このキーワード
友達に教える
URLをコピー

フリーマーケットとは?

(フリーマーケットから転送)

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2012年3月)
  • 出典は脚注などを用いて記述と関連付けてください。(2017年3月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2017年3月)
ドイツの田舎町の蚤の市
北野天満宮の蚤の市に並ぶ骨董品

蚤の市(のみのいち、flea market、フリーマーケット)は、ヨーロッパの大都市の各地で春から夏にかけて、教会や市庁舎前の広場などで開かれる古物市。パリの蚤の市が有名。北米では大規模な倉庫体育館など屋内で開催されるものもある。出店者は一般家庭や仲間で集まったグループから、古物商や雑貨商の様な事業者まで幅広い。

概要

の市」flea marketは、フランス語marché aux pucesの訳であり、「ノミのわいたような古着が主な商品として扱われていた」「ノミのようにどこからともなく人や物がわき出てくる様子を表現した」などと言われているが、語源は定かではない。もっとも現在のイギリスやフランスでは、昆虫ノミとは関係なく、汚らしいみすぼらしいといった意味に捉えられている。日本に「の市」という言葉および概念を紹介したのは柔道家の石黒敬七とされる。

同種の市は、日本でも最近はあちこちで催されているが、蚤の市という呼び名は、「蚤」の持っている不潔なイメージから、歴史のある古物市ではガラクタ市、ボロ市(世田谷区など)といった名称が使われ、最近の若者・ファミリー向けの大規模イベントとして開催されるものは、「フリーマーケット」というケースが多い。日本フリーマーケット協会では、日本において蚤の市を開催するにあたり「誰もが気軽に参加出来るように」との思いを込めて本来の「flea market」に代わりより親しみやすい「free market」の英文表記をあえて採用し、同協会の商標ならびにサービスマークとしている。

日本語では、カタカナでの「フリー」がもともとの「蚤(flea)」から、「自由(free)」と混同されてしまった。そのため、日本フリーマーケット協会の英文表記も「free market」である。英語のfree marketは、経済学における自由市場のことである。

特に掘り出し物の中には、古美術などが含まれることが多く、出品者がそれと知らずに所有していた有名画家の絵画が発見されることもある。

アメリカ西海岸では「Swap Meet(スワップ・ミート:交換会)」「open air market(オープン・エア・マーケット:青空市場)」などと呼ばれることも多い。

フリーマーケット

日本のフリーマーケット(メリケンパーク)

日本各地で行われる蚤の市やガラクタ市は、1990年代以降若者・ファミリー向けの「フリーマーケット」(略称:フリマ)と呼ばれるものが多くなった。従来の「蚤の市」は、神社などの境内で縁日に併せて行われることが多いが、フリーマーケットと称する催しは、主に、競馬場サッカー場などの駐車場、大規模公園などの一角で行われることが多い。東京都内の場合は明治公園代々木公園大井競馬場秋葉原UDXなどで行われるものが規模が大きいといわれる。 尚、日本で同種の市を開催する場合、形態によっては主催者に古物商取引の許可(鑑札取得)が必要な場合がある、

近年、インターネット上でもフリーマーケットが開催される場合が多くなってきている。主に、古くなった生活用品を出すケースが多く、幼児服など短期間しか身につけられなかったものを出品するケースが多い。これらの衣類、生活用品の中にはキャラクター商品なども含まれ、特に人気のあったキャラクター商品の場合、製造元がすでに生産を終了している場合が多く、販売価格も高騰し、新品購入時とほぼ変わらないかそれ以上の値段で取引されるものも多い。

骨董市

地方都市で開催される骨董市(丹波篠山市)
富岡八幡宮で開催される骨董市

骨董市(こっとういち)は、神社仏閣の縁日お祭りに合わせて、食べ物の屋台などとは別に、骨董の市がたち、各所から骨董商やアマチュアなどが品物を持ち寄り開いたりするもの。今日、フリーマーケットとほとんど見分けがつかなくなったりしている。骨董ジャンボリー全国古民具骨董祭り東京蚤の市のような規模の大きなものから、地方都市の小さな規模のものまで多種多様にある。関東地方では乃木神社骨董市が最も歴史ある市である。近年では東京蚤の市をはじめ出店業者や販売内容は同様でも、骨董市、蚤の市、アンティークフェアなど名称は多様化の傾向がある

脚注

注釈

出典

  1. ^ 1.それは“がらくた”か“珍品”か? > 文化/たばこクロニクル > たばこジャーナル > たばこワールド(2016年3月26日時点のアーカイブ)
  2. ^ フリーマーケットとは”. 日本フリーマーケット協会. 2018年6月28日閲覧。
  3. ^ 生活骨董50年 竹日 忠司 (著)

参考文献

 | 
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2017年3月)

  • 安野光雅(Mitsumasa Anno) (2010年3月1日 (2010-03-01)) [1991] (中国語). 《跳蚤市場》. 台北: 上誼文化實業. pp. 41頁. ISBN 957-969-157-6

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/15 17:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「フリーマーケット」の意味を投稿しよう
「フリーマーケット」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

フリーマーケットスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「フリーマーケット」のスレッドを作成する
フリーマーケットの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail