このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ホーエンツォレルン家とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年5月)
ホーエンツォレルン家
ドイツ語: Haus Hohenzollern
ホーエンツォレルン家の紋章

【国】
ニュルンベルク城伯国
プロイセン公国
ブランデンブルク選帝侯国
ホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯国
ホーエンツォレルン=ジクマリンゲン侯国
プロイセン王国
ルーマニア王国
ドイツ帝国
【創設】
11世紀
【家祖】
ブルクハルト1世
【現当主】
ゲオルク・フリードリヒ・フォン・プロイセン
【民族】
ドイツ人
【分家】
ホーエンツォレルン=ヘヒンゲン家
ホーエンツォレルン=ジクマリンゲン家
【著名な人物】
フリードリヒ・ヴィルヘルム
フリードリヒ1世
ヴィルヘルム1世
ヴィルヘルム2世
ホーエンツォレルン城

ホーエンツォレルン家(ホーエンツォレルンけ、ドイツ語: Haus Hohenzollern)は、南ドイツシュヴァーベン地方に発祥したヨーロッパ貴族、君主の家系であり、ドイツ皇帝ルーマニア国王も出した一族である。

家名は居城としていたホーエンツォレルン城に由来し、14世紀にツォレルンからホーエンツォレルンに改めた。なお「ホーエンツォレルン」は舞台ドイツ語および南部のドイツ語の影響を受けた表記であり、現代標準ドイツ語の発音では「ホーエンツォレアン」または「ホーエンツォラーン」と表記する方が近い。

概説

1061年にベルトルト・フォン・ライヒェナウの年代記にツォレルン家の名が初めて現れる。シュヴァーベンの一部を支配するツォレルン伯爵であった。

1191年ホーエンシュタウフェン朝神聖ローマ皇帝で同郷のハインリヒ6世によりフリードリヒ1世ニュルンベルク城伯に任じられ、フランケン地方の領地も得た。1218年(または1214年)に領地の分割を行い、長男のコンラート1世がフランケンの領地とニュルンベルク城伯の地位を得てフランケン系の祖となり、次男のフリードリヒ2世ヘヒンゲン近郊のツォレルン城とシュヴァーベンの領地、ツォレルン伯爵の地位を得てシュヴァーベン系の祖となった。

フランケン系はフリードリヒ1世の代の1415年からは選帝侯としてブランデンブルク選帝侯領を治めるようになる。1525年に一族の傍流アルブレヒトドイツ騎士団国を廃し、プロイセン公国を建てて初代プロイセン公となり、その子孫が絶えると1618年には本家のブランデンブルク選帝侯ヨーハン・ジギスムントがプロイセンを継承し、ブランデンブルク=プロイセンが成立した。三十年戦争の際にはフリードリヒ・ヴィルヘルム(大選帝侯)が指導にあたった。1660年オリヴァ条約によりプロイセン公国はポーランド・リトアニア共和国から独立した。選帝侯フリードリヒ3世はスペイン継承戦争ハプスブルク家に味方する見返りに「プロイセンの王」を名乗ることが許されたため、1701年フリードリヒ1世として戴冠し、プロイセン王国が誕生する。

ヴォルテールと親交の深かったフリードリヒ2世啓蒙専制君主として君臨、絶対主義下においてプロイセンを強化し、「大王」と呼ばれた。大王はオーストリア継承戦争七年戦争に勝ち抜き、着々と領地を広げていった。フリードリヒ2世、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世ロシアオーストリアと共にポーランド分割を行なった。

1862年オットー・フォン・ビスマルクが宰相になると、ヴィルヘルム1世の下、プロイセンを中心としたドイツ統一を成し遂げ、ドイツ帝国(正式国名はドイツ国)が誕生、列強の一員となる。第一次世界大戦で敗北後、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が亡命してホーエンツォレルン家のドイツ支配は幕を閉じた。ヴィルヘルム2世の子孫はドイツで生活しており、現在の当主はヴィルヘルムの玄孫ゲオルク・フリードリヒである。

ホーエンツォレルン=ヘヒンゲン家、ホーエンツォレルン=ジクマリンゲン家

シュヴァーベン系の支流にホーエンツォレルン=ヘヒンゲン家、ホーエンツォレルン=ジクマリンゲン家がある。

ホーエンツォレルン=ヘヒンゲン家はホーエンツォレルン城があるシュヴァーベンの本来の領地を統治し続けた。この家はプロテスタントに改宗せずカトリックのままで通していた。最後の当主であったホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯コンスタンティンは、1849年に侯領をプロイセン王国に譲渡して領邦君主の地位を放棄し、1869年に嗣子なく死去して家系は断絶した。

ホーエンツォレルン=ジクマリンゲン家も同時期まで領邦君主の家系として続いた後、最後のホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯となったカール・アントンが同じく1849年に侯領を譲渡したが、その後カール・アントンは1858年から1862年までプロイセン王国の宰相を務めている。カール・アントンの息子の一人は1866年カロル1世としてルーマニア公に迎えられ、1881年にはルーマニア国王として即位した。以後1947年に王制が廃止されるまで、カール・アントンの子孫がルーマニア王家として続いた。最後のルーマニア国王ミハイ1世とその子孫は、ホーエンツォレルン=ジクマリンゲン姓を放棄した。なお、ルーマニア王家の系統は元来は傍系であり、ホーエンツォレルン=ジクマリンゲン家本流の現在の当主はホーエンツォレルン侯カール・フリードリヒである。

系図

ニュルンベルク城伯、ブランデンブルク選帝侯(アルブレヒト・アヒレスまで)

タッシロ
ツォレルン伯 -c.800 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

ブルクハルト1世
ツォレルン伯 -1061 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

フリードリヒ1世
ツォレルン伯 -1125 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

フリードリヒ2世
ツォレルン伯 -1145 | 
 | ブルクハルト2世
(-1150/5) | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

フリードリヒ1世
ニュルンベルク城伯 | 
 | ブルクハルト3世
ホーエンベルク伯(1世) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

コンラート1世
ニュルンベルク城伯 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | フリードリヒ2世
ニュルンベルク城伯
ツォレルン伯 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


フリードリヒ3世
ニュルンベルク城伯 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | (シュヴァーベン系)

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 

ヨハン1世
ニュルンベルク城伯 | 
 | フリードリヒ4世
ニュルンベルク城伯 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | ヨハン2世
ニュルンベルク城伯 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | フリードリヒ5世
ニュルンベルク城伯 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

ヨハン3世
ニュルンベルク城伯 | 
 | フリードリヒ6世/1世
ニュルンベルク城伯
ブランデンブルク選帝侯 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

ヨハン
クルムバッハ辺境伯 | 
 | フリードリヒ2世
ブランデンブルク選帝侯 | 
 | アルブレヒト・アヒレス
アンスバッハ辺境伯
クルムバッハ辺境伯
ブランデンブルク選帝侯 | 
 | フリードリヒ(3世)
アルトマルク領主 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | マグダレーナ | 
 | アイテル・フリードリヒ2世
ホーエンツォレルン伯
 | 

ブランデンブルク選帝侯(ヨハン・ゲオルクまで)、プロイセン公(アルブレヒト・フリードリヒまで)

マルガレーテ・フォン・バーデン | 
 | アルブレヒト・アヒレス
アンスバッハ辺境伯
クルムバッハ辺境伯
ブランデンブルク選帝侯 | 
 | アンナ・フォン・ザクセン | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

ヨハン・ツィーツェロ
ブランデンブルク選帝侯 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | フリードリヒ(2世/5世)
アンスバッハ辺境伯
クルムバッハ辺境伯 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | ジークムント
クルムバッハ辺境伯

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

ヨアヒム1世
ブランデンブルク選帝侯 | 
 | アルブレヒト
マインツ大司教(選帝侯) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | カジミール
クルムバッハ辺境伯 | 
 | ゲオルク
アンスバッハ辺境伯
クルムバッハ辺境伯
オポーレ公
イェーゲルンドルフ公 | 
 | アルブレヒト
プロイセン公 | 
 | ヨハン
バレンシア副王

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

ヨアヒム2世
ブランデンブルク選帝侯 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | ヨハン
キュストリン辺境伯 | 
 | アルブレヒト・アルキビアデス
クルムバッハ辺境伯 | 
 | 
 | ゲオルク・フリードリヒ
アンスバッハ辺境伯
クルムバッハ辺境伯
オポーレ公
イェーゲルンドルフ公 | 
 | アルブレヒト・フリードリヒ
プロイセン公 | 
 | 
 | 
 | 

 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

ヨハン・ゲオルク
ブランデンブルク選帝侯 | 
 | ザビーナ | 
 | カタリーナ
ブランデンブルク選帝侯ヨアヒム・フリードリヒ妃 | 
 | エリーザベト | 
 | 
 | アンナ
ブランデンブルク選帝侯・プロイセン公ヨハン・ジギスムント妃 | 
 | マリー
バイロイト辺境伯クリスティアン妃 | 
 | エレオノーレ
ブランデンブルク選帝侯ヨアヒム・フリードリヒ妃
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


ブランデンブルク選帝侯、プロイセン公(フリードリヒ・ヴィルヘルム大選帝侯まで)

ヨハン
キュストリン辺境伯 | 
 | ヨハン・ゲオルク
ブランデンブルク選帝侯 | 
 | エリーザベト・フォン・アンハルト=ツェルプスト | 
 | アルブレヒト・フリードリヒ
プロイセン公 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

カタリーナ | 
 | ヨアヒム・フリードリヒ
ブランデンブルク選帝侯
イェーゲルンドルフ公 | 
 | エレオノーレ | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | クリスティアン
バイロイト辺境伯 | 
 | マリー | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | ヨアヒム・エルンスト
アンスバッハ辺境伯 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 |&nbs
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/03/30 18:11

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ホーエンツォレルン家」の意味を投稿しよう
「ホーエンツォレルン家」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ホーエンツォレルン家スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ホーエンツォレルン家」のスレッドを作成する
ホーエンツォレルン家の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail