このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ポルトガル語とは?

表記体系
ラテン文字
【公的地位】

【公用語】
話者分布参照
【統制機関】
Instituto Internacional de Língua Portuguesa; CPLP
【言語コード】

ISO 639-1
pt
ISO 639-2
por
ISO 639-3
por

ポルトガル語(Português [puɾtuˈgeʃ / poɾtuˈges], língua portuguesa)は、主にポルトガルおよびブラジルとその他の9の国と地域で公用語として使われている言語である。俗ラテン語から発展して形成されたロマンス語の1つで、スペイン語などと共にインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する。

スペインの作家セルバンテスはポルトガル語を「甘美な言語」と評し、ブラジルの詩人オラーヴォ・ビラックは「ラティウムの最後の、粗野で美しい花」と評している。

ポルトガル語は、大航海時代ポルトガル海上帝国の成長とともにアジア・アフリカ地域に広まった。日本では最初に伝播したヨーロッパの言語であり、古くからの外来語として定着しているいくつかの単語は、ポルトガル語由来である。代表的な例として「パン」があり、戦国時代にキリスト教と共に伝わった。

目次

  • 1 話者分布
  • 2 方言
  • 3 音韻と表記
    • 3.1 母音
    • 3.2 鼻母音
    • 3.3 子音
    • 3.4 アクセント
    • 3.5 音韻対応
    • 3.6 アルファベット
    • 3.7 ポルトガル語の新正書法
  • 4 文法
  • 5 語彙
  • 6 ポルトガル語の挨拶
  • 7 日本語とポルトガル語
    • 7.1 ポルトガル語から日本語への借用の例
  • 8 スペイン語との比較
    • 8.1 発音の違い
    • 8.2 文法の違い
  • 9 脚注
  • 10 参考文献
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

話者分布

ポルトガル語の分布

ポルトガル語の話される地域
国または地域 母語話者
話者 人口
(2005年)
アフリカ州
アンゴラ | 60% | 約80% | 11,190,786
カーボベルデ | 4% | 72% | 418,224
ギニアビサウ | 不明 | 14% | 1,416,027
モザンビーク | 9% | 40% | 19,406,703
サントメ・プリンシペ | 50% | 95% | 187,410
赤道ギニア | 50% | 95% | 523,040
非公式:
ナミビア | 20% | 20% | 2,030,692
南アフリカ共和国 | 2% | 2% | 44,344,136
アジア州
日本 | 0 | 0.21% | 127,214,499
東ティモール | 不明 | 15% | 1,040,880
中華人民共和国(マカオを含む) | 2% | 3% | 449,198
非公式:
ダマンとディーウ, インド | 10% | 10% | 不明
ゴア, インド | 3-5% | 5% | 不明
ヨーロッパ州
ポルトガル | 100% | 100% | 10,566,212
非公式:
ルクセンブルク | 14% | 14% | 468,571
アンドラ | 4-13% | 4-13% | 70,549
フランス | 2% | 2% | 60,656,178
スイス | 2% | 2% | 7,489,370
アメリカ州
ブラジル | 98-99% | 100% | 194,000,000
非公式:
パラグアイ | 7% | 7% | 6,347,884
バミューダ | 4% | 4% | 65,365
ベネズエラ | 1-2% | 1-2% | 25,375,281
カナダ | 1-2% | 1-2% | 32,805,041
オランダ領アンティル | 1% | 1% | 219,958
アメリカ合衆国 | 0.5-0.7% | 0.5-0.7% | 295,900,500
  1. ^ 公式統計、モザンビーク - 1997年; アンゴラ - 1983年
  2. ^ ポルトガル語系ピジン言語と簡易ポルトガル語が共通語として他部族とのやり取りに使われている。アンゴラ人の30%はポルトガル語のみを解するモノリンガルである。他の国民もポルトガル語を第二言語とする。
  3. ^ ポルトガル語系クレオール言語の話者数
  4. ^ 政府、カトリック教会による予測
  5. ^ ポルトガル語系クレオール言語話者の大部分
  6. ^ 公的なポルトガル語教育
  7. ^ 移民の人数から

ポルトガル語を母語とする人口は、約2億5000万人である。ポルトガルの人口は1000万人程度だが、約2億人の人口を抱えるブラジル公用語になっているため、話者人口は多い。81%(約2億人)がブラジル国内で、残りの5,000万人は、ポルトガルおよびその旧植民地に分布し、世界で7番目または8番目に大きな話者人口を有する。複数の大陸にまたがって話される数少ない言語の1つでもある。現在ポルトガル語を公用語としているのは、以下の諸国と地域である。

赤道ギニアについては主要公用語はスペイン語だが、ポルトガル領であった歴史もあることから2007年にポルトガル語が公用語に追加された

上記のポルトガル語を公用語とする国家、およびポルトガル語話者の非常に多い地域は合わせてルゾフォニア(ポルトガルの古称であるルシタニアからとられた言葉で、「ルシタニア語(ポルトガル語)の世界」を指す)と呼ばれ、1990年代以降ポルトガル主導のもとで連携を強めている。ポルトガル語を公用語とする国家のうち、マカオと赤道ギニアを除く8カ国は1996年ポルトガル語諸国共同体を結成し、政治・経済・文化各面での協力およびポルトガル語の普及において協力体制を構築している。2006年に第一回大会がマカオで開催され、以降4年に1度開催されているポルトガル語圏競技大会などの交流も盛んに行われている。ポルトガル語による文学も盛んであり、多くの文学作品が輩出されている。ポルトガル語で書かれた作品を対象にポルトガルとブラジルが共同で選出するカモンイス賞は、ポルトガル語世界において最も権威のある文学賞であるとされる。

ほかにカリブ海の諸島やポルトガル語公用語アフリカ諸国などにおいては、ポルトガル語と現地の諸言語が接触し形成されたクレオール諸語 (Crioulos) が、ポルトガル語と並んで話される地域もある。こうしたポルトガル語をベースとしたクレオール言語としては、オランダ西インド諸島アルバ島ボネール島、そしてキュラソー島(ABC諸島)で話されるパピアメント語や、カーボベルデのカーボベルデ・クレオール語、ギニアビサウのギニアビサウ・クレオール語、サントメ・プリンシペのフォロ語、ンゴラ語、プリンシペンセ語、赤道ギニアのアノボネセ語、マカオのマカオ語などがある。このほか、欧州連合の公用語としても扱われている。

ポルトガル語と最も近い主要言語は隣国のスペイン語である。ポルトガルは1129年レオン王国から独立した国家であり、現在のポルトガル語の祖先は、ドウロ川以北のポルトガル北部と、隣接するスペイン北西部のガリシア地方にあたる古代ローマの属州ガラエキアで話されていた俗ラテン語である。したがってガリシア州で話されているガリシア語とは極めて近い関係にある。現在、ガリシア語はガリシア州の公用語となっており、ポルトガル語との、特に北部ポルトガルで話されているポルトガル語との差異は小さい。ただし、16世紀以降ポルトガルの中心地域はポルトガル北部から首都リスボンを中心とするポルトガル中南部へと移り、この過程で現在のポルトガル語の祖形が成立した。現在、イベリアポルトガル語の標準はポルトガル中南部方言に基づいている。

方言


 | 
この節の加筆が望まれています。

音韻と表記

ポルトガル語圏で最大の人口を擁するブラジルとそれ以外では、文法や語法などに若干の違いが生じている。その違いに配慮しつつ、以下ポルトガル語の特徴を記す。

母音

前舌 中舌 後舌
i | (ɨ) | u
半狭 e | ɐ | o
半広 ɛ | ɔ
 | a | 

記号が2つ並んでいるものは、右が円唇、左が非円唇

二重母音:

鼻母音

子音

ポルトガル語の子音のIPA
唇音 歯音/
歯茎音 舌背音 後部歯茎音
無唇音化 唇音化
鼻音 m | n | ɲ |  | 
破裂音 無声音 p | t | k |  | ()
有声音 b | d | ɡ | ɡʷ | ()
摩擦音 無声音 f | s |  |  | ʃ
有声音 v | z |  |  | ʒ
接近音 半母音  |  | j | w | 
側面音  | l | ʎ |  | 
R音 ふるえ音/摩擦音  | ʁ |  | 
はじき音  | ɾ |  |  | 

記号が2つ並んでいるものは、右が有声音、左が無声音。網掛けは調音が不可能と考えられる部分。

アクセント

例1「技術」

例2「歴史・物語」

例3「警察」

音韻対応

p, b の後の l の多くは r へと変化した。

アルファベット

ポルトガル語アルファベット
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z | Á | É | Í | Ó | Ú | Â | Ê | Ô | Ã | Õ | À | Ü | Ç
a | b | c | d | e | f | g | h | i | j | k | l | m | n | o | p | q | r | s | t | u | v | w | x | y | z | á | é | í | ó | ú | â | ê | ô | ã | õ | à | ü | ç

ポルトガル語の新正書法

子音のところでも記述した通り、ポルトガルとブラジルでは違う綴りで書かれる単語が少なくないが、2008年5月にポルトガル議会は今後6年かけて綴りを現在のものからブラジル風のものに変更する法案を可決した。旧植民地での表記法に旧宗主国が従うという珍しい事態になっているが、これはポルトガル語圏におけるブラジルの圧倒的な人口から来る経済的・文化的・学術的影響力を反映したものである。ブラジルでも2008年9月に大統領令として公布され、2012年末までの移行期間を経た上で2013年以降はこの新正書法が採用される。この正書法により、今後は一部の単語を除いて以下のような綴りとなる。

ただ、新正書法の施行後も、ポルトガル式とブラジル式の綴りの間では相違が残る。mおよびnの前のoおよびeに強勢が来る場合、両国における発音の差を反映して、ポルトガルではóおよびéが、ブラジルではôおよびêが使用される。例: アントニオ(人名): António(ポルトガル)、Antônio(ブラジル)

文法

語彙

参考として、食べ物を表すポルトガル語とラテン語、そして英語の単語を示す。順にポルトガル語、ラテン語、英語、日本語である。

ポルトガル語もスペイン語と同様にアラビア語からの借用語はあるが、スペイン語に比べて少ない。レコンキスタが早期に完了したポルトガルではイスラム教徒の強制改宗や追放などもスペインより早く行われ、それに伴いアラビア語系の借用語も追放されていった。現在でもポルトガル人がスペイン人を指して「あいつ等スペイン人はモーロ人との混血だ」と優越感に浸る事があるという(同様の感情は、アンダルシア、ムルシア人に対するスペインの他の地域の住民の反応にも見られる)。

ポルトガル語の挨拶

日本語とポルトガル語

在日ブラジル人向けに日本語とポルトガル語が併記されている群馬県大泉町の標識

16世紀中頃にポルトガル人が種子島に漂着した(鉄砲伝来)。それ以来、イエズス会によるキリシタン布教とマラッカマカオを相手とする南蛮貿易(主に近畿から九州地方)において、ポルトガル人が主要な役割を果たした。ポルトガル語は日本に最も早く伝来した西欧の言語の一つであり、この時代に入った文物とともに、名詞などが日本語に定着した(オランダやイギリスといった日本語特有の外国名の慣用も多くがポルトガル語に由来する)。英語フランス語など、主に19世紀以降に流入した外来語はもっぱら片仮名で表記されるのに対し、ポルトガル語由来の借用語は漢字の当て字や平仮名で表記する名詞も多く、深い浸透が伺える。アゴスティニョ(小西行長)、内藤如安細川ガラシャなど、当時のキリシタンの洗礼名もポルトガル語に由来する。

1603年から1604年にかけて長崎でイエズス会によって出版された『日葡辞書』は、出版されたものとしては最古の日葡辞典であり、当時の日本語の語彙や発音を知る上で貴重な資料となっている。

16世紀末から、マニラ貿易およびフランシスコ会ドミニコ会などの布教活動を通じてスペイン人との接触も密になった。そのため、ポルトガル語とスペイン語には同源・同形の単語も多いのでいずれが起源か判別しがたく、両者から同時に広まった可能性が高いものもある。

ポルトガル語から日本語への借用の例

日本語 漢字による当て字 ポルトガル語 備考
アルヘイトウ | 有平糖 | alféloa | 「アルフェニン(alfenim)」に由来するという説もある。
イギリス | 英吉利 | Inglez
イルマン | 伊留満、入満、由婁漫 | irmão | 助修士、平修道士。バテレンの下。
オランダ | 和蘭陀 | Olanda
オルガン |  | órgão
カッパ | 合羽 | capa
カボチャ | 南瓜 | Camboja | 「ぼうぶら」「ボーボラ」などの地方名も、ポルトガル語でカボチャやウリ類を意味する「abóbora」に由来するとされる。
カステラ |  | castella
カピタン | 甲比丹 | capitão
カルタ | 歌留多 | cartas
カルメラ/キャラメル |  | caramelo
ギヤマン |  | diamante | 元は原義と同じくダイヤモンドを意味し、切子細工にそれを用いたことに由来する。
キリシタン | 切支丹 | cristão
ギリシャ |  | Grécia
キリスト |  | Christo
クルス | 久留子 | cruz
コレジオ |  | collegio
コロッケ |  | croquete | オランダ語に由来するという説もある。
コンペイトー | 金平糖 | confeito
サラサ | 更紗 | saraça
ザボン | 朱欒、謝文 | zamboa
シャボン |  | sabão
ジバン | 襦袢 | gibão
ジョウロ | 如雨露 | jarro | 異説あり。
セミナリヨ |  | seminario
タバコ | 煙草 | tabaco
チャルメラ |  | charamela | 
チョッキ |  | jaque | 英語の「jacket」に由来するという説もある。
デウス |  | deus
テンプラ | 天麩羅、天婦羅 | tempero | 当時のイエズス会宣教師達が行なっていた肉を断食する儀式、またその時期に食べていた精進料理に似た揚げ物「Têmporas」に由来するという説もある。
トタン |  | tutanaga
トルコ | 土耳古 | Turco
ノビシャド |  | noviciado
バテレン | 伴天連、破天連 | padre
バッテラ |  | bateira
パン | 麺麭 | pão
バンコ |  | banco | 縁台、腰掛けを指す九州地方の方言。
ビードロ |  | vidro | ビー玉も同語源。
ビスケット |  | biscoito
ビルマ |  | Birma | オランダ語に由来するという説もある。
ビロード |  | veludo
ピン |  | pinta | 「賽の目の一の数」「最上等のもの」を意味する方。ピン芸人はこれに由来。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/18 21:05

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ポルトガル語」の意味を投稿しよう
「ポルトガル語」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ポルトガル語スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ポルトガル語」のスレッドを作成する
ポルトガル語の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail