このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ブラジルとは?

ブラジル連邦共和国
República Federativa do Brasil



(国旗) | (国章)
国の標語:Ordem e Progresso
(ポルトガル語: 秩序と進歩)
国歌:Hino Nacional Brasileiro(ポルトガル語)
ブラジルの国歌
公用語 ポルトガル語

ブラジル手話語


首都 ブラジリア
最大の都市 サンパウロ
政府
大統領 ミシェル・テメル
首相 なし
面積
総計 851万1965km(5位)
水面積率 0.7%
人口
総計(2012年) 約2億768万人(5位)
人口密度 24.8人/km
GDP(自国通貨表示)
【合計(2013年)】
4兆8,448億レアル
GDP (MER)
【合計(2013年)】
2兆2,460億ドル(7位)
GDP (PPP)
合計(2013年) 3兆129億ドル(7位)
【1人あたり】
14,987ドル

独立
- 宣言
- 承認 ポルトガルから
1822年9月7日
1825年8月29日
通貨 レアル (BRL)
時間帯 UTC (-2 ~ -5)(DST:脚注を参照)
ISO 3166-1 BR / BRA
ccTLD .br
国際電話番号 55
  1. ^ 実際に用いられているのは方言のブラジルポルトガル語である。
  2. ^ なお、一部の州で夏時間を導入している。

ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく、ポルトガル語: República Federativa do Brasil)、通称ブラジルは、南アメリカに位置する連邦共和制国家である。南米大陸で最大の面積を占め、ウルグアイアルゼンチンパラグアイボリビアペルーコロンビアベネズエラガイアナスリナムフランス領ギアナ(つまりチリエクアドル以外の全ての南米諸国)と国境を接している。また、大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、サンペドロ・サンパウロ群島もブラジル領に属する。その国土面積は日本の約22.5倍で、アメリカ合衆国よりは約110万km(コロンビア程度)小さいが、ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きく、インドパキスタンバングラデシュの三国を合わせた面積の約2倍に相当する。首都はブラジリア

南アメリカ大陸最大の面積を擁する国家であると同時にラテンアメリカ最大の領土、人口を擁する国家で、面積は世界第5位である。南北アメリカ大陸で唯一のポルトガル語圏の国であり、同時に世界最大のポルトガル語使用人口を擁する国でもある。公用語はポルトガル語ではあるがスペイン語も比較的通じる。ラテンアメリカ最大の経済規模であり、同時に世界で7番目の経済規模でもある。

ブラジルは北部は赤道直下で、全体的に海流等の影響もあり気候は大変温暖であり、中南米最多の人口と経済規模である。

目次

  • 1 国名
  • 2 歴史
    • 2.1 先コロンブス期
    • 2.2 ポルトガル植民地時代
    • 2.3 ブラジルの独立
    • 2.4 帝政時代
    • 2.5 旧共和国時代
    • 2.6 ヴァルガス時代
    • 2.7 ポプリズモ時代
    • 2.8 軍事独裁政権時代
    • 2.9 民政移管以降
  • 3 政治
    • 3.1 政党
    • 3.2 投票権
    • 3.3 政権
    • 3.4 治安
  • 4 軍事
    • 4.1 陸軍
    • 4.2 海軍
    • 4.3 空軍
  • 5 国際関係
    • 5.1 パレスチナ
    • 5.2 日本との関係
  • 6 地方行政区分
    • 6.1 主要都市
  • 7 地理
    • 7.1 気候
  • 8 経済
    • 8.1 工業
    • 8.2 農業
      • 8.2.1 プロデセール
      • 8.2.2 牧畜
      • 8.2.3 サトウキビとコーヒー
      • 8.2.4 焼畑農法
      • 8.2.5 日系移民者の貢献
    • 8.3 エネルギー
  • 9 交通
    • 9.1 陸運
    • 9.2 バス
    • 9.3 鉄道
    • 9.4 航空
  • 10 国民
    • 10.1 人種と民族
    • 10.2 言語
    • 10.3 宗教
    • 10.4 教育
      • 10.4.1 初等および中等教育
      • 10.4.2 高等教育
  • 11 文化
    • 11.1 食文化
    • 11.2 婚姻
    • 11.3 文学
    • 11.4 音楽
    • 11.5 映画
    • 11.6 カーニバル
    • 11.7 世界遺産
    • 11.8 祝祭日
  • 12 スポーツ
  • 13 科学と技術
  • 14 通信とメディア
  • 15 著名
  • 16 脚注
  • 17 参考文献
    • 17.1 総合
    • 17.2 歴史
    • 17.3 政治
    • 17.4 経済
    • 17.5 社会
    • 17.6 文化
  • 18 関連項目
  • 19 外部リンク

国名

ブラジルの人口分布図(2000年)

正式名称はポルトガル語で、República Federativa do Brasil (ヘプブリカ・フェデラチヴァ・ドゥ・ブラズィウ)。IPAでは、[xeˈpublika fedeɾaˈtʃiva du bɾaˈziw] 聞く。通称 Brasil(ブラズィウ)。

公式の英語表記は Federative Republic of Brazil (フェデラティヴ・リパブリク・オヴ・ブラズィル)。通称Brazil(ブラズィル)。 ポルトガル語では “Brasil” と綴られるが、英語では “Brazil” と綴られる。ただし、首都のブラジリアについては英語でも Brasília と表記される。

日本語の表記はブラジル連邦共和国。通称ブラジル漢字表記では伯剌西爾となり、と略される。ただし中国においては巴西(バーシー)という中国名がある。1822年ブラジル帝国として独立し、1889年の共和革命以降はブラジル合衆共和国を国名としていたが、1967年に現在のブラジル連邦共和国に改称した。

国号のブラジルは、樹木のパウ・ブラジルに由来する。元々この土地は1500年にポルトガル人ペドロ・アルヴァレス・カブラルが来航した当初は、南米大陸の一部ではなく島だと思われたために「ヴェラ・クルス(真の十字架)島」と名づけられたが、すぐにマヌエル1世の時代に「サンタ・クルス(聖十字架)の地」と改名された。

その後あまりにもキリスト教的すぎる名前への反発や、ポルトガル人がこの地方でヨーロッパで染料に用いられていたブラジルスオウに似た木を発見すると、それもまた同様に染料に使われていたことから、木をポルトガル語で「赤い木」を意味する「パウ・ブラジル」と呼ぶようになり、ブラジルの木のポルトガルへの輸出が盛んになったこともあり、16世紀中にこの地はブラジルと呼ばれるようになった。

「ブラジル」という読みはポルトガル本国などで使われるイベリア・ポルトガル語での発音であり、ブラジル・ポルトガル語での発音に最も近いカタカナ表記は「ブラズィウ」である。

歴史

詳細は「ブラジルの歴史」を参照

先コロンブス期

ブラジルのインディオ

ブラジルの最初の住民は、紀元前11,000年にベーリング海峡を渡ってアジアからやって来た人々(狩人)だった。彼らは紀元前8000年頃、現在のブラジルの領域に到達した。現在のブラジルとなっている地に遠く離れたタワンティンスーユ(インカ帝国)の権威は及ばず、この地には、後にヨーロッパ人によって「インディオ」(インディアン)と名づけられる、原始的な農耕を営むトゥピ族グアラニー族アラワク族系の人々が暮らしていた。16世紀前半の時点でこうした先住民の人口は、沿岸部だけで100万人から200万人と推定されている。しかし、ヨーロッパ人が渡来してくるまでは、ブラジルに住んでいた人々の生活については何も知られていない。

ポルトガル植民地時代

ポルトガルによるアメリカ大陸の植民地化」も参照
ブラジルの「発見者」 ペドロ・アルヴァレス・カブラル。
植民地時代初期の地図。

1492年クリストーバル・コロンヨーロッパ人として初めてアメリカ大陸に到達した後、「発見」されたアメリカ大陸の他の部分と同様にブラジルも植民地化の脅威に晒されることになった。

1500年ポルトガル人ペドロ・アルヴァレス・カブラルがブラジルを「発見」すると、以降ブラジルはポルトガルの植民地として他の南北アメリカ大陸とは異なった歴史を歩むことになった。1502年にはイタリア人のアメリコ・ヴェスプッチリオデジャネイロ(1月の川)を命名。

ポルトガル人が最初に接触したのは、古トゥピ語グアラニー語などを含むトゥピ語族を話す先住民であった。トゥピ語族の他にもブラジル先住民には、ジェー語族アラワク語族(ヌ=アルアーク語族とも)・カリブ語族を話す集団があったが、ポルトガル人は古トゥピ語先住民の言葉がブラジル人の言葉であると誤解し、他の先住民はそれぞれ部族の言葉をもっているにもかかわらず、ポルトガル宣教師達は先住民にその言葉を教え、リングワ・フランカ(一種の共通語)のリンガ・ジェラール(リンガ・ジェラール・パウリスタリンガ・ジェラール・アマゾニカ)が形成された。それは信仰も同様として仕向けられた。

初期のブラジルにおいては新キリスト教徒(改宗ユダヤ人)によってパウ・ブラジルの輸出が主な産業となり、このために当初ヴェラ・クルス島と名づけられていたこの土地は、16世紀中にブラジルと呼ばれるようになった。1549年にはフランスの侵攻に対処するために、初代ブラジル総督としてトメ・デ・ソウザサルヴァドール・ダ・バイーアに着任した。

1580年にポルトガルがスペイン・ハプスブルク朝と合同すると、ブラジルはオランダ西インド会社軍の攻撃を受け、北東部の一部がネーデルラント連邦共和国(オランダ)に占領され、オランダ領ブラジルとなった。1661年、ハーグ講和条約が締結され、オランダは400万クルザードの賠償金と引き換えに、ポルトガルのポルトガル領アンゴラ(現アンゴラ)領有を認めると共にオランダ領ブラジルをポルトガルに割譲した。

一方、パウ・ブラジルの枯渇後、新たな産業として北東部にマデイラ諸島からサトウキビが導入され、エンジェニョ(砂糖プランテーション)で働く労働力としてまずインディオが奴隷化された後、インディオの数が足りなくなると西アフリカアンゴラモザンビークから黒人奴隷が大量に連行され、ポルトガル人農場主のファゼンダで酷使された。

「全人種の黒き指導者」パルマーレスのズンビの胸像。

ブラジル内陸部の探検は、サンパウロバンデイランテス(奴隷狩りの探検隊)により、17世紀に始まった。バンデイランテスは各地に遠征して現在の都市の基となる村落を多数築いた一方、南部パラグアイまで遠征してイエズス会によって保護されていたグアラニー人を奴隷として狩った。こうした中で、激しい奴隷労働に耐えかねたマルーン(逃亡奴隷)の中には奥地にキロンボ(逃亡奴隷集落)を築くものもあり、その中でも最大となったキロンボ・ドス・パルマーレスパルマーレスのズンビによって指導されたが、1695年パルマーレスの戦いでバンデイランテスによって征服され消滅した。

一方、1680年にポルトガル植民地政府は、トルデジーリャス条約を無視してラ・プラタ川の河口左岸のブエノスアイレスの対岸にコロニア・ド・サクラメントを建設したため、以降バンダ・オリエンタルの地は独立後まで続くブラジルの権力とブエノスアイレスの権力との衝突の場となった。また、南部ではラ・プラタ地方のスペイン人の影響を受けてガウーショ(スペイン語ではガウチョ)と呼ばれる牧童の集団が生まれた。

その後、18世紀にはミナスジェライスで金鉱山が発見されたためにゴールドラッシュが起こり、ブラジルの中心が北東部から南東部に移動し、1763年にはリオデジャネイロが植民地の首都となった。ゴールドラッシュにより、18世紀の間に実に30万人のポルトガル人がブラジルに移住し、金採掘のためにさらに多くの黒人奴隷が導入された。一方でミナスの中心地となったオウロ・プレットでは独自のバロック文化が栄えた。

ミナスの陰謀。このブラジル初の独立運動では、首謀者の内最も身分の低かったチラデンテスのみが処刑された。

バンダ・オリエンタルを巡るスペインとの衝突の後、18世紀末には啓蒙思想がヨーロッパから伝わり、フランス革命アメリカ合衆国の独立の影響もあり、1789年にはポルトガルからの独立を画策した「ミナスの陰謀」が密告によって発覚し、首謀者のうち最も身分の低かったチラデンテスが全ての罪をかぶせられ処刑された。

その後、ハイチ革命の影響もあってクレオール白人やムラート、クレオール黒人(クリオーロ)による独立運動が進むが、植民地時代にブラジルに大学が設立されなかったなど知的環境の不備により、ブラジルの独立運動は一部の知識人の「陰謀」に留まり、大衆的な基盤を持つ「革命」にはならなかった。このことは、ブラジルとイスパノアメリカ諸国の独立のあり方の差異に大きな影響を与えた。

黄金法(1888年)。

ブラジルの独立

近代における世界の一体化#ラテンアメリカ諸国の独立」および「ブラジル独立」も参照
ジョゼ・ボニファシオ・デ・アンドラーダ・エ・シルヴァ。独立派のブラジル人ブルジョワジーを代表してペドロを擁立した。

ナポレオン戦争により、1807年ジャン=アンドシュ・ジュノーに率いられたフランス軍がポルトガルに侵攻した。このためポルトガル宮廷はリスボンからリオデジャネイロに遷都し、以降リオの開発が進んだ。1815年にリオデジャネイロはポルトガル・ブラジル及びアルガルヴェ連合王国の首都に定められた。ポルトガル政府はバンダ・オリエンタル・ド・ウルグアイ(: Banda Oriental do Uruguai)のホセ・アルティーガス率いる連邦同盟(: Liga dos Povos Livres1815年1820年)との戦いを進めてバンダ・オリエンタルを支配下に置き、征服した地域にシスプラチナ州を設立した。1820年ポルトガルを自由主義的な立憲君主制国家に変革しようとする革命が起こり、リオデジャネイロのジョアン6世に帰国を要請し、1821年にポルトガル宮廷はリスボンに帰還した。

一方、摂政として残留したブラガンサ家の王太子ペドロがジョゼ・ボニファシオに代表されるブラジル人ブルジョワジー勢力に支持され、1822年2月18日ブラジル独立戦争が勃発した。1822年9月7日に「イピランガの叫び」(: Grito do Ipiranga)と呼ばれる独立宣言が行なわれ、ペドロが初代皇帝ペドロ1世(在位1823-1831)として即位し、ブラジル帝国はポルトガルから独立した。

帝政時代

詳細は「ブラジル帝国」を参照
ペドロ2世。

ブラジルの独立はブラガンサ家の皇帝という求心力があったために、解放者シモン・ボリバルホセ・デ・サン=マルティンミゲル・イダルゴらの掲げた共和制や立憲君主制の思想が求心力とならなかった。イスパノアメリカ諸国が分裂したのとは異なり、広大なブラジル植民地は単一のまとまりとして新たな主権国家を形成した。しかし、このことは植民地時代からのエリート層が独立後もそのまま権力を握り続けることをも意味していた。

このため、帝政時代は当初から各地方の中央政府に対する反乱や、共和制を求める自由主義者の反乱が勃発し、1820年代には北東部のペルナンブッコ州では赤道連盟の反乱が、最南部のシスプラチナ州では東方州リオ・デ・ラ・プラタ連合州復帰を求めた33人の東方人の潜入により、シスプラチナ州を巡ってシスプラティーナ戦争が勃発した。シスプラチナ州はイギリスの仲介によって1828年にウルグアイ東方共和国として独立した。

1831年にペドロ1世が退位するとさらに地方の混乱は増し、最南部のリオ・グランデ・ド・スール州では牧場主とガウーショファラーポス戦争(: Guerra dos FarraposRevolução Farroupilha - 「ファロウピーリャの反乱」とも)を起こした。

『我が子の遺体を前にするパラグアイ兵』
ホセ・イグナシオ・ガルメンディア画。

1840年にペドロ2世が即位すると事態は落ち着きを見せ、1848年プライエイラ革命(: Insurreição Praieira - 「プライエイラの反乱」とも)を鎮圧した後、ブラジル史上初の安定期が訪れた。ペードロ2世は領土的野心を持っていたウルグアイ、パラグアイへの介入を進め、その結果として1864年にパラグアイのフランシスコ・ソラーノ・ロペス大統領はブラジルに宣戦布告し、パラグアイ戦争(: Guerra do Paraguai西: Guerra de la Triple Alianza - 「三国同盟戦争」とも)が勃発したが、カシアス公率いるブラジル帝国が主体となった三国同盟軍はパラグアイを破壊した。

一方、独立後も大農園主の意向によって奴隷制は維持され続けたが、アメリカ合衆国南北戦争後は西半球で奴隷制を採用する独立国はブラジル帝国のみとなったため、三国同盟戦争後からオーギュスト・コント実証主義の影響を受けた知識人によって奴隷制批判がなされた。三国同盟戦争後に制度的に確立した軍の青年将校(: Tenentes - 「テネンテス」)達は実証主義思想に影響を受け、次第に奴隷制の廃止と帝政の廃止をも含めた国民運動が生まれた。この運動により1888年5月13日黄金法(: Lei Áurea)が公布され、西半球で最後まで維持されていた奴隷制が廃止されたが、ペドロ2世は奴隷制廃止によって大農園主からの支持をも失い、翌1889年のデオドロ・ダ・フォンセッカ元帥のクーデターによって帝政は崩壊した。

旧共和国時代

共和制革命後4日間だけ用いられたブラジル合衆国の国旗。

1889年の共和制革命により、ブラジルは帝政から共和制に移行した。この時期には カフェ・コン・レイテと呼ばれるサン・パウロ州ミナス・ジェライス州で相互に大統領を選出する慣行が生まれた。バイーア州カヌードスJagunçoによるカヌードス戦争(1896年 - 1896年)が勃発。これにともなう通貨下落を政府はロスチャイルドから借り入れて切り抜けた。また、帝政時代からコーヒー・プランテーションでの労働力確保のためにヨーロッパよりイタリア人ポルトガル人スペイン人ドイツ人をはじめとする移民を受け入れていたが、奴隷制廃止後はさらに移民の流入速度が速まり、1908年にはヨーロッパのみならずアジアからも笠戸丸日本人移民が導入された。

第一次世界大戦協商国側で参戦した後、1920年代にはカフェ・コン・レイテ体制への批判が高まり、ルイス・カルロス・プレステスをはじめとするテネンテス(青年将校達)によるテネンテ革命が各地で起こった。このテネンチズモは直接は国政に大きな影響を与えなかったが、間接的に1930年代の政治状況を用意することになった。

ヴァルガス時代

詳細は「ヴァルガス時代」および「エスタード・ノーヴォ」を参照
出典:wikipedia
2018/09/11 03:10

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ブラジル」の意味を投稿しよう
「ブラジル」のコンテンツはまだ投稿されていません。

ブラジルスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブラジル」のスレッドを作成する
ブラジルの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail