このキーワード
友達に教える
URLをコピー

フェルナンド・セギノールとは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2018年12月)
 | この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はセギノール第二姓(母方の姓)はガルシアです。
フェルナンド・セギノール
Fernando Seguignol
オリックス時代
(2010年7月4日、阪神甲子園球場にて)

【基本情報】

【国籍】
パナマ
【出身地】
ボカス・デル・トロ県
【生年月日】
(1975-01-19) 1975年1月19日(44歳)
【身長
体重】
6' 4" =約193 cm
200 lb =約90.7 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投両打
【ポジション】
一塁手
【プロ入り】
1993年
【初出場】
MLB / 1998年9月5日
NPB / 2002年3月30日
【最終出場】
MLB / 2003年9月28日
NPB / 2010年7月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


フェルナンド・アルフレド・セギノール・ガルシア(Fernando Alfredo Seguignol Garcia , 1975年1月19日 - )は、パナマ出身の元プロ野球選手(内野手)。右投両打。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 ヤンキース傘下・エクスポズ時代
    • 1.2 オリックス時代
    • 1.3 ヤンキース復帰
    • 1.4 日本ハム時代
    • 1.5 ロッキーズ傘下時代
    • 1.6 メキシコ・DETタイガース傘下時代
    • 1.7 楽天時代
    • 1.8 アトランティックリーグ時代
    • 1.9 オリックス復帰
    • 1.10 アトランティックリーグ復帰
    • 1.11 引退後
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別打撃成績
    • 2.2 年度別守備成績
    • 2.3 タイトル
    • 2.4 表彰
    • 2.5 記録
    • 2.6 背番号
    • 2.7 登場曲
  • 3 脚注
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

経歴

ヤンキース傘下・エクスポズ時代

ヤンキース3Aエクスポズなどでプレーし、1998年から2001年まで4年間でメジャー通算172試合出場・打率.251・17本塁打の成績を残していた。2001年12月21日にオリックス・ブルーウェーブが獲得を発表した。

オリックス時代

日本プロ野球(NPB)1年目の2002年一塁手または指名打者として出場し、2002年5月5日の大阪近鉄バファローズ戦と翌5月6日の千葉ロッテマリーンズ戦で2試合連続左右両打席本塁打を記録、更にこの年の7月26日にもシーズン3度目の左右打席本塁打を達成(ともに日本プロ野球史上初)。8月26日までに打率.204・23本塁打の成績を残していたが同日に不調のため出場選手登録を抹消され、そのまま一軍復帰はならず同年9月21日には球団から戦力外通告を受け、1年で解雇となった。

ヤンキース復帰

2003年はヤンキース傘下の3Aコロンバスに所属して打率.341・28本塁打・87打点の成績を残し、首位打者・本塁打王の2冠王を獲得したほか、メジャー再昇格も果たして松井秀喜のチームメイトとして5試合に出場した。

北海道日本ハムファイターズの小嶋武士オーナー代行は2003年12月10日までに新外国人としてセギノールをライアン・ループ投手とともに獲得する方針を決め、同月12日以降のウインターミーティングで2人との契約交渉に乗り出した。

日本ハム時代

2004年2月5日に北海道日本ハムファイターズへの入団が発表され、2年ぶりの日本球界復帰となった。当時の契約内容は1年契約で推定契約金2,000万円・推定年俸7,000万円+出来高で背番号は5

開幕直後の打率は4割を大きく越え、4月の月間MVPを受賞。打率.305、本塁打44本、打点108で福岡ダイエーホークス松中信彦と同数で本塁打王を獲得し、ベストナイン(指名打者部門)にも選ばれた。

2005年は前半戦はいまひとつ調子が上がらず、7月までには16本しか本塁打を打てなかったが、後半戦になると調子を上げ、8・9月だけで15本と本塁打を量産した。前年110三振を記録したが、さらに30個以上多い141三振を喫した。チーム全体でも1151三振を喫し、チーム三振数のプロ野球記録を作る一因となった。

2006年は前半戦に極度の不振に陥り、一時は稲葉篤紀に4番の座を譲ることもあった。本塁打・打点は前年より少なく物足りなかったが、優勝争いを繰り広げていた9月に4割・8本塁打と盛り返し優勝に貢献した。日本シリーズ日本一になった際には歓喜の輪に入りながら人目をはばからず号泣していた(輪の中で同じく泣いていた新庄剛志と慰め合っていた)。アジアシリーズ下述の通り出場していない。オフには日本ハム球団が2006年シーズンの契約に契約終了後の優先交渉権を盛り込んでおらず、セギノールの代理人とは契約終了前の11月中には一切連絡が取れない状態だったため、12月1日に日本ハムの支配下を一旦離れフリーエージェント(自由契約)となった。日本ハム側はそれ以後も残留に向けた交渉を行い、他球団からのオファーも無く、2007年に入ってから金銭及び契約年数で双方の歩み寄りがあり、再契約を結んだ。

2007年はシーズン通して不振で調子が上がらず打率.249・本塁打21本と低調な成績に終わってしまった。日本シリーズでは打率.333を記録、2本塁打を放つも、2億6800万と言う高年俸もネックとなり、来季の契約更改は行わない方針を球団が掲げ、この年限りで退団となった。その後オリックス・バファローズ横浜ベイスターズが興味を示したが、獲得には至らなかった。

ロッキーズ傘下時代

2008年3月コロラド・ロッキーズとマイナー契約を結ぶも、開幕直前に戦力外通告される。

メキシコ・DETタイガース傘下時代

その後、メキシカンリーグを経て、デトロイト・タイガース傘下の3A・トレドでプレー。

楽天時代

同年7月東北楽天ゴールデンイーグルスと契約。背番号は日本ハム時代と同じ5。楽天の背番号5は2006年9月にエリック・バレントが解雇されて以来、球団と野村克也監督の方針で空き番となっていたため、入団決定と同時に背番号5を貰うことができた。8月にチームに合流してからは、持ち前のパワーを遺憾なく発揮。(打撃のインパクトの瞬間「ハウッ」と雄叫びを上げながら本塁打を打ったことも)9月には月間MVP(パ・リーグ打者部門)に輝いた。最終的にはわずか39試合の出場ながら、打率.324・本塁打13本・打点40点の好成績を収めた。12月、球団から2009年シーズンの契約が合意に達したことが発表され、同年も楽天でプレーすることが決まった。

2009年は開幕戦に4番ファーストでスタメン出場。開幕1打席目でダルビッシュ有から両リーグ一番乗りとなる第1号2ランを放ったが、打率が.165と2割にも満たないなど極度の不振が続き、5月24日に一軍登録を抹消された。その後、7月4日に一軍登録されてからは復調し、最終的には打率.253、14本塁打、54打点の成績を残したが、結局、シーズン終了を以って自由契約となり退団。

アトランティックリーグ時代

2010年からは米国のプロ野球独立リーグアトランティックリーグニューアーク・ベアーズでプレーしていた。

オリックス復帰

2010年6月3日にオリックス・バファローズと契約。2002年以来、8シーズンぶりに古巣への復帰(ただし球団は合併している)となった。交流戦後の6月18日に一軍登録され、絶好調だった北川博敏に代わり試合に出ていたが、わずか6試合の出場で、打率.130、0本塁打1打点と調整不足を露呈し、6月26日に登録抹消。7月16日に再昇格したが、またも結果は残せず、7月29日に再度登録抹消。その後、一軍に再登録されることはなく、11月11日に自由契約となった。結局オリックスでは2002年同様活躍できず、2002年をさらに下回る結果に終わった。

アトランティックリーグ復帰

2011年は、アトランティックリーグランカスター・バーンストーマーズでプレーした。

引退後

同年12月、読売ジャイアンツの駐米スカウトに就任。2016年2月現在はシカゴ・カブスの国際スカウトを務める。2019年マイアミ・マーリンズ国際スカウト部長。

2016年6月28日の日本ハム対埼玉西武ライオンズ戦の始球式に、稲村亜美の対戦相手として登場。稲村の投じた102km/hの直球をセンター前に弾き返した。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1998 | MON | 16 | 46 | 42 | 6 | 11 | 4 | 0 | 2 | 21 | 3 | 0 | 0 | 0 | 1 | 3 | 0 | 0 | 15 | 1 | .262 | .304 | .500 | .804
1999 | 35 | 119 | 105 | 14 | 27 | 9 | 0 | 5 | 51 | 10 | 0 | 0 | 0 | 2 | 5 | 1 | 7 | 33 | 1 | .257 | .328 | .486 | .813
2000 | 76 | 175 | 162 | 22 | 45 | 8 | 0 | 10 | 83 | 22 | 0 | 1 | 0 | 1 | 9 | 0 | 3 | 46 | 5 | .278 | .326 | .512 | .838
2001 | 46 | 54 | 50 | 0 | 7 | 2 | 0 | 0 | 9 | 5 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 1 | 1 | 17 | 4 | .140 | .185 | .180 | .365
2002 | オリックス | 89 | 326 | 280 | 39 | 57 | 8 | 0 | 23 | 134 | 47 | 1 | 0 | 0 | 0 | 40 | 4 | 6 | 104 | 5 | .204 | .316 | .479 | .795
2003 | NYY | 5 | 8 | 7 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 3 | 0 | .143 | .250 | .143 | .393
2004 | 日本ハム | 125 | 530 | 443 | 86 | 135 | 24 | 0 | 44 | 291 | 108 | 0 | 1 | 0 | 3 | 70 | 8 | 14 | 110 | 15 | .305 | .413 | .657 | 1.070
2005 | 133 | 544 | 489 | 72 | 141 | 20 | 0 | 31 | 254 | 86 | 1 | 1 | 0 | 1 | 45 | 5 | 9 | 141 | 12 | .288 | .358 | .519 | .878
2006 | 132 | 540 | 485 | 60 | 143 | 37 | 0 | 26 | 258 | 77 | 0 | 0 | 0 | 6 | 40 | 3 | 9 | 119 | 13 | .295 | .356 | .532 | .888
2007 | 134 | 546 | 470 | 50 | 117 | 21 | 0 | 21 | 201 | 68 | 0 | 0 | 0 | 2 | 65 | 11 | 9 | 130 | 14 | .249 | .350 | .428 | .777
2008 | 楽天 | 39 | 157 | 136 | 24 | 44 | 7 | 0 | 13 | 90 | 40 | 0 | 0 | 0 | 1 | 14 | 1 | 6 | 40 | 5 | .324 | .408 | .662 | 1.069
2009 | 104 | 361 | 316 | 37 | 80 | 18 | 0 | 14 | 140 | 54 | 1 | 0 | 0 | 1 | 39 | 2 | 5 | 83 | 8 | .253 | .343 | .443 | .787
2010 | オリックス | 11 | 38 | 37 | 1 | 7 | 3 | 0 | 0 | 10 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 11 | 0 | .189 | .211 | .270 | .481
MLB:5年 178 | 402 | 366 | 42 | 91 | 23 | 0 | 17 | 165 | 40 | 0 | 1 | 0 | 5 | 20 | 2 | 11 | 114 | 11 | .249 | .303 | .451 | .754
NPB:8年 767 | 3042 | 2656 | 369 | 724 | 138 | 0 | 172 | 1378 | 483 | 3 | 2 | 0 | 14 | 313 | 34 | 59 | 738 | 72 | .273 | .360 | .519 | .879

年度別守備成績

【年
度】
【球
団】
一塁(1B)
左翼(LF)
右翼(RF)
【試

合】















【試

合】
【刺

殺】
【補

殺】
【失

策】
【併

殺】
【守

率】
【試

合】
【刺

殺】
【補

殺】
【失

策】
【併

殺】



1998 | MON | 7 | 44 | 5 | 0 | 3 | 1.000 | 8 | 20 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1.000
1999 | 23 | 172 | 11 | 2 | 20 | .989 | 6 | 10 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 3 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1.000
2000 | 30 | 144 | 11 | 2 | 16 | .987 | 16 | 9 | 0 | 2 | 0 | .818 | 14 | 8 | 1 | 1 | 0 | .900
2001 | 7 | 20 | 3 | 2 | 3 | .920 | 7 | 7 | 1 | 0 | 0 | 1.000 | 7 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1.000
2002 | オリックス | 42 | 324 | 21 | 2 | 23 | .994 | - | -
2003 | NYY | 3 | 9 | 3 | 0 | 0 | 1.000 | - | -
2004 | 日本ハム | 76 | 603 | 39 | 6 | 59 | .991 | - | -
2005 | 41 | 333 | 26 | 4 | 39 | .989 | - | -
2006 | 18 | 142 | 10 | 0 | 16 | 1.000 | - | -
2007 | 39 | 300 | 16 | 2 | 32 | .994 | - | -
2008 | 楽天 | 28 | 198 | 12 | 0 | 10 | 1.000 | - | -
2009 | 87 | 666 | 43 | 4 | 68 | .994 | - | -
MLB 70 | 389 | 33 | 6 | 42 | .986 | 37 | 46 | 1 | 2 | 0 | .959 | 25 | 11 | 1 | 1 | 0 | .923
NPB 331 | 2566 | 167 | 18 | 247 | .993 | - | -

タイトル

NPB

表彰

NPB
MiLB

記録

NPB初記録
NPB節目の記録
両打席本塁打に関する記録
【】
【日付】
【対戦球団】
【球場】
【回】
【打席】
【相手投手】
【回】
【打席】
相手投手
1 | 2002年5月5日 | 近鉄7回戦 | グリーンスタジアム神戸 | 3回 | 右 | 小池秀郎 | 6回 | 左 | 門倉健
2 | 2002年5月6日 | ロッテ7回戦 | グリーンスタジアム神戸 | 1回 | 左 | 小野晋吾 | 3回 | 右 | 川井貴志
3 | 2002年7月26日 | 近鉄16回戦 | 大阪ドーム | 2回 | 右 | 前川勝彦 | 6回 | 左 | 宮本大輔
4 | 2004年5月21日 | 近鉄6回戦 | 東京ドーム | 1回 | 左 | 川尻哲郎 | 3回 | 右 | 高木康成
5 | 2004年6月29日 | ロッテ16回戦 | 札幌ドーム | 2回 | 左 | 内竜也 | 4回 | 右 | 高木晃次
6 | 2006年9月9日 | オリックス19回戦 | 京セラドーム大阪 | 1回 | 右 | 中山慎也 | 2回 | 左 | 萩原淳
7 | 2007年6月19日 | 広島3回戦 | 広島市民球場 | 3回、6回 | 右 | ジャレッド・フェルナンデス | 7回 | 左 | 横山竜士
8 | 2008年8月30日 | ロッテ19回戦 | Kスタ宮城 | 5回 | 右 | 成瀬善久 | 9回 | 左 | 荻野忠寛
9 | 2009年8月18日 | 日本ハム16回戦 | 旭川スタルヒン | 2回 | 右 | 八木智哉 | 8回 | 左 | 谷元圭介
13球団からの本塁打に関する記録
2004年限りで消滅した近鉄を含む13球団からの本塁打は初

背番号

登場曲

脚注

  1. ^ 読売新聞』2001年12月22日東京朝刊スポーツA面21頁「オリックスがエクスポズのセギノール内野手を獲得/プロ野球」
  2. ^ 『読売新聞』2002年8月27日大阪朝刊スポーツA面25頁「オリックス・セギノールが不調のため二軍落ち/プロ野球」
  3. ^ 『読売新聞』2002年9月22日大阪朝刊スポーツB面18頁「オリックス・セギノール内野手に戦力外通告/プロ野球」
  4. ^ 『東京新聞』2004年2月6日朝刊第二運動スポーツ面20頁「日ハム セギノール獲得」
  5. ^ 『読売新聞』2004年2月6日大阪朝刊スポーツA面27頁「日本ハムがセギノールを獲得/プロ野球」
  6. ^ 『中日新聞』2003年12月11日朝刊第二運動スポーツ面22頁「セギノールを日ハム獲得へ」
  7. ^ フェルナンド・セギノール選手 獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2010年6月3日). 2011年12月22日閲覧。
  8. ^ 元日本ハムのセギノール氏が国際スカウト就任”. 読売ジャイアンツ (2011年12月22日). 2011年12月22日閲覧。
  9. ^ カブスは4人で大谷に熱視線 元ハム・セギノール氏「ダルのよう」”. スポニチ・アネックス (2016年2月10日). 2016年2月13日閲覧。
  10. ^ 稲村亜美102キロ神投球!セギノール氏と真剣勝負 日刊スポーツ、2016年10月27日閲覧。

関連項目

外部リンク

獲得タイトル・記録
パシフィック・リーグ ベストナイン(指名打者)
1970年代 | 

1980年代 | 
  • 1980 C.マニエル
  • 1981 門田博光
  • 1982 T.ソレイタ
  • 1983 門田博光
  • 1984 L.リー
  • 1985 L.リー
  • 1986 石嶺和彦
  • 1987 石嶺和彦
  • 1988 門田博光
  • 1989 門田博光

  • 1990年代 | 
  • 1990 O.デストラーデ
  • 1991 O.デストラーデ
  • 1992 O.デストラーデ
  • 1993 R.ブライアント
  • 1994 R.ブライアント
  • 1995 T.ニール
  • 1996 T.ニール
  • 1997 D.マルティネス
  • 1998 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/12/11 22:52

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「フェルナンド・セギノール」の意味を投稿しよう
    「フェルナンド・セギノール」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    フェルナンド・セギノールスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「フェルナンド・セギノール」のスレッドを作成する
    フェルナンド・セギノールの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail