このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ベン・ゾブリストとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
イリノイ州ユーレカ
【生年月日】
(1981-05-26) 1981年5月26日(39歳)
【身長
体重】
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投両打
【ポジション】
ユーティリティープレイヤー(内野手外野手)
【プロ入り】
2004年 MLBドラフト6巡目(全体184位)でヒューストン・アストロズから指名
【初出場】
2006年8月1日 デトロイト・タイガース
【年俸】
$3,086,022(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
アメリカ合衆国
WBC
2013年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ベンジャミン・トーマス・ゾブリスト(Benjamin Thomas Zobrist, 1981年5月26日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州ユーレカ出身のプロ野球選手(ユーティリティープレイヤー)。右投両打。ニックネームはZorilla(ゾリラ)。

経歴

プロ入りとアストロズ傘下時代

2004年MLBドラフト6巡目(全体184位)でヒューストン・アストロズから指名され、6月16日に契約。この年は傘下のA-級トリシティ・バレーキャッツでプロデビューし、68試合に出場して打率.339・4本塁打・45打点・15盗塁だった。

2005年はA級レキシントン・レジェンズで開幕を迎え、68試合に出場。打率.304・2本塁打・32打点・16盗塁と好成績を残し、6月にA+級セイラム・アバランチへ昇格。A+級セイラムでも好調をキープし、42試合の出場で、打率.333・3本塁打・13打点・2盗塁だった。

2006年はAA級コーパスクリスティ・フックスで83試合に出場し、打率.327・3本塁打・30打点・9盗塁だった。

レイズ時代

レイズ時代(2014年4月)

2006年7月12日オーブリー・ハフとのトレードで、ミッチ・タルボットと共にタンパベイ・デビルレイズへ移籍した。7月31日にデビルレイズとメジャー契約を結び、8月1日デトロイト・タイガース戦でメジャーデビュー。9番・遊撃として先発起用され、4打数無安打1三振だった。昇格後は正遊撃手のフリオ・ルーゴロサンゼルス・ドジャースへ移籍したこともあり、遊撃のポジションを獲得。52試合に出場し、打率.224・2本塁打・18打点・2盗塁だった。

2007年は正遊撃手として開幕を迎えたものの、19試合の出場で打率.159と振るわず、5月11日にAAA級ダーラム・ブルズへ降格。7月29日に内野手のタイ・ウィギントンがトレードでアストロズへ移籍したため、代役としてメジャーへ昇格。昇格後も打率は1割台だったが、先発に固定され12試合に出場。しかし8月18日クリーブランド・インディアンス戦で右脇腹を痛め、試合途中で交代し、8月19日に15日間の故障者リスト入りした。9月10日に60日間の故障者リストへ異動し、そのままシーズンを終えた。この年は31試合の出場にとどまり、打率.155・1本塁打・9打点・2盗塁だった。

2008年は序盤にマイナー落ちも経験したが、次第にメインの遊撃以外にも二塁や三塁、外野も守れる万能ぶりを発揮し、主力選手の故障の穴を埋める活躍。打撃面でもメジャーで初の二桁本塁打となる12本をマークするなど、長打力が開眼して自己最高の成績を残した。

2009年5月に左ひざを負傷した岩村明憲の代わって二塁手のレギュラーに定着。自己最多となる152試合に出場し、打率.297・本塁打27・打点91・盗塁17、OPS.948の成績を残すなど、オールスターに選出されるほど急成長した。

2010年3月3日にレイズと1年契約に合意。開幕後の4月23日にレイズと総額1800万ドルの3年契約(2014年・700万ドル、2015年・750万ドルの球団オプション付き)を結んだ。この年は前年と比較すると、全体的に数字が低下したシーズンとなった。打率は.297から.238に低下し、本塁打も約3分の1となる10本にとどまった。しかし、四球は2009年に記録した91を1つだけ更新し、自己記録を92とするなど、安定した選球眼は引き続き発揮した。一方、守備・走塁面では、前年よりも大幅な向上が見られた。前年比+7となる24盗塁を決めた一方、盗塁死は2009年の半分となる3つに抑え、成功率90%をマークした。また、守備面では遊撃を除く内野全ポジションと外野全てで守備に就き、トータルの失策数を7から4に減らした。

2011年は2009年ほどではなかったが、打撃において好成績を残した。本塁打は2年ぶりに20本に到達し、自己最多タイの46二塁打、91打点を記録した。この年は二塁手で138試合、右翼手で38試合、指名打者で3試合に出場した。

2012年はリーグ2位の97四球を選び、2年連続で20本塁打を放った。3年ぶりに遊撃を守り、後半戦を中心に47試合で遊撃守備についた。

2013年開幕前の2月27日第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表に選出された。

シーズンでは、前年オフに遊撃手のユネル・エスコバーが加入したため、開幕後は二塁と右翼を兼任していたが、同じ二塁を守っていたライアン・ロバーツの不調もあり、6月からは二塁に固定された。前半戦91試合で、打率.260・6本塁打・48打点・6盗塁を記録し、4年ぶり2回目となるオールスターに選出された。この年は157試合に出場し、打率.275・12本塁打・71打点・11盗塁だった。オフの11月2日にレイズが700万ドルの球団オプションを行使した。

2014年は開幕から正二塁手として起用されていたが、5月14日シカゴ・ホワイトソックス戦で二塁へ盗塁した際、ヘッドスライディングで左手親指を地面に引っかけ負傷し、5月15日に15日間の故障者リスト入りした。5月30日に復帰。6月下旬からはエスコバーが故障で離脱したため遊撃に復帰。7月中旬にエスコバーが復帰したが、右翼手であるウィル・マイヤーズや左翼手のジェリー・サンズデビッド・デヘスースが故障で離脱したため、二塁と外野を兼任することとなった。この年は146試合に出場し、打率.272・10本塁打・52打点・10盗塁だった。オフの10月31日にレイズが750万ドルの球団オプションを行使した。また11月7日日米野球2014のMLB選抜に選出された。

アスレチックス時代

2015年1月10日ジョン・ジェイソダニエル・ロバートソンブーグ・パウエルとのトレードで、ユネル・エスコバーと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した。アスレチックスでは67試合に出場し、打率.268・6本塁打・33打点・1盗塁という成績を残した。

ロイヤルズ時代

2015年7月28日アーロン・ブルックスショーン・マネイアとのトレードで、カンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した。ロイヤルズ加入後はやや調子を上げ、59試合の出場で打率.284・7本塁打・23打点という成績を残した。2チーム計では126試合に出場して規定打席に到達し、打率.276・13本塁打・56打点という成績を記録。本塁打は8年連続で二桁以上となったが、盗塁は3に終わり、連続2ケタ記録は6年で途切れた。またセカンドの守備は自己ワーストのDRS - 7、次に守る機会の多かったレフトでも同じくワーストのDRS - 5と守備力に陰りが見られた。同年11月2日にFAとなった。

カブス時代

ワールドシリーズMVPのトロフィーを掲げるゾブリスト(2016年11月3日)

2015年12月8日シカゴ・カブスと4年総額5,600万ドルの契約を結んだ。

2016年も開幕から安定した成績を残した。オールスターファン投票では好調のチームの人気もあって、前半戦首位打者のダニエル・マーフィーをかわして3回目の選出となった。シーズン後半は4番に定着し、最終的に147試合に出場して打率.272・18本塁打・76打点・OPS.831を記録。96四球に対して82三振に留めるなど、卓越した選球眼は今季も健在だった。 108年ぶりの優勝となったワールドシリーズでは最終戦の決勝タイムリーを放ったこともあり、シリーズMVPとなった。

2017年は開幕から調子が上がらず、特に6月は怪我の影響もあって月間打率が.132に沈むなど前半戦は打率.219と不振に陥った。後半戦はやや調子を戻したものの、トータルでは打率、出塁率、長打率はレギュラー定着後ワーストの成績だった。特に、元々得意としている対左投手の対戦成績が打率.179と苦しんだ。

2018年は不振だった前年から巻き返し打率.305と自身初の3割を記録した。また、8月14日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で初の退場処分を受けた。

2019年5月7日、家庭の事情により制限リスト(Restricted List)に入った。9月1日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で復帰。同29日のセントルイス・カージナルス戦、0-9の9回表にキャリア初登板を経験した。1回無失点に抑え、ヤディアー・モリーナから三振を奪った。オフにFAとなった。

2020年2月15日、今シーズンはプレーしない意向を表明した。

プレースタイル

「史上最高の万能選手」ともいわれる。2009年から2012年にかけての4年間の総合指標WARは「Baseball Reference」版では26.6で全野手中トップ、「Fangraphs Baseball」版では25.1でミゲル・カブレラアルバート・プホルスに次ぐ3位だった。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

2006 | TB | 52 | 198 | 183 | 10 | 41 | 6 | 2 | 2 | 57 | 18 | 2 | 3 | 2 | 3 | 10 | 1 | 0 | 26 | 2 | .224 | .260 | .311 | .572
2007 | 31 | 105 | 97 | 8 | 15 | 2 | 0 | 1 | 20 | 9 | 2 | 0 | 2 | 2 | 3 | 0 | 1 | 21 | 1 | .155 | .184 | .206 | .391
2008 | 62 | 227 | 198 | 32 | 50 | 10 | 2 | 12 | 100 | 30 | 3 | 0 | 0 | 2 | 25 | 1 | 2 | 37 | 4 | .253 | .339 | .505 | .844
2009 | 152 | 599 | 501 | 91 | 149 | 28 | 7 | 27 | 272 | 91 | 17 | 6 | 1 | 4 | 91 | 4 | 2 | 104 | 7 | .297 | .405 | .543 | .948
2010 | 151 | 655 | 541 | 77 | 129 | 28 | 2 | 10 | 191 | 75 | 24 | 3 | 7 | 12 | 92 | 1 | 3 | 107 | 10 | .238 | .346 | .353 | .699
2011 | 156 | 674 | 588 | 99 | 158 | 46 | 6 | 20 | 276 | 91 | 19 | 6 | 2 | 5 | 77 | 1 | 2 | 128 | 9 | .269 | .353 | .469 | .822
2012 | 157 | 668 | 560 | 88 | 151 | 39 | 7 | 20 | 264 | 74 | 14 | 9 | 2 | 6 | 97 | 7 | 3 | 103 | 13 | .270 | .377 | .471 | .848
2013 | 157 | 698 | 612 | 77 | 168 | 36 | 3 | 12 | 246 | 71 | 11 | 3 | 1 | 6 | 72 | 4 | 7 | 91 | 18 | .275 | .354 | .402 | .756
2014 | 146 | 654 | 570 | 83 | 155 | 34 | 3 | 10 | 225 | 52 | 10 | 5 | 2 | 6 | 75 | 4 | 1 | 84 | 8 | .272 | .354 | .395 | .749
2015 | OAK | 67 | 271 | 235 | 39 | 63 | 20 | 2 | 6 | 105 | 33 | 1 | 1 | 0 | 3 | 33 | 2 | 0 | 26 | 5 | .268 | .354 | .447 | .801
KC | 59 | 264 | 232 | 37 | 66 | 16 | 1 | 7 | 105 | 23 | 2 | 3 | 0 | 2 | 29 | 1 | 1 | 30 | 3 | .284 | .364 | .453 | .816
'15計 126 | 535 | 467 | 76 | 129 | 36 | 3 | 13 | 210 | 56 | 3 | 4 | 0 | 5 | 62 | 3 | 1 | 56 | 8 | .276 | .359 | .450 | .809
2016 | CHC | 147 | 631 | 523 | 94 | 142 | 31 | 3 | 18 | 233 | 76 | 6 | 4 | 4 | 4 | 96 | 6 | 4 | 82 | 17 | .272 | .386 | .446 | .831
2017 | 128 | 496 | 435 | 58 | 101 | 20 | 3 | 12 | 163 | 50 | 2 | 2 | 2 | 3 | 54 | 2 | 2 | 71 | 13 | .232 | .318 | .375 | .693
2018 | 139 | 520 | 455 | 67 | 139 | 28 | 3 | 9 | 200 | 58 | 3 | 4 | 1 | 7 | 55 | 1 | 2 | 60 | 8 | .305 | .378 | .440 | .817
2019 | 47 | 176 | 150 | 24 | 39 | 5 | 0 | 1 | 47 | 17 | 0 | 0 | 0 | 2 | 23 | 0 | 1 | 24 | 6 | .260 | .358 | .313 | .671
MLB:14年 1651 | 6836 | 5880 | 884 | 1566 | 349 | 44 | 167 | 2504 | 768 | 116 | 49 | 26 | 67 | 832 | 35 | 31 | 994 | 124 | .266 | .357 | .426 | .783

表彰

記録

背番号

代表歴

脚注

  1. ^ Ben Zobrist Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac. 2019年12月9日閲覧。
  2. ^ Explaining Cubs Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  3. ^ “Rays acquire RHP Mitch Talbot and SS Ben Zobrist in exchange for 3B Aubrey Huff and cash” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Tampa Bay Devil Rays), (2006年7月12日), http://tampabay.rays.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20060712&content_id=1554112&vkey=pr_tb&fext=.jsp&c_id=tb 2015年12月9日閲覧。
  4. ^ Scores for Aug 1, 2006” (英語). ESPN (2006年8月6日). 2015年12月9日閲覧。
  5. ^ Bill Chastain (2007年5月1日). “Notes: Zobrist sent down to Durham” (英語). MLB.com. 2015年12月9日閲覧。
  6. ^ Bill Chastain (2007年7月30日). “Notes: Zobrist recalled from Durham” (英語). MLB.com. 2015年12月9日閲覧。
  7. ^ Bill Chastain (2007年8月20日). “Notes: Zobrist placed on 15-day DL” (英語). MLB.com. 2015年12月9日閲覧。
  8. ^ Alex McPhillips (2007年9月11日). “Notes: Velandia keeps grinding” (英語). MLB.com. 2015年12月9日閲覧。
  9. ^ 岩村、ドジャース移籍も!レイズ仰天プラン” (日本語). SANSPO.COM. SANKEI DIGITAL INC.. 2009年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月9日閲覧。
  10. ^ 違約金は250万ドル。
  11. ^ “Rays, Zobrist agree to five-year contract extension” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Tampa Bay Rays), (2010年4月23日), http://tampabay.rays.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100423&content_id=9517032&vkey=pr_tb&fext=.jsp&c_id=tb 2015年12月9日閲覧。
  12. ^ Zobrist agrees to five-year extension with Rays” (英語). ESPN (2010年4月23日). 2015年12月9日閲覧。
  13. ^ Team USA final roster for WBC announced” (英語). USABaseball.com (2013年2月22日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月9日閲覧。
  14. ^ “Rays exercise 2014 options on Escobar, Zobrist” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Tampa Bay Rays), (2013年11月2日), http://m.rays.mlb.com/news/article/63634704/rays-exercise-2014-options-on-escobar-zobrist 2015年12月9日閲覧。
  15. ^ Bill Chastain (2014年3月15日). “Zobrist lands on DL after dislocating left thumb” (英語). MLB.com. 2015年12月9日閲覧。
  16. ^ Bill Chastain (2014年5月31日). “Rays activate Zobrist from disabled list” (英語). MLB.com. 2015年12月9日閲覧。
  17. ^ “Rays exercise 2015 option for Zobrist” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Tampa Bay Rays), (2014年11月1日), http://m.rays.mlb.com/news/article/100212302/rays-exercise-2015-option-for-zobrist 2015年12月9日閲覧。
  18. ^ MLBオールスターチーム、追加選手発表!来日全29選手が決定 侍ジャパン公式サイト (2014年11月7日) 2015年3月26日閲覧
  19. ^ “A's Acquire Ben Zobrist and Yunel Escobar from Tampa Bay” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2015年1月10日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/106091004/as-acquire-ben-zobrist-and-yunel-escobar-from-tampa-bay 2015年1月11日閲覧。
  20. ^ “ロイヤルズ、万能B.ゾブリストを獲得!”. Yahoo!ヘッドライン. ISM. (2015年7月29日). オリジナルの2015年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150803040046/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000211-ism-base 2015年8月3日閲覧。
  21. ^ “Royals acquire Ben Zobrist from A's” (英語). ESPN. (2015年7月28日). http://espn.go.com/mlb/story/_/id/13331616/kansas-city-royals-acquire-ben-zobrist-oakland-as 2015年7月29日閲覧。
  22. ^ Transactions | royals.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月4日閲覧。
  23. ^ Carrie Muskat (2015年12月8日). “Cubs add FA Zobrist, deal Castro to Yanks” (英語). 2015年12月9日閲覧。
  24. ^ Boeck, Scott. “Cubs' Ben Zobrist burns umpire to earn first-ever ejection”. USA TODAY. 2020年2月9日閲覧。
  25. ^ 離婚で離脱中のカブス・ゾブリスト、今季復帰あるか”. nikkansports.com. 2020年2月9日閲覧。
  26. ^ Ben Zobrist Strikes Out Yadier Molina in 1st-Ever Pitching Appearance”. NBC Chicago. 2020年2月9日閲覧。
  27. ^ 【MLB引退2020】マーティン・プラード、ジェレミー・ヘリクソンが引退を表明!ベン・ゾブリストは事実上の引退へ” (日本語). MLB4 Journal. 2020年2月18日閲覧。
  28. ^ “史上最高の万能選手”カブス・ゾブリスト、今季中に復帰の可能性 現在は離婚協議中”. BaseBall Channel. 2020年2月9日閲覧。
  29. ^ Is Ben Zobrist The Best Player In Baseball Over Last 4 Years?” (英語). WasWatching.com (2012年10月5日). 2015年12月9日閲覧。
  30. ^ Major League Leaderboards » 2012 » Batters » Dashboard” (英語). FanGraphs. 2015年12月9日閲覧。

関連項目

外部リンク

シカゴ・カブス ロースター
【投手】
出典:wikipedia
2020/06/02 01:38

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ベン・ゾブリスト」の意味を投稿しよう
「ベン・ゾブリスト」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ベン・ゾブリストスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ベン・ゾブリスト」のスレッドを作成する
ベン・ゾブリストの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail