このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ブラッド・ジーグラーとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
カンザス州プラット郡プラット
【生年月日】
(1979-10-10) 1979年10月10日(40歳)
【身長
体重】
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2003年 MLBドラフト20巡目
【初出場】
2008年5月31日
【年俸】
$7,000,000(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
アメリカ合衆国
WBC
2009年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ブラッド・グレゴリー・ジーグラー(Brad Gregory Ziegler , 1979年10月10日 - )は、アメリカ合衆国カンザス州プラット郡プラット出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。愛称はユニコーン(Unicorn)。

経歴

プロ入り前

2002年MLBドラフト31巡目(全体938位)でオークランド・アスレチックスから指名を受けたが、拒否してミズーリ州立大学に進学。

フィリーズ傘下・独立リーグ時代

2003年MLBドラフト20巡目(全体595位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名され、プロ入り。しかし、球威不足を理由に、2004年3月28日にフィリーズを解雇され、独立リーグであるノーザンリーグシャンバーグ・フライヤーズに入団。

アスレチックス時代

2004年6月16日にアスレチックスと契約。

2006年シーズン終了後、ロン・ロマニック投手コーチのアドバイスでオーバースローからアンダースローへ転向。

2007年からはリリーフ投手として登板し、2008年は開幕をAAA級サクラメント・リバーキャッツで迎え、5月31日にメジャーデビュー。デビュー戦以後、無失点を記録し続け、7月27日ジョージ・マッキランのメジャーデビューからの25イニング連続無失点記録を101年ぶりに更新。8月8日にメジャー初セーブを記録。以後、クローザーとして起用されることに。8月12日マイク・トーレスの38イニング連続無失点の球団記録(1900年以降)を32年ぶりに更新。このメジャーデビューからの連続無失点記録は8月14日に39.0イニングで途切れた。

2009年開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表に選出された。

シーズンでは、開幕直後はクローザーを務めたが、途中から中継ぎにまわり、自己最多の69試合に登板。

2010年は64試合に登板し、防御率3.26、WHIP1.35と前年に続いて比較的安定した投球を見せる。与四球率は4.15と急増し、被本塁打も倍増したが、6月30日を最後に被本塁打はなく、それまでの39登板での防御率は2.66だった。

ダイヤモンドバックス時代

2011年7月31日ブランドン・アレンジョーダン・ノルベルトとのトレードで、アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した。

2013年12月20日、ダイヤモンドバックスと2年契約を結び、契約を延長した。

2015年はクローザーを務め、66試合に登板し、防御率1.85・WHIP0.956・30セーブ・セーブ失敗はわずかに2回と安定した活躍を見せた。

2016年6月23日コロラド・ロッキーズ戦、前年の5月29日から続いていた連続セーブ成功記録が43で途切れた。

レッドソックス時代

2016年7月9日ホセ・アルモンテルイス・アレハンドロ・バサベとのトレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍した。レッドソックス加入後は33試合に登板し、防御率1.52と素晴らしいピッチングを見せた。通年では、8年連続60試合以上に登板する馬車馬ぶりを発揮しつつ、防御率2.25・4勝7敗22セーブという好成績を残し、メジャー屈指のリリーバーとしての実力を証明した。オフの11月3日にFAとなった。

マーリンズ時代

2016年12月23日マイアミ・マーリンズと2年総額1600万ドルで契約を結んだ。迎えた2017年は一時期クローザーも務めたが、53試合登板と9年連続60試合以上登板を逃し、1勝4敗10セーブ・防御率4.79と成績自体も振るわなかった。

ダイヤモンドバックス復帰

2018年7月31日トミー・イベルドとのトレードで、ダイヤモンドバックスへ移籍した。この年は両リーグをまたいで最多となる82試合に登板した。レギュラーシーズン終了後の10月10日に現役引退を表明した。

投球スタイル

独特のアンダースローの投球フォームから、比較的サイドハンドに近い高めのリリースで投じられるトップスピンのかかった85mph前後のシンカーが全体の投球のうち7割程度を占めている。このシンカーでゴロを量産する投球を主体としており、ゴロの割合は通算66%と、典型的なグラウンドボーラーである。一方で、最速93mphのフォーシーム、77mph前後のチェンジアップ、73mph前後のカーブによる空振り率も比較的高く、2014年、2016年は奪三振率7.00以上をマークしている。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2008 | OAK | 47 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 11 | 9 | 1.000 | 229 | 59.2 | 47 | 2 | 22 | 3 | 1 | 30 | 0 | 0 | 8 | 7 | 1.06 | 1.16
2009 | 69 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 4 | 7 | 14 | .333 | 313 | 73.1 | 82 | 2 | 28 | 4 | 1 | 54 | 0 | 0 | 27 | 25 | 3.07 | 1.50
2010 | 64 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 7 | 0 | 17 | .300 | 257 | 60.2 | 54 | 4 | 28 | 9 | 3 | 41 | 0 | 1 | 24 | 22 | 3.26 | 1.35
2011 | 43 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 2 | 1 | 6 | .600 | 160 | 37.2 | 38 | 0 | 13 | 3 | 1 | 29 | 1 | 0 | 14 | 10 | 2.39 | 1.35
ARI | 23 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | ---- | 79 | 20.2 | 15 | 0 | 6 | 0 | 0 | 15 | 0 | 0 | 7 | 4 | 1.74 | 1.02
'11計 66 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 2 | 1 | 10 | .600 | 239 | 58.1 | 53 | 0 | 19 | 3 | 1 | 44 | 1 | 0 | 21 | 14 | 2.16 | 1.23
2012 | 77 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6 | 1 | 0 | 17 | .857 | 263 | 68.2 | 54 | 2 | 21 | 2 | 1 | 42 | 1 | 0 | 21 | 19 | 2.49 | 1.09
2013 | 78 | 0 | 0 | 0 | 0 | 8 | 1 | 13 | 11 | .889 | 297 | 73.0 | 61 | 3 | 22 | 6 | 3 | 44 | 0 | 0 | 20 | 18 | 2.22 | 1.14
2014 | 68 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 3 | 1 | 29 | .625 | 281 | 67.0 | 60 | 5 | 24 | 6 | 3 | 54 | 0 | 0 | 29 | 26 | 3.49 | 1.25
2015 | 66 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 30 | 4 | .000 | 263 | 68.0 | 48 | 3 | 17 | 3 | 1 | 36 | 2 | 0 | 17 | 14 | 1.85 | 0.96
2016 | 36 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 3 | 18 | 0 | .400 | 165 | 38.1 | 41 | 1 | 15 | 5 | 2 | 27 | 0 | 0 | 13 | 12 | 2.82 | 1.46
BOS | 33 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 4 | 4 | 8 | .333 | 124 | 29.2 | 26 | 1 | 11 | 2 | 1 | 31 | 1 | 0 | 8 | 5 | 1.52 | 1.25
'16計 69 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 7 | 22 | 8 | .364 | 289 | 68.0 | 67 | 2 | 26 | 7 | 3 | 58 | 1 | 0 | 21 | 17 | 2.25 | 1.37
2017 | MIA | 53 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 4 | 10 | 7 | .250 | 211 | 47.0 | 57 | 1 | 16 | 6 | 6 | 26 | 1 | 0 | 29 | 25 | 4.79 | 1.55
2018 | 53 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 5 | 10 | 11 | .167 | 213 | 52.0 | 49 | 7 | 17 | 4 | 2 | 37 | 1 | 0 | 25 | 23 | 3.98 | 1.27
ARI | 29 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 9 | .500 | 92 | 21.2 | 22 | 1 | 8 | 2 | 0 | 13 | 0 | 0 | 9 | 9 | 3.74 | 1.39
'18計 82 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 6 | 10 | 20 | .250 | 305 | 73.2 | 71 | 8 | 25 | 6 | 2 | 50 | 2 | 0 | 34 | 32 | 3.91 | 1.30
MLB:11年 739 | 0 | 0 | 0 | 0 | 37 | 38 | 105 | 146 | .493 | 2947 | 717.1 | 654 | 32 | 248 | 55 | 25 | 479 | 7 | 1 | 251 | 219 | 2.75 | 1.39

背番号

代表歴

脚注

  1. ^ Brad Ziegler Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年12月26日閲覧。
  2. ^ Breakdown of Marlins' Players Weekend names MiLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月27日閲覧
  3. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』廣済堂出版、2009年、220頁。 ISBN 978-4-331-51370-5。
  4. ^ Brad Ziegler Transactions” (英語). The Baseball Cube. 2009年4月22日閲覧。
  5. ^ Jane Lee (2008年7月27日). “Ziegler ready to build on record” (英語). MLB.com. 2016年12月26日閲覧。
  6. ^ Andrew Gribble (2008年8月9日). “Geren remains coy on Ziegler's role” (英語). MLB.com. 2016年12月26日閲覧。
  7. ^ OAKLAND, Calif. (AP) (2008年8月12日). “Tampa Bay Rays vs. Oakland Athletics - Recap - August 12, 2008” (英語). ESPN. 2009年4月22日閲覧。
  8. ^ Bob Timmermann (2008年8月14日). “Ziegler's scoreless streak ends at 39 innings ... or so” (英語). Baseball Toaster: The Griddle. 2009年4月22日閲覧。
  9. ^ “D-backs avoid arbitration with Brad Ziegler with two-year contract with club option for 2016” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Arizona Diamondbacks), (2013年12月20日), http://m.dbacks.mlb.com/news/article/66111058/d-backs-avoid-arbitration-with-brad-ziegler/ 2016年12月26日閲覧。
  10. ^ End of streak doesn't faze Ziegler” (英語). MLB.com (2016年6月23日). 2016年8月14日閲覧。
  11. ^ Tim Dierkes (2016年7月9日). “Red Sox Acquire Brad Ziegler”. MLB Trade Rumors. 2016年7月11日閲覧。
  12. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年12月26日閲覧。
  13. ^ Joe Frisaro (2016年12月23日). “Submariner Ziegler signs with Marlins” (英語). MLB.com. 2016年12月26日閲覧。
  14. ^ Steve Gilbert (2018年7月31日). “D-backs reacquire Ziegler, land Diekman” (英語). MLB.com. 2018年8月6日閲覧。
  15. ^ Steve Gilbert (2018年10月10日). “Veteran reliever Ziegler announces retirement” (英語). MLB.com. 2018年11月4日閲覧。

関連項目

外部リンク

野球アメリカ合衆国代表 - 2009 ワールド・ベースボール・クラシック
監督 | 

5 デービー・ジョンソン


コーチ | 

投手 | 

捕手 | 

内野手 | 

外野手 | 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/10 02:24

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ブラッド・ジーグラー」の意味を投稿しよう
「ブラッド・ジーグラー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ブラッド・ジーグラースレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブラッド・ジーグラー」のスレッドを作成する
ブラッド・ジーグラーの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail