日)
【獲得メダル】

男子 テニス
オリンピック
 | 2004 アテネ | ダブルス
 | 2008 北京 | シングルス
 | 2004 アテネ | シングルス

テンプレート プロジェクト テニス

フェルナンド・フランシスコ・ゴンサレス・シウファルディ(Fernando Francisco González Ciuffardi, 1980年7月29日 - )はチリの首都サンティアゴ・デ・チレ出身の男子プロテニス選手である。2007年全豪オープン男子シングルス準優勝者であり、2004年アテネ五輪の男子ダブルスで金メダル、男子シングルス部門で銅メダル、北京五輪男子シングルスで銀メダルがある。シングルス自己最高ランキングは5位。ATPツアーでシングルス11勝、ダブルス3勝を挙げた。身長183cm、体重82kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

目次

  • 1 選手経歴
  • 2 プレースタイル
  • 3 ATPツアー決勝進出結果
    • 3.1 シングルス: 22回 (11勝11敗)
    • 3.2 ダブルス: 4回 (3勝1敗)
  • 4 4大大会シングルス成績
  • 5 脚注
  • 6 外部リンク

選手経歴

ジュニア時代に、1998年全仏オープンジュニア男子シングルスでライバルのフアン・カルロス・フェレーロを破って優勝し、翌1999年に19歳でプロ転向。

2000年全米男子クレーコート選手権ので、ニコラス・マスーとのチリ勢決勝対決を制し、ツアー初優勝を飾った。ATPツアーにおいてチリ勢決勝対決が行われたのは、1982年以来18年ぶりの出来事だった。この年は順調にランキングを上げ、135位で終えた。

2002年は2大会で優勝を挙げ、同年の全米オープンでは4大大会にて自身初の準々決勝進出を果たす。準々決勝ではシェング・シャルケンに7-6, 3-6, 3-6, 7-6, 6-7のフルセットで敗れたが、世界ランキング18位で年を終える飛躍を見せた。

2003年全仏オープンの準々決勝で、ジュニア時代からのライバルであるファン・カルロス・フェレーロに1-6, 6-3, 1-6, 7-5, 4-6で敗れた。この年は優勝が無く、35位で年を終えた。

2004年アテネ五輪で、チリ代表に選出され、ニコラス・マスーと組んだ男子ダブルスで金メダルを獲得した。決勝の相手はドイツニコラス・キーファー/ライナー・シュットラー組で、試合は6-2, 4-6, 3-6, 7-6, 6-4のフルセットの末勝利。男子シングルスでもベスト4まで勝ち進み、3位決定戦でアメリカのテーラー・デントを6-4, 2-6, 16-14で下して銅メダルを獲得した。こうしてゴンサレスは、マスーと並んでチリの国民的英雄となった。2004年度は23位で終えた。

2005年にゴンサレスは男子ツアーで3大会優勝を挙げ、ウィンブルドンでは初めて準々決勝に進出したがロジャー・フェデラーに5-7, 2-6, 6-7で敗退。また、全仏オープン男子ダブルスでマスーと組み、準決勝進出を果たした。2005年度を11位で終えた。

2007年全豪オープンで、ゴンサレスは初の4大大会決勝進出を果たす。3回戦でレイトン・ヒューイット、4回戦でジェームズ・ブレーク、準々決勝でラファエル・ナダル、準決勝でトミー・ハースといった強豪を破る快進撃を見せ、決勝で過去9戦全敗だったロジャー・フェデラーに6-7, 4-6, 4-6で敗れて優勝を阻まれたが、チリの男子テニス選手が4大大会シングルス決勝に進出したのは、1998年全豪オープンの準優勝者マルセロ・リオス以来9年ぶりであった。この年は優勝こそ1大会に止まったものの、戦績は良好。年最終戦テニス・マスターズ・カップではラウンドロビンにて、10戦全敗だったロジャー・フェデラーに初めて勝利し、2007年度は7位で終えた。

2008年全豪オープンの3回戦敗退により、世界ランキングで大きく後退したが、2大会で優勝。全仏オープンで5年ぶり2度目の準々決勝進出があり、フェデラーに6-2, 2-6, 3-6, 4-6で競り負けた。8月の北京五輪において、ゴンサレスは2大会連続で男子シングルスのメダルを獲得する。第12シードから決勝まで進出した彼は、金メダルをかけた決勝戦でラファエル・ナダルに3-6, 6-7, 3-6で敗れた。

2009年全仏オープンでは初の準決勝に進み、4回戦で第1シードのラファエル・ナダルを破って勝ち進んだロビン・セーデリングと対戦。2セット先行されてから追い上げ、第5セットまで持ち込むものの、最終的に3-6, 5-7, 7-5, 6-4, 4-6で敗れ決勝進出ならず。

ゴンサレスは2012年ソニー・エリクソン・オープン1回戦でニコラ・マユに5-7, 6-4, 6-7(3)で敗れた試合を最後に31歳で現役を引退した。

プレースタイル

ベースライン付近でプレーするストローカーである。中でも特筆すべきは、彼の強力なフォアハンドである。強い筋力によって体の鋭い回転に腕をついて行かせることで、大きなスイングによってフォアハンドで非常に威力の強いボールを打つことができる。ラファエル・ナダルに比べて高い打点に強いと言える。

ATPツアー決勝進出結果

シングルス: 22回 (11勝11敗)

大会グレード
グランドスラム (0-1)
オリンピック (0-1)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-2)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-1)
ATPワールドツアー・250シリーズ (11-6)
 | 
サーフェス別タイトル
ハード (2-6)
クレー (8-3)
芝 (0-0)
カーペット (1-2)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 2000年5月7日 |  オーランド | クレー |  ニコラス・マスー | 6–2, 6–3
優勝 | 2. | 2002年2月17日 |  ビニャ・デル・マール | クレー |  ニコラス・ラペンティ | 6–3, 6–7, 7–6
優勝 | 3. | 2002年9月29日 |  パレルモ | クレー |  ホセ・アカスソ | 5–7, 6–3, 6–1
準優勝 | 1. | 2002年10月27日 |  バーゼル | カーペット (室内) |  ダビド・ナルバンディアン | 4–6, 3–6, 2–6
準優勝 | 2. | 2003年8月3日 |  ワシントンD.C. | ハード |  ティム・ヘンマン | 3–6, 4–6
準優勝 | 3. | 2003年10月5日 |  メス | ハード (室内) |  アルノー・クレマン | 3–6, 6–1, 3–6
優勝 | 4. | 2004年2月15日 |  ビニャ・デル・マール | クレー |  グスタボ・クエルテン | 7–5, 6–4
準優勝 | 4. | 2004年7月18日 |  アメルスフォールト | クレー |  マルティン・フェルケルク | 6–7, 6–4, 4–6
優勝 | 5. | 2005年1月16日 |  オークランド | ハード |  オリビエ・ロクス | 6–4, 6–2
準優勝 | 5. | 2005年2月6日 |  ビニャ・デル・マール | クレー |  ガストン・ガウディオ | 3–6, 4–6
優勝 | 6. | 2005年7月24日 |  アメルスフォールト | クレー |  アグスティン・カレリ | 7–5, 6–3
優勝 | 7. | 2005年10月30日 |  バーゼル | カーペット (室内) |  マルコス・バグダティス | 6–7, 6–3, 7–5, 6–4
準優勝 | 6. | 2006年10月15日 |  ウィーン | ハード (室内) |  イワン・リュビチッチ | 3–6, 4–6, 5–7
準優勝 | 7. | 2006年10月22日 |  マドリード | ハード (室内) |  ロジャー・フェデラー | 5–7, 1–6, 0–6
準優勝 | 8. | 2006年10月29日 |  バーゼル | カーペット (室内) |  ロジャー・フェデラー | 3–6, 2–6, 6–7
準優勝 | 9. | 2007年1月28日 |  全豪オープン | ハード |  ロジャー・フェデラー | 6–7, 4–6, 4–6
準優勝 | 10. | 2007年5月13日 |  ローマ | クレー |  ラファエル・ナダル | 2–6, 2–6
優勝 | 8. | 2007年9月16日 |  北京 | ハード |  トミー・ロブレド | 6–1, 3–6, 6–1
優勝 | 9. | 2008年2月3日 |  ビニャ・デル・マール | クレー |  フアン・モナコ | 不戦勝
優勝 | 10. | 2008年5月4日 |  ミュンヘン | クレー |  シモーネ・ボレッリ | 7–6, 6–7, 6–3
準優勝 | 11. | 2008年8月17日 |  北京五輪 | ハード |  ラファエル・ナダル | 3–6, 6–7, 3–6
優勝 | 11. | 2009年2月8日 |  ビニャ・デル・マール | クレー |  ホセ・アカスソ | 6–1, 6–3

ダブルス: 4回 (3勝1敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 2004年8月21日 |  アテネ五輪 | ハード |  ニコラス・マスー |  ニコラス・キーファー
ライナー・シュットラー | 6–2, 4–6, 3–6, 7–6(7), 6–4
優勝 | 2. | 2005年4月10日 |  バレンシア | クレー |  マルティン・ロドリゲス |  ルカス・アルノルド・カー
マリアノ・フッド | 6–4, 6–4
準優勝 | 1. | 2005年7月24日 |  アメルスフォールト | クレー |  ニコラス・マスー |  ルイス・オルナ
マルティン・ガルシア | 4–6, 4–6
優勝 | 3. | 2005年10月31日 |  バーゼル | カーペット |  アグスティン・カレリ |  ステファン・フース
ウェスリー・ムーディ | 7–5, 7–5

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
【2007】
【2008】
2009
2010
2011
通算成績
全豪オープン | A | 1R | 4R | 2R | 1R | 3R | 1R | F | 3R | 4R | 4R | A | 20–10
全仏オープン | LQ | 2R | 3R | QF | 1R | 3R | 2R | 1R | QF | SF | 2R | A | 20–10
ウィンブルドン | A | LQ | 2R | 1R | 3R | QF | 3R | 3R | 2R | 3R | A | 3R | 16–9
全米オープン | 2R | LQ | QF | 3R | 1R | 3R | 3R | 1R | 4R | QF | 1R | 1R | 18–11

脚注

  1. ^ “元世界5位のゴンサレスがプロ人生に幕◇ソニー・エリクソンOP男子”. tennis365.net. (2012年3月22日). http://news.tennis365.net/news/today/201203/82885.html
  2. ^ Vol.1 天下無双の豪快スウィング”. 2015年10月閲覧。

外部リンク

夏季オリンピックテニス男子ダブルス金メダリスト
2010Happy Mail