このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ベトナムとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年3月)
 | この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(CJK統合漢字拡張B)が含まれています。
ベトナム社会主義共和国
Cộng Hoà Xã Hội Chủ Nghĩa Việt Nam



(国旗) | (国章)
国の標語:Độc lập, tự do, hạnh phúc
(漢字: 独立自由幸福)
国歌:Tiến Quân Ca(ベトナム語)
進軍歌
公用語
ベトナム語
首都
ハノイ
【最大の都市】
ホーチミン市
政府
党書記長
グエン・フー・チョン
国家主席
チャン・ダイ・クアン
首相
グエン・スアン・フック
国会議長
グエン・ティ・キム・ガン
面積
【総計】
331.200(2016年)km(64位)
【水面積率】
1.3%
人口
【総計(2013年)】
9270万人(12位)
人口密度
253人/km
GDP(自国通貨表示)
【合計(2010年)】
3,584兆2,609億ドン
GDP (MER)
【合計(2013年)】
1706億ドル(58位)
GDP (PPP)
【合計(2013年)】
3,598億ドル(38位)
【1人あたり】
4,012ドル
独立
フランスより独立宣言
(ベトナム民主共和国) 1945年9月2日
独立承認
(ジュネーヴ協定) 1954年7月21日
【南北統一、改称】
1976年7月2日

通貨
ドン (VND) (₫ / Đồng; 銅)
時間帯
UTC (+7)(DST:なし)
ISO 3166-1
VN / VNM
ccTLD
.vn
国際電話番号
84
ベトナム



ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、ベトナム語: Cộng Hoà Xã Hội Chủ Nghĩa Việt Nam / 共和社會主義越南)、通称 ベトナム(ベトナム語: Việt Nam / 越南)は、東南アジアインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家。首都はハノイASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。

国土は南北に細長く、北は中華人民共和国、西はラオス、南西はカンボジア国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと相対する。

目次

  • 1 国名
  • 2 歴史
    • 2.1 石器文化
    • 2.2 青銅器文化
    • 2.3 北属期
    • 2.4 越人王朝の形成
    • 2.5 モンゴルのベトナム侵攻
    • 2.6 第四次北属期
    • 2.7 南進時代
    • 2.8 西山朝
    • 2.9 阮朝
    • 2.10 フランス植民地支配
    • 2.11 反仏独立運動
    • 2.12 第二次世界大戦
    • 2.13 アメリカの介入と南北分断時代
      • 2.13.1 インドシナ戦争
      • 2.13.2 ベトナム戦争
    • 2.14 南北ベトナム再統一以後
      • 2.14.1 カンボジア・ベトナム戦争と中越戦争
      • 2.14.2 関係改善期
  • 3 政治
    • 3.1 統治体制
    • 3.2 立法
    • 3.3 民主化
    • 3.4 反体制組織
    • 3.5 戸籍
  • 4 軍事
  • 5 国際関係
    • 5.1 中国との関係
    • 5.2 台湾との関係
    • 5.3 北朝鮮との関係
    • 5.4 韓国との関係
    • 5.5 アメリカ合衆国との関係
    • 5.6 フランスとの関係
    • 5.7 日本との関係
      • 5.7.1 古代
      • 5.7.2 室町時代から江戸時代
      • 5.7.3 明治時代から昭和前半
      • 5.7.4 第二次世界大戦
      • 5.7.5 第二次世界大戦後
      • 5.7.6 近年の日越関係
      • 5.7.7 政府開発援助・価値観外交
      • 5.7.8 高速鉄道計画
      • 5.7.9 原子力発電所計画
      • 5.7.10 ベトナムと「ホンダ」
      • 5.7.11 教育・文化交流事業
  • 6 地方行政区画
    • 6.1 主要都市
    • 6.2 住所表記
  • 7 地理
    • 7.1 デルタ地帯
    • 7.2 平野
    • 7.3 気候
  • 8 経済
    • 8.1 農業
    • 8.2 鉱業
  • 9 国民
    • 9.1 民族構成
    • 9.2 言語
    • 9.3 人名
    • 9.4 文字
    • 9.5 宗教
    • 9.6 LGBTの権利
    • 9.7 教育
      • 9.7.1 教育行政
  • 10 文化
    • 10.1 歴史文化遺産
    • 10.2 食文化
    • 10.3 文学
    • 10.4 芸能
    • 10.5 音楽
    • 10.6 スポーツ
    • 10.7 世界遺産
    • 10.8 祝祭日
  • 11 通信とメディア
    • 11.1 新聞と雑誌
    • 11.2 報道規制
    • 11.3 インターネット規制
  • 12 脚注
    • 12.1 注釈
    • 12.2 出典
  • 13 参考文献
  • 14 関連項目
  • 15 外部リンク

国名

正式名称はベトナム語で "Cộng Hoà Xã Hội Chủ Nghĩa Việt Nam" ( 聞く)。略称は "Việt Nam" (ベトナム語発音: [viət˨ næm˧] ( 音声ファイル))である。フランス語では "République socialiste du Viêt Nam"。漢字(チュニョ)では「共和社會主義越南」となる。

1802年に現代とほぼ変わらない領土でベトナムを統一した人物は、阮朝の創始者の阮福暎(嘉隆帝)である。1804年には嘉慶帝から越南国王に封ぜられ、『越南』を正式の国号とした、阮朝は最初清に「南越」の号を求めたが、嘉慶帝は「越南」という国号を与えた。「南越」という国号に阮朝の領土的野心を警戒したという見方もある。

日本語表記は「ベトナム社会主義共和国」、通称は「ベトナム」。一部文献等では「ヴェットナム」「ヴィエットナム」等の表記もみられる。漢字による表記では「越南」(えつなん)であり、越国と書くこともある。現在の日本国外務省では、「ベトナム」・「ベトナム社会主義共和国」の表記を用いるが、かつては「ヴィェトナム社会主義共和国」と表記していた。

公式の英語表記は "Socialist Republic of Vietnam" 、略称は "Vietnam"、または "SRV"。1976年6月24日、ベトナム戦争後初の南北統一国会(第6期国会第1回会議)が招集され、7月2日の国会決議により現在の国名が決定された。2013年の憲法改正時に、「ベトナム社会主義共和国」の国名を、1945年ベトナム八月革命によって独立した時の国名「ベトナム民主共和国」に改める動きが報じられたが、改正案から国名変更部分は除外され、変更はされなかった。

歴史

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年3月)

詳細は「ベトナムの歴史」を参照

石器文化

今からおよそ30 - 40万年前の地層から人類ハノイの北方タムハイのタムクエン洞窟(ランソン省)で発見されている。他の場所からも、例えばクアンイエンのド山(タインホア省)、スアンロク(ドンナイ省)から打製石器剥片石器がたくさん発見されている。また、タムオム(ゲアン省)、ハンフム(イエンバイ省)、トゥンラン(ニンビン省)、ケオレン(ランソン省)などからも人類の足跡が発見されている。

今からおよそ2 - 3万年前、現代人(現生人類)の祖先と言われている新人(ホモ・サピエンス)が現れた。彼らの遺跡は、グオム石窟(タイグエン省)、ソンビー(フート省)やライチャウ、ソンラ、バクザン、タインホア、ゲアンの各省にみられる。彼らの道具の主なものは石斧で、万能石器である。

最終氷期が終わり、地球規模で温暖化が始まった約1万年前から4000年前の人類の遺物や洞窟が発見されている。ホアンビン、バクソン(ランソウン省)、クインバン(ゲアン省)、ハロン(クアンニン省)、バウチョー(クアンビン省)では、前段階よりも石器が改良され、多種の石材を使い様々な用途に使用できる石器が製作されるようになっていた。今までの打製石器1だけではなく刃を研磨した道具の短斧・右肩石斧などの磨製石器がつくられている。その他には、自然石の礫石器や動物の骨や歯を利用した骨角器が造られた。また、パクソン、クインバン、ハロンでは、土器を伴い、石製のが見つかっている。これらの遺物から生活様式が発展したことがうかがえる。たとえば、土器の使用により、煮炊きでき、食物を保存できるようになり、生活が豊かになってきた。さらに鋤や鍬で森・土地を開墾し農業ができるようになったと推測できる。さらに動物の骨から道具を作っていることから犬や豚を飼って畜産を行っていたと考えられる。また、農業や畜産を行うことにより、一定の場所に住み着き、狩猟・採取・場所によっては漁撈が可能になっていたと考えられる。

青銅器文化

ドンソン文化銅鼓

部族国家群鴻龐朝(現フート省付近の文郎国、山岳部の甌越紅河デルタ雒越など)を形成していた。これが古越人(後のベト族)である。紀元前4世紀頃から、東南アジア最古の青銅器文化として知られる東山(ドンソン)文化が、北部ベトナムの紅河(ホンハー)流域一帯に広がった。始皇帝によって象郡が置かれ、郡県支配を受けた。蜀泮によって文郎国・甌越・雒越が統合され、甌雒(紀元前257年 - 紀元前207年)が成立し、コロアを王都とした。紀元前207年に南越国が成立し甌雒を併合。

北属期

詳細は「北属期」を参照

越人王朝の形成

モンゴルのベトナム侵攻

13世紀にクビライは3度に渡るヴェトナム侵攻(元越戦争)を行った。1258年第1次元越戦争1283年第2次元越戦争1287年第3次元越戦争1288年白藤江の戦いで敗北した軍は敗走した。

第四次北属期

14世紀に陳朝の都昇龍(タンロン)を2度攻略した制蓬峩(チェーボンガー、Chế Bồng Nga)の死後、チャンパ王国では羅皚による王位簒奪が起こった。陳朝に代わった胡朝がチャンパ王国へ逆侵攻すると、羅皚の子である巴的吏永楽帝に援軍を求めて干渉戦争明胡戦争(明・大虞戦争)が起こり、1407年に胡朝は滅亡。第四次北属期(1407年-1427年)となり、明よって「交阯」(JiaozhiGiao Chỉ、交趾)との地名で呼ばれた。

南進時代

藍山蜂起(1418年 - 1428年)で明軍を追い出した黎利(レ・ロイ)により後黎朝が起こる(1428年 - 1788年)。地方王権の緩やかな連合体という形態だったチャンパ王国にはヴィジャヤパーンドゥランガの2つの核となる地域があったが、1471年に後黎朝の侵攻(チャンパ・大越戦争)によりヴィジャヤが滅亡した。

黎朝帝室が衰えると権臣の莫登庸による簒奪王朝莫朝が権力を掌握。黎朝復興勢力と莫朝が紅河を挟んで向き合う南北朝時代の戦乱を経て後黎朝は復興したが、北部は帝室を牛耳る東京鄭氏が支配し、中部には広南阮氏による半独立政権が成立し、両者の間で鄭阮戦争が起こった。このころ日本は広南阮氏と交易し、ホイアンに日本人町ができ来遠橋などが建てられた。

広南阮氏は、1611年からパーンドゥランガの領土を侵食し始める。鄭阮戦争の難民がメコンデルタへ流出すると、カンボジアのチェイ・チェッタ2世(在位:1618年-1628年)は、プレイノコール(: Prey Nokor、現ホーチミン市)に難民を受け入れ及び徴税のために税関事務所を建設することを許可した。これによってメコンデルタのベトナム化が進行したことで、広南阮氏の南下を呼び込む結果になる。1681年ダナン沖に明朝遺臣を名乗る楊彦迪(ユオン・ガン・ディック、Dương Ngạn Địch)、陳上川(チャン・トゥオン・スィエン、Trần Thượng Xuyên)らの率いる50隻余の艦隊が出現し広南国への亡命を申し出ると、広南国はメコンデルタへの入植に彼らを活用することとなった

1693年に広南阮氏の武将阮有鏡がパーンドゥランガを征服した。1708年に現在のキエンザン省カマウ省に勢力を伸ばしていた鄚玖の半独立国「港口国」がカンボジア王を裏切り広南阮氏に朝貢するようになる。広南阮氏は、阮福濶の時代にカンボジア領であったメコンデルタ下流のクメール人居住領域の併合を行う。

西山朝

1771年に西山阮氏による西山党の乱が起こり1777年に広南阮氏を滅ぼした。1785年シャムの支援を受けた広南阮氏の残党・阮福暎がメコンデルタ地帯に攻め込んだが(ラックガム=ソアイムットの戦い)、阮恵(グエン・フエ)率いる西山阮氏はこれを撃退した。阮恵は軍を北に向け鄭氏もまた滅ぼし、西山朝が成立した。1789年には、北部にかろうじて存在していた後黎朝の昭統帝乾隆帝に援軍を求めて始まった干渉戦争のドンダーの戦いでも阮恵が勝利し、後黎朝も滅んだ。阮福暎は、フランス人宣教師ピニョー・ド・ベーヌを始めとする外国勢力やチャンパ遺臣の助けを得て西山朝と戦った。

阮朝

ベトナム中部の都市フエには、19世紀に越南阮朝の都と宮廷が置かれた。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に「フエの建造物群」として登録されている。

西山朝に内紛の兆しがみえると、阮福暎1802年に西山朝を滅ぼし、阮朝(1802年 - 1945年)を興こした。1830年代には港口国が阮朝の支配下に入り、チャンパ遺臣の自治領も完全に阮朝に吸収され、現在の統一国家ベトナムの形がほぼ完成する。

 | 
この節の加筆が望まれています。

フランス植民地支配

1847年4月15日、フランス軍艦がダナンを砲撃し、フランスの侵略が始まる(ダナンの戦い)。1858年9月、フランス・スペイン連合艦隊、ダナンに進行(コーチシナ戦争1858年-1862年)。1862年6月、第1次サイゴン条約でフランスに南部3省を割譲。1867年6月、フランス領コーチシナ成立。1874年3月、第2次サイゴン条約でフランスに紅河通商権を割譲。1882年4月、フランス、ハノイ占領。

1883年6月、トンキン戦争(1883年6月 - 1886年4月)が勃発。8月、癸未条約(第1次フエ条約、アルマン条約)でアンナンとトンキンがフランスの保護領となる。1884年5月、天津停戦協定(李・フルニエ協定)を締結。6月、甲申条約(第2次フエ条約、パトノートル条約)でベトナムは清への服従関係を絶つ。

1884年8月、清仏戦争(1884年8月 - 1885年4月)が勃発。1885年6月、天津条約で、清はベトナムに対する宗主権を放棄すると共に、癸未条約と甲申条約で定めたフランスのアンナンとトンキンへの保護権限を承認した。1887年10月、フランス領インドシナ連邦(トンキン保護領、アンナン保護領、コーチシナ直轄植民地に分割統治、カンボジア保護国と併合、1889年4月にはラオス保護国を併合)の成立(フランスによる植民地化)

反仏独立運動

フランス支配に対して北部を中心に多くの抵抗運動が起きた。初期の代表的なものに大陳起義、安世起義などがあり、指導者としてホアン・ホア・タム(黄花探/通称:デ・タム)などが知られる。

1904年ファン・ボイ・チャウ(潘佩珠)とクォン・デ維新会を結成。1905年、ファン・ボイ・チャウが反仏独立の支援を求めて、大日本帝国に来日(東遊運動)。1907年en:Gilbert Trần Chánh ChiếuFrançois-Henri SchneiderらによってLục Tỉnh Tân Văn(六省新聞、1907年 - 1908年)がサイゴンで発行される。1912年広東ベトナム光復会を結成。

1913年Nguyễn Văn VĩnhとFrançois-Henri Schneiderらによって初のクオック・グー新聞のĐông Dương tạp chí(東洋雑誌、1913年 - 1919年)がハノイで発行される。1916年コーチシナ蜂起1919年ホー・チ・ミン安南愛国者協会(Association des Patriotes Annamites)を組織。1923年Diệp Văn Kỳによってクオック・グー新聞Ðông Pháp Thời Báo(東法時報、1923年 - 1928年)がサイゴンで発行される。1930年、ホー・チ・ミンが香港でベトナム共産党(インドシナ共産党)を設立。1930年に、イエンバイ省グエン・タイ・ホックベトナム国民党によるイエンバイ蜂起ゲアン省ハティン省ゲティン・ソヴィエト(ベトナム語: Xô Viết Nghệ TĩnhNghe-Tinh soviet)の蜂起が起こった。

1939年、フランス植民地政府がインドシナ共産党を禁止。

第二次世界大戦

詳細は「第二次世界大戦」を参照

1940年、フランス本国のドイツによる占領、ヴィシー政権樹立に伴う日本軍の北部仏印進駐1941年タイ王国とフランス(ヴィシー政権)が交戦日本政府による仲裁。直後に南部仏印進駐から日英米開戦、太平洋戦争勃発。1944年ヴォー・グエン・ザップ武装宣伝旅団(ベトナム人民軍の前身)を組織。凶作に加え、米軍の空襲による南北間輸送途絶や、フランス・インドシナ植民地政府及び日本軍による食糧徴発などが重なり北部(トンキン)を中心に翌年までに200万人以上(諸説あり)が餓死したとされる( ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/06/10 08:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ベトナム」の意味を投稿しよう
「ベトナム」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ベトナムスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ベトナム」のスレッドを作成する
ベトナムの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail