このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ベースボールマガジンとは?

【ベースボールマガジン】

Baseball Magazine
『ベースボールマガジン』創刊号
(表紙の写真は大下弘)

【ジャンル】
スポーツ雑誌
【刊行頻度】
隔月刊
【発売国】
日本
【言語】
日本語
【出版社】
ベースボール・マガジン社
【刊行期間】
1946年4月 - 1958年4月、
1958年6月 - 1965年、
1972年 - 1974年、
1977年6月 -
【特記事項】
1.創刊から1965年、1977年6月 - 1983年12月までは、月刊(月2回刊の時期もあり)。
2.1972年 - 1974年、1983年冬 - 2007年春は、季刊。
3.2007年7月以降は、隔月刊。

ベースボールマガジン(Baseball Magazine)は、ベースボール・マガジン社(BBM)から発行されている野球雑誌。『ベースボール・マガジン』と表記される場合もある。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 歴史
      • 1.1.1 創刊 - 1965年
      • 1.1.2 1970年代 - 現在
    • 1.2 増刊
  • 2 これまでのテーマ
    • 2.1 1980年代
    • 2.2 1990年代
    • 2.3 2000年代
    • 2.4 2010年代
  • 3 脚注
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

概要

歴史

創刊 - 1965年

 | 
この節の加筆が望まれています。

1911年 - 1959年にかけて、博文館→博友社より発売・発行していた『野球界』で編集長を務めた経験のある池田恒雄が、戦後1946年4月20日に創刊した雑誌である(当初の発行元は池田が興した恒文社。また、創刊後の5月3日編集プロダクションとしてBBMを興した)。当初は月刊だった(月2回刊の時期もあり)。

戦後初期、再開直後の日本プロ野球では大下弘川上哲治らスター選手全盛の頃、野球専門誌が乱立する時代が多かったが、そのリーダー的な雑誌として発行された(創刊号の表紙も大下の写真が起用された)。

1951年3月20日付けでBBMが株式会社化した事に伴い、同年4月号より発行元を同社へ移行。

1958年3月発売の4月号(13巻7号=通算194号)を最後に、週刊化し『週刊ベースボール』として新装する形で創刊、通算巻数(1年=1巻)・巻次も週刊へ引き継がれた(創刊号となる4月16日号は13巻8号として刊行)。一月おいて6月号より復刊、巻次はリセットされ1巻1号となったが通算号数は引き継がれ195号として刊行した。以降週刊と並行して1965年まで刊行したが休刊。

1970年代 - 現在

その後1972年から1974年までの季刊化(1972年春季号=1巻1号 - 1974年冬季号=3巻1号)を経て、1977年5月発売の6月号で再び月刊として復刊。

1982年12月発売の1983年冬季号(書店に並ぶのは12月だが、記載されている発行日は翌年1月なので、1982年12月発売でも1983年冬季号となることに注意)より年間4回発行の季刊雑誌となり、毎回野球界の話題を1つのテーマにしぼって取り上げている。特に春季号(3月発行)ではその年のシーズンの展望や選手名鑑を掲載していた。冬季号(12月発行)ではシーズン総決算号を掲載していたが、2005年よりシーズン総決算号は『週刊ベースボール』の増刊となった。

2007年5月発売の7月号から隔月刊となり、奇数月に発売されている。現在のバックナンバー(通算巻数・号数)は、1977年6月号からカウントされている。

2016年夏から南魚沼産コシヒカリ「ベーマガ米」の販売を開始。ベースボール・マガジン社創業者、故池田恒雄の出身地は新潟県魚沼市で、新潟県南魚沼市には新潟支社がある。

編集長交代に伴い2017年4月号より再び月刊化。

増刊

かつては、増刊号も発行していたが、野球に限らず、様々なスポーツを扱っていた。『相撲』や『週刊プロレス(旧題号:「プロレス」「プロレス&ボクシング」)』も元々はベースボールマガジンの増刊として発行されていた。また、その名残で「プロレス」「プロレス&ボクシング」では長らく本誌の題字・題号が上に表示されていた。

これまでのテーマ

前述の理由により、冬→春→夏→秋のサイクルで1年になっていることに注意。

1980年代

1990年代

2000年代

2010年代

脚注

  1. ^ 第二次世界大戦に伴い野球が敵国スポーツと見なされた時(1943年 - 1945年)には、『相撲と野球』→『相撲界』→『国民体育』という誌名で発行された。
  2. ^ 日付は発行日。
  3. ^ ベーマガ米「体」「心」「技」販売|ベースボール・マガジン社 SportsClick”. www.sportsclick.jp. 2019年5月24日閲覧。
  4. ^ 地図 - ベースボール・マガジン社WEB” (日本語). www.bbm-japan.com. 2019年5月24日閲覧。

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/10/17 17:10

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ベースボールマガジン」の意味を投稿しよう
「ベースボールマガジン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ベースボールマガジンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ベースボールマガジン」のスレッドを作成する
ベースボールマガジンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail