このキーワード
友達に教える
URLをコピー

フレッド・リンとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
イリノイ州シカゴ
【生年月日】
(1952-02-03) 1952年2月3日(66歳)
【身長
体重】
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投左打
【ポジション】
外野手(中堅手)
【プロ入り】
1973年 MLBドラフト2巡目
【初出場】
1974年9月5日
【最終出場】
1990年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
アメリカ合衆国
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


フレデリック・マイケル・リン(Frederic Michael Lynn, 1952年2月3日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の元プロ野球選手(外野手)。左投左打。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入りとレッドソックス時代
    • 1.3 エンゼルス時代
    • 1.4 オリオールズ時代
    • 1.5 タイガース時代
    • 1.6 パドレス時代
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別打撃成績
    • 2.2 獲得タイトル
    • 2.3 表彰
    • 2.4 記録
    • 2.5 背番号
    • 2.6 代表歴
  • 3 脚注
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

経歴

プロ入り前

1970年MLBドラフト3巡目(全体60位)でニューヨーク・ヤンキースから指名を受けるが、契約せずに南カリフォルニア大学へ進学した。1972年には第1回日米大学野球選手権に出場している。第3戦で同選手権のMVPとなる山口高志から本塁打を放っており、敢闘賞を受賞した。

プロ入りとレッドソックス時代

1973年MLBドラフト2巡目(全体41位)でボストン・レッドソックスから指名され、プロ入り。1974年9月5日ミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャーデビュー。9月15日の同カードでメジャー初安打を本塁打で飾るなど、打率.419・2本塁打を記録。

1975年は開幕メジャー入りを果たし、6月18日デトロイト・タイガース戦で3本塁打・1三塁打・1単打の計5安打を放ち10打点、リーグ記録の16塁打。前半戦で打率.342・16本塁打・71打点を記録し、オールスターゲームに初選出される。最終的にリーグ2位の打率.331・21本塁打・105打点、いずれもリーグトップの47二塁打・103得点・長打率.566・OPS.967の大活躍で、同じくルーキーでチームメイトのジム・ライスと共に「Gold Dust Twins」と呼ばれ、チームの地区優勝の原動力となる。ワールドシリーズ3連覇中のオークランド・アスレティックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.364を記録し、チームは3連勝で8年ぶりのリーグ優勝。シンシナティ・レッズとのワールドシリーズでは第6戦で先制の3点本塁打を放つなど活躍を見せるが、チームは3勝4敗で敗退し57年ぶりのワールドチャンピオンはならなかった。オフに史上初めてMVPルーキー・オブ・ザ・イヤーを同時受賞し(後に2001年イチローが2人目となる)、ゴールドグラブ賞も獲得した。1976年は打率.314を記録するが、本塁打は10と前年から半減した。1977年は故障で出遅れ、復帰後も調子が上がらず打率.260に終わる。1978年は前半戦で打率.331を記録。後半で調子を落としたが打率.298・22本塁打の成績。チームは一時ヤンキースに最大14ゲーム差を付けたが9月に逆転され、シーズン最終戦で同率に並んだもののワンゲームプレイオフで敗れて地区優勝を逃した。1979年は前半戦だけでそれまでの自己最多を位更新する24本塁打・75打点を記録するなど好調で、最終的にいずれもキャリアハイの打率.333・39本塁打・122打点・177安打・出塁率.423・長打率.637・OPS1.059を記録し、首位打者のタイトルを獲得。MVPの投票でも4位に入った。1980年5月13日ミネソタ・ツインズ戦でサイクル安打を達成するが、8月28日を最後に故障で離脱し、12本塁打・61打点に留まった。

エンゼルス時代

少年時代を過ごした西海岸でのプレーを望んでいたリンは、1981年1月23日ジョー・ルディフランク・タナナジム・ドーシーとのトレードで、スティーブ・レンコと共にカリフォルニア・エンゼルスへ移籍した。

1981年は50日間に及ぶストライキでシーズンが中断され、再開後は打率.131・0本塁打と極度の不振に陥り、打率.219・5本塁打とキャリアワーストの成績に終わった。1982年は打率.299・21本塁打・86打点と復活し、チームの3年ぶりの地区優勝に貢献。ブルワーズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.611・1本塁打の大活躍。チームは2連勝後に3連敗を喫し後一歩でリーグ優勝を逃したが、活躍が評価されて史上初めて敗退チームからシリーズMVPに選出された。1983年は9年連続でオールスターに選出され、3回に史上初(現在でも唯一)の満塁本塁打を放ち、オールスターMVPを受賞。9月8日を最後に離脱するが、22本塁打を記録した。1984年オフにFAとなった。

オリオールズ時代

1984年12月11日ボルチモア・オリオールズと契約した。

1985年は23本塁打・68打点を記録するがキャリアワーストの100三振。1986年は前半戦で打率.316を記録するが、後半戦で失速し打率.287・23本塁打・67打点。1987年は4年連続の23本塁打を記録。20本以上で同じ本塁打数が4年続いたのは1961年 - 1964年ケン・ボイヤー以来で、現在でもこの2例のみ。

タイガース時代

1988年8月31日クリス・ホイルス後日発表選手のマイナー選手2名を含む3選手とのトレードで、地区優勝を争っていたタイガースへ移籍した。ポストシーズンの出場資格を得るには、同日中にチームに合流(滞在先へ移動)しなくてはならず、すぐに遠征先のアナハイムから飛行機に乗ってタイガースの遠征先シカゴに向かったが、飛行機が遅れて到着は9月1日の午前0時を過ぎていた。このため出場資格を失うが、メジャーリーグ選手会が「選手が合流しようと努力しているのに、資格を奪うのはやりすぎ」と訴え、当時のピーター・ユベロスコミッショナーが出場を許可したが、チームは9月に入って失速し、地区優勝を逃した。9月25日の古巣オリオールズ戦では9回に代打逆転満塁本塁打を放った。1989年9月4日カンザスシティ・ロイヤルズ戦でブレット・セイバーヘイゲンから通算300本塁打を記録するが、打率.241・11本塁打に終わる。オフにFAとなった。

パドレス時代

1989年12月6日サンディエゴ・パドレスと契約した。

初のナショナルリーグでのキャリアとなった1990年は開幕戦で本塁打を放つが、その後は控えに回ることが多くなり、同年限りで現役引退。

故障がちなこともあり、1978年以外は150試合以上に出場したシーズンは一度もなかった。通算306本塁打は、中堅手としてはウィリー・メイズケン・グリフィー・ジュニアミッキー・マントルデューク・スナイダーデイル・マーフィージョー・ディマジオジム・エドモンズに次ぐ記録である。

MLBオールスターゲームでの通算本塁打は4本で、スタン・ミュージアル(6本)に次ぐ歴代単独2位。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1974 | BOS | 15 | 51 | 43 | 5 | 18 | 2 | 2 | 2 | 30 | 10 | 0 | 0 | 0 | 1 | 6 | 2 | 1 | 6 | 0 | .419 | .490 | .698 | 1.188
1975 | 145 | 605 | 528 | 103 | 175 | 47 | 7 | 21 | 299 | 105 | 10 | 5 | 6 | 6 | 62 | 10 | 3 | 90 | 11 | .331 | .401 | .566 | .967
1976 | 132 | 566 | 507 | 76 | 159 | 32 | 8 | 10 | 237 | 65 | 14 | 9 | 0 | 10 | 48 | 2 | 1 | 67 | 9 | .314 | .367 | .467 | .835
1977 | 129 | 564 | 497 | 81 | 129 | 29 | 5 | 18 | 222 | 76 | 2 | 3 | 5 | 8 | 51 | 2 | 3 | 63 | 14 | .260 | .327 | .447 | .774
1978 | 150 | 627 | 541 | 75 | 161 | 33 | 3 | 22 | 266 | 82 | 3 | 6 | 4 | 6 | 75 | 11 | 1 | 50 | 9 | .298 | .380 | .492 | .872
1979 | 147 | 622 | 531 | 116 | 177 | 42 | 1 | 39 | 338 | 122 | 2 | 2 | 0 | 5 | 82 | 4 | 4 | 79 | 9 | .333 | .423 | .637 | 1.059
1980 | 110 | 478 | 415 | 67 | 125 | 32 | 3 | 12 | 199 | 61 | 12 | 0 | 0 | 5 | 58 | 3 | 0 | 39 | 10 | .301 | .383 | .480 | .862
1981 | CAL | 76 | 302 | 256 | 28 | 56 | 8 | 1 | 5 | 81 | 31 | 1 | 2 | 1 | 4 | 38 | 4 | 3 | 42 | 7 | .219 | .322 | .316 | .639
1982 | 138 | 545 | 472 | 89 | 141 | 38 | 1 | 21 | 244 | 86 | 7 | 8 | 5 | 7 | 58 | 4 | 3 | 72 | 9 | .299 | .374 | .517 | .891
1983 | 117 | 500 | 437 | 56 | 119 | 20 | 3 | 22 | 211 | 74 | 2 | 2 | 0 | 6 | 55 | 10 | 2 | 83 | 7 | .272 | .352 | .483 | .835
1984 | 142 | 600 | 517 | 84 | 140 | 28 | 4 | 23 | 245 | 79 | 2 | 2 | 2 | 2 | 77 | 8 | 2 | 97 | 14 | .271 | .366 | .474 | .840
1985 | BAL | 124 | 508 | 448 | 59 | 118 | 12 | 1 | 23 | 201 | 68 | 7 | 3 | 0 | 6 | 53 | 6 | 1 | 100 | 7 | .263 | .339 | .449 | .787
1986 | 112 | 456 | 397 | 67 | 114 | 13 | 1 | 23 | 198 | 67 | 2 | 2 | 0 | 4 | 53 | 1 | 2 | 59 | 20 | .287 | .371 | .499 | .869
1987 | 111 | 438 | 396 | 49 | 100 | 24 | 0 | 23 | 193 | 60 | 3 | 7 | 0 | 2 | 39 | 6 | 1 | 72 | 8 | .253 | .320 | .487 | .807
1988 | 87 | 334 | 301 | 37 | 76 | 13 | 1 | 18 | 145 | 37 | 2 | 2 | 1 | 4 | 28 | 1 | 0 | 66 | 7 | .252 | .312 | .482 | .794
DET | 27 | 98 | 90 | 9 | 20 | 1 | 0 | 7 | 42 | 19 | 0 | 0 | 0 | 2 | 5 | 0 | 1 | 16 | 2 | .222 | .265 | .467 | .732
'88計 114 | 432 | 391 | 46 | 96 | 14 | 1 | 25 | 187 | 56 | 2 | 2 | 1 | 6 | 33 | 1 | 1 | 82 | 9 | .246 | .302 | .478 | .780
1989 | 117 | 406 | 353 | 44 | 85 | 11 | 1 | 11 | 131 | 46 | 1 | 1 | 0 | 5 | 47 | 1 | 1 | 71 | 5 | .241 | .328 | .371 | .699
1990 | SD | 90 | 223 | 196 | 18 | 47 | 3 | 1 | 6 | 70 | 23 | 2 | 0 | 1 | 3 | 22 | 2 | 1 | 44 | 1 | .240 | .315 | .357 | .672
MLB:17年 1969 | 7923 | 6925 | 1063 | 1960 | 388 | 43 | 306 | 3352 | 1111 | 72 | 54 | 25 | 86 | 857 | 77 | 30 | 1116 | 149 | .283 | .360 | .484 | .845

獲得タイトル

表彰

記録

背番号

代表歴

脚注

  1. ^ 第1回 日米大学野球選手権(2018年9月26日閲覧)
  2. ^ 福島良一 『大リーグ物語』 講談社〈講談社現代新書〉、1991年3月、107頁。ISBN 4061490435。

関連項目

外部リンク

業績
アメリカンリーグ首位打者
1900年代 | 

1910年代 | 
  • 10 タイ・カッブ
  • 11 タイ・カッブ
  • 12 タイ・カッブ
  • 13 タイ・カッブ
  • 14 タイ・カッブ
  • 15 タイ・カッブ
  • 16 トリス・スピーカー
  • 17 タイ・カッブ
  • 18 タイ・カッブ
  • 19 タイ・カッブ

  • 1920年代 | 
  • 20 ジョージ・シスラー
  • 21 ハリー・ハイルマン
  • 22 ジョージ・シスラー
  • 23 ハリー・ハイルマン
  • 24 ベーブ・ルース
  • 25 ハリー・ハイルマン
  • 26 ヘイニー・マナシュ
  • 27 ハリー・ハイルマン
  • 28 グース・ゴスリン
  • 29 ルー・フォンセカ

  • 1930年代 | 
  • 30 アル・シモンズ
  • 31 アル・シモンズ
  • 32 デール・アレキサンダー
  • 33 ジミー・フォックス
  • 34 ルー・ゲーリッグ
  • 35 バディー・マイヤー
  • 36 ルーク・アップリング
  • 37 チャーリー・ゲーリンジャー
  • 38 ジミー・フォックス
  • 39 ジョー・ディマジオ

  • 1940年代 | 
  • 40 ジョー・ディマジオ
  • 41 テッド・ウィリアムズ
  • 42 テッド・ウィリアムズ
  • 43 ルーク・アップリング
  • 44 ルー・ブードロー
  • 45 スナッフィー・スターンワイス
  • 46 ミッキー・バーノン
  • 47 テッド・ウィリアムズ
  • 48 テッド・ウィリアムズ
  • 49 ジョージ・ケル

  • 1950年代 | 
  • 50 ビリー・グッドマン
  • 51 フェリス・フェイン
  • 52 フェリス・フェイン
  • 53 ミッキー・バーノン
  • 54 ボビー・アビラ
  • 55 アル・ケーライン
  • 56 ミッキー・マントル
  • 57 テッド・ウィリアムズ
  • 58 テッド・ウィリアムズ
  • 59 ハービー・キーン

  • 1960年代 | 
  • 60 ピート・ラネルズ
  • 61 ノーム・キャッシュ
  • 62 ピート・ラネルズ
  • 63 カール・ヤストレムスキー
  • 64 トニー・オリバ
  • 65 トニー・オリバ
  • 66 フランク・ロビンソン
  • 67 カール・ヤストレムスキー
  • 68 カール・ヤストレムスキー
  • 69 ロッド・カルー

  • 1970年代 | 
  • 70 アレックス・ジョンソン
  • 71 トニー・オリバ
  • 72 ロッド・カルー
  • 73 ロッド・カルー
  • 74 ロッド・カルー
  • 75 ロッド・カルー
  • 76 ジョージ・ブレット
  • 77 ロッド・カルー
  • 78 ロッド・カルー
  • 79 フレッド・リン

  • 1980年代 | 
  • 80 ジョージ・ブレット
  • 81 カーニー・ランスフォード
  • 82 ウィリー・ウィルソン
  • 83 ウェイド・ボッグス
  • 84 ドン・マッティングリー
  • 85 ウェイド・ボッグス
  • 86 ウェイド・ボッグス
  • 87 ウェイド・ボッグス
  • 88 ウェイド・ボッグス
  • 89 カービー・パケット

  • 1990年代 | 
  • 90 ジョージ・ブレット
  • 91 フリオ・フランコ
  • 92 エドガー・マルティネス
  • 93 ジョン・オルルド
  • 94 ポール・オニール
  • 95 エドガー・マルティネス
  • 96 アレックス・ロドリゲス
  • 97 フランク・トーマス
  • 98 バーニー・ウィリアムス
  • 99 ノマー・ガルシアパーラ

  • 2000年代 | 
  • 00 ノマー・ガルシアパーラ
  • 01 イチロー
  • 02 マニー・ラミレス
  • 03 ビル・ミラー
  • 04 イチロー
  • 05 マイケル・ヤング
  • 06 ジョー・マウアー
  • 07 マグリオ・オルドニェス
  • 08 ジョー・マウアー
  • 09 ジョー・マウアー

  • 2010年代 | 
  • 10 ジョシュ・ハミルトン
  • 11 ミゲル・カブレラ
  • 12 ミゲル・カブレラ
  • 13 ミゲル・カブレラ
  • 14 ホセ・アルトゥーベ
  • 15 ミゲル・カブレラ
  • 16 ホセ・アルトゥーベ
  • 17 ホセ・アルトゥーベ
  • 18 ムーキー・ベッツ


  • アメリカンリーグMVP
    チャルマーズ賞 | 
    2010Happy Mail