このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ブレイブスマッシュとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "ブレイブスマッシュ"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2019年9月)
【ブレイブスマッシュ】

2015年ホープフルS

【欧字表記】
Brave Smash
【品種】
サラブレッド
【性別】

毛色
鹿毛
【生誕】
2013年3月22日(7歳)
【登録日】
2015年3月26日(JRA)
【抹消日】
2017年3月23日(JRA)
【父】
トーセンファントム
【母】
トーセンスマッシュ
母の父
トウカイテイオー
【生国】
日本(北海道日高町)
【生産】
エスティファーム
馬主
島川隆哉
→Australian Bloodstock, Mt Hallowell Stud Et Al
→Aquis Farm, Glenlogan Park Et Al
調教師
小笠倫弘(美浦)
→Darren Weir(豪州)
→Kris Lees(豪州)
【競走成績】

【生涯成績】
13戦2勝(日本)
21戦3勝(豪州)
勝ち鞍
GI | フューチュリティステークス | 2018年
GI | マニカトステークス | 2018年
GIII | サウジアラビアロイヤルカップ | 2015年


ブレイブスマッシュ (:Brave Smash) は日本オーストラリア競走馬馬名の意味は「勇敢+母名の一部」。おもな勝ち鞍は2015年サウジアラビアロイヤルカップ2018年フューチュリティステークスマニカトステークス

経歴

2歳(2015年)

6月7日東京の新馬戦でデビューし、ロードクエストの2着。その後も2戦続けて2着と惜敗するが、4戦目で初勝利を挙げる。重賞初挑戦となったサウジアラビアロイヤルカップは道中中団に位置し、直線で鮮やかに抜け出すと最後はイモータルの追撃をハナ差抑えて重賞初制覇を飾る。年末のホープフルステークスハートレーの7着に終わり、この年を終える。

3歳(2016年)

3歳初戦の京成杯では12着に惨敗。距離を短縮して挑んだファルコンステークスは2着と好走するも、NHKマイルカップは8着、日本ダービーは18着という結果に終わる。休養を挟み、11月のキャピタルステークスで3着となる。

4歳(2017年)

ニューイヤーステークスとオーシャンステークスは共に4着と勝ちきれずに終わる。3月23日付けでJRA競走馬登録を抹消され、オーストラリアのD.ウィアー厩舎に移籍。移籍初戦となったリーガルローラーステークスで2着に入ると、続くチャンドラーマクロードステークスでは1番人気にこたえ、豪州移籍後初勝利となった。その後、テスタロッサステークス2着を挟み、この年から新設されたジ・エベレストでは10番人気の低評価であったが3着と健闘する。

5歳(2018年)

1月26日のオーストラリアステークスは5着、2月10日のCFオーアステークスは3着と惜敗続きであったが、2月24日のフューチュリティステークスでは好位3番手からレースを進め直線で馬群を割って抜け出すと最後は中団から追い上げてきたトーセンスターダムの追撃を振り切り優勝、G1初制覇を飾るとともに日本から移籍した2頭のワンツーフィニッシュとなった。

10月26日に行われたマニカトステークス(芝1200m)ではヒュー・ボウマン騎乗で接戦を制し、GI2勝目を挙げた。

6歳(2019年)

秋シーズンは5戦出走し、最高着順はニューマーケットハンデキャップの3着。アルクォズスプリントの9着を最後に引退、アクイスファーム種牡馬入りとなる。

競走成績

【競走日】
【競馬場】
【競走名】
【格】
【距離(馬場)】
【頭
数】
【枠
番】
【馬
番】
【オッズ
(人気)】
【着順】
【タイム
(上り3F)】
【着差】
【騎手】
【斤量】
1着馬(2着馬)
2015.06.07 | 東京 | 2歳新馬 |  | 芝1600m(良) | 14 | 5 | 7 | 016.70(5人) | 02着 | R1:36.0(33.9) | -0.3 | 菅原隆一 | 54kg | ロードクエスト
0000.07.12 | 中京 | 2歳未勝利 |  | 芝1600m(良) | 15 | 3 | 4 | 004.00(1人) | 02着 | R1:37.6(35.4) | -0.1 | 菅原隆一 | 54kg | デアリングエッジ
0000.08.02 | 新潟 | 2歳未勝利 |  | 芝1600m(良) | 15 | 8 | 14 | 002.60(2人) | 02着 | R1:35.5(33.3) | -0.7 | M.デムーロ | 54kg | アストラエンブレム
0000.09.06 | 札幌 | 2歳未勝利 |  | 芝1500m(良) | 13 | 5 | 6 | 001.50(1人) | 01着 | R1:30.3(35.7) | -0.8 | 横山典弘 | 54kg | (メイショウアンカー)
0000.10.10 | 東京 | サウジアラビアRC | 重賞 | 芝1600m(良) | 12 | 5 | 6 | 008.10(4人) | 01着 | R1:34.2(33.4) | -0.0 | 横山典弘 | 55kg | (イモータル)
0000.12.27 | 中山 | ホープフルS | GII | 芝2000m(良) | 12 | 7 | 11 | 029.70(7人) | 07着 | R2:02.7(35.0) | -0.9 | 横山典弘 | 55kg | ハートレー
2016.01.17 | 中山 | 京成杯 | GIII | 芝2000m(良) | 15 | 8 | 14 | 021.80(9人) | 12着 | R2:02.7(35.5) | -1.3 | 横山典弘 | 57kg | プロフェット
0000.03.19 | 中京 | ファルコンS | GIII | 芝1400m(不) | 18 | 7 | 15 | 012.50(3人) | 02着 | R1:25.3(38.5) | -0.3 | 横山典弘 | 57kg | トウショウドラフタ
0000.05.08 | 東京 | NHKマイルC | GI | 芝1600m(良) | 18 | 7 | 14 | 029.60(9人) | 08着 | R1:33.1(34.3) | -0.3 | 横山典弘 | 57kg | メジャーエンブレム
0000.05.29 | 東京 | 東京優駿 | GI | 芝2400m(良) | 18 | 8 | 16 | 350.6(17人) | 18着 | R2:35.1(42.1) | 011.1 | 横山典弘 | 57kg | マカヒキ
0000.11.26 | 東京 | キャピタルS | OP | 芝1600m(良) | 15 | 6 | 11 | 024.50(8人) | 03着 | R1:34.0(34.9) | -0.5 | 横山典弘 | 55kg | ブラックムーン
2017.01.15 | 中山 | ニューイヤーS | OP | 芝1600m(良) | 16 | 7 | 13 | 007.80(3人) | 04着 | R1:33.9(34.9) | -0.4 | 横山典弘 | 55kg | マイネルアウラート
0000.03.04 | 中山 | オーシャンS | GIII | 芝1200m(良) | 16 | 2 | 3 | 005.60(2人) | 04着 | R1:08.4(34.5) | -0.1 | 横山典弘 | 56kg | メラグラーナ
0000.08.19 | コーフィールド | リーガルローラーS | L | 芝1200m(重) | 13 | - | 9 | 003.40(2人) | 02着 |  |  | D.レーン | 54kg | Vega Magic
0000.09.09 | ムーニーバレー | チャンドラーマクロードS | L | 芝1200m(良) | 12 | - | 8 | 003.40(1人) | 01着 | R1:11.50(-) |  | D.レーン | 55.5kg | (El Divino)
0000.09.23 | コーフィールド | テスタロッサS | L | 芝1200m(良) | 10 | - | 6 | 01.650(1人) | 02着 |  |  | D.レーン | 57kg | Bons Away
0000.10.14 | ランドウィック | ジエベレスト |  | 芝1200m(良) | 12 | - | 9 | 019.0(10人) | 03着 |  |  | J.スペンサー | 58.5kg | Redzel
2018.01.26 | ムーニーバレー | オーストラリアS | GII | 芝1200m(良) | 6 | - | 2 | 002.20(1人) | 05着 |  |  | C.ウィリアムズ | 58.5kg | Thronum
0000.02.10 | コーフィールド | CFオーアS | GI | 芝1400m(良) | 13 | - | 5 | 009.50(4人) | 03着 |  |  | J.アレン | 59kg | Hartnell
0000.02.24 | コーフィールド | フューチュリティS | GI | 芝1400m(良) | 11 | - | 3 | 004.80(1人) | 01着 | R1:23.16(-) | -- | C.ウィリアムズ | 59kg | (Tosen Stardom)
0000.03.10 | フレミントン | ニューマーケットHC | GI | 芝1200m(良) | 15 | - | 2 | 009.00(5人) | 02着 |  |  | C.ウィリアムズ | 56.5kg | Redkirkwarrior
0000.04.07 | ランドウィック | TJスミスS | GI | 芝1200m(良) | 11 | - | 2 | 006.50(3人) | 07着 |  |  | C.ウィリアムズ | 58.5kg | Trapeze Artist
0000.04.21 | ランドウィック | オールエイジドS | GI | 芝1400m(良) | 10 | - | 5 | 005.50(2人) | 10着 |  |  | M.ザーラ | 59kg | Trapeze Artist
0000.09.01 | コーフィールド | ヒース1100 | GIII | 芝1100m(良) | 12 | - | 3 | 007.50(3人) | 03着 |  |  | M.ザーラ | 59kg | Ball of Muscle
0000.09.15 | ランドウィック | ザショーツ | GII | 芝1100m(良) | 7 | - | 4 | 004.40(3人) | 03着 |  |  | H.ボウマン | 58kg | Ball of Muscle
0000.09.28 | ムーニーバレー | モイアS | GI | 芝1000m(良) | 11 | - | 10 | 011.00(3人) | 02着 |  |  | H.ボウマン | 59.5kg | Viddora
0000.10.13 | ランドウィック | ジエベレスト |  | 芝1200m(不) | 12 | - | 4 | 014.00(9人) | 08着 |  |  | H.ボウマン | 58.5kg | Redzel
0000.10.26 | ムーニーバレー | マニカトS | GI | 芝1000m(良) | 14 | - | 9 | 008.50(5人) | 01着 | R1:09.36(-) |  | H.ボウマン | 58.5kg | (Spirit of Valor)
0000.11.10 | フレミントン | スプリントクラシック | GI | 芝1200m(良) | 14 | - | 10 | 017.00(7人) | 08着 |  |  | C.ウィリアムズ | 58.5kg | Santa Ana Lane
2019.01.26 | ムーニーバレー | オーストラリアS | GII | 芝1200m(良) | 10 | - | 9 | 008.50(7人) | 08着 |  |  | M.ウォーカー | 58.5kg | Whispering Brook
0000.02.09 | コーフィールド | CFオーアS | GI | 芝1400m(良) | 14 | - | 6 | 021.00(9人) | 04着 |  |  | M.ウォーカー | 59kg | Manuel
0000.02.23 | コーフィールド | フューチュリティS | GI | 芝1400m(良) | 12 | - | 4 | 010.00(4人) | 07着 |  |  | M.ウォーカー | 59kg | Alizee
0000.03.09 | フレミントン | ニューマーケットH | GI | 芝1200m(良) | 22 | - | 22 | 026.00(9人) | 03着 |  |  | D.オリヴァー | 57kg | Sunlight
0000.03.30 | メイダン | アルクォズスプリント | GI | 芝1200m(良) | 13 | - | 6 | 008.00(4人) | 08着 |  |  | H.ボウマン | 57kg | Blue Point

種牡馬時代

2020年からオーストラリアニューサウスウェールズ州ハンターバレーのアクイスファームで種牡馬として繋養生活を開始した。2021年には初年度産駒が誕生する予定。

血統表

ブレイブスマッシュ血統 | (血統表の出典)
父系 | サンデーサイレンス系
 | 

トーセンファントム
2007 黒鹿毛 | 
父の父
ネオユニヴァース
1986 青鹿毛 | *サンデーサイレンス | Halo
Wishing Well
*ポインテッドパス | Kris
Silken Way
父の母
バースデイローズ
1995 栗毛 | *トニービン | *カンパラ
Severn Bridge
エリザベスローズ | *ノーザンテースト
*ノーベンバーローズ

トーセンスマッシュ
2004 栗毛 | 
母の父
トウカイテイオー
1988 鹿毛 | シンボリルドルフ | *パーソロン
スイートルナ
トウカイナチユラル | *ナイスダンサー
トウカイミドリ
母の母
アナスミラビリス
1991 鹿毛 | *リアルシャダイ | Roberto
Desert Vixen
スカーレットブルー | *ノーザンテースト
*スカーレットインク
母系(F-No.) | 4号族(FN:4-d) | 
5代内の近親交配 | ノーザンテースト4×4=12.50%、Northern Dancer5×5×5=9.38%、Hail to Reason5×5=6.25% | 
出典 | 
  1. ^ ブレイブスマッシュ 5代血統表2018年8月11日閲覧
  2. ^ ブレイブスマッシュ 5代血統表2018年8月11日閲覧
  3. ^ ブレイブスマッシュ 5代血統表2018年8月11日閲覧
  4. ^ ブレイブスマッシュ 5代血統表2018年8月11日閲覧


脚注

注釈

出典

  1. ^ 競走馬情報:ブレイブスマッシュ
  2. ^ 競走馬情報:ブレイブスマッシュ
  3. ^ 【サウジアラビアRC】ブレイブスマッシュがハナ差Vサンケイスポーツ、2015年10月10日公開 2018年8月8日閲覧
  4. ^ ブレイブスマッシュ号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2017年3月23日公開 2018年8月8日閲覧
  5. ^ 日本から移籍のブレイブスマッシュが豪G1初制覇!2着トーセンスターダム/フューチュリティSnetkeiba.com、2018年2月24日公開 2018年8月8日閲覧
  6. ^ 【豪・マニカトS】ブレイブスマッシュが豪州移籍後2度目のG1制覇!/海外競馬レース結果. netkeiba.com(2018年10月26日付). 2018年10月26日閲覧
  7. ^ 【海外競馬】ブレイブスマッシュが豪州で種牡馬に 2017年に日本から移籍、豪G1を2勝
  8. ^ 競走成績:全競走成績|ブレイブスマッシュ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年8月9日閲覧。
  9. ^ Brave Smash”. Racing Post. 2020年1月4日閲覧。

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/10/17 21:44

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ブレイブスマッシュ」の意味を投稿しよう
「ブレイブスマッシュ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ブレイブスマッシュスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブレイブスマッシュ」のスレッドを作成する
ブレイブスマッシュの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail