このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ペレストロイカとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "ペレストロイカ"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2011年11月)
ソビエト連邦


最高指導者
レーニン · スターリン
マレンコフ · フルシチョフ
ブレジネフ · アンドロポフ
チェルネンコ · ゴルバチョフ
標章
ソビエト連邦の国旗
ソビエト連邦の国章
ソビエト連邦の国歌
鎌と槌
政治
ボリシェヴィキ · メンシェヴィキ
ソビエト連邦共産党
ソビエト連邦の憲法· 最高会議
チェーカー · 国家政治保安部
ソ連国家保安委員会
軍事
赤軍 · ソビエト連邦軍
ソビエト連邦地上軍 · ソビエト連邦海軍
ソビエト連邦空軍 · ソビエト連邦防空軍
戦略ロケット軍
場所
モスクワ · レニングラード
クレムリン · 赤の広場
イデオロギー
共産主義 · 社会主義
マルクス・レーニン主義
スターリン主義
歴史
ロシア革命 · ロシア内戦 · 大粛清
第二次世界大戦 · 独ソ戦 · バルト諸国占領
冷戦 · 中ソ対立 · キューバ危機
ベトナム戦争 · 中ソ国境紛争
アフガニスタン紛争 · ペレストロイカ
マルタ会談 · 8月クーデター
ソ連崩壊

ペレストロイカ(: перестройка ピリストローイカ、ロシア語ラテン翻字: Perestroika)は、1980年代後半からソビエト連邦で進められた政治体制の改革運動。ロシア語で「再構築(再革命)」を意味する(「пере(ペレ)」は「再び」を意味する接頭辞、「стройка(ストロイカ)」は「構築」「建設」を意味する単語)。

概要

ソビエト連邦共産党による一党独裁制が60年以上も続いたことにより、硬直した政府を立て直すため、1985年に共産党書記長に就任したミハイル・ゴルバチョフが提唱・実践した。あわせて進められたグラスノスチ(情報公開)とともに、ソビエト連邦の政治を民主的な方向に改良していった。

1987年のロシア革命70周年記念の軍事パレードの際、ロシア語で「民主主義、平和、ペレストロイカ、加速」と書かれた大きな立て看板がグム(国営百貨店)に立てかけられ、テレビ中継でアナウンサーが読み上げた。以降、ソ連国内に広く浸透していった。

ゴルバチョフは、社会主義体制の枠内での改革を志向したが、物資の不足により高まる国民の不満を背景に、社会主義体制そのものの放棄と、連邦制の崩壊につながった。現在では、共産圏の民主化を進めるとともに冷戦を終結させた政策として、主に旧ソ連以外の各国で高く評価されている。英語圏の国では「リストラクチャリング」や「リコンストラクション」と訳され、1980年代後半のイギリスサッチャー政権やアメリカ合衆国レーガン政権で行われた行財政改革・産業構造の転換政策あるいは民間企業の組織再編成などを指して使われた。これは、日本1990年代後半頃から使用されている「リストラ」の語源となった単語である。

改革早々ウランの生産量が4倍以上に膨れた。終盤のエリツィン時代に外国銀行の干渉を受けて官公事業が非民主的に払い下げられた。ロシア連邦となってから、ウラン生産量は改革前の水準へ戻った。カザフスタンの分離によるものと考えられる。

コーカサスではカタストロイカと呼ばれる。民族意識が高揚し、1987年半ばにアゼルバイジャン内で起こったナゴルノ・カラバフ紛争を皮切りにこの地域でも民族対立が表面化した。現在(2000年代初頭)でも完全な解決に至っていない。

脚注

  1. ^ : Демократия, Мир, Перестройка, Ускорение
  2. ^ Soviet October Revolution Parade, 1987 Парад 7 ноябряYouTube(17分40秒あたり)
  3. ^ : re-structuring
  4. ^ : re-construction
  5. ^ Nuclear Energy Agency/ International Atomic Energy Agency, "The Red Book Retrospective" and "Uranium: Resources, Production and Demand"
  6. ^ 廣瀬陽子「ペレストロイカからカタストロイカへ」/ 北川誠一・前田弘毅・廣瀬陽子・吉村貴之編著『コーカサスを知るための60章』明石書店 2006年 132ページ

関連項目

「ペレストロイカ - それは大衆の活発で独創的な生産活動の支えである」
1988年に発行された切手
1988年に発行された、ペレストロイカとグラスノスチを宣伝する切手
歴代の新語・流行語大賞の受賞者 (年間大賞選定以前)
【第1回(1984年)】
オシンドローム(新語)

ジェーン・コンドン(『タイム』フリー記者)


【まるきん まるび(流行語)】

渡辺和博(イラストレーター)



【第2回(1985年)】
分衆(新語)

近藤道生(博報堂生活総合研究所社長)


イッキ!イッキ!(流行語)

慶應義塾大学体育会



【第3回(1986年)】
究極(新語)

雁屋哲


新人類(流行語)

清原和博工藤公康渡辺久信



【第4回(1987年)】
マルサ(新語)

伊丹十三宮本信子


懲りない○○(流行語)

安部譲二



【第5回(1988年)】
ペレストロイカ(新語)

ニコライ・ソロビエフ(駐日ソビエト連邦大使)


今宵はここまでに(いたしとうござりまする)(流行語)

若尾文子



【第6回(1989年)】
セクシャル・ハラスメント(新語)

河本和子(弁護士)


オバタリアン(流行語)

堀田かつひこ土井たか子



【第7回(1990年)】
ファジィ(新語)

三上遵太郎(松下電器産業電化研究所所長)


ちびまる子ちゃん(現象)(流行語)

トーマス・リード(『ワシントン・ポスト』東京支局記者)



※受賞者の役職は当時のもの。
第1回 - 第7回 | 第8回 - 第27回 | 第28回 -

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/09/29 19:10

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ペレストロイカ」の意味を投稿しよう
「ペレストロイカ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ペレストロイカスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ペレストロイカ」のスレッドを作成する
ペレストロイカの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail