このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ブライアン・ゴットフリートとは?

ブライアン・ゴットフリート(Brian Gottfried, 1952年1月27日 - )は、アメリカの元プロテニス選手。メリーランド州ボルチモアユダヤ系の家庭に生まれる。同時にウェールズ系の血も引く。

1977年全仏オープン男子シングルス準優勝者。ダブルスではメキシコラウル・ラミレスとペアを組んで数多くのタイトルを獲得し、全仏オープンの男子ダブルスで1975年1977年の2度、ウィンブルドンでも1976年の男子ダブルスを制覇した。自己最高ランキングはシングルス3位、ダブルス2位。ATPツアーでシングルス25勝、ダブルス54勝を挙げた。身長182cm、体重75kg、右利き。フルネームは Brian Edward Gottfried (ブライアン・エドワード・ゴットフリート)という。

来歴

ジュニア時代から傑出した成績を出していたゴットフリートは、1970年全米オープン4大大会にデビューした。彼のテニス経歴は1973年から開花し始め、この年にツアーでシングルス2勝、ダブルス3勝を記録した。1973年のダブルス3勝は、パートナーはディック・ストックトン(アメリカ)であったが、1974年5月から大半のトーナメントをラウル・ラミレスと組むようになった。1975年、ゴットフリートとラミレスはダブルスで年間「12勝」を記録する。この年から1977年まで、ゴットフリートとラミレスは全仏オープンの男子ダブルスに3年連続決勝進出を果たす。1975年の全仏男子ダブルス決勝で、2人はオーストラリアペアのフィル・デント&ジョン・アレクサンダー組を 6-4, 2-6, 6-2, 6-4 で破り、4大大会初優勝を飾った。翌1976年の全仏ダブルス決勝ではアメリカペアのシャーウッド・スチュワート&フレッド・マクネアー組に敗れ、2連覇を逃す。この後、ゴットフリートとラミレスはウィンブルドンの男子ダブルスで活躍し、オーストラリアペアのロス・ケース&ジェフ・マスターズ組を 3-6, 6-3, 8-6, 2-6, 7-5 の熱戦の末に破って、4大大会ダブルス2勝目を達成した。

1977年全仏オープンは、ブライアン・ゴットフリートのテニス経歴のハイライトであった。この大会で、彼は男子シングルス・男子ダブルスの2部門に決勝進出を果たす。シングルスでは、ゴットフリートは準々決勝でイリ・ナスターゼ、準決勝でフィル・デントを破ったが、初進出の決勝ではギリェルモ・ビラスに 0-6, 3-6, 0-6 で完敗した。男子ダブルスでは、ゴットフリートとラミレスはヤン・コデシュ(チェコスロバキア)&ヴォイチェフ・フィバク(ポーランド)組を 7-6, 4-6, 6-3, 6-4 で破り、2年ぶり2度目の優勝を飾っている。全仏オープンで準優勝した年、ゴットフリートはシングルスで自己最高の年間5勝を記録した。

その後、2人は1979年ウィンブルドン1980年全仏オープンで2度の4大大会男子ダブルス準優勝があった。この後、1980年ウィンブルドンでゴットフリートにシングルスのチャンスが訪れる。この大会で、ゴットフリートは4回戦でフィル・デント、準々決勝でヴォイチェフ・フィバクを破り、ダブルスの宿敵たちを撃破して勝ち進んだが、初めての準決勝で大会5連覇を目指したビョルン・ボルグに 2-6, 6-4, 2-6, 0-6 で敗れた。

ブライアン・ゴットフリートは1975年、1度「ジャパン・オープン」で来日したことがある。シングルスでは準々決勝で敗れたが、ラミレスとのダブルスで優勝し、決勝でスペインペアのマニュエル・オランテス&フアン・ヒスベルト組を 7-6, 6-4 で破った。このタイトルは、2人が最盛期の1975年にダブルスで獲得した年間「12勝」のひとつである。

ゴットフリートはシングルスでは1983年、ダブルスでは1984年まで優勝記録があり、通算でシングルス25勝・ダブルス54勝を成し遂げた。1984年全米オープンの2回戦でジミー・コナーズに3-6, 3-6, 2-6 で敗れた試合が、ゴットフリートの最後のシングルス出場になる。彼の現役最後の試合は、1985年全仏オープン男子ダブルス1回戦であった。1999年に「国際ユダヤ人スポーツ殿堂」入りを果たしている。

4大大会成績

外部リンク

全仏オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
1960年代 | 

1970年代 | 
  • (1970年)イリ・ナスターゼ&イオン・ティリアック
  • (1971年)アーサー・アッシュ&マーティー・リーセン
  • (1972年)ボブ・ヒューイット&フルー・マクミラン
  • (1973年)ジョン・ニューカム&トム・オッカー
  • (1974年)ディック・クリーリー&オニー・パルン
  • (1975年)ブライアン・ゴットフリート&ラウル・ラミレス
  • (1976年)シャーウッド・スチュワート&フレッド・マクネアー
  • (1977年)ブライアン・ゴットフリート&ラウル・ラミレス
  • (1978年)ジーン・マイヤー&ハンク・プフィスター
  • (1979年)ジーン・マイヤー&サンディ・マイヤー

  • 1980年代 | 
  • (1980年)ビクトル・アマヤ&ハンク・プフィスター
  • (1981年)ハインツ・ギュンタード&バラージュ・タロツィ
  • (1982年)シャーウッド・スチュワート&ファーディ・テイガン
  • (1983年)アンダース・ヤリード&ハンス・シモンソン
  • (1984年)ヤニック・ノア&アンリ・ルコント
  • (1985)マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • (1986年)ジョン・フィッツジェラルド&トマシュ・スミッド
  • (1987年)アンダース・ヤリード&ロバート・セグソ
  • (1988年)アンドレス・ゴメス&エミリオ・サンチェス
  • (1989年)ジム・グラブ&パトリック・マッケンロー

  • 1990年代 | 
  • (1990年)エミリオ・サンチェス&セルヒオ・カサル
  • (1991年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード
  • (1992年)ヤコブ・ラセク&マルク・ロセ
  • (1993年)ルーク・ジェンセン&マーフィー・ジェンセン
  • (1994年)バイロン・ブラック&ジョナサン・スターク
  • (1995年)ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • (1996・97年)エフゲニー・カフェルニコフ&ダニエル・バチェク
  • (1998年)ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • (1999年)マヘシュ・ブパシ&リーンダー・パエス

  • 2000年代 | 
  • (2000年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (2001年)マヘシュ・ブパシ&リーンダー・パエス
  • (2002年)エフゲニー・カフェルニコフ&ポール・ハーフース
  • (2003年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2004年)オリビエ・ロクス&グザビエ・マリス
  • (2005・06年)ヨナス・ビョルクマン&マックス・ミルヌイ
  • (2007年)ダニエル・ネスター&マーク・ノールズ
  • (2008年)パブロ・クエバス&ルイス・オルナ
  • (2009年)ルーカス・ドロウヒー&リーンダー・パエス

  • 2010年代 | 
  • (2010年)ダニエル・ネスター&ネナド・ジモニッチ
  • (2011・12年)ダニエル・ネスター&マックス・ミルヌイ
  • (2013年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2014年)ジュリアン・ベネトー&エドゥアール・ロジェ=バセラン
  • (2015年)イワン・ドディグ&マルセロ・メロ
  • (2016年)フェリシアーノ・ロペス&マルク・ロペス
  • (2017年)ライアン・ハリソン&マイケル・ヴィーナス
  • (2018年)ピエール=ユーグ・エルベール&ニコラ・マユ

  • 全仏テニス選手権(1925–1967)男複 || 男単 | 女単 | 女複 | 混複

    ウィンブルドン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
    1970年代 | 

    1980年代 | 
  • (1980年)ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー
  • (1981年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1982年)ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー
  • (1983年・84年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1985年) ハインツ・ギュンタード&バラージュ・タロツィ
  • (1986年)マッツ・ビランデル&ヨアキム・ニーストロム
  • (1987年・88年)ケン・フラック&ロバート・セグソ
  • (1989年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード

  • 1990年代 | 
  • (1990年)リック・リーチ&ジム・ピュー
  • (1991年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード
  • (1992年)ジョン・マッケンロー&ミヒャエル・シュティヒ
  • (1993年-97年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (1998年)ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • (1999年)マヘシュ・ブパシ&リーンダー・パエス

  • 2000年代 | 
  • (2000年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (2001年)ドナルド・ジョンソン&ジャレッド・パーマー
  • (2002年-04年)ヨナス・ビョルクマン&トッド・ウッドブリッジ
  • (2005年)ステファン・フース&ウェスリー・ムーディ
  • (2006年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2007年)アルノー・クレマン&ミカエル・ロドラ
  • (2008年・09年)ダニエル・ネスター&ネナド・ジモニッチ

  • 2010年代 | 
  • (2010年)ユルゲン・メルツァー&フィリップ・ペッシュナー
  • (2011年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2012年)ジョナサン・マレー&フレデリク・ニールセン
  • (2013年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2014年)バセク・ポシュピシル&ジャック・ソック
  • (2015年)ジャン=ジュリアン・ロジェ&ホリア・テカウ
  • (2016年)ピエール=ユーグ・エルベール&ニコラ・マユ
  • (2017年)マルセロ・メロ&ルカシュ・クボット
  • (2018年)マイク・ブライアン&ジャック・ソック

  • ウィンブルドン(1884–1967)男複 || 男単 ・ 女単 | 女複 ・ 混複

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/07/15 21:16

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ブライアン・ゴットフリート」の意味を投稿しよう
    「ブライアン・ゴットフリート」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ブライアン・ゴットフリートスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ブライアン・ゴットフリート」のスレッドを作成する
    ブライアン・ゴットフリートの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail