このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ベラ・ズボナレワとは?

【基本情報】

【フルネーム】
Vera Igorevna Zvonareva
【国籍】
ロシア
【出身地】
同・モスクワ
【生年月日】
(1984-09-07) 1984年9月7日(33歳)
【身長】
172cm
【体重】
59kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
2000年
【ツアー通算】
18勝
【シングルス】
12勝
【ダブルス】
6勝
【生涯獲得賞金】
13,634,200 アメリカ合衆国ドル
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
ベスト4(2009・11)
全仏
ベスト8(2003)
全英
準優勝(2010)
全米
準優勝(2010)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
優勝(2012)
全仏
ベスト8(2006)
全英
準優勝(2010)
全米
優勝(2006)
【優勝回数】
2(豪1・米1)
【4大大会最高成績・混合ダブルス】

全豪
ベスト8(2005・06)
全仏
ベスト4(2006)
全英
優勝(2006)
全米
優勝(2004)
【優勝回数】
2(英1・米1)
【国別対抗戦最高成績】

フェド杯
優勝(2004・08)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
2位(2010年10月25日)
【ダブルス】
9位(2005年8月8日)
【獲得メダル】

女子 テニス

オリンピック

 | 2008 北京 | シングルス

2017年9月5日現在
テンプレート プロジェクト テニス

ベラ・ズボナレワ (Vera Zvonareva, ロシア語: Вера Игоревна Звонарёва, 1984年9月7日 - )は、ロシアモスクワ出身の女子プロテニス選手。4大大会で女子ダブルス2勝、混合ダブルス2勝を挙げた選手で、シングルスでも2010年ウィンブルドン全米オープンで準優勝している。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス9位。これまでにWTAツアーでシングルス12勝、ダブルス6勝を挙げている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長172cm、体重59kg。ベースライン・プレーヤー。

目次

  • 1 来歴
  • 2 WTAツアー決勝進出結果
    • 2.1 シングルス: 30回 (12勝18敗)
    • 2.2 ダブルス: 12回 (6勝6敗)
  • 3 4大大会ダブルス優勝
  • 4 4大大会シングルス成績
  • 5 脚注
  • 6 外部リンク

来歴

1980年モスクワオリンピックホッケー銅メダリストの母ナタリアの手ほどきで6歳からテニスを始め、2000年にプロ入り。2002年全仏オープン4大大会に初出場した時、予選3試合を勝ち上がって本戦出場権を獲得し、いきなりセリーナ・ウィリアムズとの4回戦まで進出した。この試合でズボナレワはセリーナから第1セットを 6-4 で奪ったが、続く2セットを 0-6, 1-6 で落としている。翌2003年全仏オープンで、ズボナレワは4回戦でセリーナの姉ビーナス・ウィリアムズに 2-6, 6-2, 6-4 の逆転勝利を収めた。2002年全仏オープンから2003年全豪オープンまで、4大大会の4大会連続でビーナスとセリーナによる「ウィリアムズ姉妹対決の決勝」が続いていたため、ビーナスを4回戦で止めたズボナレワの活躍は大きな話題を呼んだ。ズボナレワは次の準々決勝で同じロシアナディア・ペトロワに 1-6, 6-4, 3-6 で敗れる。

2004年8月、ズボナレワはシングルスの世界ランキングを9位に上げた。この後全米オープンの混合ダブルス部門で、ボブ・ブライアンとペアを組んで優勝する。ズボナレワとB・ブライアンは、決勝でオーストラリアペアのトッド・ウッドブリッジ&アリシア・モリク組を 6-3, 6-4 で破った。しかし、2005年度のズボナレワは不振に悩み、年間最終ランキングを42位に落としてしまう。

2006年全豪オープン1回戦で、現役復帰を発表したマルチナ・ヒンギスと対戦し、ズボナレワは25歳になったヒンギスに 1-6, 2-6 で完敗した。2006年ウィンブルドンの混合ダブルスで、ズボナレワはイスラエルアンディ・ラムとペアを組み、ボブ・ブライアン&ビーナス・ウィリアムズ組を 6-3, 6-2 で破って優勝した。これは彼女にとって2つ目の4大大会混合ダブルス優勝である。シングルスでは2006年の後半に入った頃から復調を見せ、6月第2週のイギリスバーミンガム大会と7月第3週のアメリカシンシナティ大会で優勝した。全米オープンはシングルス3回戦でエレーナ・デメンチェワに敗れたが、女子ダブルス部門でフランスナタリー・ドシーとペアを組み、決勝でディナラ・サフィナ&カタリナ・スレボトニク組を 7-6, 7-5 で破って初優勝を飾った。

2008年北京五輪で、ベラ・ズボナレワは女子シングルスの銅メダルを獲得した。準決勝で同じロシアのエレーナ・デメンチェワに 3-6, 6-7 で敗れた彼女は、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」で地元中国李娜を 6-0, 7-5 で破った。この北京五輪テニス競技の女子シングルスでは、デメンチェワが金メダル、ディナラ・サフィナが銀メダル、ズボナレワが銅メダルを獲得したため、3つのメダルをすべてロシア勢が独占した。11月の女子ツアー年間最終戦「WTAツアー選手権」にも、4年ぶり2度目の出場権を獲得し、決勝でビーナス・ウィリアムズに 7-6, 0-6, 2-6 で敗れて準優勝者になる。これにより、彼女のシングルス自己最高ランキングは7位に上がり、4年前に記録した9位を上回った。

2009年全豪オープンで、ズボナレワは4大大会シングルスの自己最高成績を更新し、初のベスト4進出を果たした。彼女のシングルス上位進出は、ベスト8に入った2003年全仏オープン以来の出来事だった。この準決勝ではディナラ・サフィナに 3-6, 6-7 で敗れ、決勝進出を逃した。

2010年ウィンブルドンで単複ともに決勝進出したが、シングルスはセリーナ・ウィリアムズに、3-6, 2-6 で敗れ、マリア・シャラポワ以来のロシア人の優勝はならなかった。ダブルスも、バニア・キング&ヤロスラワ・シュウェドワ組に、6-7, 2-6 で敗れ、単複ともに準優勝となった。全米オープンでも決勝に勝ち上がったが、前年優勝のキム・クライシュテルスに 1-6, 2-6 で完敗した。この年はシングルスで6大会で決勝に進出したが、優勝は2月のパタヤ大会だけで残りの5大会は準優勝であった。最終ランキングは自己最高の2位となった。

2011年全豪オープンでズボナレワは2年ぶりにベスト4に進出した。準決勝ではキム・クライシュテルスに 3-6, 3-6 で敗れ3大会連続の4大大会シングルス決勝進出を逃した。2月のドーハ大会でキャロライン・ウォズニアッキを 6-4, 6-4 で破り1年ぶりのツアー11勝目を挙げた。7月のバクー大会で12勝目を挙げている。9月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは決勝に進出したが、アグニエシュカ・ラドワンスカに 3–6, 2–6 で敗れ大会初優勝を逃した。

2012年全豪オープンの女子ダブルスで同じロシアのスベトラーナ・クズネツォワと組んで決勝に進出。決勝ではイタリアのサラ・エラニ&ロベルタ・ビンチ組を 5–7, 6–4, 6–3 で破り2006年全米オープン以来の4大大会女子ダブルス2勝目を挙げた。7月のロンドン五輪で2度目のオリンピックに出場した。シングルス3回戦で金メダルを獲得したセリーナ・ウィリアムズに 1–6, 0–6 で敗れた。この試合を最後にウイルス性疾患のため全米オープンなど2012年シーズンの残り試合を全て欠場した。

2013年以降は大会出場が少なくなった。2016年に結婚し女児を出産した。2017年全米オープンでは2年ぶりに4大大会に出場したが、予選で敗退している。

WTAツアー決勝進出結果

シングルス: 30回 (12勝18敗)

【大会グレード】

グランドスラム (0–2)
ツアー選手権 (0–1)
ティア I (0–3)
ティア II (0–2)
ティア III (6–1)
ティア IV & V (1–4)
プレミア (2–5)
インターナショナル (3–0)
【結果】
【No.】
【決勝日】
【大会】
【サーフェス】
【対戦相手】
【スコア】

準優勝 | 1. | 2002年7月8日 |  パレルモ | クレー |  マリアナ・ディアス=オリバ | 7–6(6), 1–6, 3–6
優勝 | 1. | 2003年5月4日 |  ボル | クレー |  コンチタ・マルティネス・グラナドス | 6–1, 6–3
優勝 | 2. | 2004年2月21日 |  メンフィス | ハード (室内) |  リサ・レイモンド | 4–6, 6–4, 7–5
準優勝 | 2. | 2004年8月16日 |  シンシナティ | ハード |  リンゼイ・ダベンポート | 3–6, 2–6
準優勝 | 3. | 2004年10月24日 |  フィラデルフィア | ハード |  アメリ・モレスモ | 6–3, 2–6, 2–6
優勝 | 3. | 2005年2月19日 |  メンフィス | ハード (室内) |  メガン・ショーネシー | 7–6(3), 6–2
準優勝 | 4. | 2006年1月7日 |  オークランド | ハード |  マリオン・バルトリ | 2–6, 2–6
優勝 | 4. | 2006年6月18日 |  バーミンガム | 芝 |  ジェミー・ジャクソン | 7–6(12), 7–6(5)
優勝 | 5. | 2006年7月23日 |  シンシナティ | ハード |  カタリナ・スレボトニク | 6–2, 6–4
準優勝 | 5. | 2007年1月6日 |  オークランド | ハード |  エレナ・ヤンコビッチ | 6–7(9), 7–5, 3–6
準優勝 | 6. | 2008年1月11日 |  ホバート | ハード |  エレニ・ダニリドゥ | 不戦敗
準優勝 | 7. | 2008年2月24日 |  ドーハ | ハード |  マリア・シャラポワ | 1–6, 6–2, 0–6
準優勝 | 8. | 2008年4月20日 |  チャールストン | クレー |  セリーナ・ウィリアムズ | 4–6, 6–3, 3–6
優勝 | 6. | 2008年5月4日 |  プラハ | クレー |  ビクトリア・アザレンカ | 7–6(2), 6–2
優勝 | 7. | 2008年9月21日 |  広州 | ハード |  彭帥 | 6–7(4), 6–0, 6–2
準優勝 | 9. | 2008年10月12日 |  モスクワ | カーペット (室内) |  エレナ・ヤンコビッチ | 2–6, 4–6
準優勝 | 10. | 2008年10月26日 |  リンツ | ハード (室内) |  アナ・イバノビッチ | 2–6, 1–6
準優勝 | 11. | 2008年11月9日 |  ドーハ | ハード |  ビーナス・ウィリアムズ | 7–6(5), 0–6, 2–6
優勝 | 8. | 2009年2月15日 |  パタヤ | ハード |  サニア・ミルザ | 7–5, 6–1
優勝 | 9. | 2009年3月22日 |  インディアンウェルズ | ハード |  アナ・イバノビッチ | 7–6(5), 6–2
優勝 | 10. | 2010年2月14日 |  パタヤ | ハード |  タマリネ・タナスガーン | 6–4, 6–4
準優勝 | 12. | 2010年4月18日 |  チャールストン | クレー |  サマンサ・ストーサー | 0–6, 3–6
準優勝 | 13. | 2010年7月3日 |  ウィンブルドン | 芝 |  セリーナ・ウィリアムズ | 3–6, 2–6
準優勝 | 14. | 2010年8月23日 |  モントリオール | ハード |  キャロライン・ウォズニアッキ | 3–6, 2–6
準優勝 | 15. | 2010年9月11日 |  全米オープン | ハード |  キム・クライシュテルス | 2–6, 1–6
準優勝 | 16. | 2010年10月11日 |  北京 | ハード |  キャロライン・ウォズニアッキ | 3–6, 6–3, 3–6
優勝 | 11. | 2011年2月26日 |  ドーハ | ハード |  キャロライン・ウォズニアッキ | 6–4, 6–4
優勝 | 12. | 2011年7月24日 |  バクー | ハード |  クセーニャ・ペルバク | 6–1, 6–4
準優勝 | 17. | 2011年8月7日 |  サンディエゴ | ハード |  アグニエシュカ・ラドワンスカ | 3–6, 4–6
準優勝 | 18. | 2011年10月1日 |  東京 | ハード |  アグニエシュカ・ラドワンスカ | 3–6, 2–6

ダブルス: 12回 (6勝6敗)

【結果】
【No.】
【決勝日】
【大会】
【サーフェス】
【パートナー】
【対戦相手】
【スコア】

準優勝 | 1. | 2003年10月5日 |  モスクワ | カーペット (室内) |  アナスタシア・ミスキナ |  ナディア・ペトロワ
メガン・ショーネシー | 3–6, 4–6
準優勝 | 2. | 2004年2月21日 |  メンフィス | ハード |  マリア・シャラポワ |  アサ・スベンソン
メイレン・ツー | 4–6, 6–7(0)
優勝 | 1. | 2004年10月10日 |  モスクワ | カーペット (室内) |  アナスタシア・ミスキナ |  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
パオラ・スアレス | 6–3, 4–6, 6–2
優勝 | 2. | 2005年5月2日 |  ベルリン | クレー |  エレーナ・リホフツェワ |  カーラ・ブラック
リーゼル・フーバー | 4–6, 6–4, 6–3
準優勝 | 3. | 2005年6月18日 |  イーストボーン | 芝 |  エレーナ・リホフツェワ |  リサ・レイモンド
レネ・スタブス | 3–6, 5–7
準優勝 | 4. | 2005年7月25日 |  スタンフォード | ハード |  エレーナ・リホフツェワ |  カーラ・ブラック
レネ・スタブス | 3–6, 5–7
優勝 | 3. | 2006年1月2日 |  オークランド | ハード |  エレーナ・リホフツェワ |  エミリー・ロワ
バルボラ・ストリコバ | 6–3, 6–4
優勝 | 4. | 2006年8月28日 |  全米オープン | ハード |  ナタリー・ドシー |  ディナラ・サフィナ
カタリナ・スレボトニク | 7–6(5), 7–5
準優勝 | 5. | 2008年7月20日 |  スタンフォード | ハード |  エレーナ・ベスニナ |  カーラ・ブラック
リーゼル・フーバー | 4–6, 3–6
優勝 | 5. | 2009年3月21日 |  インディアンウェルズ | ハード |  ビクトリア・アザレンカ |  ヒセラ・ドゥルコ
シャハー・ピアー | 6–4, 3–6, [10–5]
準優勝 | 6. | 2010年7月5日 |  ウィンブルドン | 芝 |  エレーナ・ベスニナ |  バニア・キング
ヤロスラワ・シュウェドワ | 6–7(6), 2–6
優勝 | 6. | 2012年1月27日 |  全豪オープン | ハード |  スベトラーナ・クズネツォワ |  サラ・エラニ
ロベルタ・ビンチ | 5–7, 6–4, 6–3

4大大会ダブルス優勝

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
【2007】
【2008】
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
【通算成績】

全豪オープン | A | 1R | 4R |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/06/25 15:13

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ベラ・ズボナレワ」の意味を投稿しよう
「ベラ・ズボナレワ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ベラ・ズボナレワスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ベラ・ズボナレワ」のスレッドを作成する
ベラ・ズボナレワの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail