このキーワード
友達に教える
URLをコピー

フェルナンド・ベルダスコとは?

移動先: 案内検索
 | この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はベルダスコ第二姓(母方の姓)はカルモナです。
 | フェルナンド・ベルダスコ
Fernando Verdasco
 | 

フェルナンド・ベルダスコ

【基本情報】

【フルネーム】
Fernando Verdasco Carmona
【国籍】
スペイン
【出身地】
同・マドリード
【生年月日】
(1983-11-15) 1983年11月15日(34歳)
【身長】
188cm
【体重】
88kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
2001年
【ツアー通算】
14勝
【シングルス】
7勝
【ダブルス】
7勝
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
ベスト4(2009)
全仏
4回戦(2007-10・14・17)
全英
ベスト8(2013)
全米
ベスト8(2009・10)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
ベスト8(2009・13)
全仏
ベスト4(2017)
全英
3回戦(2008)
全米
ベスト8(2004・08)
【国別対抗戦最高成績】

デビス杯
優勝(2008・09・11)
ホップマン杯
優勝(2013)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
7位(2009年4月20日)
【ダブルス】
8位(2013年11月11日)
2017年9月16日現在
テンプレート プロジェクト テニス

フェルナンド・ベルダスコ・カルモナ(Fernando Verdasco Carmona, 1983年11月15日 - )は、スペインマドリード出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでシングルス7勝、ダブルス7勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス7位、ダブルス8位。身長188cm、体重88kg。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。フォアハンド・ストロークを最も得意にする。

2013年ATPワールドツアー・ファイナル男子ダブルス優勝者。マスターズ1000シングルス・ダブルス共に準優勝1回。デビスカップスペイン代表の3度の優勝に貢献。2014年にシングルス通算400勝を達成。

目次

  • 1 来歴
  • 2 ATPツアー決勝進出結果
    • 2.1 シングルス: 22回 (7勝15敗)
    • 2.2 ダブルス: 12回 (7勝5敗)
  • 3 デビスカップ
    • 3.1 優勝(3)
  • 4 成績
    • 4.1 4大大会シングルス
    • 4.2 大会最高成績
  • 5 脚注
  • 6 外部リンク

来歴

ベルダスコは家の裏庭にある2面のハードコートで、4歳の時から父親とともにテニスを始めた。彼の両親はマドリード市内でレストランを経営している。2001年に18歳でプロ入り。約2年間男子ツアーの下部組織の大会で下積み生活を送った後、2003年ウィンブルドン選手権で4大大会にデビューした。ウィンブルドンでは1回戦でヤルコ・ニエミネンに敗れたが、同年の全米オープンパラドーン・スリチャパンとの3回戦に進出する。2004年、ベルダスコは4月のバレンシア・オープンでシングルス初優勝を挙げ、半年後の10月にストックホルム・オープンフェリシアーノ・ロペス(同じマドリード出身の左利き選手で、ベルダスコの最大の親友)とペアを組んでダブルス初優勝を遂げた。

2005年は、全米オープンで初の4回戦進出がある。この4回戦でもニエミネンに敗れたが、直前の3回戦で当時18歳のノバク・ジョコビッチを破る勝利があった。2006年ウィンブルドンで4回戦に進出しているが、その過程では2回戦でベンヤミン・ベッカー、3回戦で第3シードのダビド・ナルバンディアンを破り、4回戦でラデク・ステパネクに7-6, 3-6, 6-4, 4-6, 2-6のフルセットで競り負けた。2007年には、ベルダスコは全仏オープンで初の4回戦進出を決める。2回戦でドミトリー・トゥルスノフ、3回戦で同じスペインのダビド・フェレールを破ったベルダスコは、4回戦で第6シードのジョコビッチに3-6, 3-6, 6-7のストレートで完敗した。

2008年7月、ベルダスコはクロアチア・オープン決勝でイーゴリ・アンドレエフをフルセットの接戦で下した。こうして、バレンシア・オープン会以来4年ぶりの男子ツアーシングルス優勝を遂げた。

2009年全豪オープンで、ベルダスコは初めて4大大会シングルスのベスト4進出を決めた。4回戦で第4シードのアンディ・マリーを2-6, 6-1, 1-6, 6-3, 6-4のフルセットで破り、ついにシングルス4回戦の壁を破る。準々決勝では前年度準優勝者の第5シード、ジョー=ウィルフリード・ツォンガを7-6, 3-6, 6-3, 6-2で破り、初進出の準決勝で第1シードのラファエル・ナダルと長い激闘を繰り広げたが7-6, 4-6, 6-7, 7-6, 4-6で敗れた。準決勝の試合時間「5時間14分」は、全豪オープン男子シングルスの史上最長記録になった。全豪オープン終了後、ベルダスコは世界ランキングを9位に上げ、25歳にして初のトップ10入りを果たした。この後全米オープンでも初のベスト8に入っている。年度末のATPワールドツアー・ファイナルに参戦し、各試合ともセットを奪い、善戦したものの3連敗に終わった。

2010年も好調を維持し続け、SAPオープンアンディ・ロディックに3-6, 6-4, 6-4で勝利、モンテカルロ・マスターズマスターズ1000で初めて決勝に進出し、ラファエル・ナダルに敗れるも準優勝、バルセロナ・オープンでも前年度全仏オープン準優勝者ロビン・セーデリングを6-3, 4-6, 6-3で破って、2勝を挙げている。

フェルナンド・ベルダスコは2005年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップスペイン代表選手になり、2008年にチームを4年ぶり3度目の優勝に導いた。決勝戦は11月21日-23日にかけて、対戦相手国アルゼンチンのホームコートで行われた。ベルダスコはロペスと組んだダブルス第3試合に勝った後、シングルス第4試合でホセ・アカスソを6-3, 6-7, 4-6, 6-3, 6-1で破り、自らの手で優勝を決めた。2009年2011年の優勝にも貢献している。

2012年のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルス1回戦でウズベキスタンデニス・イストミンに4-6, 6-7(9)で敗れた。

2013年ウィンブルドン選手権ではノーシードからベスト8に進出した。準々決勝では優勝したアンディ・マリーに6-4, 6-3, 1-6, 4-6, 5-7で逆転負けを喫した。ダブルスではダビド・マレーロと組み最終戦のATPワールドツアー・ファイナルで決勝に進出。ブライアン兄弟を7–5, 6–7(3), [10–7]で破り優勝した。

2014年8月25日全米オープン1回戦で、シングルス通算400勝達成。スペイン人男子では11人目の記録。

2016年全豪オープンでは1回戦でラファエル・ナダルに7-6(6), 4-6, 3-6, 7-6(4), 6-2で勝利した。2回戦でドゥディ・セラに6-4, 4-6, 3-6, 7-6(4)で敗れた。

2017年は全仏オープンで1回戦で第9シードのアレクサンダー・ズベレフに勝利。全仏通算6度目の4回戦で初のベスト8進出を狙ったが、第8シードの錦織圭に序盤はリードするも6-0, 4-6, 4-6, 0-6で敗れた。

ATPツアー決勝進出結果

シングルス: 22回 (7勝15敗)

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0–1)
ATPワールドツアー・500シリーズ (1–4)
ATPワールドツアー・250シリーズ (6–10)
 | 
サーフェス別タイトル
ハード (2–6)
クレー (5–8)
芝 (0–1)
カーペット (0-0)

【結果】
【No.】
【決勝日】
【大会】
【サーフェス】
【対戦相手】
【スコア】

準優勝 | 1. | 2004年3月7日 |  アカプルコ | クレー |  カルロス・モヤ | 3–6, 0–6
優勝 | 1. | 2004年4月12日 |  バレンシア | クレー |  アルベルト・モンタニェス | 7–6(5), 6–3
準優勝 | 2. | 2005年7月30日 |  キッツビュール | クレー |  ガストン・ガウディオ | 6–2, 2–6, 4–6, 4–6
準優勝 | 3. | 2007年10月27日 |  サンクトペテルブルク | ハード (室内) |  アンディ・マリー | 2–6, 3–6
準優勝 | 4. | 2008年6月22日 |  ノッティンガム | 芝 |  イボ・カロビッチ | 5–7, 7–6(4), 6–7(8)
優勝 | 2. | 2008年7月20日 |  ウマグ | クレー |  イーゴリ・アンドレエフ | 3–6, 6–4, 7–6(4)
準優勝 | 5. | 2009年1月5日 |  ブリスベン | ハード |  ラデク・ステパネク | 6–3, 3–6, 4–6
優勝 | 3. | 2009年8月29日 |  ニューヘイブン | ハード |  サム・クエリー | 6–4, 7–6(6)
準優勝 | 6. | 2009年10月4日 |  クアラルンプール | ハード (室内) |  ニコライ・ダビデンコ | 4–6, 5–7
優勝 | 4. | 2010年2月14日 |  サンノゼ | ハード (室内) |  アンディ・ロディック | 3–6, 6–4, 6–4
準優勝 | 7. | 2010年4月18日 |  モンテカルロ | クレー |  ラファエル・ナダル | 0–6, 1–6
優勝 | 5. | 2010年4月25日 |  バルセロナ | クレー |  ロビン・セーデリング | 6–3, 4–6, 6–3
準優勝 | 8. | 2010年5月22日 |  ニース | クレー |  リシャール・ガスケ | 3–6, 7–5, 6–7(5)
準優勝 | 9. | 2011年2月13日 |  サンノゼ | ハード (室内) |  ミロシュ・ラオニッチ | 6–7(6), 6–7(5)
準優勝 | 10. | 2011年5月1日 |  エストリル | クレー |  フアン・マルティン・デル・ポトロ | 2–6, 2–6
準優勝 | 11. | 2011年7月31日 |  グシュタード | クレー |  マルセル・グラノリェルス | 4–6, 6–3, 3–6
準優勝 | 12. | 2012年3月3日 |  アカプルコ | クレー |  ダビド・フェレール | 1–6, 2–6
準優勝 | 13. | 2013年7月14日 |  ボースタード | クレー |  カルロス・ベルロク | 5–7, 1–6
優勝 | 6. | 2014年4月13日 |  ヒューストン | クレー |  ニコラス・アルマグロ | 6–3, 7–6(4)
優勝 | 7. | 2016年4月25日 |  ブカレスト | クレー |  リュカ・プイユ | 6–3, 6–2
準優勝 | 14. | 2016年7月17日 |  ボースタード | クレー |  アルベルト・ラモス=ビニョラス | 3-6, 4-6
準優勝 | 15. | 2017年3月4日 |  ドバイ | ハード |  アンディ・マリー | 3–6, 2–6

ダブルス: 12回 (7勝5敗)

【結果】
【No.】
【決勝日】
【大会】
【サーフェス】
【パートナー】
【対戦相手】
【スコア】

優勝 | 1. | 2004年11月1日 |  ストックホルム | ハード
(室内) |  フェリシアーノ・ロペス |  ウェイン・アーサーズ
ポール・ハンリー | 6–4, 6–4
準優勝 | 1. | 2007年7月22日 |  シュトゥットガルト | クレー |  ギリェルモ・ガルシア=ロペス |  フランティシェク・チェルマク
レオシュ・フリードル | 4–6, 4–6
準優勝 | 2. | 2009年1月10日 |  ブリスベン | ハード |  ミーシャ・ズベレフ |  マルク・ジケル
ジョー=ウィルフリード・ツォンガ | 4–6, 3–6
優勝 | 2. | 2012年2月26日 |  ブエノスアイレス | クレー |  ダビド・マレーロ |  ミハル・メルティナク
アンドレ・サ | 6–4, 6–4
優勝 | 3. | 2012年3月3日 |  アカプルコ | クレー |  ダビド・マレーロ |  マルセル・グラノリェルス
マルク・ロペス | 6–3, 6–4
優勝 | 4. | 2012年7月14日 |  ウマグ | クレー |  ダビド・マレーロ |  マルセル・グラノリェルス
マルク・ロペス | 6–3, 7–6(4)
優勝 | 5. | 2012年7月22日 |  ハンブルク | クレー |  ダビド・マレーロ |  ロジェリオ・ドゥトラ・ダ・シウバ
ダニエル・ムニョス・デ・ラ・ナバ | 6–4, 6–3
準優勝 | 3. | 2012年10月28日 |  バレンシア | ハード
(室内) |  ダビド・マレーロ |  アレクサンダー・ペヤ
ブルーノ・ソアレス | 3–6, 2–6
優勝 | 6. | 2013年9月22日 |  サンクトペテルブルク | ハード
(室内) |  ダビド・マレーロ |  ドミニク・イングロット
デニス・イストミン | 7–6(6), 6–3
準優勝 | 4. | 2013年10月13日 |  上海 | ハード |  ダビド・マレーロ |  イワン・ドディグ
マルセロ・メロ | 6–7(2), 7–6(6), [2–10]
優勝 | 7. | 2013年11月11日 |  ロンドン | ハード
(室内) |  ダビド・マレーロ |  ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン | 7–5, 6–7(3), [10–7]
準優勝 | 5. | 2014年4月12日 |  ヒューストン | クレー |  ダビド・マレーロ |  ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン | 6–4, 4–6, [9–11]

デビスカップ

優勝(3)

【年】
スペインチーム 【ラウンド/相手】

2008年 | ラファエル・ナダル
ダビド・フェレール
フェルナンド・ベルダスコ
フェリシアーノ・ロペス
トミー・ロブレド
ニコラス・アルマグロ | 1R: ペルー 0–5 スペイン
QF: ドイツ 1–4 スペイン
SF: スペイン 4–1 アメリカ
FN: アルゼンチン 1–3 スペイン

2009年 | ラファエル・ナダル
フェルナンド・ベルダスコ
ダビド・フェレール
フェリシアーノ・ロペス
トミー・ロブレド
フアン・カルロス・フェレーロ | 1R: スペイン 4–1 セルビア
QF: スペイン 3–2 ドイツ
SF: スペイン 4–1 イスラエル
FN: スペイン 5–0 チェコ

2011年 | ラファエル・ナダル
ダビド・フェレール
フェルナンド・ベルダスコ
フェリシアーノ・ロペス
マルセル・グラノリェルス | 1R: ベルギー 1–4 スペイン
QF: アメリカ 1–3 スペイン
SF: スペイン 4–1 フランス
FN: スペイン 3–1 アルゼンチン

成績

4大大会シングルス

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
【2007】
【2008】
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
【通算成績】

全豪オープン | LQ | 1R | 2R | 2R | 2R | 2R | SF | 4R | 4R | 1R | 3R | 2R | 3R | 2R | 1R | 21–14
全仏オープン | LQ | 2R | 1R | 2R |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/02/20 16:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「フェルナンド・ベルダスコ」の意味を投稿しよう
「フェルナンド・ベルダスコ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

フェルナンド・ベルダスコスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「フェルナンド・ベルダスコ」のスレッドを作成する
フェルナンド・ベルダスコの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail