このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ブルターニュとは?

Bretagne

Breizh / Bertaèyn

歴史的な州


旗 | 
紋章

標語:
Kentoc'h mervel eget bezañ saotret
不名誉よりも死を

Anthem: なし (法令上)
事実上 "Bro Gozh ma Zadoù"
我が父祖の地

【現在属する国】
フランス
【主要都市】
リスト

面積

【・ 合計】
34,023km
人口
(2010)

【・ 合計】
4,475,295人
等時帯
UTC+1 (CET)
夏時間
UTC+2 (CEST)

ブルターニュ (フランス語: Bretagne [bʁə.taɲ] ( 音声ファイル); ブルトン語: Breizh [brɛjs] ブレイス; ガロ語: Bertaèyn [bəʁ.taɛɲ])は、フランス北西部にある地域。ブルトン語を意識した際には、ブレーズ という名称も用いられる。かつてはブルターニュ王国、そしてブルターニュ公国という独立国だったが、1532年にフランスに併合されとなった。ブルターニュは6つあるケルト諸語圏の1つとみなされている。時には、現在のブルターニュ地域圏と区別する目的で「歴史的なブルターニュ」(Bretagne historique、ブルターニュ・イストリック)と呼ばれることもある。

ブルターニュは、フランス北西部、ヨーロッパ大陸の北西に突き出た半島にある。北はイギリス海峡、西はケルト海大西洋、南をビスケー湾と接している。面積は34,023 km2 (13,136 sq mi)。ブルターニュとみなされる県が5つある。西のフィニステール県、北のコート=ダルモール県、北東のイル=エ=ヴィレーヌ県、南東のロワール=アトランティック県、ビスケー湾に面したモルビアン県である。

1956年、これらの県を集めフランスの地域圏がつくられた。ブルターニュ地域圏は、ブルターニュとみなされる5つの県のうち4つで構成される(歴史的なブルターニュの80%を占める)。一方でかつてのブルターニュの一部であるロワール=アトランティック県はペイ・ド・ラ・ロワール地域圏に含まれることになった。この地域圏編成は定期的に論争の種となっている。ブルターニュ王国、ブルターニュ公国、かつてのブルターニュ州、そして現在のブルターニュ地域圏は、ローマ時代にアルモリカとして知られた地方の西部分にあたる。

2010年の調査で、歴史的なブルターニュ人口は概算で4,475,295人であった。これらのうち71%の人口がブルターニュ地域圏で暮らしている。残り29%はロワール=アトランティック県に暮らす。2008年時点の都市圏はナント都市圏(854,807人)、レンヌ都市圏(654,478人)、ブレスト都市圏(311,735人)であった。

語源

ブルターニュ(Bretagne)という名称は、ブルトン語でのBreizh、ガロ語でのBertaèynと同様に、「ブリトン人の地」を意味するラテン語のブリッタニア(Brittania、時にはブリタンニアBritannia)からきている。この名称は1世紀以降ローマ人がグレートブリテン、より具体的にはローマ支配下のグレートブリテン島に対して使用した。ブリッタニアとは古代ギリシャ語のΠρεττανικη (プレッタニケ、Prettanike)またはΒρεττανίαι (ブレッタニアイ、Brettaniai)からきている。この名称は紀元前320年代にブリテン諸島を旅したマッサリア(現在のマルセイユ)出身の探検家ピュテアスが用いた。

ローマ人はブルターニュをアルモリカと呼んだ。アルモリカとは、おそらくガリア語で「海に面した」を意味するaremoricaから派生した名称である。他に、レタウニア(Letauia、英語ではLitavis)は12世紀まで使われていた。おそらく「広くて平坦」または「拡大する」を意味しており、ブルターニュのウェールズ語名Llydawの語源となった。

西ローマ帝国崩壊後、多くのブリトン人がアルモリカに移住し、アルモリカはブリッタニアと呼ばれ始めた。しかし、アルモリカの名は数世紀間残り、5世紀まで完全に消滅することはなかった 。後世になって、ジェフリー・オブ・モンマスのような作家たちがブリテンとブルターニュを区別するため、ブルターニュを小ブリタンニア(Britannia minor)、ブリテンを大ブリタンニア(Britannia major)という名称で呼び始めた。

歴史

詳細は「ブルターニュの歴史」を参照

先史時代

ブルターニュにいたガリア5部族
カルナック列石

ブルターニュに人が定住したのは旧石器時代後期以降である。最初の定住者はネアンデルタール人だった。この集団は非常に少なく、西ヨーロッパ全体で発見されている他のネアンデルタール人たちと酷似していた。彼らだけが持つ特徴は独特の文化で、コロンバニア文明と呼ばれた。世界で最も古いかまどがフィニステール県のプルイネックで見つかっている。それは45万年前のものである。

ホモ・サピエンスがブルターニュに定住したのは紀元前35000年代である。彼らはネアンデルタール人と交代したか吸収したかして、シャテルペロン文化またはマグダレニアン文化(en)と似た物づくり(en)を地元で生み出した。氷期後期が終わると、温暖になった気候により一帯に樹木を生い茂った。当時、ブルターニュには比較的大きな人口集団が暮らしており、彼らは狩猟採集の遊牧生活から、土地に定住した農民への生活様式に変わろうとしていた。紀元前5000年代、南や東からの移住者たちが農業を導入した。しかし、ブルターニュで新石器時代の革命は起きなかった。なぜなら人口の急激な変化はあったが移住は緩やかで、技術の交換がなされていたからである。

新石器時代のブルターニュは巨石建造物が特徴である。時には巨石文明の核となる地方ともみなされている。最古の記念物であるケアンは部族首長の墓であり、かつ列石である。半島南岸のモルビアン県にはこれら構造物が大きな割合を占めていて、カルナック列石や、新石器時代の人がたてたものとしては最大級の一枚岩がロクマリアケールのEr Grahのメンヒルである。

原史時代のブルターニュには5つのケルト部族がいた:

これらのケルト部族は島嶼ケルト人たちとスズ貿易で強い経済関係で結ばれていた。いくつかの部族は、ガイウス・ユリウス・カエサルによれば、クリオソリタエ、レドネス、カレテス、オシスミイ、レモウィセス、ウネリそしてアムビバリイ部族を集めたアルモリカの連合に属していた。

ローマ支配

コルスールのマルス神殿

紀元前51年、ブルターニュは古代ローマの一部となった。紀元前13年にはローマ属州ガリア・ルグドゥネンシスに含まれた。ガリアの町や村はローマの基準に従い再度開発され、いくつかの都市がつくられた。これらの都市は、Condate(レンヌ)、Vorgium(カレ)、Dariotirum(ヴァンヌ)そしてCondevincum(ナント)である。Fanum Martis(コルスール)とともに、これら都市は地元キウィタスの主要都市であった。都市は格子状のグリッド・プラン(en)や、ローマのフォルム(en)をすべて備え、時には神殿やバジリカ、公衆浴場(テルマエ)、または水道橋を備えていた。ローマ人はこの地方へ通じる3本の主要道も建設した。しかし、ローマ支配下のブルターニュ人口の大半は農村にあった。自由農民は小さな小屋に暮らしていたのに対し、地主や雇い人たちはヴィッラ・ルスティカに住んでいた。ガリアの神々が信仰され続け、しばしばローマの神々と同化された。ローマの神々を表す像がブルターニュでわずかに見つかっており、ローマ支配下のガリアの部族たちはローマの信仰にケルトの要素を組み合わせていたことがわかる。

3世紀、一帯を数度にわたってフランク族アラマンニ族そして海賊が襲撃した。同じ頃、地元経済が崩壊し、多くの農場が放棄された。侵略に直面して、多くの町や都市が、ナント、レンヌ、ヴァンヌのように要塞化された。

ブリトン人移住

5世紀の終わり、ローマ化したブリトン人たちがアルモリカに移住を始めた。移住の背景についての歴史は不明であるが、中世のブルトン人とウェールズ人の源は、コナン・メリアドック(en、伝説的なブリトン人の首領。ブルターニュ建国者)として知られる人物像とつながる。ウェールズ語文学の情報源では、コナンがアルモリカにローマの略奪者マグヌス・マクシムス(Magnus Maximus)と一緒にやってきたと主張する。マグヌス・マクシムスは自らの主張に強制的に従わせるためガリアに配下のブリトン人軍を送り、軍をアルモリカに定住させたというのである。この物語の真実とは関係なく、ケルト系のブリトン人定住地はおそらく、5世紀にアングロ・サクソン人のブリテン侵攻が行われたことで増加したのだろう。レオン・フルーリオのような学者たちはブリテンからの移住は2つの波があったと推測している。独立したブルトン人の出現を見、アルモリカにブリソン語系ブルトン語の優位性を確立させたことである。時が経つにつれアルモリカではブリトン人植民地が拡大し、中小の王国群ができあがった。これらの王国群は840年代に、フランク族支配に抵抗したノミノエ(en)のもとで統一された。移住したブリトン人たちの間から、特に農村地域で異教崇拝が残るブルターニュで福音伝道を助ける、聖職者たちが現れた。

中世

ブルターニュ初代王ノミノエ。1922年にブルターニュ愛国者が創作したエングレーヴィング

中世初頭、ブルターニュは3つの王国に分かれていた。ドムノネ王国、コルヌアイユ王国、そしてブロエレック王国である。これら王国は9世紀の間に統一国家となった。ブルターニュ統合を指揮したのは、845年から851年まで王であったノミノエで、ブルトン人よりPater Patriae(国父)とみなされている。彼の息子エリスポエは新たなブルターニュ王国の独立を確立し、ジュングランの戦いでシャルル大胆王を退けた。867年の別の戦いでもブルトン人が勝利し、王国は国土が最大に達した。王国はノルマンディーの一部、メーヌアンジューそしてチャンネル諸島を受け取っていた。

10世紀初頭、ブルターニュはヴァイキングの激しい攻撃を受けていた。王国は東側領土のノルマンディーやアンジューを失い、909年にはナント伯領がアンジュー伯フルク1世に与えられた。しかしナントは914年にヴァイキングが占領した。937年にアラン2世がナントを解放した。アラン2世は完全にヴァイキングをブルターニュから追い出し、強力なブルトン人国家を再建した。彼はフランス王ルイ4世に臣従の誓いを表し、こうしてブルターニュは王国ではなく公国となった。

ブルトン人騎士とブルボン家騎士の馬上槍試合バーテルミー・デックミニアチュールより

幾人かのブルトン人領主が、ノルマンディー公ギヨーム(後のイングランド王ウィリアム1世)のイングランド侵攻を助け、軍功によってイングランドに広大な所領を授かった。こうした領主の一部が非常に力を持つようになり、中世のブルターニュは統一国家から程遠かった。フランス王はブルターニュ宮廷内に使節を維持し、ブルトン人領主としばしば重複して同盟を結んだ。ある特定のブルトン人には良心というものがなかった。例えば、ブルターニュは13世紀に公用語としてのフランス語をラテン語に置き換えた。フランス王国が公用語をラテン語と定める300年も前である。そしてブルトン語は国の公用語として正式な地位を持つことがなかった。公国の外交政策は何度も変更され、代々の公爵は平時には独立を保っているが、しばしばイングランドまたはフランスと同盟を結んだ。14世紀の間、各国へのブルターニュからの支援は非常に重要になっていった。なぜならば、その後イングランド王がカペー家の子孫としてフランス王位を請求するようになったからである。

ブルターニュ継承戦争は、百年戦争の代理戦争とみなされる、フランスの支援を受けるブロワ家(シャティヨン家)と、イングランドの支援を受けるモンフォール家(ドルー家)との争いだった。モンフォール家が1364年に勝利し同家出身のジャン4世がブルターニュ公と認められ、百年戦争の終わりまで公国は完全な独立の時代を送った。戦争の結果フランスが弱体化してブルターニュ宮廷に使節派遣しなくなったからである。

ブルターニュはジャン4世の長男ジャン5世、2人の息子フランソワ1世ピエール2世の治世ではフランスと協調しながら独立を保持、ジャン5世の弟アルテュール3世は公位を継ぐ前はフランス王国大元帥として活躍していたが、フランソワ1世・ピエール2世兄弟の従弟フランソワ2世の代でフランス王ルイ11世と衝突した。ルイ11世の息子シャルル8世とも対立し1488年の狂った戦争(または道化戦争)でブルターニュ軍はフランス軍に敗北したが、原因は内部分裂にあった。当時、一部のブルトン領主はフランス側について戦っていたのである。

フランス併合・近代

アンヌ・ド・ブルターニュ.

狂った戦争の後、フランソワ2世は娘のアンヌをフランス王の同意なしに結婚させることができなくなった。それにもかかわらず、女公となっていたアンヌは1490年にハプスブルク家マクシミリアン公子と結婚した。しかしハプスブルク家との政略結婚がフランスとの深刻な対立を招き、シャルル8世はレンヌを包囲し結婚を取りやめさせた上、ただちにアンヌと結婚した。シャルル8世が急逝すると(アンヌとの間にできた子は全て夭折していた)、アンヌはシャルルの後継者でいとこであるルイ12世と結婚しなければならなかった。アンヌはブルトン人の独立を取り戻すことができないまま1514年に没し、2カ国間の統一が正式になされたのはフランソワ1世の時代、1532年であった。アンヌ女公の娘クロード王女を王妃とするフランソワ1世は、ブルターニュに、塩税の免除(フランス国内では塩税は不評だった)などいくつかの特権を授けた。

15世紀から18世紀にかけ、ブルターニュは経済的な黄金時代を迎えた。ブルターニュはスペイン、イングランド、オランダとの海路上に位置し、それがフランス植民地帝国の恩恵を大幅に受けることになった。ブレスト、サン=ブリユーといった地元の海港は急速に拡大し、ロリアンのまちが17世紀につくられた。サンマロは当時フランス海賊の地として知られ、ブレストはフランス海軍の主要基地であった。そしてナントは大西洋奴隷貿易で栄えていた。ブルターニュの内陸はヘンプのロープ、帆の素材であるキャンバス生地、リネンのシーツを提供していた。しかし、多くの工場の設置を奨励していたコルベール主義はブルターニュでの産業隆盛を好まなかった。王立工場の大半が他の州で開設されていたからである。さらに、仏英間の対立が取引を抑制させた。ブルターニュ経済は18世紀の間不景気に陥った。

重要な2度の反乱が17世紀と18世紀に起きた。1675年の印紙税一揆と、1719年のポンカレックの陰謀である。どちらも中央集権体制に抵抗しようとする試み、法律上ブルターニュは税を免除されているという主張から発生していた。

フランス革命以後

1792年、カンペール国民衛兵隊に逮捕されるフエナンの反乱者たち

ブルターニュ公国が法的に廃止されたのはフランス革命中の1789年だった。廃止後、ブルターニュは5つの県に分割された。ブルターニュはすべての特権も失った。3年後、シュアヌリー反乱(fr、フランス西部12県で発生した王党派と革命派による内戦)只中のブルターニュは、革命政府に対する王党派およびカトリックの抵抗運動の中心となった。19世紀、ブルターニュの経済は停滞したままであった。多くのブルトン人がフランス国内の他地方、特にパリへ移住していった。この傾向は20世紀初頭まで堅調であった。それにもかかわらず、ブルターニュの近代化も勧められ、新しい道路や鉄道が建設され、いくつかの場所が工業化された。ナントは造船業、食品加工業(製糖、輸入果物や野菜、魚介類など)が専門であった。フージェールはガラス製造と製靴業、シャトーブリアンとインザンザック=ロクリストのような小都市では金属加工業が行われていた。

ブルターニュではカトリック信仰が根強く、フランス第2帝政時代に保守的な価値が強く主張された。1871年に共和政が復活すると、普仏戦争中に、ブルトン人は共和政への脅威であるとの恐れから、ブルトン人軍が信頼されず、コンリー駐屯地で不当に扱われたという噂が流れた. 。

1942年、サンマロを空爆するイギリス空軍

19世紀、ブルトン語が急速に衰えていった。フランス第三共和政時代のフランス語化政策導入が要因であった。一方、ブルトン人の 子供たちは学校でブルトン語を話すことが禁じられ、もし話せば教師に罰を与えられた。有名なのは、『ブルトン語を話すことと床に唾をはくことを禁止する』(Il est interdit de parler breton et de cracher par terre)と学校で罰則が読み上げられていたことである。他方では、ラテン語のようにブルトン語は、カトリック教会の影響下におくための言語だとみなされていた。特に女性にとってフランス語を習得することは、教会の影響から自らを解放することと同じであった。その結果、ブルトン語を母語とする人々は自らの言語を恥じるようになり、ブルトン語を話すこと、子供たちに教えることを避けるようになった。こうした要因がブルトン語の衰退を招いた。

1978年のアモコ・カディス号原油流出事故はブルターニュの人々に深い傷を残した

同じ時期、ケルト復興運動(en)が地域政党であるブルトン地域主義連合(fr)の創設を促し、後にはアイルランドの独立運動や、連合王国内でのウェールズ、スコットランド自治政党、そして汎ケルト主義(en)と結びついた。しかしこうした運動に賛同する人々は非常に少なく、彼らの理想は20世紀まで大勢の賛同を得られなかった。1923年に生まれたセズ・ブルール運動(fr)は、ブルトン芸術復興を許した。しかしナチズムとの関係と、第二次世界大戦中のブルトン国家党利敵協力で、戦後にブルトン・ナショナリズムは下火になった。

第一次世界大戦でブルターニュ出身の24万人の男性が死亡した。第二次世界大戦もブルターニュに壊滅的な被害を与えた。1940年にナチス・ドイツが占領し、1944年8月のコブラ作戦後に解放されたのである。しかし、サン=ナゼールとロリアン周辺地域だけが抵抗し、ドイツ本国の降伏から数日後の1945年5月10日と11日に降伏した。2つの都市ブレストとサンマロは、空襲で完全に破壊されていた。そしてナントやレンヌのような他の都市も被害を受けていた。

1956年、かつての公国の首都であったナントとその周辺地域を除いて、ブルターニュはブルターニュ地域圏として再編された。だがブルターニュはその文化的特性を維持しており、1960年代と1970年代には新たな文化復興運動が出現した。ブルトン語とフランス語で授業を行う二言語学校が開校し、歌手たちがブルトン語で書いた歌を歌い始めた。アモコ・カディス号原油流出事故のような環境災害、そしてウシの飼育の集中による水質汚染といった事件が、自然遺産を保護する新たな運動を促した。

行政と政治

歴史的な行政区画

政治的に独立した実体としてのブルターニュは1790年に消滅し、5つの県に分けられた。ブルターニュの県は多かれ少なかれ、中世に誕生した9つのカトリック司教区に対応したものだった。これらはしばしば、国や地方を意味するpays(ブルトン語でbro)と呼ばれ、財政と軍事の管区でもあった。ブルターニュは、ブルトン語が話される西半分をバス=ブルターニュ(低ブルターニュ)、伝統的にガロ語が話される東半分をオート=ブルターニュ(高ブルターニュ)とに分けてきた。(なお、この高低は上総下総のようなもの) 歴史的なブルターニュの司教区は以下のものである。

フランス革命中、4つの司教座が抑圧され、残った5つの司教座が県と同じ行政上の境を持つよう修正された。

首都となった都市

公国末期の代々のブルターニュ公が住まいとしていたブルターニュ公爵城

ブルターニュにはいくつかの歴史的な首都がある。独立した公国であった時、議会と比較されるエタ・ド・ブルターニュ(fr)は様々なまちで開催された。ディナンプロエルメルルドン、レンヌ、ヴィトレゲランド、ほとんど全て開催されたナント、そしてヴァンヌである。裁判所と政府も非常に機動力があり、公位についたどの家系も自らの城と荘園を好んだ。ブルターニュ公はほとんどをナント、ヴァンヌ、ルドン、レンヌ、フージェール、ドル=ド=ブルターニュ、ディナン、そしてゲランドで暮らした。興味深いことに、ヴァンヌを除く残りの町全てが、ブルトン語地域でないオート=ブルターニュに属する。

すべてのこれらの町の中で、ナントとレンヌ、ヴァンヌだけが規模が大きく、実際に首都として好ましかった。ブルターニュ公はレンヌで即位し、レンヌに大きな城を持っていた。しかしレンヌの城は15世紀に破壊されてしまっている。一方でヴァンヌには、フランス併合まで会計局と三部会が置かれていた。三部会はその後レンヌに、会計局はナントに移された。ナントは『ブルターニュ公の都市』の別称を持ち、最後のブルターニュ公たちが恒久的な住まいとしていた。中心部には今もブルターニュ公爵城が残る。現在、レンヌは地域圏ただ一つの首府である。また、ブルターニュとペイ・ド・ラ・ロワール地域圏を総括する教会管区もレンヌに置かれている。

現在の行政区画

ブルターニュ地域圏は歴史的なブルターニュの4県で構成される。ライト・ブルーで色分けされたロワール=アトランティック県ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の一部である

フランス革命の間、ブルターニュは5つの県、コート=デュ=ノール県(1990年にコート=ダルモール県と改名)、フィニステール県、イル=エ=ヴィレーヌ県、ロワール=アンフェリウール県(1957年にロワール=アトランティック県と改名)、モルビアン県に分割された。それぞれが3つから4つのが設置された。郡はさらに小郡に分けられ、小郡は1つまたは複数のコミューンで構成されている。コミューンと県は住民によって選出される地方議会を持っている。しかし郡と小郡は選出された議員によって運営はされない。小郡は県議会選挙の選挙区としての役割を果たしており、郡はフランス大統領によって任命された副知事によって運営される。フランス大統領はまた、各県の知事も任命する。

小さな県が数多くあるのは、フランス政府が20世紀の間に地域圏を広く設定しようとしたからである。ブルターニュ愛国者たちにとって、政治的、行政的な実体としてのブルターニュを再現する機会であった。しかし新しい地域圏は経済的に効率化されなければならなかった。ナントとロワール=アトランティック県はブルターニュの中心から離れており、ブルターニュ半島よりもロワール川渓谷との統合が考えられた。フランス政府と地元政治家たちも、ナントがその多くの人口とかつてのブルターニュの首都としての地位から、地域圏の機関と投資を得ようとレンヌと有害な競争をし続けるだろうと恐れている。

フランスの地域圏構想はいくつか1920年代から提唱されていた。地域圏は1956年に現実のものとなった。新たなブルターニュ地域圏には4つの県が入り、ロワール=アトランティック県はアンジューの一部、メーヌやポワトゥーとともにペイ・ド・ラ・ロワール地域圏として編成された。1972年、選出された地方議会とともに地域圏は現在の自らの能力を受け入れた。これ以後、ブルターニュ地域圏は地域圏議会を持って、行政機関となっている。

再統一の疑問

ようこそ、歴史的なブルターニュへと示されたロワール=アトランティック県の道路標識

ブルターニュ地域圏が設置されたとき、幾人かの地元政治家たちがロワール=アトランティック県の除外に反対し、疑問が残っている。

統一への障害は1956年の時と同じである。ブルターニュの中にナントを抱えることは、レンヌに悪影響を及ぼす可能性があり、バス=ブルターニュとオート=ブルターニュ間の経済不均衡を生み出すことになる。さらに、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏はロワール=アトランティック県なしには存在し得なかった。なぜなら、政治的・経済的中心地を失ってしまうからである。ロワール=アトランティックなしで、他の県だけでは効率的な地域圏を形成することはないであろうし、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏ポワトゥー=シャラント地域圏のような近接の地域圏と統合しなければならなくなるだろう。

しかし、2008年以降のブルターニュ地域圏議会や、2001年以降のロワール=アトランティック県議会は統一を支持している。元ナント市長でフランス元首相であるジャン=マルク・エローのような一部の政治家たちは、ブルターニュ地域圏とペイ・ド・ラ・ロワール地域圏を包括するグラン・ウエスト地域圏を代わりに創設することを望む。世論調査では、ブルターニュ住民の58%、ロワール=アトランティック県民の62%が再統一を望んでいる。

政治的傾向

20世紀後半まで、ブルターニュはカトリック信仰が根強く、保守的な風潮が特徴だった。しかし、サン=ナゼールやロリアン、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/06/30 23:28

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ブルターニュ」の意味を投稿しよう
「ブルターニュ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ブルターニュスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブルターニュ」のスレッドを作成する
ブルターニュの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail