このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ブルボンとは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年8月)

株式会社 ブルボン
Bourbon Corporation

柏崎市の本社ビル

種類
株式会社
【市場情報】
東証2部 2208

【略称】
ブルボン
【本社所在地】
日本
945-8611
新潟県柏崎市駅前1丁目3番1号
【設立】
1924年11月20日
業種
食料品
法人番号
6110001017563
【事業内容】
菓子類の製造・販売
【代表者】
代表取締役社長 吉田康
【資本金】
10億3665万円
【売上高】
単体 1,007億円
連結 1,021億円
(2010年3月期)
【純資産】
単体 361億円
連結 323億円
(2010年3月)
【総資産】
単体 640億円
連結 624億円
(2010年3月)
【従業員数】
連結 4,200名
【決算期】
3月31日
【主要子会社】
北日本羽黒食品株式会社
【関係する人物】
吉田吉造(創業者)
【外部リンク】
www.bourbon.co.jp

株式会社 ブルボンは、新潟県柏崎市に本社を置く大手製菓会社である。

新潟県内を中心に合計9カ所の工場を保有する。東京証券取引所第二部上場企業(証券コード2208)。

目次

  • 1 企業沿革・概要
  • 2 製品
    • 2.1 菓子類
    • 2.2 ミネラルウオーター・飲料・デザートほか
  • 3 事業所
  • 4 CM出演者
  • 5 提供番組(過去も含む)
    • 5.1 テレビ
    • 5.2 ラジオ
    • 5.3 補足・提供枠など
  • 6 その他
  • 7 脚注
  • 8 関連情報
  • 9 外部リンク

企業沿革・概要

柏崎の菓子店「最上屋」の息子で、洋菓子作りを学んだ吉田吉造(1886年 - 1954年)が、1924年(大正13年)に現在の柏崎市に設立した北日本製菓商会(きたにほんせいかしょうかい)が起源。同年に北日本製菓株式会社に改組、火災水害などの障害に遭いつつも、1930年代には朝鮮半島北部にまで販路を伸ばすなど業績を上げた。

1952年(昭和27年)に北日本食品工業株式会社に商号を変更。昭和40年代には「わたしのパルミよ!」のCMによる「レーズンサンド」のヒットで全国的にその名を知られるようになった。その後ブランドを「パルミ」から「ブルボン」に改め1989年(平成元年)6月1日より現社名となっている

ブルボン」のブランド名はフランスの王朝ブルボン家をイメージしたともいわれる。命名者が既に亡くなっているため詳しいことは不明だが、1961年(昭和36年)にインスタントコーヒーを製造した際、生豆のブルボン種に因んで「ブルボンコーヒー」と命名して以来、他の製品にもこの名前が使われるようになった、との説がある。

2009年(平成21年)10月1日付で、新潟県内に所在する製造部門の連結子会社9社(北日本巻食品、ボンビスコ、西蒲米菓、北日本大潟食品、北日本和島食品、北日本月潟食品、北日本村上食品、北日本豊浦食品、北日本五泉食品)を吸収合併した。但し、山形県鶴岡市にある北日本羽黒食品羽黒工場は、従前のまま存続している。

2013年(平成25年)5月31日JR柏崎駅前の同社旧駅前工場跡地に新しい本社ビルを建設すると発表した。2013年10月着工、2015年(平成27年)3月完成。約9831mの敷地に地上13階、高さ59mのビルを建設する。耐震性の高いコンクリート充てん鋼管構造を採用するほか、洪水津波でも中枢を維持出来るよう主要設備を高層階に設置。災害時はビル内の食堂を市民に開放し、避難所として提供することを発表している。

製品

菓子類

レーズンサンド(左)とアルフォート
味ごのみ

子供向けよりもファミリー向け、来客者向けの商品を主体とした独自のラインナップを形成しており、他の国内主要製菓会社と比較して内容量が多目の袋入りになっているものが多く、また一段安い価格で販売されていることが多い。製品名からパッケージ意匠、製品の成型に到るまで、同社定番商品にはヨーロピアンテイストを採り入れたものが多く、低価格でも格調は高くというブランドイメージを演出し競合他社と差別化がなされている。

大正期にビスケット製造にて創業し、そのビスケット製造のオートメーション化にいち早く取り組んだことから、伝統的にビスケット・クッキー類に強みを持ち、上述の「レーズンサンド」をはじめとして「ルマンド」、「チョコリエール」、「ルーベラ」、「ホワイトロリータ」など昭和40年代以来ロングセラーとなる定番商品を立ち上げ、大手製菓メーカーとしての地歩を築く。他に「ボイセンベリーシリーズ」などがある。

その一方で、創業当時からの同業他社が定番と位置づけている板チョコキャラメル等は展開していなかったが、昭和後期以後、段階的にチョコレート菓子分野へ進出を強化。得意の焼菓子とチョコの新たな融合を図った「エリーゼ」。同社定番商品のゴージャス路線を踏襲し、高級洋菓子店の生チョコレートを模した「トリュフ」や流滴形成型の「セピアート」等。エリーゼの焼菓子+チョコの知見をビスケットに援用した「アルフォート」、「ブランチュール」など、発売10年を超える新たな定番シリーズを複数立ち上げることに成功。現在ではフルーツガムキャンディなどもラインナップされているなど、洋菓子を中心とする業界五指に入る大手の地位を確立する。

1996年(平成8年)に発売開始した「プチアンドプチポテトシリーズ」は若年層にヒットし、定番商品に成長している《若年層向け製品は他にも「チョトス」、「bit」などが、また子供向け製品としては「エブリバーガー」、「チョコあーんぱん」、「きこりの切株」などが、それぞれ存在する》。

洋菓子メーカーとしてのイメージが強い一方で、「米どころ新潟」に根を下ろす菓子メーカーとして1934年(昭和9年)から米菓の製造も手がけており、1966年(昭和41年)には日本で初めて米菓製造のオートメーション化に成功、今日では「チーズおかき」、「羽衣あられ」、「味ごのみ」などがラインナップされている《「味ごのみ」については、ブルボン内部では「豆菓子(混菓子)」に分類》。1979年(昭和54年)に発売開始された「ピッカラ」は1981年(昭和56年)にモンドセレクションで金賞を受賞している《なお、「ピッカラ」はブルボンでは“お米のスナック”として「スナック菓子」に分類されている》。

また、ローソンセブン&アイなどのプライベートブランド製造(OEM)も行っている。

ミネラルウオーター・飲料・デザートほか

山形県庄内地方に横たわる出羽三山からの湧水を採水・ボトリングしたミネラルウオーター類(「天然名水」・「イオン水」)を始め、「すっきり仕立てのさらら茶」や「カフェリ」等のソフトドリンク類、「くだものいっぱいゼリー」・「食べごろ果実ゼリー」・「食後の0kcal」・「粒ジュレ0kcal」各シリーズ等のデザート類、更に「ミルクココア繊維習慣」(特保認定済)等の食品類もラインナップされている。

このうちミネラルウオーター類は1995年(平成7年)より発売開始、これに関してはその当時見られた飲料水の水質悪化に対する憂いから社会貢献の柱の一つとして発売したとされているが、その工場生産開始日当日にあたる1月17日阪神・淡路大震災が発生しており、生産されたミネラルウオーターが急遽救援物資として被災地に送られている。

事業所

本社
新潟県柏崎市駅前1-3-1
柏崎工場
新潟県柏崎市松波4-2-14
上越工場
新潟県上越市大潟区上小船津浜550
長岡工場
新潟県長岡市両高2431
新潟工場
新潟県新潟市西蒲区巻乙480
新潟南工場
新潟県新潟市南区西萱場610
五泉工場
新潟県五泉市下条1387
新発田工場
新潟県新発田市荒町甲1209-6
村上工場
新潟県村上市仲間町300
赤坂オフィス
東京都港区赤坂4-1-33 赤坂中西ビル8階
神戸オフィス
兵庫県神戸市中央区港島南町1-5-2 神戸キメックセンタービル9階
営業所
札幌市仙台市・柏崎市・宇都宮市川口市品川区横浜市金沢市北名古屋市・神戸市・広島市高松市福岡市

CM出演者

2018年現在

過去

提供番組(過去も含む)

テレビ

現在(全国ネット)

現在(関東圏)

過去

ラジオ

現在

過去

補足・提供枠など

その他

脚注

  1. ^ カルビー、東ハト、ブルボン…この社名の由来知ってた?
  2. ^ 本社ビル竣工に関するお知らせ

関連情報

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/19 07:43

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ブルボン」の意味を投稿しよう
「ブルボン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ブルボンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブルボン」のスレッドを作成する
ブルボンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail