このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ベガルタ仙台レディースとは?

移動先: 案内検索
【マイナビベガルタ仙台レディース】

【愛称】
ベガルタ
【クラブカラー】
ゴールド
ブルー
レッド
【創設年】
2012年
【所属リーグ】
日本女子サッカーリーグ
【所属ディビジョン】
なでしこ1部
【ホームタウン】
宮城県仙台市
【ホームスタジアム】
ユアテックスタジアム仙台
ひとめぼれスタジアム宮城
【運営法人】
株式会社ベガルタ仙台
【代表者】
西川善久
【監督】
越後和男
【公式サイト】
公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

ベガルタ仙台レディース(ベガルタせんだいレディース、Vegalta Sendai Ladies)は、日本宮城県仙台市をホームタウンとする日本女子サッカーリーグに所属する女子サッカーチームである。2017年シーズンよりマイナビとのパートナー契約により「マイナビベガルタ仙台レディース」の名称となる。

目次

  • 1 沿革
    • 1.1 発足前
    • 1.2 発足後
      • 1.2.1 2012年
      • 1.2.2 2013年
      • 1.2.3 2014年
      • 1.2.4 2015年
      • 1.2.5 2016年
      • 1.2.6 2017年
      • 1.2.7 2018年
  • 2 成績
  • 3 タイトル
    • 3.1 リーグ戦
    • 3.2 カップ戦
    • 3.3 国民体育大会
    • 3.4 個人別
  • 4 ホームスタジアム
    • 4.1 過去に使用されたスタジアム
  • 5 選手
    • 5.1 所属選手
    • 5.2 背番号変遷
  • 6 ユニフォーム
    • 6.1 チームカラー
    • 6.2 ユニフォームスポンサー
    • 6.3 ユニフォームサプライの遍歴
    • 6.4 歴代ユニフォームスポンサー年表
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

沿革

発足前

詳細は「東京電力女子サッカー部マリーゼ」を参照

東京電力女子サッカー部マリーゼ(1997年創設。本拠地:福島県双葉郡楢葉町広野町Jヴィレッジ(地図)が東日本大震災による影響で休部したことを受けて、2011年11月日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するベガルタ仙台を運営する株式会社ベガルタ仙台がマリーゼの受け皿としてベガルタ仙台レディースを創設した。

発足後

2012年

スローガン:Challenge 〜新たなる挑戦! 共に前へ!〜

2012年(平成24年)2月1日に男子トップチームと同じく宮城県仙台市(地図)に本拠地を置いた「ベガルタ仙台レディース」として正式発足した。マリーゼからは所属選手を18人受け入れ、さらにセレクション合格者2名を加えた合計20名体制でスタート。また、シーズン中の7月3日に元U-20日本女子代表のMF川島はるなが加入、7月8日にクラブ初のプロ契約選手として震災当時マリーゼに所属していた日本女子代表のDF鮫島彩モンペリエ(フランス)から完全移籍で獲得した。

2012年度はリーグ規定により、日本女子サッカーリーグの2部に当たるプレナス・チャレンジリーグ2012に参戦(当初は東西2ブロック制のイーストディビジョン参加の予定であったが1リーグ制となった)。チャレンジリーグでは開幕から無敗のまま1試合を残して優勝、翌2013年度からのなでしこリーグ昇格を決めた。最終成績は20勝2分け0敗、勝ち点62。得点88、失点12、得失点+76はいずれもチャレンジリーグ最高成績。チームはフェアプレー賞を受賞し、チャレンジリーグMVPにはFW伊藤美菜子が選出された。また、ぎふ清流国体のサッカー競技・成年女子の部では宮城県代表として出場しこちらも優勝を果たした。皇后杯は3回戦で浦和Lに敗れた。

シーズン終了後、DF田中景子横浜Sへ完全移籍。MF中原沙央理は引退し、武蔵丘短期大学シエンシアコーチに就任。

2013年

U-17日本女子代表のMF井上綾香とMF成宮唯、DF佐々木繭が加入。またI神戸よりMF髙良亮子を完全移籍で獲得。シーズン途中、MF成宮唯が高槻へ完全移籍。

なでしこリーグ1年目のシーズンは、リーグ戦5位、カップ戦は予選敗退、皇后杯はベスト8で終えた。

シーズン終了後、GK天野実咲、DF下小鶴綾、DF中村真実、FW伊藤美菜子が引退。MF鮫島彩ヒューストン・ダッシュ(アメリカ)、MF今井さゆり横浜Sへそれぞれ完全移籍。

2014年

DF柿木瑠奈(常盤木高)、MF佐々木美和(常盤木高)、MF入江未希(日ノ本高)が加入。高槻からDF浜田遥千葉LからMF川村優理をそれぞれ完全移籍で獲得。また、前年度引退したDF下小鶴綾がアシスタントコーチに就任した。

シーズン途中、DF柿木瑠奈が退団。怪我でリハビリをしていたMF鮫島彩が復帰、GKブリトリー・キャメロンスカイ・ブルーFC(アメリカ)より期限付き移籍で加入した。リーグ戦レギュラーシリーズは、最終節で千葉Lに敗れ7位となり、エキサイティングシリーズは下位リーグ進出となった。下位リーグでは5勝1敗。総合順位は7位でリーグ戦を終了。皇后杯はチーム初のベスト4進出を果たした。

シーズン終了後、GK齋田由貴、FW小山季絵が引退。DF長船加奈浦和Lへ、DF鮫島彩がI神戸へ、MF上辻佑実日テレへ、FW川島はるなノジマ相模原へそれぞれ完全移籍。GKブリトニー・キャメロンが移籍期間満了に伴い退団した。

2015年

DF千葉梢恵(リトルスターズ)、DF万屋美穂(日ノ本高)、FW西川明花(吉備国際大)が加入。I神戸からGK武仲麗依湯郷ベルからMF中野真奈美、FW有町紗央里サンジョゼEC(ブラジル)からFWジョバーニャを獲得した。シーズン途中、ブリトニー・キャメロンが前年に引き続き期限付き移籍で加入。

リーグ戦レギュラーシリーズを3位で終え、初のエキサイティングシリーズ上位リーグ進出。上位リーグでは2勝2分1敗で2位、リーグ戦最終順位は過去最高の2位となった。また川村優理がベストイレブンに選出された。皇后杯では髙良亮子、万屋美穂と相次いで負傷者を出したものの2年連続のベスト4進出、フェアプレー賞を受賞した。

日本女子代表ではFIFA女子ワールドカップに川村優理が、東アジアカップに川村、武仲麗依、髙良亮子、有町紗央里の4人が出場した。

シーズン終了後、山本りさ井手上麻子が引退。ジョバーニャが契約満了、入江未希が海外挑戦の為それぞれ退団。武仲麗依がI神戸へ、髙橋奈々オルカ鴨川へ完全移籍。

2016年

スローガン:Get to the Top 目指せ頂点。つかめタイトル。

市瀬菜々(常盤木高)、平田美紀(I神戸)、北原佳奈(新潟L)、岸川奈津希(浦和L)、本多由佳(大体大)の5人が加入。また、前年に期限付き移籍で加入していたブリトニー・キャメロンが完全移籍で加入。川村優理がプロ契約を締結した。

レギュラーシリーズに一本化されたリーグ戦では昨年に次ぐ10勝を挙げるが過去最多タイの7敗と負けが込み、4位で終えた。ベストイレブンには川村が2年連続で選出された。3年ぶりに復活したリーグ杯1部はBグループを首位通過したものの準決勝で千葉Lに敗れた。皇后杯神村学園高S世田谷・ノジマを破り3年連続のベスト4進出。準決勝は2年連続でI神戸との対戦となり、延長戦までもつれ込んだが1-3で敗れた。また2年連続でフェアプレー賞を受賞した。

同年9月、マイナビとタイトルパートナー協定を締結(契約期間は2017年2月1日より2021年1月31日までの4年間)。これに伴い、2017年シーズンより「マイナビベガルタ仙台レディース」の名称となる。

シーズン終了後、チームの立ち上げから指揮を執った千葉泰伸が監督を退任、男子ユース監督の越後和男が監督に就任した。また川村が新潟Lへ完全移籍した。

2017年

スローガン:One HEART 心を熱く

鈴木あぐり(常盤木高)、三橋眞奈(大体大)の2人が新加入。1.FCザールブリュッケンから2015年まで在籍していた入江未希シドニーFCから2016年アジア女子年間最優秀選手オーストラリア代表ケイトリン・フォードを完全移籍で獲得。リーグ開幕直前、髙良亮子ノルウェーLSKクビンネルFKに完全移籍。シーズン途中、ブリスベン・ロアーFCから2014年アジア女子年間最優秀選手でオーストラリア代表のカトリーナ・ゴリーが加入、中野真奈美AC長野へ移籍した。

リーグ戦はアウェイで6勝1分2敗と好調だった一方、ホームでは3勝2分4敗と勝ち星を伸ばせず、昨年同様4位となった。リーグ杯1部はBグループ3位で予選敗退。皇后杯は準々決勝で浦和LにPK戦で敗れベスト8だった。

リーグ戦終了後、ゴリーが退団。シーズン終了後にはフォード、ブリトニー・キャメロン岸川奈津希が退団。嘉数飛鳥平田美紀が鴨川、本多由佳ASハリマ西川明花がAC長野、佐々木繭が浦和L、入江が新潟Lへそれぞれ移籍。チーム創設時から選手・指導者として在籍したコーチの下小鶴綾が退任。

2018年

スローガン:One HEART 心を熱く

奥川千沙(早大)、沖野くれあ(常盤木高)、宮本華乃(日ノ本高)、高平美憂(ac福島)、武田菜々子(明成高)が新加入。またAS埼玉から奈良美沙季伊賀から佐藤楓と日本代表・櫨まどかを完全移籍で獲得。

成績

【年度】
【回】
【所属リーグ】
最終
順位 【レギュラーシリーズ】
【エキサイティングシリーズ】
リーグ杯
皇后杯
【監督】

【順位】
【試合数】
【勝点】
【勝】
【分】
【敗】
【得】
【失】
【差】
【進出リーグ】
【順位】
【試合数】
【勝点】
【勝】
【分】
【敗】
【得】
【失】
【差】

2012 | (24) | チャレンジ | 優勝 | 22 | 62 | 20 | 2 | 0 | 88 | 12 | +76 | - | - | 3回戦敗退 |  千葉泰伸
2013 | (25) | なでしこ | 5位 | 18 | 28 | 8 | 4 | 6 | 23 | 24 | -1 | GL敗退 | ベスト8
2014 | (26) | 7位 | 7位 | 18 | 25 | 7 | 4 | 7 | 23 | 17 | +6 | 下位リーグ | 1位 | 6 | 23 | 5 | 0 | 1 | 18 | 4 | +14 | - | ベスト4
2015 | (27) | なでしこ1部 | 2位 | 3位 | 18 | 36 | 11 | 3 | 4 | 40 | 26 | +14 | 上位リーグ | 2位 | 5 | 12 | 2 | 2 | 1 | 11 | 10 | +1 | - | ベスト4
2016 | (28) | 4位 | 18 | 31 | 10 | 1 | 7 | 29 | 20 | +9 | - | ベスト4 | ベスト4
2017 | (29) | 4位 | 18 | 30 | 9 | 3 | 6 | 21 | 23 | -2 | - | GL敗退 | ベスト8 |  越後和男
2018 | (30) | 位 |  |  |  |  |  |  |  |  | - |  | 

タイトル

リーグ戦

  • チャレンジリーグ:1回
    • 2012年
  • チャレンジリーグ フェアプレー賞:1回
    • 2012年

カップ戦

  • 皇后杯 フェアプレー賞:2回
    • 2015年、2016年

国民体育大会

個人別

  • なでしこリーグベストイレブン
  • チャレンジリーグ最優秀選手賞

ホームスタジアム

ユアテックスタジアム仙台
【名称】
【略称】
【所在地】
【使用期間】
【備考】

ユアテックスタジアム仙台 | ユアスタ | 宮城県仙台市泉区 | 2012年 - | 
ひとめぼれスタジアム宮城 | ひとめS | 宮城県宮城郡利府町 | 2013年 - | 旧:宮城スタジアム
石巻市総合運動公園フットボール場 | 石巻フ | 宮城県石巻市 | 2012年 - | 
角田市陸上競技場 | 角田市陸 | 宮城県角田市 | 2013年 - | 
会津総合運動公園あいづ陸上競技場 | あいづ | 福島県会津若松市 | 2016年 - | 
ダイハツスタジアム | ダイスタ | 青森県八戸市 | 2018年 - | 
【年度】
【会場】
【備考】

【ユアスタ】
宮城ス
(ひとめS) 仙台市陸
(弘進仙台) 【石巻】
【角田】
【その他】

2012 | 3 |  |  | 1 |  | 松島フ3、松島運1、宮城県B1、仙台大学1、郡山西部1 | 
2013 | 5 | 2 |  | 1 | 2 | 宮城県サ3 | 
2014 | 5 | 1 | 3 | 1 | 2 |  | 
2015 | 6 | 1 | 2 | 1 | 1 | とうスタ1 | 
2016 | 6 | 2 | 2 | 1 | 1 | あいづ1 | 
2017 | 7 | 2 | 1 | 1 | 1 | あいづ1 | 
2018 | 6 | 3 |  | 1 | 1 | あいづ1、ダイスタ1 | 
  • 表中の数字はリーグ戦、リーグ杯を含めた試合数

過去に使用されたスタジアム

【名称】
【略称】
【所在地】
【使用期間】
【備考】

宮城県サッカー場 | 宮城県B
宮城県サ | 宮城県宮城郡利府町 | 2012年 - 2013年 | 2016年から命名権により「みやぎ生協めぐみ野サッカー場」
松島フットボールセンター | 松島フ | 宮城県宮城郡松島町 | 2012年 | 
松島運動公園 | 松島運 | 宮城県宮城郡松島町 | 2012年 | 
仙台大学サッカー・ラグビー場 | 仙台大学 | 宮城県柴田郡柴田町 | 2012年 | 
郡山西部サッカー場 | 郡山西部 | 福島県郡山市 | 2012年 | 
とうほう・みんなのスタジアム | とうスタ | 福島県福島市 | 2015年 | 
弘進ゴム アスリートパーク仙台 | 弘進仙台 | 宮城県仙台市宮城野区 | 2014年 - 2017年 | 旧:仙台市陸上競技場

選手

所属選手

【背番号】
【ポジション】
【名前】
【前所属】
【備考】

1 | GK | 齊藤彩佳 | 東京電力女子サッカー部マリーゼ | 
2 | DF | 千葉梢恵 | リトルスターズ | 
3 | DF | 市瀬菜々 | 常盤木学園高等学校 | 日本代表
4 | DF | 高平美憂 | JFAアカデミー福島 | 
5 | DF | 坂井優紀 | INAC神戸レオネッサ | 元日本代表
6 | DF | 奈良美沙季 | ちふれASエルフェン埼玉 | 
7 | MF | 田原のぞみ | 浦和レッドダイヤモンズ・レディース | 
8 | FW | 井上綾香 | 河内SCジュベニール | 
9 | FW | 小野瞳 | 東京電力女子サッカー部マリーゼ | 
10 | FW | 浜田遥 | スペランツァFC大阪高槻 | 
11 | MF | 安本紗和子 | ジェフユナイテッド市原・千葉レディース | 元日本代表
14 | FW | 櫨まどか | 伊賀フットボールクラブくノ一 | 日本代表
15 | FW | 宮本華乃 | 日ノ本学園高等学校 | 
16 | GK | 鈴木あぐり | 常盤木学園高等学校 | 
17 | DF | 武田菜々子 | 明成高等学校 | 
18 | FW | 沖野くれあ | 常盤木学園高等学校 | 
19 | MF | 佐藤楓 | 伊賀フットボールクラブくノ一 | 
20 | MF | 佐々木美和 | 常盤木学園高等学校 | 
22 | DF | 万屋美穂 | 日ノ本学園高等学校 | 日本代表
24 | FW | 有町紗央里 | 岡山湯郷Belle | 元日本代表
25 | DF | 奥川千沙 | 早稲田大学 | 
26 | DF | 北原佳奈 | アルビレックス新潟レディース | 元日本代表
27 | MF | 三橋眞奈 | 大阪体育大学 | 

2018年度メンバー、()内は背番号

背番号変遷

【No.】
【2012】
【2013】
【2014】
【2015】
【2016】
【2017】
【2018】

監督 | 千葉泰伸 | 越後和男
1 | 天野実咲 | ブリトニー・キャメロン | 齊藤彩佳
2 | 長船加奈 | 千葉梢恵
3 | 下小鶴綾 | 浜田遥 | 髙橋奈々 | 市瀬菜々
4 | 山本りさ | 岸川奈津希 | 高平美憂
5 | 田中景子 | 坂井優紀
6 | 中村真実 | 川村優理 | カトリーナ・ゴリー | 奈良美沙季
7 | 田原のぞみ
8 | 上辻佑実 | 嘉数飛鳥 | 井上綾香
9 | 鮫島彩 | 小野瞳
10 | 伊藤美菜子 | - | 浜田遥
11 | 安本紗和子
12 | サポーター
13 | 髙橋奈々 | 佐々木繭 | -
14 | 嘉数飛鳥 | 髙良亮子 | 櫨まどか
15 | 井手上麻子 | 平田美紀 | 宮本華乃
16 | 齊藤彩佳 | 武仲麗依 | 高橋麻美 | 鈴木あぐり
17 | 小野瞳 | 井上綾香 | 武田菜々子
18 | 中原沙央理 | 川島はるな | 入江未希 | - | ケイトリン・フォード | 沖野くれあ
19 | 小山季絵 | 西川明花 | 佐藤楓
20 | 今井さゆり | 佐々木美和
21 | 齋田由貴 | ブリトニー・キャメロン | -
22 | 坂井優紀 | 髙良亮子 | 万屋美穂
23 | 川島はるな | 佐々木繭 | 中野真奈美 | -
24 | - | 成宮唯 | 柿木瑠奈 | 有町紗央里
25 | - | 井上綾香 | ジョバーニャ | 本多由佳 | 奥川千沙
26 | - | 北原佳奈
27 | - | 三橋眞奈
28 | - | 入江未希 | -
29 | - | 入江未希 | -

ユニフォーム

ユニフォームの色
【カラー】
【シャツ】
【パンツ】
【ストッキング】

FP(1st) | ゴールド | 青 | ゴールド
FP(2nd) | 白 | 黒 | 白
GK(1st) | 赤 | 赤 | 赤
GK(2nd) | 水色 | 水色 | 水色

FP 1st
 | 
FP 2nd


GK 1st
 | 
GK 2nd


チームカラー

  • ゴールド

ユニフォームスポンサー

【掲出箇所】
【スポンサー名】
【表記】
【掲出年】
【備考】

胸 | アイリスプラザ | IRISダイシン | 2012年- | 
背中上 | やまや | やまや | 2012年 - | 
背中下 | 日本製紙 | 日本製紙 | 2017年 - | 
袖 | マイナビ | マイナビ | 2016年 - | 
パンツ | 角川学園 | KADAN | 2017年 - | 2016年は背中下

ユニフォームサプライの遍歴

歴代ユニフォームスポンサー年表

【年度】
【胸】
【背中上】
【背中下】
【袖】
【パンツ】
【サプライヤー】

2012 | IRIS ダイシン | やまや | 解禁前 | タイヤワールド館
BEST
 | 阿部かま | asics
2013
2014
2015 | 77BANK | adidas
2016 | - /
KADAN | マイナビ | タイヤワールド館
BEST

脚注

注釈

  1. ^ 2013年 - GK齊藤彩佳が参加。2014年 - GK齊藤彩佳、MF佐々木美和が参加。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/04/24 09:57

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ベガルタ仙台レディース」の意味を投稿しよう
「ベガルタ仙台レディース」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ベガルタ仙台レディーススレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ベガルタ仙台レディース」のスレッドを作成する
ベガルタ仙台レディースの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail