このキーワード
友達に教える
URLをコピー

フランスとは?

フランス共和国
République française



(国旗) | (国章に準じる紋章)
国の標語:Liberté, Égalité, Fraternité
(フランス語: 自由、平等、友愛)
国歌:La Marseillaise(フランス語)
ラ・マルセイエーズ
公用語 フランス語
首都 パリ
最大の都市 パリ
政府
大統領 エマニュエル・マクロン
首相 ジャン・カステックス
元老院議長
ジェラール・ラルシェ
国民議会議長
リシャール・フェラン
面積
総計 551,500km(51位)
水面積率 0.2%
人口
総計(2020年) 62,814,233人(21位)
人口密度 113人/km
GDP(自国通貨表示)
【合計(2020年)】
2兆2,319億ユーロ (€)
GDP(MER)
合計(2020年) 2兆5,515億ドル(5位)
【1人あたり】
39,257ドル
GDP(PPP)
合計(2020年) 2兆9,542億ドル(8位)
【1人あたり】
45,454ドル
建国
西フランク王国(カロリング朝時代) 843年8月10日
フランス王国(カペー朝成立以後) 987年
フランス第一共和政
1792年8月10日
フランス第五共和政(現行) 1958年10月4日

通貨 ユーロ (€)(EUR)
時間帯 UTC+1 (DST:+2)
ISO 3166-1 FR / FRA
ccTLD .fr
国際電話番号 33
  1. ^ CIA World Factbook/France
  2. ^ World Economic Outlook Database, October 2020”. IMF (2020年10月). 2020年12月26日閲覧。

この表のデータは本土のみで、海外県・属領を含まない。

 | 
この記事はフランス語版Wikipediaの対応するページを翻訳することにより充実させることができます。(2021年2月)
翻訳前に重要な指示を読むには右にある[表示]をクリックしてください。
  • フランス語版記事の機械翻訳されたバージョンを表示します(各言語から日本語へ)。
  • Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。
  • 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。
  • 履歴継承を行うため、要約欄に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。記述方法については、Wikipedia:翻訳のガイドライン#要約欄への記入を参照ください。
  • 翻訳後、{{翻訳告知|fr|France}}ノートに追加することもできます。
  • Wikipedia:翻訳のガイドラインに、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。

フランス共和国(フランスきょうわこく、フランス語: République française)、通称フランス(フランス語: France)は、西ヨーロッパカリブ太平洋、およびインド洋に位置する共和制国家。首都はパリ

フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。この他世界各地に海外地域および領土を有する。

概要

フランスは名目GDP世界第7位かつ購買力平価で世界第10位ユーロ圏ではドイツに次ぐ第二位の経済大国であり、高い人間開発指数を持つ先進国として知られる。数多くの世界遺産を抱えており世界で最も観光客の多い国の一つである。軍事面においてはアメリカを除けば世界で唯一の原子力空母シャルル・ド・ゴール」や原子力潜水艦核兵器を保有しており、強力な軍事力を持っている。国際連合安全保障理事会常任理事国であり、G7G20欧州評議会世界貿易機関経済協力開発機構北大西洋条約機構パリクラブおよびフランコフォニー国際機関における主要なメンバーである。国際政治においてはこれらの理由から、政治・経済・文化において強力な影響を及ぼす列強の一角に数えられており、ヨーロッパにおける「ビッグ4」の一つでもある。

歴史的にはデカルトモンテスキュールソーサルトルといった哲学者やマリ・キュリーパストゥールといった科学者、モネセザンヌゴーギャンクールベドラクロワといった芸術家の故国もしくは活躍の舞台であり、また百年戦争フランス革命ナポレオン戦争といった歴史的事象の主要な舞台であった。

国名

エッフェル塔パリ、およびフランスのシンボルで、1889年にパリで行われた第4回万国博覧会のために建造された。

正式名称はフランス語で、République française(レピュブリク・フランセーズ)。通称、France(フランス)。略称、FR

日本語の表記は、フランス共和国。通称、フランス。政体の第五共和政に因んでフランス第五共和国と呼ばれる場合もある。また、漢字による当て字で、仏蘭西(旧字体:佛蘭西)、法蘭西(中国語表記由来)などと表記することもあり、()と略されることが多い。英語表記はFrance、国民・形容詞はFrench

国名の France は、11世紀の『ローランの歌』においてまではさかのぼって存在が資料的に確認できるが、そこで意味されている Franceフランク王国のことである。一方で987年に始まるフランス王国 に、France という名前が用いられているが、これは後代がそのように名づけているのであって、その時代に France という国名の存在を認定できるわけではない。また中世のフランス王REX FRANCUS と署名している。France は中世ヨーロッパに存在したフランク王国に由来すると言われる。その証左に、歴代フランス王の代数もフランク王国の王から数えている(ルイ1世ルイ16世を参照)。作家の佐藤賢一は、ヴェルダン条約でフランク王国が西フランク中フランク東フランクに3分割され、中フランクは消滅し、東フランクは神聖ローマ皇帝を称したため、フランク王を名乗るものは西フランク王のみとなり、フランクだけで西フランクを指すようになった、と説明している。ドイツ語では、直訳すればフランク王国となる Frankreich(フランクライヒ)を未だにフランスの呼称として用いている。これと区別するために、ドイツ語でフランク王国は Frankenreich(フランケンライヒ)と呼んでいる。多くの言語ではこのフランク王国由来の呼称を用いている。

歴史

詳細は「フランスの歴史」を参照

フランスの歴史は現代世界史の幹である。ブルボン朝最盛期のフランスはヨーロッパ最大の人口を有し、ヨーロッパの政治・経済・文化に絶大な影響力を持った。フランス語は外交の舞台での共通語となった。現在は国連事務局作業言語である。フランスは17世紀以降1960年代まで、大英帝国に次ぐ広大な海外植民地帝国を有した。1919年から1939年、フランスの面積は最大となり(12,347,000km)、世界の陸地の8.6%を占めた。

ローマ帝国の支配

現在のフランスに相当する地域は、紀元前1世紀まではマッシリア(現・マルセイユ)などの地中海沿岸のギリシャ人の植民都市を除くと、ケルト人が住む土地であり、古代ローマ人はこの地をガリア(ゴール)と呼んでいた。ゴールに住むケルト人はドルイドを軸に自然を信仰する独自の文化体系を持っていたが、政治的には統一されていなかった。

紀元前219年に始まった第二次ポエニ戦争では、カルタゴ帝国の将軍ハンニバル南フランスを抜けてローマ共和国の本拠地だったイタリア半島へ侵攻したが、ゴールには大きな影響を及ぼさなかった。

『ユリウス・カエサルの足元に武器を放るヴェルサンジェトリクス』

その後、カルタゴを滅ぼしたローマは西地中海最大の勢力となり、各地がローマの支配下に置かれた。ゴールも例外ではなく、紀元前121年には南方のガリア・ナルボネンシスが属州とされた。紀元前1世紀に入ると、ローマの将軍・カエサル紀元前58年にゴール北部に侵攻した(ガリア戦争)。ゴールの諸部族をまとめたヴェルサンジェトリクスは果敢に抵抗したが、ローマ軍はガリア軍を破ってゴールを占領し、ローマの属州とした。1世紀にはガリア属州はガリア・アクィタニアガリア・ルグドゥネンシスガリア・ベルギカの3つに分割され、ナルボネンシスを含め4つの属州が存在することとなった。ローマの統治下ではローマの平和の下で経済が成長し、穀物やブドウ酒の生産が盛んとなって、ガリアはその豊穣で知られるようになった。またこの時期にはケルト人のラテン化が進み、ガロ・ローマ文化が成立した。

フランク王国とフランスの成立

レミギウスから洗礼を受けるクローヴィス

5世紀になるとゲルマン系諸集団が東方から侵入し、476年西ローマ帝国が滅びると、ゲルマン人の一部族であるフランク族クローヴィスが建国したメロヴィング朝フランク王国が勢力を伸ばし始めた。クローヴィスは496年にカトリックに改宗し、フランク族はキリスト教を受け入れた。やがてメロヴィング朝の宮宰であったカロリング家の勢力が拡大し、カール・マルテルは732年にイベリア半島から進出してきたイスラーム勢力のウマイヤ朝トゥール・ポワティエ間の戦いで破り、イスラーム勢力の西ヨーロッパ方面への拡大を頓挫させた。その子であるピピン3世751年にメロヴィング朝のキルデリク3世を退位させて即位し、カロリング朝を開いた。

フランク王国はピピンの子であるシャルルマーニュ(カール大帝)の時代に最盛期を迎える。彼はイスラーム勢力やアヴァール族を相手に遠征を重ね、現在のフランスのみならず、イベリア半島北部からイタリア半島北部・パンノニア平原(現在のハンガリー周辺)までを勢力範囲とし、ほぼヨーロッパを統一した。シャルルマーニュのもとでヨーロッパは平静を取り戻し、カロリング・ルネサンスが興った。800年にシャルルマーニュは西ローマ帝国皇帝の称号をローマ教皇から与えられた。シャルルマーニュの没後、その子であるルイ1世が840年に没すると、フランク王国は西フランク王国中フランク王国東フランク王国の3つに分裂し、このうち西フランク王国が現在のフランスの基礎となった。また、この時期に古フランス語の形成が始まった。

987年、西フランク王国の王統が断絶し、パリ伯ユーグ・カペーフランス王に選出されてカペー朝が成立した。カペー朝の王権は当初非常に弱体で、パリを中心とするわずかな領土を直接支配するのにすぎなかったが、1180年にフィリップ2世が即位すると国内の所領を次々と獲得して王領を拡大し、1223年に彼が退位する頃にはフランスはヨーロッパの大国のひとつとなっていた。 1209年アルビジョア十字軍が開始され、異端とされたオクシタニア(現・南フランス)のカタリ派を殲滅した。その結果、カタリ派とともに独立性の強かった南フランスの諸侯も滅ぼされた。また12世紀にはフランス全土で「大開墾時代」と呼ばれるほどの農地拡大が起き、13世紀には人口が激増した。カペー朝はその後も ルイ9世フィリップ4世といった有能な国王の下で勢力を拡大していったものの、1328年に王統が断絶してフィリップ6世が即位し、ヴァロワ朝が成立した。

しかしこの即位を巡ってカペー家の血を引いているイングランド国王エドワード3世との対立が深まり、1337年から、フランスはイングランドとの百年戦争(1337年 - 1453年)を戦っている。この戦争の後半にはフランスは一時国土の北半を奪われるまでになったものの、ジャンヌ・ダルクの活躍をきっかけとして攻勢に転じ、1453年にはシャルル7世のもとでカレーを除くすべてのフランス領を奪回して勝利を収めた。その子であるルイ11世は国内統治の充実を図るとともにブルゴーニュ戦争で有力諸侯であったブルゴーニュ公の領国を崩壊させ、充実した国力の元でその子であるシャルル8世は1494年にイタリア戦争を起こした。

絶対王政

「太陽王」ルイ14世

16世紀前半のフランスは、ハプスブルク家との抗争を繰り返しながら中央集権化を進め、また1534年からはジャック・カルティエ新大陸に向かいセントローレンス川流域を探検するなど対外進出の動きも見られたが、宗教改革の影響でユグノー(カルヴァン派)が増加し、新旧両教の対立から1562年ユグノー戦争が勃発し、30年以上も続いた。1589年にはヴァロワ朝が断絶し、アンリ4世が即位してブルボン朝が成立した。アンリ4世はカトリックに改宗し、1598年、ナントの勅令を発して内戦に終止符を打った。続くルイ13世の統治下では宰相リシュリューが中央集権化と王権の強化を推進し、次いで1643年に即位したルイ14世は幼少だったために宰相マザランが実権を握ったものの、マザランが1661年に死去すると親政を開始した。ルイ14世の統治下では絶対王政が確立され、財務総監ジャン=バティスト・コルベールの元で重商主義的政策を推進し産業を振興、またヴェルサイユ宮殿を建設し王の権威は非常に高まったものの、対外戦争では必ずしも成果を上げることができず、また1685年フォンテーヌブローの勅令によってナントの勅令を廃止したため、産業の中核を担っていたユグノーが海外へと移民し経済の停滞を招いた。またこの時期、フランスはヨーロッパ外への進出を盛んに行い、アメリカアフリカアジアに広大な海外領土を獲得してフランス植民地帝国を形成することとなった。

1715年に即位したルイ15世の統治下では啓蒙思想が発展し、1748年にはシャルル・ド・モンテスキューが『法の精神』を発表、1751年からは『百科全書』の刊行が始まり、1762年にはジャン=ジャック・ルソーが『社会契約論』を発表した。一方で1756年からの七年戦争でフランスは孤立し、1763年パリ条約で多くの植民地を失い、また経済の不振や財政危機、啓蒙思想の普及によって旧来のアンシャン・レジームは動揺を始め、1774年に即位したルイ16世の時代に社会の緊張は頂点に達した。

共和制と帝政

フランス人権宣言
アルプスを越えるナポレオンジャック=ルイ・ダヴィッド

1789年フランス革命が勃発し、三部会に代わって形成された憲法制定国民議会封建制の廃止や人間と市民の権利の宣言の採択など重要な決定を行った。とくに人権宣言は、自由平等国民主権など近代民主社会の基本原則を確立した。しかし革命は急進化していき、1793年には国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットが処刑され、同時に数千人ものフランス市民が恐怖政治の犠牲となった。

1794年7月に起きたテルミドール9日のクーデターによって、恐怖政治の中心であったマクシミリアン・ロベスピエールを中心とする山岳派の主立ったメンバーが逮捕・処刑されたものの、総裁政府の統治は安定せず、1799年ブリュメールのクーデターによってナポレオン・ボナパルトが共和国の権力を握り、第1統領となった。1804年にはナポレオンは皇帝に即位して第一帝政を開き、ナポレオン戦争と呼ばれる一連の戦争を通じてナポレオンの軍隊はヨーロッパを圧倒し、この戦争で数百万人が犠牲となった。一方でナポレオン法典の発布に見られるように、ナポレオンはフランス革命の成果を継承する姿勢を明確に示した。しかしこうしたナポレオンの覇権は1812年ロシア戦役の失敗によって水泡に帰し、蜂起した諸国軍によって1814年にパリが陥落、ナポレオンはエルバ島に流された。1815年、エルバ島から脱出したナポレオンが一時フランスに復帰したものの(百日天下)、ワーテルローの戦いに敗れナポレオン時代は終わった。

ナポレオン敗北後、フランスはブルボン朝のルイ18世が即位し王政復古したが、王の権力は憲法に制約された外見的立憲君主制となった。しかしこの政権の実権を握った亡命貴族たちは極端な保守反動政治を行い、反発した自由派によって1830年七月革命が勃発してシャルル10世が追放され、かわってルイ=フィリップが即位し七月王政がはじまった。七月王政はブルジョワ層を中心とした政権だったが政情は安定せず、1848年に勃発した2月革命によって王政は崩壊し第二共和政が成立した。第二共和政は男子普通選挙を導入したものの政情を安定させることはできず、ルイ・ナポレオン大統領は1851年12月2日のクーデターを起こして実権を握り、1852年12月2日にはナポレオン3世として即位し第二帝政を開いた。ナポレオン3世は政治を安定させるとともに産業革命を急速に進展させ、経済を大きく成長させた。また、この時期にはアロー戦争コーチシナ戦争 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2021/05/06 15:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「フランス」の意味を投稿しよう
「フランス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

フランススレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「フランス」のスレッドを作成する
フランスの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail