このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ベンジャミン・フランクリンとは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年12月)

ベンジャミン・フランクリン
Benjamin Franklin

ベンジャミン・フランクリン(ジョゼフ・デュプレシ画)

【生年月日】
(1706-01-17) 1706年1月17日
【出生地】
イギリス領北米植民地マサチューセッツ湾直轄植民地ボストン
【没年月日】
1790年4月17日(1790-04-17)(84歳)
【死没地】
アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
【現職】
政治家物理学者
【配偶者】
デボラ・リード
【サイン】

アメリカ大陸会議郵政長官

【在任期間】
1775年7月26日 - 1776年11月7日
ペンシルベニア州知事

【在任期間】
1785年10月18日 - 1788年11月5日
在フランスアメリカ合衆国全権公使

【在任期間】
1779年3月23日 - 1785年5月17日
在スウェーデンアメリカ合衆国全権公使

【在任期間】
1782年9月28日 - 1783年4月3日

ベンジャミン・フランクリン(英語: Benjamin Franklin, グレゴリオ暦1706年1月17日<ユリウス暦1705年1月6日> - 1790年4月17日)は、アメリカ合衆国政治家外交官著述家物理学者気象学者。印刷業で成功を収めた後、政界に進出しアメリカ独立に多大な貢献をした。また、を用いた実験で、電気であることを明らかにしたことでも知られている。現在の米100ドル紙幣に肖像が描かれている他、ハーフダラー銀貨にも1963年まで彼の肖像が使われていた。

勤勉性、探究心の強さ、合理主義、社会活動への参加という18世紀における近代的人間像を象徴する人物。己を含めて権力の集中を嫌った人間性は、個人崇拝を敬遠するアメリカの国民性を超え、アメリカ合衆国建国の父の一人として讃えられる。『フランクリン自伝』はアメリカのロング・ベストセラーの一つである。

目次

  • 1 家族と生い立ち
  • 2 年譜
  • 3 科学的業績・発明
  • 4 フランクリンの十三徳
  • 5 著書(日本語訳)
  • 6 伝記など(邦文)
  • 7 脚注
  • 8 参考文献
  • 9 関連項目

家族と生い立ち

100ドル紙幣に描かれているフランクリン

ベンジャミン・フランクリンの父親、ジョサイア・フランクリンは1657年12月23日イングランド王国ノーザンプトンシャー、エクトンで鍛冶屋および農民のトマス・フランクリンと妻のジェーン・ホワイトの間に生まれた。フランクリンの母親アビア・フォルジャーは1667年8月15日にマサチューセッツ湾植民地ナンタケットで製粉業者および教師のピーター・フォルジャーと妻のメアリー・モリス・フォルジャーの間に生まれた。

1677年頃にジョサイアはエクトンでアン・チャイルドと結婚した。彼らは3人の子供、エリザベス(1678年3月2日生)、サミュエル(1681年5月16日生)、ハンナ(1683年5月25日生)をもうけた。1683年の後半に夫妻はイングランド王国を発ち、イギリス領北米植民地のマサチューセッツ湾植民地ボストン市に向かった。

ボストンで夫妻は複数の子供をもうけた。ジョサイア・ジュニア、アン、ジョセフ、もう一人のジョセフ(最初のジョセフは生後すぐ死亡し、弟にその名前が付けられた)。ジョサイアの妻アンはボストンで7月9日に死去し、ジョサイアは11月25日にアビアと再婚した。有名な凧揚げ実験は、本人ではなく彼の婚外子が行っている 。

元々は奴隷所有者であったが、アメリカ建国の父の中で唯一奴隷制廃止を唱えるようになった。

年譜

科学的業績・発明

フランクリンは科学や発明に興味を示し、独学で様々な業績を残した。

フランクリンの十三徳

『自伝』によると、1728年ごろに彼は「道徳的完全に到達する大胆で難儀な計画」を思いついた。この理想を実行するため、自らの信念を十三の徳目にまとめた。彼は毎週、一週間を徳目の一つに捧げて、年に4回この過程を繰り返した。

  1. 節制 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。
  2. 沈黙 自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。
  3. 規律 物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。
  4. 決断 なすべきをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。
  5. 節約 自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。
  6. 勤勉 時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。
  7. 誠実 詐りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出だすこともまた然るべし。
  8. 正義 他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。
  9. 中庸 極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。
  10. 清潔 身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。
  11. 平静 小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。
  12. 純潔 性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、これにふけりて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、または自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。
  13. 謙譲 イエスおよびソクラテスに見習うべし。

著書(日本語訳)

伝記など(邦文)

脚注

  1. ^ 出生国の宗主国イギリス新教国であり、グレゴリオ暦改暦は1752年に遅れたので、改暦前の事象であるフランクリンの出生はユリウス暦を併記する。ただし、改暦前のイギリスでは年初が3月25日であったため、1月生まれの場合、ユリウス暦年の数字はひとつ小さくなる(現代日本における「早生まれ児童の学校年度」と似ている)。
  2. ^ ただ、フランクリンが実際に凧の実験を行ったのかを疑問視する専門家もいる。なお、この実験を提案したのはフランクリンだが、初めて成功したのは1752年5月、フランスのトマ・ダリバード(en:Thomas-François Dalibard)らである。ダリバードらはフランクリンの提案に従って、嵐の雲が通過するときに鉄の棒(避雷針)から火花を抽出した。フランクリンが凧を用いて同様の実験を行ったのは同年の6月、または6月から10月までの期間である。(アルベルト・マルチネス「科学神話の虚実」)
  3. ^ あなたが知らない10の歴史秘話(ヒストリーチャンネル)
  4. ^ ナッシュp.73 ボストン脱出
  5. ^ Famous Freemasons A-L
  6. ^ 当時の最古の記録は「ベンジャミンが5ヶ月分の会費を払った」という内容だった
  7. ^ あらゆるジャンルの教訓とユーモアとことわざの寄せ集めはアメリカ人の道徳的手本となった
  8. ^ フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編者、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』II ルネサンスー啓蒙時代 原書房 2004年 408ページ
  9. ^ Franklin; Benjamin (1706 - 1790)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
  10. ^ フィラデルフィアはクエーカー教徒が建設した土地であり、フランクリンもクエーカー教徒であり、そこに住み、アメリカ人の価値観に宗教的背景として世俗化されたカルヴィン主義の美徳を植え付けるのに貢献した(フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編者、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』II ルネサンスー啓蒙時代 原書房 2004年 408ページ)
  11. ^ ナッシュp.77

参考文献

関連項目

公職
先代:
- | アメリカ合衆国郵政長官
1775年7月26日 - 1776年11月7日 | 次代:
リチャード・バチェ
先代:
ジョン・ディキンソン | ペンシルベニア州知事
1785年10月18日 - 1788年11月5日 | 次代:
トマス・ミフリン
外交職
先代:
- | 在フランスアメリカ合衆国全権公使
1779年3月23日 - 1785年5月17日 | 次代:
トーマス・ジェファーソン
先代:
- | 在スウェーデンアメリカ合衆国全権公使
1782年9月28日 - 1783年4月3日 | 次代:
ジョナサン・ラッセル
【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/19 20:44

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ベンジャミン・フランクリン」の意味を投稿しよう
「ベンジャミン・フランクリン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ベンジャミン・フランクリンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ベンジャミン・フランクリン」のスレッドを作成する
ベンジャミン・フランクリンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail