このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ブランデンブルク辺境伯領とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年3月)
ブランデンブルク辺境伯領
Mark/Markgrafschaft Brandenburg
 | 1157年 - 1806年 | 


(国旗) | (国章)

1320年のアスカーニエン家断絶までのブランデンブルク辺境伯領
公用語 ドイツ語
首都 ブランデンブルク
ベルリン(1417年より)
辺境伯
1157年 - 1170年 アルブレヒト1世
【1568年 - 1618年】
アルブレヒト・フリードリヒ
変遷
辺境伯領建設 1157年10月3日
【選帝侯へ】
1356年12月25日
プロシアと同君連合 1618年8月27日
【プロイセン王国】
1701年1月1日
【神聖ローマ帝国の解散】
1806年8月6日

【現在】
ドイツ
ポーランド

ブランデンブルクプロイセンの歴史
ノルトマルク
965 - 983 | プルーセン
先史 - 13世紀
リューティチ族
983 - 12世紀
ブランデンブルク辺境伯領
1157 - 1618 (1806) | ドイツ騎士団国
1224 - 1525
プロイセン公国
1525 - 1618 (1701) | ポーランド王領プロシア
1454/1466 - 1772
ブランデンブルク=プロイセン
1618 - 1701
プロイセン王国
1701 - 1772
プロイセン王国
1772 - 1918
プロイセン自由州
1918 - 1947 | クライペダ地域
1920 - 1939 / 1945 - 現在 | 回復領
1918/1945 - 現在
ブランデンブルク州
1947 - 1952 / 1990 - 現在 | カリーニングラード州
1945 - 現在

ブランデンブルク辺境伯領(ブランデンブルクへんきょうはくりょう、ドイツ語: Mark/Markgrafschaft Brandenburg)は、神聖ローマ帝国選帝侯の一人であるブランデンブルク辺境伯の所領の領地。現在のブランデンブルク州の大部分とベルリン、およびポーランドの一部に相当する。

歴史

ブランデンブルク辺境伯領は、ザクセン公であったアルブレヒト熊公を初代ブランデンブルク辺境伯として1157年に設置された。アルブレヒト熊公の死後は息子オットー1世がブランデンブルク辺境伯となり、ポーランドへと領地を延ばした。13世紀半ばの重要な発展としては、ベルリン(1242年)、フランクフルト・アン・デア・オーダー(1253年)の開基と、シュテッティンおよびウッカーマルクの獲得(1250年)が挙げられる。

アスカーニエン家1320年に断絶した後、ヴィッテルスバッハ家ルートヴィヒ4世がブランデンブルク辺境伯領を獲得、以降ヴィッテルスバッハ家の世襲となるも、1373年ルクセンブルク家カール4世オットー5世(ルートヴィヒ4世の6男)から辺境伯領を取得し、長男のヴェンツェルに与えた。

1415年ホーエンツォレルン家ニュルンベルク城伯フリードリヒ6世(ブランデンブルク辺境伯としてはフリードリヒ1世)が神聖ローマ皇帝ジギスムント(カール4世の次男、ヴェンツェルの異母弟)からブランデンブルク選帝侯位を獲得し、ベルリンを居城とした。1539年にはヨアヒム2世ルター派に改宗した。ホーエンツォレルン家は17世紀前半の三十年戦争の頃から台頭し始め、勢力を拡大させた。

1618年にはヨーハン・ジギスムントが婚姻関係によって神聖ローマ帝国の領域外かつポーランドの封土であるプロシア公領を手に入れ、同君連合ブランデンブルク=プロイセンを形成した。また、1648年にはヒンターポンメルン (de:Hinterpommern) (現在のポーランド領西ポモージェ県)を獲得した。ホーエンツォレルン家は政治的影響力を拡大しようと努め、さらにフリードリヒ・ヴィルヘルム(大選帝侯)によって、デンマークスウェーデンポーランド王国に対する優位を主張しつつ、西部ではフランスと対立することになる。北方戦争時にはプロシア公領をポーランドの支配下から完全に独立させた。

フリードリヒ・ヴィルヘルム大選帝侯が没するとフリードリヒ3世があとを継いだ。彼はスペイン継承戦争で神聖ローマ帝国側に付き、その見返りに1701年ハプスブルク家から帝国外のプロシア公領の王(プロイセン王)としての称号を認めさせ、プロイセン王国が成立した。この結果ブランデンブルク選帝侯の地位はプロイセン王と兼任されることになり、ブランデンブルク辺境伯領はプロイセン王国の一部のように扱われるようになる。ブランデンブルク選帝侯領はプロイセン王国の成立後も形式上は神聖ローマ帝国の領邦として留まったが、神聖ローマ帝国が正式に解体された1806年に正式にプロイセン王国領ブランデンブルク州となった。

その後ブランデンブルク州は一貫してドイツの中核的な州であったが、第二次世界大戦後、1945年オーデル・ナイセ線を境として、東のポーランド領と西のドイツ領に分割された。1949年に成立したドイツ民主共和国は、1952年州制度を廃止して旧ブランデンブルク州でドイツ側に残っていた部分を、コトブス県フランクフルト県ポツダム県に3分割した。

1990年ドイツ再統一の結果、ブランデンブルク州(ブンデスラント、Bundesland Brandenburg)が復活した。

脚注

参考文献

 | 
この節の加筆が望まれています。 (2016年3月)

関連項目

現在のブランデンブルク州旗
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/08 08:24

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ブランデンブルク辺境伯領」の意味を投稿しよう
「ブランデンブルク辺境伯領」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ブランデンブルク辺境伯領スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブランデンブルク辺境伯領」のスレッドを作成する
ブランデンブルク辺境伯領の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail