このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ポケットモンスター_ダイヤモンド&パールとは?

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
アニメ
原案 田尻智増田順一杉森建
総監督 湯山邦彦
監督 須藤典彦
浅田裕二(第171話 - 第193話)
シリーズ構成 冨岡淳広
キャラクターデザイン 山田俊也
音楽 宮崎慎二
アニメーション制作 OLM TEAM IGUCHI(第1話 - 第136話)
OLM(第137話 - 第163話)
OLM Team Kato(第164話 - 第193話)

製作 テレビ東京
MEDIANET
小学館プロダクション→ShoPro
放送局 テレビ東京系列
放送期間 2006年9月28日 - 2010年9月9日
話数 全193話(本放送191話+特別編2話)
その他 DP第121話(2009年4月2日)よりハイビジョン制作
関連作品

テンプレート - ノート

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』(ポケットモンスター ダイヤモンド パール)は、ゲームポケットモンスターシリーズ』を原作とするテレビアニメテレビ東京系列(TXN)などでは2006年9月28日から2010年(平成22年)9月9日まで、『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』の続編として放送された。「ポケモンDP」などと略される場合もある。

以下、アニメ版ポケットモンスターのシリーズ作品を示す際は必要に応じ、1997年から2002年に放送された『ポケットモンスター』は「無印」または「無印編」、『アドバンスジェネレーション』は「AG」、『ベストウイッシュ』は「BW」と表記する。

概要

詳細は「ポケットモンスター (アニメ)」を参照

ゲーム版『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』の発売日当日にスタートしたシリーズである。前シリーズのハルカと同様にゲーム版の女の子用主人公をモデルにしたヒカリがもう1人の主人公として登場する。『AG』最終回でサトシピカチュウエイパムシンオウ地方行きの船に乗り、『DP』1話のラストでシンオウ地方に到着することで前作と繋がっている。また、一部の話では過去のことが語られている。

タイトルからも分かるように本作は当時発売している本編ゲーム『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』をベースにしており途中から『ポケットモンスター プラチナ』『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』の要素も絡めている。

シリーズの変更に合わせて番組最後のミニコーナーも変更となり、前作の「ポケモントリビアクイズ」に代わって「オーキド博士のポケモン講座」を改題した「オーキド博士のポケモン大百科」がスタートした。さらに2008年10月16日放送の第98話からは、クイズ形式に派生した「オーキド博士のポケモン大検定」として放送されていた。

TXNでの初回放送では初めてとなる3話連続放送の2時間スペシャルとして放送された。系列外の地方局については原則的には従来通り3週に分けて放送されたが、独立U局岐阜放送テレビ和歌山では同時ネットで放送された。

本シリーズ開始と同時に『NARUTO -ナルト-』が水曜から木曜に枠移動してからは、19時台のアニメ枠と20時台の『TVチャンピオン2』→『チャンピオンズ』のスペシャルを交互に放送するようになり、同時に年末年始以外でも特番の挿入などによる放送休止が多くなった。その後、2009年4月で長年放送された『木曜洋画劇場』の放送終了で2枠に分割された結果、19時台のスペシャルは『ポケモン』シリーズと後枠の『NARUTO -ナルト- 疾風伝』がおおむね交互に放送されるようになり、2017年3月に『NARUTO -ナルト- 疾風伝』が終了するまでこの形式が続いた。

スペシャル時などのコーナーナレーションは服部伴蔵門が担当している。

2007年でポケモンアニメ10周年を迎え、第32話「琥珀の城のビークイン!」でテレビシリーズ通算500回目の放送を達成した。2009年では、第132話「フルバトル!シンジ対サトシ!!(後編)」で通算600回目の放送を達成した。

番組最高視聴率は第1-3話(2時間スペシャル)の9.3%、平均視聴率は6.4%。

テレビ東京系列のみ字幕放送を実施。黄色はサトシで水色はヒカリでその他のキャラクターは白色で表示される。

本作放送終了後は、引き続き全てのネット局で『ポケットモンスター ベストウイッシュ』が放送されている。

2011年2月3日には、最終回以来の約4ヶ月ぶりに1時間スペシャル『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 特別編』が放送された。2話の新作エピソードでは、ヒカリやタケシの視点で、サトシと別れた後にあった出来事を描いており、放送時『ベストウイッシュ』放送中であったが『ダイヤモンド&パール』の話の為、 OPやEDも本作最終回前時点でのものが使用された。2017年3月22日まで、2話の特別編エピソードでは、ディズニーXDでも放送された。関東地区での視聴率は7.1%。遅れネット局では30分ずつ2話に分けて放送されたが、四国放送では放送されていない。

シリーズの中で欠番や未放送(お蔵入り)となった話が存在しないシリーズは初でもある。

製作

今シリーズからは、かつて『無印編』の初期に首藤剛志が担当していたシリーズ構成の職が復活し、冨岡淳広が担当した。また、本作では複数の回に跨る伏線が多数散りばめられるようになり、2人の主人公が頻繁に苦悩・葛藤し、着実に成長を遂げていく姿が描かれるなど、ドラマ性が強い作品となっている。

キャラクターデザイン一石小百合から『無印編』や『AG』の総作画監督を担当していた山田俊也が総作監と兼任する形で担当することになった。第171話からは総作監を広岡歳仁が山田から引き継ぎ、各話演出の浅田裕二須藤典彦と共同で監督を務めた。

アニメーション制作を担当するオー・エル・エムはプロデューサー単位のチーム制で作品制作を行うため、多くのOLM作品の場合、スタッフクレジットでチーム名がTEAM○○と表記される。本作でも井口憲明率いるTEAM IGUCHIが表記されていたが、第136話を最後に降板。これがチームとして最後の作品となった。第164話からは『たまごっち!』などの制作デスクを務めていた加藤浩幸が制作担当に就任し、新たにTeam Katoがクレジットされるようになった。

ストーリーについて

本作は、ゲーム版の設定を『AG』以上に踏襲している点が見られる。同一シリーズ内では初めて四天王・チャンピオンが出揃ったり、ゲーム中にダンジョンなどで登場することになるパートナーキャラ(モミやミル・ゲンなど)が全員登場するなど、登場キャラクターにも恵まれている。一方で、無印や『AG』、『BW』と異なりストーリーの舞台が大きく移されることはなく最後までシンオウ地方の冒険であり、ゲーム版『ブラック・ホワイト』で新登場のポケモンが先駆けて登場することもなかった。ただし『ポケモンレンジャー 光の軌跡』、『ポケモン不思議のダンジョン』、『ハートゴールド・ソウルシルバー』の発売に伴いそれに連動した話は作られている。

本作の最終回は無印の金銀編やAGのようにラストで新地方に向かうのではなく、サトシとピカチュウがマサラタウンに帰還する後ろ姿で物語が締めくくられている。同じく最終回でロケット団ムサシコジロウニャースがサカキに呼ばれることから、BWはサトシがシンオウ地方から帰還後のストーリーとされている。

番組内で行われた特別企画

シリーズ10周年企画
このシリーズの放送期間中にはテレビアニメの放送が10周年を迎え、2007年3月8日放送の第30話(1時間スペシャル)から10月4日放送の第49・50話(2時間スペシャル)までは放送の冒頭に10周年を迎えたことを知らせる短い告知が挿入された。なおこの期間中の「ポケモン大百科」はタイトルコールがカットされ、冒頭の数秒間の間に画面の右上にタイトルが表示されていた。
ギザ元気キャンペーン
またTXNでは2009年4月2日放送の第121・122話(1時間スペシャル)から6月25日放送の第133話まで「ポケモンでギザ元気!」キャンペーンとして、冒頭には中川翔子の掛け声とともに「ギザみみピチュー」のキャンペーンロゴが挿入され、番組中に出てきたキャンペーンロゴを数えるクイズに、テレビ東京あにてれ内にある公式ホームページ上で答えて正解すると、パソコン壁紙携帯電話の待ち受け画像が貰える+その壁紙・待ち受けに記されている全てのキーワードを集めて応募すると豪華賞品が貰えるという企画が実施された。

また、この期間中は前述の「ポケモン大検定」に代わって『ポケモン☆サンデー』の出演者が番組ジャックとしてポケモンを題材としたショートコントをするミニコーナーが数回放送された。なお、キャンペーン開始当初は番組の最後にクイズのお知らせを挿入していたため次回予告が短縮版に変更されていたが、途中からはお知らせがテロップ化されたため通常版に戻された。

映像サイズに関して

2000年代後半からハイビジョン制作のアニメ作品が増えている中、本作は前シリーズから引き続き標準画質(画面比4:3)で製作されている状態が続いていた。本編は2009年4月2日放送の第121・122話(1時間スペシャル)からハイビジョン制作(画面比16:9)に移行した。

実際には3月26日放送の次回予告からハイビジョン製作に切り替わっている。また話の最後に挿入される「TO BE CONTINUED...」のテロップが「To Be Continued」のテロップになり、フォントも一新されたほかタイトルコール・アイキャッチの画像も更新された。

アナログ放送では当初ピラーボックスでの放送となっていたが、2009年10月1日放送の第145・146話(1時間スペシャル)からレターボックスでの放送に移行した。

あらすじ

舞台はシンオウ地方。その地方のフタバタウンには1人の女の子がいた。彼女の名はヒカリ。母親のアヤコは過去にポケモンコーディネーターの頂点「トップコーディネーター」に立った有名人。アヤコに憧れるヒカリは自分もトップコーディネーターになることを目標としていた。10歳になって旅立ちの日を迎えたヒカリは、マサゴタウンに研究所を受け持つナナカマド博士から貰ったペンギンポケモン・ポッチャマと共にポケモンコンテストを巡る旅に挑んでいく。

その頃、カントー地方バトルフロンティアを制覇しハルカマサトタケシと別れた後、サトシはピカチュウとエイパムを連れて、シンオウリーグ出場を目指すためにシンオウ地方へ。しかし、後を追って来たロケット団の襲撃でピカチュウが吹っ飛ばされてしまう。

サトシはエイパムと共に必死にピカチュウを探し始める。その最中、ブリーダー修行を続けるためにウソハチとともに旅を再開したタケシと偶然出会い、行動をともにする。一方、サトシとはぐれたピカチュウは旅を始めたばかりのヒカリに発見されていた。ナナカマド博士の導きで合流したサトシ達は、それぞれの目標のために3人で旅をすることになる。

登場人物

アニメ版ポケットモンスターの登場人物」を参照

以下の人物・団体は個別項目を参照。

サトシと手持ちポケモン
メインキャラクター
ロケット団
準メインキャラクター
その他のキャラクター

スタッフ

音楽

主題歌

このシリーズでは出演声優キャラクターが歌う曲が多かったこれまでのシリーズと違い、一般のアーティストが担当する曲が大半を占めている。ちなみに一般のアーティストの大半の楽曲が歌手デビュー作であり、基本的には女性ボーカリストが担当している。また、リメイクされて別のバージョンに差し替えられることも多い。

CDの発売元は、全てピカチュウレコード(メディアファクトリーレーベル)である。

オープニングテーマ

【話数】
【曲名】
【作詞】
【作曲】
【編曲】
【歌手】
【レーベル】
【発売日】
【概要】
オリコン最高位
2-78 | Together | D&Pプロジェクト | Rie | 市川淳 | あきよしふみえ | ピカチュウレコード | 2006年11月28日 | 第1話では使用されず、本編冒頭に主要スタッフがクレジットされる。初回を2時間スペシャルで放送したテレビ東京系列局・岐阜放送テレビ和歌山では第4話から使用。 | 31位
79-95 | Together2008 | 依田和夫 | 2008年11月26日 |  | 54位
96-133 | ハイタッチ! | 戸田昭吾 | たなかひろかず | たなかひろかず | サトシ(松本梨香)&ヒカリ(豊口めぐみ) | 
134-157 | ハイタッチ!2009 | 依田和夫 | 2009年7月15日 |  | 53位
158-182 | サイコー・エブリデイ! | あきよしふみえ
GJ | 三留一純 | 三留一純 | あきよしふみえ | 2010年2月24日 | 第179話では、挿入歌としても使用。 | 54位
183-193 | サイコー・エブリデイ! (BAND VERSION) | 大山徹也 | あきよしふみえ with THE GREATEST-BAND | メディアファクトリー | 2010年8月4日 |  | 圏外

エンディングテーマ

【話数】
【曲名】
【作詞】
【作曲】
【編曲】
【歌手】
【レーベル】
【発売日】
【備考】
オリコン最高位
1-23 | 君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜 | HIKARI・Project | 依田和夫 | 依田和夫 | グリン | ピカチュウレコード | 2006年11月29日 |  | 31位
24-50 | 君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜(PopUp. Version) | 2007年7月18日 | テレビ東京系列局と岐阜放送では、1時間スペシャルとして同日に連続で放送された第24話と第25話のスタッフをまとめて表記したエンディングから使用されている。 | 75位
51-61 | 君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜 (Winter. Version) | 2008年11月26日 |  | 
62-72・84-95 | 風のメッセージ | Sky-Boys | 紗希 | 西岡和哉 | 水橋舞 | 2006年11月29日 |  | 48位
73-83 | 風のメッセージ (PokaPoka-VERSION.) | 依田和夫 | 
96-120 | あしたはきっと | 須藤まゆみ | 三留一純 | 三留一純 | 歌奈子 | 2008年11月26日 |  | 54位
121-144 | もえよ ギザみみピチュー! | 戸田昭吾 | たなかひろかず | たなかひろかず | ギザみみピチュー starring しょこたん | 2009年7月15日 |  | 
145-182 | ドッチ〜ニョ? | 吉川兆二、浅草KIDS | 荒木啓六 | 荒木啓六 | モーモーミルクとアラキさん | 2009年12月16日 | 最後は原曲にはない歌詞が追加され、「上」「下」「左」「右」でオチが異なり、その部分の歌詞は音声より後にクレジットされる。第159・160・163 - 168・169話は、実写のプロモーションビデオがエンディングで流れた。第170・171話 - は、歌詞の2番が使用されている。また、歌詞に合わせて一部のアニメーションも変更された。 | 82位
183-193 | 君の胸にLaLaLa | 渡辺なつみ | 綾部薫 | 三浦一年 | MADOKA. | 2012年7月18日 | コーラスアレンジに高橋哲也。本放送最終回となった第191話では2番の歌詞が流れ、通常はスタッフクレジットが表示される領域に『ダイヤモンド&パール』のダイジェストシーンが挿入された。これに伴い、スタッフクレジットは画面下部で右から左に流す形式が取られている。また、エンディング後にエピローグを入れるという特別な構成となった。オンエア時は、2010年7月1日から配信シングルとして携帯サイト「アニメロ」で配信されていた。 | 57位

挿入歌

 | 
この節の加筆が望まれています。

全てノンクレジット。

出典:wikipedia
2020/02/26 00:01

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ポケットモンスター_ダイヤモン…」の意味を投稿しよう
「ポケットモンスター_ダイヤモンド&パール」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ポケットモンスター_ダイヤモンド&パールスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ポケットモンスター_ダイヤモンド&パール」のスレッドを作成する
ポケットモンスター_ダイヤモンド&パールの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail