このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ホワイトハウスとは?

ホワイト・ハウス
White House

ワシントンD.C.の地図を表示
アメリカ合衆国の地図を表示

【情報】

【用途】
大統領官邸
【設計者】
ジェームス・ホバン
チャールズ・フォレン・マッキム
ベンジャミン・ラトローブ
ネイサン・C・ワイエス
【延床面積】
5,100 m²
【階数】
地上4階、地下2階
【高さ】
21m
【着工】
1792年
【竣工】
1800年
【所在地】
ワシントンD.C.ペンシルベニア大通り1600(地図)
座標
北緯38度53分51.6秒 西経77度02分11.8秒 / 北緯38.897667度 西経77.036611度 / 38.897667; -77.036611座標: 北緯38度53分51.6秒 西経77度02分11.8秒 / 北緯38.897667度 西経77.036611度 / 38.897667; -77.036611

ホワイトハウス(: White House)は、次の2つの意味で使用されている。

また、前者の内、特に主要な4つの建物であるエグゼクティヴ・レジデンスウエストウイング(西棟)、イーストウイング(東棟)、アイゼンハワー行政府ビル、そして4つの庭であるローズ・ガーデンジャクリーン・ケネディ・ガーデン北庭南庭を指して「ホワイトハウス・コンプレックス」と総称する。

概要

拡大図
ホワイトハウスの構成
黄色い部分が「ホワイトハウス」と総称される大統領府、青い部分が「大統領公園」に指定されている敷地。

アメリカ合衆国首都であるワシントンD.C.の中心部に所在し、その住所である「ペンシルベニア通り1600番地(1600 Pennsylvania Avenue)」はアメリカで最も有名な住所である。

エグゼクティヴ・レジデンス
「メインハウス(Main House)」などとも呼ばれ、大統領とその家族が暮らす公邸であるほか、外国首脳や議会関係者など要人との会談や、条約や重要法案の調印式、上級公職の任命会見、重要な記者会見、訪問者との会見、晩餐会やレセプション、その他の公的な行事が行われる場所でもある。レジデンスからは「コロナード(Colonnade)」と呼ばれる渡り廊下が東西に伸びてそれぞれウエストウイングやイーストウイングに連結している。コロナード自体も、中に事務室が入居する大規模な連結棟である。
ウエストウイング
オーバルオフィス」と呼ばれる大統領執務室をはじめ、閣議室、国家安全保障会議室のほか、副大統領首席補佐官、大統領補佐官、報道官、法律顧問、上級顧問などの上級スタッフのオフィスなどが入る、アメリカ政府の中枢。地下には世界に展開するアメリカ軍や関係機関と最高レベルの情報連携をしているシチュエーションルームがある。
イーストウイング
ファーストレディそのスタッフのオフィス、及びホワイトハウス社会事業担当官のオフィスが入る。また、地下はバンカーと呼ばれる核シェルター機能を備えた大統領危機管理センターとなっている。2001年9/11テロの際、ハイジャック機が首都に接近との報を受けたチェイニー副大統領、ライス国家安全保障担当大統領補佐官を始めとするホワイトハウス・スタッフは、直ちにここに避難した。
ローズ・ガーデンジャクリーン・ケネディ・ガーデンノース・ローンサウス・ローン
天気のよい日にはイベントが開催されることもある。レジデンスとウエストウイングに囲まれた一画は「ローズ・ガーデン」、レジデンスとイーストウイングに囲まれた一画は「ジャクリーン・ケネディ・ガーデン」と呼ばれ、ここで重要な法案や条約の調印式が行われることも多い。サウスローンのさらに南には「ザ・エリプス(The Ellipse、楕円)」と呼ばれる、文字通り楕円形の広大な庭が広がっている。観光客がコンスティテューション通りから柵越しに見ることができるホワイトハウスは、この「ザ・エリプス」越しの景観である。
アイゼンハワー行政府ビル
「行政府旧館(Old Executive Office Building)」とも呼ばれ、ウエストウイングから小道を挟んだ西側にある。副大統領オフィスがここにある他、国家安全保障会議事務局、行政管理予算局が入る等、事務スタッフが詰めている。

なお、ホワイトハウスと、これに隣接するラファイエット公園(Lafayette Park)、ザ・エリプス(The Ellipse)、及びホワイトハウス見学者オフィスは、便宜上、大統領公園(だいとうりょう こうえん)という国立公園に指定されており、その土地と建物は国立公園局が管理している。

歴史

コンペで当選したホーバン案(1793年)
建設と設計
大統領府であるホワイトハウス建設が開始されたのは初代大統領のジョージ・ワシントンのときで、1792年10月13日に礎石が置かれて着工したが、公式の定礎式は挙行されなかった。
1790年ワシントンD.C.(コロンビア特別区)の設置と区画が決定され、フィラデルフィアに変わる新首都建設が始まるとワシントンは大統領府のデザインをコンペで募集し、九件の最終候補の中からアイルランド出身の建築家、ジェームズ・ホーバンの案を採用した。基礎部分は当時の黒人奴隷、石細工は主にスコットランド人が工事を担っていた。着工から8年後の1800年11月に完成したが、初代大統領のワシントンはすでに大統領職を辞していたばかりか前年に亡くなっており、完成した姿を目にする事はなかった。そのため、最初にこの大統領官邸に入居したのは2代目大統領のジョン・アダムズからとなったのである。以後も大統領府はここに置かれ、200年経った現在でも首都ワシントンと共にアメリカの政治の中枢となっている。

建物は16世紀のイタリアの建築家アンドレーア・パッラーディオのパッラーディオ様式を取り入れており、イタリアのヴィチエンツァ郊外にあるヴィラ(邸宅)「ラ・ロトンダ」(1994年に世界遺産登録)に酷似している。パッラーディオ自身はヴィラ(邸宅)ではなくパラッツォ(宮殿)と分類している。

現存する最古の写真(1846年)
戦争による焼失
1814年8月、大統領官邸は米英戦争ブラーデンスバーグの戦いでの敗北により、イギリス軍による焼き討ちにあい、石積みの外壁を残して全てが灰燼に帰してしまった。第4代大統領ジェームズ・マディソンは設計者のジェームズ・ホーバンを監督に任じ、焼け残った外壁を使って焼失前とほぼ変わらない官邸を再建、1817年に完成した。このとき、焼けこげた外壁を白く塗装したことから官邸は現在のように「ホワイトハウス」と呼ばれるようになった。現在でも焼けこげた壁の一部は保存されており、トルーマンバルコニーでこれを見ることができる。

焼き討ちから約200年経過した2018年、アメリカがカナダに対して国家安全保障を理由とした関税措置を発表して対立、両首脳間で電話会談が行われた。ジャスティン・トルドー首相は国家安全保障を理由にすることはできないと説いたのに対して、ドナルド・トランプ大統領は過去にカナダ(実際は英軍)はホワイトハウスを焼き討ちしたとして反論している。

トルーマン時代の大改修工事(1950年)
現在の形へ
1902年には、第26代大統領セオドア・ルーズベルトウエストウイングを増築、それまで二階部分に入っていたスタッフのオフィスをここに移した。そして空いた二階を居住空間に全面改装したほか、一階部分にも若干の改修が施された。これを期にホワイトハウスは公式に「ワシントン・ホワイトハウス」 (White House – Washington) と命名された。
1942年には、第二次世界大戦中に第32代大統領フランクリン・ルーズベルトが地下に防空壕を備えたイーストウイングを増築した。この防空壕は現在、大統領危機管理センターになっており、2001年の9.11テロ事件のさいにも閣僚が避難している。
1948年、第33代トルーマン大統領は、レジデンス二階の「イエローオーバルルーム」の外側にバルコニーを設置しようとした。ところがこの時行われた強度検査で老朽化による構造強度の劣化が判明したため、全面的な解体改修工事が行われることになった。工事は再び石積みの外壁のみを残して内部を基礎部分を含めて全て創り直すという大がかりなもので、5年の月日をかけた一大プロジェクトであった。そのため、ペンシルベニア通りを隔てて北側に位置する大統領の賓客用宿泊施設(迎賓館)ブレアハウス (Blair House) を仮の大統領府として一時的に機能させることになった。それから5年が経った1952年に工事は無事完了、「トルーマン・バルコニー」が新設された。これにより、多くの人が目にしている現在の姿が完成したのである。

エグゼクティヴ・レジデンスの施設

南側(裏)から見たレジデンス
ホワイトハウス周辺

諸元

地階

地階見取り図

グラウンドフロア(Ground Floor)

センターホール(Center Hall、地階 1)
中央ホール。レジデンス地階の中心を東西に貫く幅約5m、全長約49mのホールで形状は廊下。天井はアーチ状になっている。ホールの東端はイーストウイングの来訪者ロビーに通じ、西端にはウエストウィング柱廊の一部を成すパームルーム (Palm Room) につながる。
ディプロマティック レセプションルーム(Diplomatic Reception Room、地階 2)
外交官応接室。南庭からの入り口で、信任状捧呈式に臨む各国大使の到着口として使用される。フランクリン・ルーズベルト大統領は、この部屋の暖炉の前から「炉辺雑談 (Fireside chats)」と呼ばれる定期的なラジオ談話を行った。
マップルーム(Map Room、地階 3)
第28代ウィルソン大統領や第30代クーリッジ大統領の頃は、ビリヤード台が置かれた娯楽室だったが、第二次世界大戦中、フランクリン・ルーズベルト大統領はこれを戦況報告室として使用し、各戦線の状況を表示させる地図を掲示させていたことからマップルームと呼ばれるようになった。現在は大統領やファーストレディの個人的なミーティングに使用されている。
チャイナルーム(China Room、地階 4)
ここでのチャイナとは中国ではなく磁器の食器のことで、外国元首とのディナーに使われる高級磁器の食器を保管しているホワイトハウスの食器室である。ウィルソン大統領のイーディス夫人が歴代大統領の磁器食器のコレクションを展示したことからチャイナルームと呼ばれるようになった。全体に赤い色調が特徴的なこの部屋には、歴代大統領時代の磁器が年代順に展示されている。
バーメイルルーム(Vermeil Room、地階 5)
1956年、マーガレット・トンプソン・ビドル夫人が残したバーメイル(めっきした)のコレクションを展示したことからこう呼ばれるようになった。また黄色を基調とした装飾から「ゴールデンルーム (The Gold Room)』と呼ばれることもある。エレノア・ルーズベルトジャクリーン・ケネディレディーバード・ジョンソンパトリシア・ニクソンナンシー・レーガンの各ファーストレディの肖像画が展示されている。現在は式典などで女性の控え室として使用されている。
キッチン(Kitchen、地階 6)
厨房。大統領と家族の食事のほか、ホワイトハウス公式晩餐会の料理も調理しており、常勤料理人5名(うちパティシエ1名)と約20名のパートタイムのスタッフが働いている。軽食からフルコースのディナーまで作り、ディナー140人分、オードブルなら1000名分以上を提供することができる。
ホワイトハウス キューレーターズ オフィス(White House Curator’s Office、地階 7)
ホワイトハウス学芸員室。第35代ケネディ大統領のジャクリーン夫人が、1961年ホワイトハウスを歴史博物館とすることを訴えたことで設置された。ホワイトハウス学芸員は、ホワイトハウスが所蔵する1万4000件以上の歴史的価値のある調度品や美術品を管理・修復している。
ライブラリー(Library、地階 8)
書斎。元々洗濯部屋として使われていたこの部屋は、セオドア・ルーズベルト大統領による改修でポーカールームに改装され、さらにフランクリン・ルーズベルト大統領のときに書斎に改装された。第39代カーター大統領は、フランクリン・ルーズベルトの「炉辺雑談」にならって、毎週のラジオ談話をこの部屋から行った。
クリニック(Clinic、地階 9)
医務室。大統領とその家族やホワイトハウス職員のための診療所で、医療設備を完備した診察室と検査室からなる。
ドクターズオフィス(Doctor’s Office、地階 10)
常勤医師オフィス。

一階

一階見取り図

ステートフロア(State Floor)

クロスホール(Cross Hall、一階 1)
横断ホール。形状は廊下。
ブルールーム(Blue Room、一階 2)
レッドルーム(Red Room、一階 3)
グリーンルーム(Green Room、一階 4)
イーストルームに隣接する食堂として設計され、壁が緑色であることからグリーンルームと呼ばれている。第3代ジェファーソン大統領は食堂として使用していたが、それ以降は多目的に使用されている。マディソン大統領はここを執務室とし、閣議もここで行った。第5代モンロー大統領は、トランプを楽しむためのカードールームとして使用した。グリーンルームの目的と装飾が現在のものに定着するのはセオドア・ルーズベルトのときからである。
イーストルーム(East Room、一階 5)
ホワイトハウス創設当時より「公式謁見室」として使用されており、現在でも大統領の特に重要な記者会見、条約や重要法案の署名式典、晩餐会やレセプションなど、大がかりな行事はこのイーストルームで行われる。暗殺された第16代リンカーン大統領やケネディ大統領の遺体が教会での葬儀や連邦議会での正式安置に先立って、一時的にこの部屋に置かれたこともある。ジョージ・ワシントンの全身肖像画がある部屋としても有名。
ステートダイニングルーム(State Dining Room、一階 6)
“大食堂”。国賓を迎えた際の公式晩餐会はここで行われる。
ファミリーダイニングルーム(Family Dining Room、夕食会の間、一階 7)
ファミリー(家族)という名称は、ステート(国家)との対比でつけられており、実際には国賓のための大規模な公式晩餐会以外の、小規模な公式・非公式の夕食会に使用される。大統領の家族が日常使用する家族用のダイニングは二階にある。
エントランスホール(Entrance Hall、一階 8)
正面玄関ホール。
サウスポーティコウ(South Portico、一階 9)
南ポーチ。

二階

二階見取り図

セカンドフロア(Second Floor)

セントラルホール(Central Hall、二階 1)
中央広間。形状は廊下。
イエローオーバルルーム(Yellow Oval Room、二階 2)
応接間。「オーバル」の名から大統領執務室だと思われる事があるが、執務室ではない。本来の「オーバルルーム」があるのはウエストウイングつまり官邸。両方とも「オーバル」(楕円形)なのが混同される原因になっている。
リビングルーム(Living Room、二階 3)
居間。
トリーティールーム(Treaty Room、二階 4)
条約調印の間。主に書斎として使用。
リンカーンベッドルーム(Lincoln Bedroom、二階 5)
寝室。
リンカーンシッティングルーム(Lincoln Sitting Room、二階 6)
寝室兼居間。
マスターベッドルーム(Maser Bedroom、二階 7)
主寝室。
マスタードレッシングルーム(Master Dressing Room、二階 8)
主更衣室。
ウエストシッティングホール(West Sitting Hall、二階 9)
「西の居間」。寝室兼居間にもなるホール。
イーストシッティングホール(East Sitting Hall、二階 10)
「東の居間」。寝室兼居間にもなるホール。
クイーンズベッドルーム(Queen’s Bedroom、二階 11)
寝室。
クイーンズシッティングルーム(Queen’s Sitting Room、二階 12)
寝室兼居間。
イーストベッドルーム(East Bedroom、二階 13)
東寝室。
ウエストベッドルーム(West Bedrom、二階 14)
西寝室。
プライベートダイニングルーム(Private Dining Room、二階 15)
大統領一家のための食堂。
ファミリーキッチン(Family Kitchen、二階 16)
大統領一家の台所
ビューティーサロン(Beauty Salon、二階 17)
美容室・理容室。
トルーマンバルコニー(Truman Balcony、二階 18)
#歴史にあるように、1952年に新設された区域。名前は設置させたトルーマン大統領にちなむ。

三階

サードフロア(Third Floor)

センターホール(Central Hall)
中央ホール。
ミュージックルーム(Music Room)
音楽室。
ゲームルーム(Game Room)
娯楽室。
ワークアウトルーム(Workout Room)
トレーニングジム
サンルーム(Sun Room)

その他

スタッフ・職員・観光客などを含めた一日の来訪者は、平均で5000人にもなる

逸話

「国旗常時掲揚」を表したホワイトハウス紋章

警備

脚注

注釈

  1. ^ 但し、ヒラリー・クリントン大統領夫人は、例外的にウエストウイングにオフィスを構えていた。
  2. ^ 但し、チェイニー副大統領は例外的にウエストウイングにオフィスを構えていた。
  3. ^ ただしこれには異説があり、現存する“White House”の初出は1811年のものであるという。
  4. ^ 通常英語で ground floor は「地上階」すなわち「一階」を意味するが、ホワイトハウスでは地下のことをこう呼んでいる。
  5. ^ ただし通常の記者会見はウエストウイングの定例記者会見室を使用することが多い。

出典

  1. ^ Wikipedia英語版.White House - 1.4.Constructionより
  2. ^ トランプ氏、関税めぐり加首相と応酬 「焼き打ち」にも言及”. CNN (2018年6月7日). 2018年8月6日閲覧。
  3. ^ Tours & Events Archived 2001年9月13日, at the Wayback Machine. White House
  4. ^ 「米大統領夫人、ホワイトハウスに家庭菜園」(ロイター、2009年3月22日)
  5. ^ 「ホワイト・ハウスにおけるビール醸造所、大統領のプレゼントとして判明」(2012年8月15日、ロイター通信)
  6. ^ 「アメリカ合衆国ホワイト・ハウス特製ビールのレシピ公表 公開要求受け」(CNN、2012年9月2日)
  7. ^ 『使用人たちが見たホワイトハウス』ケイト・アンダーセン・ブラウワー著、光文社、2016年、p106-112
  8. ^ 「ホワイトハウス周辺で実弾発砲、新警備システムを試験」 CNN(2017年8月27日)2017年8月28日閲覧

関連項目

外部リンク

2010Happy Mail