このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ブライアン兄弟とは?

ブライアン兄弟(The Bryan brothers)はロバート・チャールズ・"ボブ"・ブライアンマイケル・カール・"マイク"・ブライアンの双子によるアメリカのプロテニス選手チーム。ATPランキング最高位は1位。ATPツアーで114勝を挙げている。

チームとしてグランドスラム優勝数歴代1位、ATP大会最多優勝記録、世界ランキング1位最長記録など数々の記録を残す史上もっとも成功したダブルスチーム。

目次

  • 1 経歴
  • 2 ダブルス記録
  • 3 受賞歴
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

経歴

2001年2月26日全米国際インドアテニス選手権にてATP初優勝。2002年8月カナダ・マスターズマスターズ初優勝。第3シードで出場した2003年全仏オープンにて前回優勝のポール・ハーフース/エフゲニー・カフェルニコフに勝利しグランドスラム初優勝。2006年ウィンブルドン選手権に優勝しキャリアグランドスラムを達成。

2010年8月1日ファーマーズ・クラシックにて優勝。オープン化以降初となるチームで決勝進出100回達成。この優勝で62回目の優勝となりトッド・ウッドブリッジ/マーク・ウッドフォードウッディーズの持つオープン化以降優勝記録を更新した。

2011年12月12日、世界ランク1位として271週目となり、これまでジョン・マッケンローが保持していたダブルス世界ランク1位の世界最長記録である270週を抜き新記録を樹立した。

2012年全仏オープン決勝に進出。決勝進出回数21回となりトッド・ウッドブリッジを抜いて歴代1位記録を更新した。

2013年全仏オープンで優勝しダブルキャリアグランドスラムを達成(各4大大会2回以上優勝)。さらにウィンブルドン選手権で優勝し、オープン化以降ダブルスチーム初となるグランドスラム4大会連続優勝を達成。

2014年全米オープンに優勝しダブルス通算優勝数100回を達成。

2014年10月、上海マスターズ2回戦にて通算900勝を達成。優勝しキャリアゴールデン・マスターズ(マスターズ9大会全制覇)を達成した。同時にグランドスラムマスターズ1000ATPワールドツアー・ファイナルデビスカップオリンピックすべての大会の優勝を果たした。

2015年全豪オープンで2年連続で3回戦止まりとなった。グランドスラム大会で2年連続で4回戦以上に上がれなかったのは2001年全仏オープン以来となる。全仏オープンでは2年ぶり6度目の決勝進出を果たすがイワン・ドディグ/マルセロ・メロに敗れた。

ダブルス記録

※オープン化以降

期間 グランドスラム記録 他記録者
2003全仏–2014全米 | 優勝「16回」 | 単独記録
2003全仏–2017全豪 | 決勝進出「30回」 | 単独記録
2003全仏–2012オリンピック | チームでのキャリアゴールデンスラム | ウッディーズ
2012全米–2013全英 | 4大会連続優勝 | 単独記録
2012オリンピック–2013全英 | 4大大会タイトル&オリンピック優勝同時保持 | 単独記録
2013全豪–2013全英 | チームで年間3冠 | アンダース・ヤリード
ジョン・フィッツジェラルド
2005全米–2014全米 | 10年連続で1大会以上に優勝 | 単独記録
2003全仏–2015全仏 | 13年連続で1大会以上に決勝進出 | 単独記録
2003全仏–2013全仏 | チームとして4大大会すべて2回以上優勝 | 単独記録
2003全仏–2013全英 | チームとして異なる3大会で3回以上優勝 | 単独記録
2003全仏–2014全米 | チームとして異なる2大会で5回以上優勝 | 単独記録
2003全仏–2015全仏 | チームとして全ての4大大会に6回以上決勝進出 | 単独記録
2005全豪–2006全英 | チームとして7大会連続決勝進出 | 単独記録
1999全仏–2016全豪 | ダブルス歴代最多勝利(更新中 ) | 単独記録
1999全仏–2016全豪 | 4大大会連続出場(更新中 ) | 単独記録
2013全豪–2013全米 | チームとしてシーズン22勝 | 単独記録
2012全米–2013全米 | 28連勝 | 単独記録
グランドスラム 期間 記録 他記録者
全豪オープン | 2006–2013 | 最多優勝「6回」 | 単独記録
全豪オープン | 2009–2011 | 3連覇 | 単独記録
全豪オープン | 2004–2013 | 最多決勝進出「9回」 | 単独記録
全豪オープン | 2009–2013 | 5連続決勝進出 | 単独記録
全米オープン | 2005–2014 | 最多優勝「5回」 | 単独記録
期間 記録 他記録者
2001–2015 | チーム歴代最多優勝(更新中 ) | 単独記録
1999–2015 | チーム歴代最多決勝進出(更新中 ) | 単独記録
2002–2015 | 14年連続5大会以上優勝 | 単独記録
1996–2015 | チーム歴代最多勝利(更新中 ) | 単独記録
2003–2015 | 世界ランキング1位最長記録 | 単独記録
2013.2.25– 2015.10.25 | 139週連続世界ランキング1位 | 単独記録
2003–2014 | 最終ランキング1位「10年」 | 単独記録
2006, 2011, 2013–2014 | フルシーズン世界ランク1位「4年」 | 単独記録
2013–2014 | フルシーズン世界ランク1位「2年連続」 | 単独記録
2009–2014 | 最終ランキング1位「6年連続」 | 単独記録
2013 | 最終ランキング1位最速記録(2013/8/19) | 単独記録
2002–2015 | チームとしてマスターズ1000最多優勝 | 単独記録
2002–2015 | チームとしてマスターズ1000最多決勝進出 | 単独記録
2002–2014 | チームとしてマスターズ1000の異なる10大会で優勝 | 単独記録
2014 | チームとしてマスターズ1000年間6大会優勝 | 単独記録
2010, 2013–2014 | チームとしてマスターズ1000で4大会連続優勝 | 単独記録
2007, 2014 | チームとしてマスターズ1000で7大会決勝進出 | 単独記録
2002–2013 | チームで4大大会,マスターズ1000の全9大会
,ワールドツアーファイナル,オリンピック金メダルすべて優勝 | 単独記録

受賞歴

脚注

  1. ^ http://news.tennis365.net/news/today/201112/82068.html?s=relate
  2. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3025257
  3. ^ BRYANS CAPTURE HISTORIC 100TH TEAM TITLE”. ATP World Tour (2014年9月7日). 2014年9月7日閲覧。
  4. ^ Bryan Brothers Fall in全仏 Doubles Final”. The New York Times (2015年6月7日). 2015年7月1日閲覧。
  5. ^ Two Brothers Plus One More Title Equals 100: Bryan Brothers Win U.S. Open Doubles Title”. The New York Times (2014年9月7日). 2014年10月5日閲覧。 “The victory also gave them at least one major title in each of the last 10 years.”
  6. ^ BRYAN BROTHERS CLAIM FOURTH MIAMI CROWN”. ATP Tennis. 2015年4月4日閲覧。 “The Bryans are the only team in the Open Era to win at least five titles for 13 straight years.”
  7. ^ BRYANS TO FINISH YEAR-END NO. 1 FOR RECORD NINTH TIME”. ATP Tennis. 2013年8月19日閲覧。

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/06/19 12:51

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ブライアン兄弟」の意味を投稿しよう
「ブライアン兄弟」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ブライアン兄弟スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブライアン兄弟」のスレッドを作成する
ブライアン兄弟の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail