このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ベンガル地方とは?

【Coordinates】
北緯24度00分 東経88度00分 / 北緯24.000度 東経88.000度 / 24.000; 88.000座標: 北緯24度00分 東経88度00分 / 北緯24.000度 東経88.000度 / 24.000; 88.000
【最大都市】

ダッカ
北緯23度25分 東経90度13分 / 北緯23.42度 東経90.22度 / 23.42; 90.22 (Dhaka)
コルカタ
北緯23度20分 東経88度13分 / 北緯23.34度 東経88.22度 / 23.34; 88.22 (Kolkata)

チッタゴン
北緯22度13分 東経91度29分 / 北緯22.22度 東経91.48度 / 22.22; 91.48 (Chittagong)
公用語
ベンガル語
【面積】
232,752 km2
【人口 (2001)】
245,598,679
【人口密度】
951.3/km2
乳児死亡率
バングラデシュ - 33人/1000人
西ベンガル州 - 31人/1000人
宗教
イスラーム教 (68.9%)
, ヒンドゥー教 (27.3%)
, 仏教 (~3%)
, キリスト教 (<1%)
住民の呼称
ベンガル人
【Websites】

ベンガル地方(Bengal)は、ガンジス川ブラマプトラ川の下流にあるデルタ一帯を占め、インド西ベンガル州バングラデシュが含まれる、南アジア北東部の地域。歴史的に古い地域で人口も多いが、宗教的対立によって今日ではインドとバングラデシュによって分断されている。世界有数のジュートの産地でもある。住民はベンガル人が多く、ベンガル語が話される。

目次

  • 1 名前の由来
  • 2 歴史
  • 3 住民
  • 4 画像
  • 5 参考文献
  • 6 関連項目

名前の由来

「ベンガル」の呼称は13世紀以降にアラブ人、ペルシャ人の間で使われるようになった言葉であり、それをヨーロッパからの植民地会社も使用するようになって広く定着した。それまで使われていたこの地域を示す言葉はベンガル地方の東部を指す「ヴァンガ」と西部の「ガウル」であり、マハーバーラタでもその名が使われている。また、その東西を合わせて呼称する時には「バングラ」という言葉が用いられ、それは後のバングラデシュという国名の由来になった。

歴史

マガダ国アンガ国、ヴァンガ国、プンドロ国 (紀元前1200年 - 紀元前322年)

マウリヤ朝 (紀元前322年 - 紀元前185年)

シュンガ朝 (紀元前185年 - 紀元前68年)

グプタ朝 (320年 - 600年)

ヴァルダナ朝 ( 600年 - 700年)

パーラ朝 (750年 - 1174年)。

セーナ朝 (1070年 - 1230年)。

ベンガル・スルターン朝(1352年 - 1576年)。

ムガル帝国 (1576年 - 1717年)。

ベンガル太守(1717年 - 1880年)、ムルシダーバード太守(1882年 - 1947年)。

ベンガル遠征(1741年 - 1748年)でマラーター同盟が侵攻してきた。

イギリス領インド帝国時代にはベンガル管区(1765年 - 1919年)が置かれた。現在の西ベンガル州とバングラデシュの他、ビハール州オリッサ州ジャールカンド州アッサム州メーガーラヤ州ミゾラム州ナガランド州を含んでいた。

ベンガル大飢饉、人口の3分の1の1千万人が死亡。(1769年1773年)

1905年ベンガル分割令が出されたが、1911年にベンガル分割令は撤回された。

1919年モンタギュー・チェルムスフォード改革

1937年から1947年まではベンガル自由州が置かれた。(西側の境界は現在の西ベンガル州と若干異なる)

1947年ベンガル分割 (1947年)。イギリスからの独立交渉の際、パキスタン側のムハンマド・アリー・ジンナーはベンガルとパンジャーブ全域のパキスタンへの帰属を要求したが、完全な(インドとの連邦でない)独立と引き換えにベンガルとパンジャーブの分割を呑んで、東ベンガル(1947年 - 1955年)とパンジャーブ州 (パキスタン)がパキスタン領として成立し、西ベンガル州パンジャーブ州 (インド)はインド領となった。

1955年東パキスタン(1955年 - 1971年)。

1971年バングラデシュ人民共和国臨時政府(1971年 - 1972年)。

1972年バングラデシュ

住民

66%がイスラーム教徒、33%がヒンドゥー教徒である。

ほぼ全員がベンガル語を話し、わずかな人口がヒンディー語ウルドゥー語チャクマ語などを話し、一部の少数民族がサンタル語ネパール語を話す。公式な場では英語もよく使われる。

画像

参考文献

  1. ^ “THE WORLD; Exiled Feminist Writer Tells Her Own Story”. The New York Times. http://www.nytimes.com/books/97/05/11/reviews/30906.html
  2. ^ Provisional Population Totals: West Bengal”. Census of India, 2001. Office of the Registrar General & Census Commissioner, India. 2006年8月26日閲覧。
  3. ^ World Bank Development Indicators Database, 2006.
  4. ^ http://data.worldbank.org/indicator/SP.DYN.IMRT.IN
  5. ^ West Bengal - National Health Mission”. SRS 2011. Ministry of Health & Family Welfare (2011年). 2014年5月12日閲覧。
  6. ^ 堀口(2009,35)

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/26 19:27

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ベンガル地方」の意味を投稿しよう
「ベンガル地方」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ベンガル地方スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ベンガル地方」のスレッドを作成する
ベンガル地方の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail