このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ブラック・ジャック_(テレビアニメ)とは?

ブラック・ジャック
アニメ
原作 手塚治虫
監督 手塚眞
シリーズ構成 吉村元希
キャラクターデザイン 神村幸子(メイン)
杉野昭夫、瀬谷新二、内田裕
西城隆詞、西田正義
音楽 松本晃彦
アニメーション制作 手塚プロダクション
製作 よみうりテレビ、手塚プロダクション
放送局 よみうりテレビ
放送期間 2003年12月22日
2004年10月11日 - 2006年3月6日
2006年7月17日
話数 全61話 + スペシャル全2話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ブラック・ジャック』は、手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』を原作とする、2004年から2006年にかけて放送された連続テレビアニメである。本項では、その前身であるテレビスペシャル版、派生作品である劇場版『ブラック・ジャック ふたりの黒い医者』についても扱う。このテレビアニメの続編については『ブラック・ジャック21』を参照。キャッチコピーは「神か悪魔か奇跡の手、一人の外科医が巻き起こす命の物語」。

概要

2005年8月から月に1巻のペースでavex modeよりDVD化されている。なお、秘蔵版SPで放送されたエピソード2話は『ブラック・ジャック21』のDVD-BOXに収録された(レンタル版は「ブラック・ジャック Vol.22」としてリリースされた)。

放送の自粛・延期

作品の性質上、災害や事件・人災を扱うことが多く、そのため放送予定の内容が実際に起こった災害や事件と偶然にも重なった場合、放送を自粛・延期することがあった。

例えば、2004年10月25日放送予定だった『Karte03:ひったくり犬』は、これからレギュラー出演する犬のラルゴのお披露目の回だったが、本編に地震のシーンがあったために放送2日前の23日に発生した新潟県中越地震の影響で放送延期となり、本来の放送日には第1回放送の『Karte00:オペの順番』を再放送した(なお、その冒頭の謝罪テロップでも文字が1字多いという誤りがあった)。

また、2005年5月23日放送の『Karte28:荒野の伝染病』は、元々『揺れる手術室』を放送した後、同月30日に放送予定だったが、『揺れる手術室』の「電車の振動で手術ができないというシーン」が放送前の4月25日に発生したJR福知山線脱線事故を連想させるとして放送延期となり、1話繰り上がって放送された。

『揺れる手術室』は2005年7月4日に、『Karte03:ひったくり犬』は2006年7月17日に放送された(この際、『Karte03:ひったくり犬』は『Special Karte:ひったくり犬』と表記された)。その後の讀賣テレビ放送での再放送時には『Karte03』表記に戻っている。

原作とテレビアニメとの相違点

※()内はモデルとなった原作。

「医者はどこだ!」
デビィは生還の種明かしをした後、ニクラの追跡をまくため国外逃亡の前に、再びブラック・ジャックによる整形手術を受けることになる。
「U-18は知っていた」
U-18がブラック・ジャックに「重要度の高い映像情報」として見せたのはただの中性的な顔立ちの人間だったのが、ワットマン博士最愛の亡き娘マリーになっている。そして彼女にも引退宣言をするが、この映像のおかげで初心に返り「これからも支えていって」と断られている。
「オペの順番」
イリオモテヤマネコの罠に付けていた餌が、ヒョウタンツギからカエルに変わっている。また、船で怪我人が出たのは、密猟者が銃を乱射した為ではなく、ケージから脱走したイリオモテヤマネコが船で暴れて揺れた為に変更されている。
訴訟が取り下げられた後、ピノコがお祝いでカレーをイリオモテヤマネコの前に置いて物語が終わるのが、島に返すところまでが描かれている。彼女の言葉「もっと増えるのよ」も逃がした直後にいっている。
「奇跡の腕」(二つの愛)
明の死亡原因が交通事故から火災に変更されている。またわずかに腕に火傷の跡も残っているように追加された。
「シャチの贈りもの」(シャチの詩)
トリトンは死亡しない。また原作では漁場を荒らしていたのはトリトンだが、アニメ版では別のシャチが荒らしておりトリトンはそのシャチから漁場を護っていたことになっている。
「海賊の腕」
一ノ瀬和男は和登、本間久美子の同級生になっており「イッチン」のニックネームは幼なじみの女の子、古河敏江だけが使っている。
「偽りのウェディング」(かりそめの愛を)
ミチルは結婚していない。
「声を失ったアイドル」(悲鳴)
朝戸レイが一ノ瀬と同様、和登、久美子の同級生の設定。また、彼女の声を失う原因が、友人達からのもらい笑いから合唱の練習で発声したことに変更されている。
「メールの友情」(ハローCQ)
アマチュア無線ではなく電子メールでのやり取りに変更されている。
「山手線の哲」
指の切断が事故に変更されている。また哲が元マジシャンだったという設定も追加された。
「春一番」
角膜の提供者の死因が殺人から事故に変更される。
「土砂降りのち恋」(土砂降り)
清水きよみが助かる。
「ナダレという挑戦」(ナダレ)
ナダレに襲われた人は死亡していない。ナダレは撃たれた後、森に消える(生死不明)。
「そろばんの天才」(なんという舌)
サリドマイドから指欠損症に変更される。
「揺れる手術室」(震動)
旦那のイタズラの事故から、腹部解離性大動脈瘤に変更されている。
「岬の家は未完成」(やりのこしの家)
棟梁の白血病の原因が、原爆によるものと明言されていない。
「戦争はなおも続く」
戦争に行った患者の安否が明らかにされていない。
「文化祭の用心棒」(帰ってきたあいつ)
ジョーズが死亡せず、彼も大穴高校の生徒になっている(和登達とはクラスが違う)。
「人面瘡の本音」(人面瘡)
依頼人は崖から転落するがブラック・ジャックが助け、その1年後に裁判を受ける。
「ブラッククイーン」(ブラック・クイーン)
クリスマスからフィアンセの誕生日に変更される。
「二人のピノコ」(ふたりのピノコ)
ロミが死亡しない。

上記のほか、挙げていくと多数になる。このように、ゴールデン帯で放送するには厳しい表現が抑えられ、オペでの臓器露出は全てカットされている。また、原作で倫理的に問題のあると思われるキャラクターの言動や、病気や人物に関する説明の箇所にある言葉が、変更されたり削除されたりしている。

物語の進み方が現在進行形型から、ブラック・ジャックがピノコに自分の過去として語ったり思い出にふけるなど回想型に変更されている話もある。

ブラック・ジャックとピノコの孤独が色濃く描かれているのに対し、写楽や哲などが彼らの親友、友人になっている。また、ブラック・ジャックが1人だった話には、ほとんどピノコが登場している。

登場人物

ブラック・ジャックの登場人物」も参照
ブラック・ジャック
- 大塚明夫
ピノコ
声 - 水谷優子
手塚医師
声 - 堀秀行

本節では漫画とアニメで設定の違いの多いキャラ、およびアニメオリジナルキャラのみを挙げる。ゲストキャラの代役を務めることがある。ブラック・ジャックの名前は以下、「BJ」で統一する。

写楽(しゃらく)
声 - 佐藤ゆうこ
BJらが住む町の中学に通う少年でピノコの親友。坊主頭で額に絆創膏のいでたち。貧弱で気が弱い。
『Karte:38 未知なる者への挑戦』(以下、『Karte:38』)では宇宙人がBJとの意志疎通のために洗脳されてしまい、普段とは想像もつかない傲慢な態度になった。
元は同じ時期に漫画が連載されていた手塚作品『三つ目がとおる』の主人公写楽保介(しゃらく ほうすけ)。
放送では「シャラク」とカタカナ表記された時期がある。
和登(わと)
声 - 小野涼子
写楽の姉。見た目はかわいいが弟とは正反対に気が強く、剣道部の主将を務める正義感の強い女子高校生。いつも写楽の事を心配している。劇中ではBJに恋心を抱いているかのような描写が見られる。こちらも元は『三つ目がとおる』の登場人物和登千代子で、後述の本間久美子は彼女を元と同じように「和登さん」と呼ぶため、名字か名前か不明だったが『Karte:38』で父・剣持の登場により、名前と判明した。
本間久美子(ほんま くみこ)
声 - 川瀬晶子
BJの恩師、本間丈太郎の娘。哲が経営する喫茶店「Tom」に住まわせてもらっていて、ウェイトレスのアルバイトもしている美少女。和登とは高校の同級生で友人。BJは公言していないが哲と同様、恩師の娘ということもあり『Karte:21 春一番』では、彼女の目の手術を無償で行っている。また彼が初恋の相手らしい。原作では『満月病』のみの登場(この時の名前は「山下クミ」で名字が丈太郎と違う)。
ラルゴ
声 - 石井真
BJの家で飼われているメス犬。原作では『万引き犬』に登場し、地震で全壊した彼の家の下敷きとなり死んでしまうが、アニメでは手術を施され生き延びている。普段はおとなしいが、近くにいる人間に迫っている危機を本能的に察知することができる。
犬持(けんもち)
声 - 中庸助
写楽と和登の父親。外国で遺跡の発掘作業をしている。
『Karte:38』に登場。こちらも元は『三つ目がとおる』で写楽の養父。
哲(てつ)
声 - 富田耕生
喫茶店「Tom」のマスター。本間丈太郎への恩義から、その娘・久美子を家に住まわせている。元手品師。原作でも指を切断されたスリ「哲」として登場するが、和登や写楽を見守るキャラクターは『三つ目がとおる』の中華料理屋のヒゲオヤジ
本間丈太郎
声 - 阪脩
BJの恩師で本間久美子の父。
詳細は「本間丈太郎」を参照

『Karte46:文化祭の用心棒』にはhiroが本人役で特別出演し、2代目ED「Clover」を歌った(手塚アニメに本人役で出演する例はこれが初)。また『Karte52:一瞬の目撃者』は、原作では手塚治虫本人が拘引されても警察署で漫画を描き続けるジョークシーンがあり(これは手塚作品なら珍しいことではないが)、それに因んでアニメでは監督の手塚眞(声優も本人)、チーフプロデューサーの諏訪道彦、プロデューサーの斎藤朋之、脚本の大和屋暁の名前のキャラクターが登場する。その他、手塚眞自身がファンという映画監督デヴィッド・クローネンバーグに因んだ人物を登場(Special Karte)させるなど、原作にも時折登場したようなこだわりや遊びも見られる。

本編終了後のコーナー

ピノコの日記(Karte00 - Karte10)
本編での名ゼリフをピックアップするコーナー。
Karte:NG(Karte11 - )
本編の制作をドラマの撮影とみなし、その撮影中に起きた(という設定になっている)NGやハプニングを紹介するコーナー。DVDには未公開NG集が収録されている。携帯サイトでも1話につき3本分のNGが配信されている。

制作エピソード

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2020年5月)

 | 
この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2020年5月)

アニメ版監督の手塚眞公式ブログにて、アニメ制作作業の進捗状況が公開され、アフレコ前には完成済みのビデオを渡して予習してもらっている、1X話放送時点で既に4X話の脚本に取りかかっているなど、眞の父・手塚治虫が低予算でアニメ制作を請けたことから始まる、アニメ製作現場における悪しき習慣を正そうとする姿勢が見られる。

作画監督によっては急にピノコの顔が可愛くなるなど(『Karte22:ピノコ大人計画』はその頂点にある)作画がバラバラになることがあるが、これには明確な理由がある。他のアニメーション作品であれば、(普通は1人、作品によっては複数人物)キャラクターデザイン担当者によるキャラ作画設定に従って、作画監督は作画・修正を行うものであるが、このアニメでは毎話ごとにキャラクターデザイン担当者が変わるシステムになっていて、主に各回の作画監督担当者が兼任することが多かった。これはストーリーの内容に合わせた画風にするのが狙いとのことである。例えば、劇的なストーリーや主に緊迫感に満ちたリアルさを要する話(『Karte43:ちぢむ!』など)などの場合には、杉野昭夫や内田裕が担当するなど。各人のオリジナリティを含んだキャラクターデザインを起用することで、性格的にも変化に富んだ、明るいBJや非情なBJなど、それぞれのストーリーに対応できる仕組みになっている。

原作でのストーリーを忠実に再現せず、ハッピーエンド(原作では死ぬことになっている人物・動物を生き延びさせる等)に終わらせることについて、手塚眞は「現在の社会情勢を考慮して(人が死ぬような)結末やストーリーを変更せざるを得ない描写があるため」といった趣旨の発言をしている。

本作がスタートする際の実写版予告CMにおいて、当時まだ無名の鳥居みゆきが出演している。

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ
月光花」(Karte00 - Karte28)
作詞・作曲 - yasu / 歌 - Janne Da Arc
Here I Am」(Karte29 - Karte51)
作詞・作曲・編曲 - 小室哲哉 / 歌 - globe
  • サビに入る前に、如月恵(男)、桑野このみ(ブラッククイーン)、ドクター・キリコ、琵琶丸がランダムで登場する。
Fantastic」(Karte52 - )
作詞・歌 - 鈴木亜美 / 作曲 - y@suo ohtani / 編曲 - 原田憲
  • 2005年12月5日より変更。
  • 前奏でその日の話を簡略化した映像が流れ、それに合わせてあらすじをBJが語り「Todays Karte 〇〇(その日のタイトル)」といってOP映像に切り替わる。この手法は後の『ブラック・ジャック21』にも引き継がれている。
エンディングテーマ
黒毛和牛上塩タン焼680円」(Karte00 - Karte28)
作詞・作曲・歌 - 大塚愛 / 編曲 - 大塚愛、Ikoman
  • Karte17ではこの回のゲストキャラクター・朝戸レイが本曲をステージ(夢の中ではあるが)で披露している。
clover」(Karte29 - Karte51)
作詞 - 西田恵美 / 作曲 - 関山弘之 / 編曲 - SiZK、華原大輔 / 歌 - hiro
  • 2代目オープニングテーマと共に2005年5月30日より変更。
careless breath」(Karte52 - )
作詞 - Kenn Kato / 作曲 - 菊池一仁 / 編曲 - 原田憲 / 歌 - EXILE
  • 後の『ブラック・ジャック21』に引き継がれる。

秘蔵版スペシャルでは、「月光花」が『Special Karte:ひったくり犬』のオープニング、「Fantastic」が『Special Karte:樹海のかまいたち』のオープニング、「careless breath」が『Special Karte:樹海のかまいたち』のエンディングに使われた。

各話リスト

【各話】
【放送日】
【サブタイトル
(原題)】
【シナリオ】
【絵コンテ】
【演出】
主なゲスト(声優)
Karte:00 | 2003年
10月11日 | オペの順番 | 吉村元希 | 桑原智 | 
Karte:01 | 消えた針
(針) | 大和屋暁 | 吉村文宏 | 
Karte:02 | 10月18日 | アリの足 | 桑原智 | 平田敏夫 | 荻原露光 | 
Karte:03 | 2004年
7月17日 | ひったくり犬
(万引き犬) | 森田眞由美 | 森田浩光 | 棚橋一徳 | 
Karte:04 | 2004年
11月1日 | お医者さんごっこ | 竹内啓雄 | 杉野昭夫 | 鈴木卓夫 | 
Karte:05 | 11月8日 | 六等星の男
(六等星) | 千葉克彦 | 西田正義 | 
Karte:06 | 11月15日 | ある教師と生徒 | 吉村元希 | 森田浩光 | 矢野篤 | 
Karte:07 | 11月22日 | 白いライオン | 桑原智 | 西田正義 | 
Karte:08 | 11月29日 | 奇跡の腕
(二つの愛) | 森田眞由美 | 吉村文宏 | 
Karte:09 | 12月6日 | もらい水 | 大和屋暁 | 桑原智 | 萩原露光 | 
Karte:10 | 12月13日 | 火の鳥伝説
(不死鳥) | 千葉克彦 | 青山弘 | 
Karte:11 | 2005年
1月17日 | シャチの贈りもの
(シャチの詩) | 桑原智 | 吉村文宏 | 
Karte:12 | 1月24日 | にいちゃんを返せ!
(にいちゃんをかえせ!!) | 森田眞由美 | 森田浩光 | 矢野篤 | 
Karte:13 | 1月31日 | 海賊の腕 | 竹内啓雄 | 杉野昭夫 | 竹内啓雄 | 
Karte:14 | 2月7日 | 動けソロモン | 大和屋暁 | 青山弘 | 
Karte:15 | 2月14日 | 偽りのウェディング
(かりそめの愛を) | 千葉克彦 | 森田浩光 | 吉村文宏 | 
Karte:16 | 2月21日 | ピノコ行方不明
(ピノコ還る!) | 竹内啓雄 | 矢野篤 | 
Karte:17 | 2月28日 | 声を失ったアイドル
(悲鳴) | 吉村元希 | 桑原智 | 上野史博 | 
Karte:18 | 3月7日 | メールの友情
(ハローCQ) | 千葉克彦 | 森田浩光 | 吉村文宏 | 
Karte:19 | 3月14日 | がんばれ古和医院
(古和医院) | 西田正義 | 
Karte:20 | 3月21日 | 山手線の哲 | 竹内啓雄 | 杉野昭夫 | 矢野篤 | 
Karte:21 | 4月11日 | 春一番 | 會川昇 | 森田浩光 | 土屋日 | 
Karte:22 | ピノコ大人計画
(ピノコ・ラブストーリー) | 大和屋暁 | 西田正義 | 
Karte:23 | 4月18日 | 土砂降りのち恋
(土砂降り) | 吉村元希 | 
Karte:24 | 4月25日 | ナダレという挑戦
(ナダレ) | 手塚眞 | 平田敏夫 | 吉村文宏 | 
Karte:25 | 5月2日 | コレラ騒ぎ
(コレラさわぎ) | 千葉克彦 | 森田浩光 | 土屋日 | 
Karte:26 | 5月9日 | そろばんの天才
(なんという舌) | 森田眞由美 | 鈴木卓夫 | 青山弘 | 
Karte:27 | 5月16日 | 最先端ルームの悲劇
(地下壕にて) | 小林弘利 | 古瀬登 | 
Karte:28 | 5月23日 | 荒野の伝染病
(ディンゴ) | 桑原智 | 森田浩光 | 鈴木卓夫 | 
Karte:29 | 5月30日 | 命を生ける花
(命を生ける) | 森田眞由美 | 吉村文宏 | 
Karte:30 | 6月6日 | 雷雲の中のオペ
(曇りのち晴れ) | 桑原智 | 西田正義 | 
Karte:31 | 6月13日 | 20年目の暗示 | 吉村元希 | 桑原智 | 鈴木卓夫 | 
Karte:32 | 6月20日 | 青い海の恐怖
(青い恐怖) | 千葉克彦 | 牧野吉高 | 
Karte:33 | 6月27日 | 空からの侵略者
(侵略者) | 土屋日 | 
Karte:34 | 7月4日 | 揺れる手術室
(震動) | 大和屋暁 | 青山弘 | 
Karte:35 | 7月11日 | 病院ジャック | 森田眞由美 | 西田正義 | 
Karte:36 | 7月18日 | 岬の家は未完成
(やり残しの家) | 大和屋暁 | 福島一三 | 青山弘 | 
Karte:37 | 8月1日 | イルカと強盗団
(海のストレンジャー) | 吉村元希 | 鈴木卓夫 | 
Karte:38 | 8月8日 | 未知なる者への挑戦
(未知への挑戦) | 小林弘利 | 森田浩光 | 竹内啓雄 | 
Karte:39 | 8月15日 | 戦争はなおも続く | 手塚眞 | 吉村文宏 | 
Karte:40 | 8月22日 | 人形と警官 | 吉村元希 | 青山弘 | 水野健太郎 | 
Karte:41 | 8月29日 | オペと映画の奇跡
(フィルムは2つあった) | 小林弘利 | 森田浩光 | 牧野吉高 | 
Karte:42 | 9月5日 | 人生の誤診
(誤診) | 森田眞由美 | 鈴木卓夫 | 
Karte:43 | 9月12日 | ちぢむ!
(ちぢむ) | 桑原智 | 吉村文宏 | 
Karte:44 | 10月10日 | ピノコ誕生
(畸形嚢腫) | 手塚眞 | 古瀬登
宍倉敏 | 宍倉敏 | 
Karte:45 | 10月17日 | 笑い上戸の同級生
(笑い上戸) | 大和屋暁 | 西田正義 | 
Karte:46 | 10月24日 | 文化祭の用心棒
(帰ってきたあいつ) | 桑原智 | 森田浩光 | 土屋日 | 
Karte:47 | 10月31日 | 雪原とヴァイオリン
(ストラディバリウス) | 小林弘利 | 福島一三 | 水野健太郎 | 
Karte:48 | 11月7日 | コマドリと少年 | 森田眞由美 | 森田浩光 | 牧野吉高 | 
Karte:49 | 11月14日 | 人面瘡の本音
(人面瘡) | 竹内啓雄 | 鈴木卓夫 | 
Karte:50 | 11月21日 | 引き裂かれた兄弟
(おとうと) | 大和屋暁 | 森田浩光 | 土屋日 | 
Karte:51 | 11月28日 | 噂の座頭医師
(座頭医師) | 吉村元希 | 吉村文宏 | 
Karte:52 | 12月5日 | 一瞬の目撃者
(目撃者) | 大和屋暁 | 高柳哲司 | 水野健太郎 | 
Karte:53 | 12月19日 | ロッカーのゆりかご
(赤ちゃんのバラード) | 森田眞由美 | 森田浩光 | 牧野吉高 | 
Karte:54 | 2006年
1月16日 | 偽り親子の幸運不運
(幸運な男) | 大和屋暁 | 角銅博之 | 鈴木卓夫 | 
Karte:55 | 1月23日 | 命のプラットホーム
(ある女の場合) | 小林弘利 | 西田正義 | 
Karte:56 | 1月30日 | 縫い目皮膚の提供者
(友よいずこ) | 竹内啓雄 | 吉村文宏 | 水野健太郎 | 
Karte:57 | 2月6日 | ピノコのお受験日記
(ハッスル・ピノコ) | 小林弘利 | 鈴木卓夫 | 土屋日 | -
Karte:58 | 2月13日 | 老人と大木
(老人と木) | 大和屋暁 | 鈴木卓夫 | 
Karte:59 | 2月20日 | ブラッククィーン
(ブラック・クイーン) | 吉村元希 | 西田正義 | 
Karte:60 | 2月27日 | 過去ある二人めぐり逢い
(再会) | 森田眞由美 | 角銅博之 | 牧野吉高 | 
Karte:61
〈最終話〉 | 3月6日 | 二人のピノコ
(ふたりのピノコ) | 吉村文宏 | 鈴木卓夫 | 
Special Karte | 2006年
7月17日 | 樹海のかまいたち
(通り魔) | 手塚眞 | 森田浩光 | 長尾粛 | 

2004年10月25日、12月27日、2005年1月3日、10日、3月28日、4月4日、7月25日、9月19日、26日、10月3日、12月12、26日、06年1月2日は特別番組、04年12月20日と06年1月9日は『名探偵コナン』2時間スペシャルのため休止。

2時間スペシャル

『ブラック・ジャック2時間スペシャル 〜命をめぐる4つの奇跡〜』

讀賣テレビ放送・手塚プロダクション制作。讀賣テレビ放送・日本テレビ系にて2003年12月22日19時00分 - 20時54分に、同名原作4作品をベースにしたエピソードが放映された。手塚眞監督。主題歌はB'zROOTS」。テーマ曲は松本孝弘「THE THEME OF B.J.」。

このアニメの好評からレギュラー放送が開始された。BJとピノコの声優はOVA版から引き継いでおり、「Tom」のマスター(哲)と本間久美子役もそのままレギュラー放送でも続投されることとなる。特別出演に ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/07/05 16:21

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ブラック・ジャック_(テレビ…」の意味を投稿しよう
「ブラック・ジャック_(テレビアニメ)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ブラック・ジャック_(テレビアニメ)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブラック・ジャック_(テレビアニメ)」のスレッドを作成する
ブラック・ジャック_(テレビアニメ)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail